arrows M02/RM02のスペックと評価と評判のまとめ

最終更新日 / 作成日 2015年10月31日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

arrows M02/RM02は2015年10月29日に発売された格安スマホです。価格と性能、機能ともに優等生な格安スマホです。発売後、またたく間に人気ナンバーワンの格安スマホになりました。2016年3月時点では5.5インチスマホのHUAWEI GR5と人気ナンバーワンの座を2分している感じなっています。

その後、ZenFone MaxとZenFone Goが発売されて、格安スマホはarrows M02/RM02、GR5、ZenFone Max、ZenFone Goが人気の座を争っている感じになっています。

arrows M02/RM02は一般ユーザにとって十分な性能を持っていて、おサイフケータイに対応していて、防水、そして電池持ちが非常に良い格安スマホです。

楽天モバイルやDMM mobile等のMVNOで購入すると税込3万2184円で買えることからも価格的に手ごろです。Amazonや家電量販店等だと最近値下がりになったので税込2万8000円程度で買うことができます。

NifMoなら5100円のキャッシュバック(2016年6月30日まで)と機器セット割で、arrows M02が実質2万5718円(税込)で手に入れることができます。

最安値で手に入れられるのは楽天モバイルです。楽天モバイルだと今なら半額価格が適用されるキャンペーンを行っているので、1万6092円(税込)で手に入れることができます。

arrows M02とarrows RM02は基本的に同じものですが、arrows RM02は楽天モバイルで販売していて本体カラーにブラックとホワイトに加えて、ゴールドがあります。arrows M02はブラックとホワイトのみです。それ以外に違いはありません。

arrows M02/RM02

arrows M02/RM02のスペック(性能)

arrows M02/RM02
CPUクワッドコア1.2GHz
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5インチ
解像度720×1280
カメラ背面810万画素/前面240万画素
電池容量2330mAh
サイズ141 × 68.9 × 8.9mm
重さ149グラム
連続待受LTE 540時間、WCDMA 670時間
実売価格2万8000円(税込) / 1万6092円(税込、楽天モバイル限定)、2万5718円(税込、NifMo限定)

Android 5.1 Lollipop、SIMフリー、防水防塵、おサイフケータイ対応、テザリング対応、外部マイクロSD(最大32GB)、FOMAプラスエリアに対応、ナノSIM、VoLTE対応。

arrows M02/RM02の対応周波数(バンド)

公式サイトには詳細が載っていなかったので富士通に直接電話をして聞きました。

LTE 2.1GHz(1)、1.7GHz~1800MHz(3)、900MHz(8)、800MHz(19)、800MHz(26)
3G(WCDMA) 2.1GHz(1)、850Mhz(5)、900MHz(8)、800MHz(6/19)

ドコモ系の格安SIMへの対応は問題なし

ドコモのLTEが主に使っているバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。バンド28は2015年から少しずつ稼動し始めたバンドなので、影響が出るのは当分先なので無視していいです。他にドコモはバンド21(1500MHz)というバンドも使っていますが、超マイナーなバンドなため無視していいです。ドコモのLTEの受信は問題ありません。

ドコモの3Gが主に使っているのはバンド1とバンド6です。おまけでバンド19を使うかもしれない感じです。FOMAプラスエリアにも対応してています。ドコモの3Gの受信は問題ありません。

au系の格安SIMへの対応も問題なし

auのLTEが使っている主に使っているバンドはバンド1、バンド11、バンド18、バンド26、バンド28です。ドコモと同じようにバンド28は2015年から少しずつ稼動し始めたバンドなので、影響は当分出ないので無視です。 バンド26はバンド5,6,18,19を含んでいます。arrows M02/RM02はauのプラチナバンド、バンド18は記載されていませんが、バンド26には対応しているのでバンド18にも対応しています。arrows M02/RM02はバンド11に対応していませんが、バンド1とバンド26には対応しているので、auのLTEの受信は問題ありません。

arrows M02/RM02の評価と比較

いろんな種類の格安スマホが販売されていますが、arrows M02/RM02が現在販売されている画面が5インチの格安スマホの中では、人気ナンバー1、または人気ナンバー2の機種になります。

