カットステーキでのカメラの性能テスト、ZenFone 4、ZenFone 3、Mate 9、honor8、P10 lite、nova、arrows M02

最終更新日 / 作成日 2017年10月9日 / 作成者 格安SIMの管理人

ファミレスでカットステーキ(奮発!)を頼んで、格安スマホのカメラの性能テストを行ってみました。テーブルでスマホを7台出してパチパチ写真を撮りました。お店は混んでないから大丈夫、問題ない(はず

カメラの性能テストを行った格安スマホ
ZenFone 4
ZenFone 3
Mate 9
honor8
P10 lite
nova
arrows M02

画像をクリックすると、オリジナルの大きさになります。

設定の変更はしていませんが、ZenFone 4だけHDRがオートになっていたので、HDRなしとありの両方で写真を撮っておきました。フォーカスは何もせずにそのままで撮っています。

ちなみに、天井の明かりが強い席でした。。

その他の格安スマホのカメラ性能の比較テスト
ビックマックセットでのカメラの性能テスト、P10 lite、NuAns Neo Reloaded、AQUOS L2、nova lite、nova、ZenFone 3

カットステーキの全貌

ZenFone 4

HDR auto 1

HDR auto 2

HDR auto 3

HDR off 1

HDR off 2

HDR auto 広角カメラ

HDRは、明るすぎる場所は明るさを抑えて、暗い部分は明るさを増すように撮る機能です。ただ、ZenFone 4だとHDRをオートにすると、一定した写真にはなりませんでした。

そもそも席が明るすぎたのですが、HDRをオートにしてもお米が露出過多になってしまう場合がありました。

広角カメラにすると、同じようなポジションから撮っても、画面が二倍くらいになりました。ただ、魚眼カメラみたいに、まっすぐなテーブルでもぐにゃんと曲がって写ります。広角カメラのフォーカスも少し甘くなります。

ただ、広角カメラは風景や集合写真(?)とかを撮るのに使うので、こんなところで撮るのが間違っているので、とりあえず広角で撮ってみただけなので気にせずに。。

HDR auto 3が良い感じに撮れました。

ZenFone 4の性能評価

ZenFone 3

ZenFone 3もお米が露出過多になっています。お肉の色合いは良い感じです。

ZenFone 3の性能評価

Mate 9

Mate 9ははっきり撮れる感じになりました。わかりやすい写真です。ただ、全体的に少し白っぽさが加わっている感じです。

Mate 9の性能評価

honor8

お米の撮れ具合と、肉の色合い的に実物に一番近いのがhonor8になりました。

honor8の性能評価

P10 lite

P10 liteは少し暗めになりました。

P10 liteの性能評価

nova

novaは肉に赤色が強く出る感じになりました。

novaの性能評価

arrows M02

arrows M02は肉の色合いが潰れました。

arrows M02の性能評価

カットステーキの近接写真

カットステーキに接近して写真を撮ってみました。

ZenFone 4

HDR auto 1

HDR auto 2

HDR off 1

HDR off 2

HDR auto 広角カメラ

肉の色合いがもう少し焦げ茶色になるのですが、良い感じに撮れました。HDRをオートにするとポテトが普通に撮れますが、オフにするとポテトが露出過多になりました。

近接物を広角カメラで撮るという、わけわからないことをしてみましたが、フォーカスがうまくとれていませんでした。

ZenFone 4の性能評価

ZenFone 3

ZenFone 3の肉の色合いは、ZenFone 4とほぼ同じでした。後ろのポテトが露出過多になりました。

ZenFone 3の性能評価

Mate 9

Mate 9もそうですが、ファーウェイのカメラは、物に近寄ると赤っぽさが強く出る気がします。

Mate 9の性能評価

honor8

honor8もMate 9と同じような色合いになりました。実物の色合いは、ZenFone 4の色合いの焦げ茶を少し強くした感じです。

honor8の性能評価

P10 lite

若干実物に近づきましたが、なんとなく生っぽい感じがします。

P10 liteの性能評価

nova

Mate 9やhonor8よりも、少しだけ赤色が強くなった感じです。

novaの性能評価

arrows M02

なんか、いくつか色がなくなってます・・。

arrows M02の性能評価

ほうれん草の部分だけカットした写真

カットステーキの全貌の写真で、ほうれん草の部分だけカットした画像が下記です。写真をクリックしても、これ以上大きな画像にはなりません。

ZenFone 4 HDR auto 3

綺麗に写っています。

ZenFone 4 HDR auto 広角カメラ

ぼやけています。

ZenFone 3

ZenFone 4よりもシャープさが足りませんが、普通な感じです。

Mate 9

緑色が少し弱くなっていますが、わかりやすくシャープにとれています。

honor8

肉の手前の方にフォーカスがいってします、ほうれん草がボケました。

P10 lite

ZenFone 3より少しだけシャープな気もしますが、似たり寄ったり。

nova

少し明るめになっていました。

arrows M02

腐ってそうです。

カットステーキでのカメラの性能テストのまとめ

以上がカットステーキと格安スマホのカメラでの実写比較です。

ZenFoneは明るさが強いところでは、光の調整に苦労している感じです。ただ、近接すると肉の色合いが一番実物に近い色合いで撮ることができました。

ファーウェイのスマホは、明るすぎるところでも光をうまく調整して撮ることができました。ただ、近接すると肉の色合いが赤っぽくなる傾向があり、色がちょっと違う感じになりました。

arrows M02は2015年10月発売の古いスマホなので比較するのはかわいそうですが、とりあえず写真は撮れました。。

その他の格安スマホのカメラ性能の比較テスト
ビックマックセットでのカメラの性能テスト、P10 lite、NuAns Neo Reloaded、AQUOS L2、nova lite、nova、ZenFone 3

格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報

↑このページの先頭に戻る