高速通信がないデータ専用の格安SIMカードの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月22日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

高速通信なしのデータ専用の格安SIMカードとは、通信速度がとても遅いかわりに月額料金が安い格安SIMのことを言います。

通常の格安SIMの通信速度は下り最大375Mbps、上り最大50Mbpsです(実際に出る速度はもっと遅いです)。高速通信がない格安SIMの通信速度(低速モード)は200kbpsです。実際に出る通信速度の差は数十倍くらいになります。

通信速度が200kbps程度の格安SIMでもアプリのダウンロードはできますが、相当時間(数十分くらい)がかかります。高速通信なしの格安SIMを使う場合は、無料のWi-Fiを使ってコンビニでアプリをダウンロードすることをおすすめします。コンビニのWiFiなら速度が10Mbps以上出るので、数秒から数分くらいでダウンロードできます。

200kbpsはインターネットの読み込みもかなり遅くてストレスがたまるスピードです。Youtube等の動画サイトも低画質でも動画が途中で止まりまくります。

サイトを見る場合は表示されるまで10秒から20秒くらいかかります。ただしバースト転送(バースト機能)という機能がある場合、一瞬だけ高速通信になるのでヤフー等の軽いサイトなら割と普通に見ることができます。高速通信がないデータプランを選ぶ場合は、バースト転送は必須項目です。

通信速度が200kbps程度でもLINEの無料通話やトークなら問題なく使うことができます。インターネットラジオのradikoも聴くことができます。スマホゲームもデータのダウンロードや更新をしなければ遊ぶことができます。

注意点は、200kbpsを無制限に使える格安SIMと3日間で一定のデータ量(例:3日間で366MB)を超えると速度制限になる格安SIMがあることです。

基本的に高速通信がないプランは、家にインターネット回線がある人で、たまに外でスマホやタブレットを少しだけ使う場合に選択肢になるプランです。家にインターネット回線がない場合は、あと月100円ぐらい出して、少なくとも1GBプランを選んだ方が良いです。

高速通信がないデータ専用の格安SIMのおすすめランキング

No.1 DMM mobile

DMM mobile

高速データがないプランで一番おすすめなのがDMM mobileの格安SIMです。月額料金は業界最安値でバースト転送があるので高速データなしのプランでも、ヤフー程度の軽いサイトならわりと普通に見ることができます。ただし3日間で366MB以上使うと、速度制限になり使いものにならなくなります。あと40円出せば月1GBの高速データ量が付いてくるので、1GBプランを選ぶのがおすすめです。

月額料金データ容量
シングルコース、データSIM440円200kbps
480円1GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile


No.2 FREETEL

FREETEL

FREETELは使ったデータ量に応じて月額料金が変わります。高速データ通信は100MBまでだと299円で使えます。200kbpsの節約モードは無制限で使えます。月額料金は最安値ですがバースト転送はありません。実際に出る速度は200kbpsよりも遅く120kbps程度です。月額料金が安いので2位にランクインです。

月額料金データ容量
データ専用(データSIM)299円100MB(200kbps)

FREETELモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → FREETEL


No.3 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのベーシックプランはバースト転送も使えて、DMM mobileのように使いすぎによる速度制限もありません。平均的な速度はDMM mobileよりもほんの少し遅いくらいです。低速プランの格安SIMの中では一番バランスがいいです。

月額料金データ容量
データSIM、ベーシック525円200kbps

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → 楽天モバイル


No.4 エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になります。200kbpsの低速モードにしておけば、データ消費なしに使うことができます。低速モードには3日間で366MBのデータ制限があります。バースト転送はついています。月1050円でSIMカードを3枚使えるコースもあります。

月額料金データ容量
SIM1枚コース670円200kbps
SIM3枚コース1050円100MB(200kbps)

エキサイトモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.5 ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEには月額445円で250kbpsを無制限に使える上に、無料の公衆無線LANがついてきます。通信速度が他の200kbpsよりも速いのですが、バースト転送が使えません。短期間かつ大容量のダウンロードをした場合、速度を制限する場合があるそうですが、速度制限はあまり行われないようです。

月額料金データ容量
480円プラン445円250kbps

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの評価とネットの評判の詳細


No.6 SkyLinkMobile

SkyLinkMobile

知名度はあまりありませんがSkyLinkMobileには月780円で300kbpsが使えるコースとIP電話の組み合わせがわりと需要があるます。バースト機能はありませんが速度は300kbpsです。3日間で450MBを超えると翌日は100kbpsに制限される場合があります。

月額料金データ容量
フリーデータコース、データSIM780円300kbps

SkyLinkMobileの評価とネットの評判の詳細


評価外 インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけです。社内ネットワークへのセキュアなアクセスや、遠隔地の監視システムの構築などに固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

月額料金データ容量
128kbpsで使い放題プラン1000円128kbps

インターリンクLTE SIMの評価とネットの評判の詳細

データ量別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る