5.5インチスマホを加えた格安スマホ全体の中だと、1番人気 ZenFone Go(5.5インチ)、2番人気 ZenFone Max(5.5インチ)、3番人気 arrows RM02/M02(5インチ)、ZenFone 2 Laser(5インチ)、HUAWEI GR5(5.5インチ)になっています。

arrows M02/RM02の特徴は、電池持ちが良いこと、防水防塵対応(+頑丈さ)とおサイフケータイに対応していることです。

まず最初の大きな違いは、電池持ちです。arrows M02/RM02の電池持ちはかなり良くなっています。arrows M02/RM02は念入りに電池持ちを長持ちするためにソフトウェアの調整を行っています。

防水に対応していて堅牢性(頑丈さ)も強化しているのはarrows M02/RM02だけです。おサイフケータイにも対応しているのはarrows M02/RM02ぐらいです。ドコモ系の格安SIM以外にもau系の格安SIMを使えるのもarrows M02/RM02だけです。

防水やおサイフケータイがほしい場合や、au系の格安SIMを使うかもしれない場合は、arrows M02/RM02を最優先に検討するのをおすすめします。

arrows M02/RM02にはいくつか注意点があるので、それを下記で説明します。

買うところで価格が異なる、最大1万6000円の差

arrows M02/RM02は買うところで価格が最大1万6000円の差が出てきます。

一番割安に買えるのは楽天モバイルです。次にNifMoになります。

楽天モバイルの場合、税込1万6092円

楽天モバイルの通常価格 2万9800円 → 2016年6月30日までのキャンペーン割引で半額になり、1万4900円(税込1万6092円)

楽天モバイルの場合、1万6092円(税込)でarrows M02を買うことができます。ただし、楽天モバイルの実際に出る通信速度は遅めなので、自宅にWiFiがない場合はNifMoでarrows M02を選んだほうが良いです。

楽天モバイルのarrows RM02のキャンペーンの詳細や申込みはこちらから → 楽天モバイル

楽天モバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

NifMoの場合、実質2万5718円(税込)

NifMoの価格 3万5618円(税込) – キャッシュバック5100円(6月30日まで) – 機器セット割4800円= 実質2万5718円(税込)

機器セット割は月額料金が2年間200円引になるので、合計4800円相当の割引になります。

NifMoの場合、実質2万5718円(税込)でarrows M02を買うことができます。格安スマホが安く買えるだけでなく、NifMoの実際に出る通信速度はかなり速いので、通信速度の面でもおすすめです。

NifMoのarrows M02のキャンペーンの詳細や申込みはこちらから → NifMoの格安スマホ

NifMoの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

楽天モバイルやNifMo以外のMVNOでも価格2万9800円(税込3万2184円)でarrows M02/RM02を買うことができますが、基本的にはそこまでお得な割引などは行っていません。

IIJmio 税込3万2184円 キャンペーンはない
DMM mobile 税込3万2184円 キャンペーンはない
BIGLOBE 税込3万5770円 月額料金が最大3ヶ月無料
mineo(マイネオ) 税込3万1104円 月額料金3ヶ月間800円引き

楽天モバイルなら税込1万6092円で買えるので、平均的なMVNOよりも1万6000円安く買えます。NifMoだと実質2万5718円(税込)で買えるので6000円くらい安く買える計算になります。

おサイフケータイ対応とその注意点

おサイフケータイに対応しているSIMフリーの格安スマホは少ないです。対応しているのはXperia J1 compactとarrows M02/RM02だけです。

Xperia J1 compactは楽天モバイルで5万4800円で販売しています。CPUはクワッドコア2.2GHzでいいのですがいくらなんでも価格が高すぎます。

arrows RM02なら楽天モバイルだと1万6092円(税込)で買えます。Xperia J1 compactだと5万9184円(税込み)になるので、おサイフケータイに対応した格安スマホを4万円以上安く買えます。

ただし、SIMフリーの格安スマホには落とし穴があります。

arrows M02/RM02の場合

※おサイフケータイに対応しているサービスは、モバイルWAON、楽天Edy、QUICPay モバイル、ローソンモバイルPonta、モバイルスターバックスカード、mobile members、東京ドーム TDモバイル2、ticket board、スマートフォンSkipサービスです。(2015年10月29日現在)

モバイルnanacoとモバイルsuitに対応していないんです。Xperia J1 compactのほうはモバイルnanacoには対応していますがモバイルsuicaには対応していません。

“順次対応サービスは追加される予定です”とは記載されていますが、半年前に発売されたXperia J1 compactも同じようなことが書いてあるのですが、いまだにモバイルsuicaに対応していません。モバイルnanacoは近いうちに対応するかもしれませんが、モバイルsuicaはあきらめたほうがいいと思います。

2015年12月、モバイルSuicaに対応しました!

arrows M02/RM02はモバイルSuicaには対応しないと思っていましたが、2015年12月2日、モバイルSuicaにも対応することを発表して、2015年12月中旬に実際に使えるようになりました。これで、モバイルSuicaを設定したarrows M02/RM02を改札口でかざせば電車に乗ることができます。

この対応はかなりポイントが高いです。まだモバイルnanacoには対応していませんが、この調子でいけばモバイルnanacoへの対応も近いかもしれません。

現時点でモバイルnanacoにも対応したスマホが必要な場合は、下記のスマホを買うのがおすすめです。

Xperia A SO-04E
GALAXY S4 SC-04E

arrows M02/RM02は電池持ちが非常に良い

基本的に格安スマホは電池持ちがそんなに良くないのですが、arrows M02/RM02の場合は電池持ちが格安スマホの中で一番良くなっています。どのくらい持つかは個人差があるのですが、とりあえず格安スマホの中では一番持ちます。

製品ページから引用

「電池長持ち、たっぷり3日間使える。2330mAhバッテリー&省電力機能。アプリごとにCPUの動作を最適化するなど、富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」が省電力を徹底。電池残量を気にせず楽しめます。」

「注:一般に想定されるスマートフォンの利用があった場合の電池の持ち時間です(富士通調べ)。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によってはそれを下回る場合があります。」

さすがに3日間持つとは思えませんが、2日くらいならいけるかもしれません。

電池容量は2330mAhと平均的ですが、連続待受がLTE540時間になっていることから、同じく電池持ちが良いといわれている格安スマホP8liteよりも、2割くらい電池持ちが良くなっていると思います。

1万円とか2万円とかで買える格安スマホはたくさんありますが、総じて電池の持ちが良くありません。せっかく安く買っても、一般的な使い方だと1日持たないので、モバイルバッテリーを買って、毎日途中で補充する羽目になります。

arrows M02/RM0なら電池持ちがかなり良いので、そんな面倒な目に合うことはなくないります。電池の持ちがいいと、電池の消耗も抑えることができるので、一般的な使い方なら電池の交換無しに3年くらい使うことができます。少し我慢すれば、3年半くらい使えるかもしれません。電池は基本的に交換できないので、一般的な使い方で3年から3年半たったら買い替えることになります。(ライトな使い方なら4年くらい使えます)

普通の格安スマホだと、電池の持ちがそれほどよくないので、電池も消耗しやすく、だいたい2年から2年半で、電池が消耗して十分な充電ができなくなるので、買い換えることになります。電池が自分で交換できる格安スマホもありますが、性能がよくないのでおすすめではありません。(ドコモの白ロム、Xperia A SO-04EとGALAXY S4 SC-04Eは例外で、安くて電池が交換できて性能も良いです)

スマホの電池持ちの詳細調査でarrows M02/RM0の実際の電池持ちを調べているので参考にしてみてください。

防水防塵に対応している+壊れにくい

arrows M02/RM0は防水防塵なのに加えて、壊れにくい構造をしています。

防水でもお風呂で使うと誤作動することがあるスマホやタブレットがあったりするんですが、arrows M02/RM0の場合はお風呂でも普通に使うことができます。ただし、湯船の中に落とした場合は、さっさと拾い上げてくださいという注意書きがあるので、湯船に沈めて遊ぶのはやめたほうがいいです。

arrows M02/RM0には画面保護フレームというのが付いていて、フチが少しだけ出っ張っています(0.5mmくらい)。スマホを落としても、直接液晶画面に衝撃を伝えずに、このフチが衝撃を吸収するので、液晶が割れにくくなっています。

ドコモ系とau系の格安SIMの両方を使える、ただしau系は注意

SIMフリーの格安スマホは基本的にドコモ系の格安SIMでは使えますが、au系の格安SIMでは使えません。

arrows M02/RM02はSIMフリーの格安スマホですがドコモ系格安SIMのとau系の格安SIMの両方を使うことができます。ただし、au系の格安SIMの場合はVoLTE対応の格安SIMにする必要があります。そうしないと、au系の格安SIMではarrows M02/RM0で電話が使えなくなっています。(データSIMの場合はau系のVoLTE未対応の格安SIMでもarros M02/RM02を使うことができます)

ドコモ系の格安SIMの場合は、VoLTE対応に関係なく使うことができます。

ちなみに、au系の格安SIMはUQ mobileとmineoのauプランの2つだけになります。それ以外の格安SIMはドコモ系の格安SIMです。

2015年11月にau系の格安SIM、mineoのauプランとUQ mobileでVoLTE対応の格安SIMの提供を開始しました。このVoLTE対応の格安SIMを使うことでau系の格安SIMでもarrows M02/RM02を使うことができます。今まで提供されてきたVoLTE未対応のau系の格安SIMではarrows M02/RM02では使えないので注意してください。

arrows RM02/M02の中身と便利な充電器ドック

arrows RM02/M02を購入したのでどんなのが入っているか紹介します。

こんな箱で届きました。今更気づいたのですが上下逆に写真を撮ってしまいました。

arrows RM02/M02本体、充電ドック、充電ケーブル、USB充電器が入っています。

充電ドックを充電ケーブルに繋いで、充電ケーブルをUSB充電器につないで、USB充電器をコンセントにさします。この充電ドックにスマホを入れると充電してくれます。

充電ドックなんか必要ないかも、と思っている人、使ってみるととても便利です。特にarrows RM02/M02は防水に対応しているので、充電口には防水キャップがはまっています。USBケーブルで充電しようとすると、充電するたびに防水キャップを外して充電しなければならなくなります。

この白い充電ドックがあると、スマホを充電ドックに置くだけで充電してくれます。USBケーブルを繋げる必要も、防水キャップを外す必要もありません。

バッテリーの充電時間は2時間20分です。充電ドックで充電している間はスマホを使うことができないのですが、寝る時に充電ドックに置いておけばいいので実害はないと思います。(充電ドックに入れたままでもスマホは使えますが、使い勝手はかなり悪くなります。)

arrows M02/RM02の評判と感想

正直言うとarrows M02/RM02を当初は無視していました。第一の無視原因はarrows M02の旧モデルarrows M01が割高な上に性能が悪かったためです。第二の無視原因はarrows M02/RM02が発表された当初は、価格が税込で3万9800円程度になると聞いていたので、高いよ!売れないよ!ということで、無視していたためです。

ところが、フタを開けてみると大手家電量販店では確かに税込で3万9800円程度で売っているのですが、MVNOでは税込3万2184円での販売になりました。楽天モバイルなんかは実質3万184円(税込)で買うことができます。

arrows M02/RM02の性能だと、価格が税込み4万円だと割高なので無視すべき格安スマホになります。価格が税込み3万5000円になると買っても悪くない評価になります。税込み3万円ぐらいならarrows M02/RM02が一番良い格安スマホと言えます。

arrowsには誰も期待していなかったのと、発売から間もないためネットの評判は全然集まっていません。ただし、MVNOでの割安な販売価格とarrows M02/RM02の性能の良さから、近いうちに好評を得て、格安スマホで人気ナンバーワンになると思います。そのくらい良い格安スマホです。(2015年12月現在、名実ともに格安スマホで人気ナーンバーワンになりました)

arrows M02/RM02でようやくまともな日本製の格安スマホが登場しました。

arrows M02/RM02の単品での購入価格

arrows M02/RM02はAmazonでも購入することができます。

Amazon: arrows M02
FARM06006 [arrows M02 黒]

発売当初は税込3万9740円で販売されていましたが、2016年6月現在では税込2万8000円程度まで値下がりしました。Amazonで買っても悪くはない価格帯になっています。

格安SIMとのセットでの購入が必要になりますが、mineoだと税込3万1104円買えて、IIJmioやDMM mobileで買うと税込3万2184円で買うことができて、楽天モバイルだと1万6092円(税込)、NifMoなら実質2万5718円(税込)で買うことができます。

基本的にarrows M02/RM02は楽天モバイルまたはNifMoで購入するのがオススメです。次にAmazonかmineo、そのあとにIIJmioやDMM mobileが続く感じになります。

もし格安SIMが必要ないのなら、arrows M02/RM02ではなくドコモの白ロムを選ぶのをおすすめします。少し手間はかかるのですが、そのほうが安くて性能の良い格安SIM用のスマホを手に入れることができます。

ドコモの白ロム Xperia A SO-04EGALAXY S4 SC-04E

ドコモまたはauの白ロム GALAXY S5 SC-04F / SCL23

arrows M02/RM02とMVNO(格安SIMとのセット購入、キャンペーン等)

arrows M02/RM02はNifMo、楽天モバイル、IIJmio、DMM mobile、BIGLOBE、mineoで販売しています。

NifMo、安く買えて通信速度も速い、実質2万5718円(税込)

NifMoでarrows M02/RM02を一番安く買うことができます。

NifMoの価格 3万5618円(税込)
・キャッシュバック 5100円(6月30日まで)
・機器セット割 4800円

機器セット割は月額料金が2年間200円引になるので、合計4800円相当の割引になります。

NifMoの場合、キャッシュバックと機器セット割を考慮すると、実質2万5718円(税込)でarrows M02を手に入れることができます。NifMoは実際に出る通信速度も速いので、通信速度の面でもおすすめです。

キャッシュバック付きのNifMoのarrows M02の申込みはこちらから → NifMoの格安スマホ

NifMoの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

楽天モバイル、楽天市場を使うならおすすめ、1万6092円(税込)

楽天市場で買い物をよくする場合は、楽天モバイルでarrows M02/RM02を買うのがおすすめです。通話SIMのセットでの購入で、楽天市場の買い物でもらえるポイントがずーと二倍になります。(+月額料金も初月無料!)

arrows M02とarrows RM02がありますが、楽天ではarrows RM02を使っています。違いは、楽天モバイルの場合は本体カラーにゴールドを選べることです。それ以外の違いはありません。

通常価格2万9800円が、通話SIMまたはデータSIMとセットで申し込むと半額の1万4900円(税込1万6092円)で買うことができます。(2016年6月30日までのキャンペーン)

公式サイト → 楽天モバイル

楽天モバイルの格安SIM自体の評価と評判については下記を参考にしてみてください。

楽天モバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

mineo、3万1104円(税込)

mineoではarrows m02が他のMVNOよりも価格が少しだけ安く設定されています。

mineo価格2万8800円 (税込3万1104円)

公式サイト → mineo

mineoはそんなにお得感はないのですが、arrows M02はmineoで最も力を発揮します。というのも、mineoはドコモ回線を使っているドコモプランと、au回線を使っているauプランがあるのですが、arrows M02なら両方のプランを使うことができます。さらにauプランならVoLTEで通話ができるんどえ、音声通話の質がとても良くなります。

価格的にはNifMoや楽天モバイルよりも見劣りしてしまいますが、mineoだとarrows m02の能力をフルに使うことができます。

2016年7月31日までに、デュアルタイプ(通話SIM)を申し込むと月額料金が3ヶ月800円引きになるキャンペーンを行っています。

mineo(マイネオ)の評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

IIJmio、税込3万2184円

IIJmioではキャンペーンは特に行っていません。arrows M02は税込3万2184円になります。

公式サイト → IIJmio

IIJmioではキャンペーンを特に行っていないので新しく格安スマホを購入する場合、他のMVNOと比べると少し割高になってしまいます。

楽天モバイルは楽天市場を使う場合にもらえる楽天ポイントが使えるし、楽天ポイントも貯まりやすくなるのでおすすめになります。楽天市場を使わない場合、楽天モバイルを選ぶメリットがなくなります。楽天市場を使わない場合は、楽天モバイルよりも通信速度が速くて信頼性の高いIIJmioを選ぶのをおすすめします。

IIJmioの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

DMM mobile、税込3万2184円

DMM mobileでもキャンペーンは特に行っていません。arrows M02は税込3万2184円になります。

公式サイト → DMM mobile

DMM mobileに関しても同じです。楽天モバイルは楽天市場を使う場合におすすめになります。楽天市場を使わない場合、楽天モバイルを選ぶメリットはありません。楽天市場を使わない場合は、楽天モバイルよりも通信速度が速くて月額料金を安くすることができるDMM mobileを選ぶのをおすすめします。

IIJmioのほうが信頼性があるのですが、DMM mobileはIIJmioの設備を使っているので、IIJmioを選ぶならデータ量の選択肢がたくさんあって月額料金も少し安くなるDMM mobileをおすすめします。

DMM mobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

BIGLOBE、税込3万5770円、月額料金が最大3ヶ月無料

BIGLOBEの場合、他のMVNOと比べて価格が高くなりますが、月額料金が最大3ヶ月無料になるので、うまく使うと楽天モバイルの次に実質的に安く手に入れることができる場合があります。

BIGLOBEは24回の分割払いで税抜き1380円なので、合計3万3120円、税込で3万5769円になります。ただし、2016年7月31日まで、ライトSプラン(月6GB)もしくは12GBプランを申し込むと、月額料金が最大3ヶ月無料になるキャンペーンを行っています。

月6GBもデータが必要じゃない場合は、データが無駄になるだけなので、おすすめではありません。月6GBくらいはデータを使う場合に、BIGLOBEなら最大3ヶ月間月額料金が無料になるので、NifMoや楽天モバイルについでお得に買うことができます。

公式サイト → BIGLOBE 音声通話SIM / データSIM

BIGLOBEの通信速度は今のところ少しだけ速めですが通信速度が基本的に普通レベルになります。

楽天モバイルと比べるとBIGLOBEは通信速度面と料金面でお得ではないのですが、BIGLOBEには月650円を払えば毎月60分の通話が無料になる通話パック60という、電話をする人にとってとっても安くなるオプションがあります。

毎月30分以上電話をする場合にお得になります。楽天市場を使わない場合で、格安SIMでも毎月30分以上電話を使いたい場合に、BIGLOBEがおすすめになります。ただし、短い電話をちょくちょくするような場合、月850円で5分かけ放題オプションがある楽天モバイルがおすすめになります。

BIGLOBE SIMの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

その他の格安スマホ/白ロム関連の情報

  • ZenFone Go
    • 5.5インチの格安スマホで人気なのが、安さを重視したZenFone Goです。特別な性能はありませんが、5.5インチスマホを税込2万1000円くらいで買うことができます。5.5インチ、CPUクワッドコア1.4GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ160g、電池容量3000mAh。
  • ZenFone 2 Laser
    • Zenfone 5の改善版がZenfone 2 Laserです。大ヒットした格安スマホ、ZenFone 5の弱点だった電池とカメラが改善されています。税込2万5000円くらい。5インチ、CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ145g、電池容量2400mAh。
  • Zenfone 2 ZE551ML
    • Zenfone 5の後継機がZenfone 2 ZE551MLです。性能が大幅にアップしましたが価格もアップしました。税込3万8000円のモデルで5.5インチ、CPUクワッドコア 1.8GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ170g、電池容量3000mAh。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る