月に2GB使えるデータ専用の格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月18日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

家にインターネットがない場合や外でスマホをそこそこやる場合は、高速データ通信が月2GB使えるデータ専用の格安SIMがおすすめです。スマホを使う人の4割くらいは月2GBの容量で足りています。

2015年3月までに2GBのプランが標準でしたが、2015年4月から料金据え置き(900円)で3GBに増量したため3GBプランが標準的なデータ量になりました。

2GBプランの月額料金が800円程度で、3GBプランの月額料金は900円程度になります。月額料金が100円しか差がなく、格安SIMの選べる数も3GBプランのほうが多いので、基本的には3GBプランを選ぶのをおすすめします。

高速通信データ容量で迷った場合はとりあえず3GBにして、そのあと様子を見て必要なさそうなら2GBや1GBのプランに変更するのが良いです。

どのくらいデータを使っているかわからない人は、データ通信量の目安、動画、アプリ、インターネットの使用量を参考にしてみてください。

月に2GB使えるデータ専用の格安SIMの比較のポイント

比較のポイントは、月額料金と実際に出る通信速度、キャンペーンの有無、おまけでバースト転送の有無です。

通信速度の最大値は格安SIM各社でほとんど同じになっていますが、実際にでる通信速度はかなり差が出ます。同じ最大値の高速通信でも速いSIMと遅いSIMの速度差は10倍くらい出たりします。

速度が出やすい格安SIM (本当に必要な通信速度の話)

超速いUQ mobile
速い〜やや速いmineo、NifMo、エキサイトモバイル、DMM mobile、FREETEL、IIJmio、イオンモバイル
普通OCNモバイルONE、BIGLOBE
やや遅いU-mobile、日本通信 b-mobile、楽天モバイル、トーンモバイル、DTI、スマモバ
遅いぷららモバイルLTE、0SIM(超遅い)

速度が出やすい格安SIMは変動する場合があるので、実際に出る通信速度の最新情報はMVNOの格安SIMとWiMAX2+の通信速度の記録でご確認下さい。

2GBプランの場合は、そこまで実際に出る通信速度にこだわる必要はありません。通信速度が速ければ速いほど、データ量が早く使い切ってしまいます。月に使うデータ量(2GB以下)が少ない場合、やや遅いまたは普通以上の速度が出ていれば問題ありません。

キャンペーンの有無ですが、2GBプランを提供している格安SIMは少ないため、ほとんどキャンペーンは行われていません。3GBプランの場合はキャンペーンを行っている格安SIMもあるので、料金的に見ても2GBプランのメリットはほとんどなくなっています。

バースト転送があれば、高速データ量を使い切った後でも、インターネットをするとき一瞬だけ高速データになるのでヤフーくらいの軽いサイトなら、多少我慢が必要ですがある程度普通に見ることができます。ただし、月2GBもあれば、高速データ量を使い切ることも少ないので、バースト転送はおまけくらいの存在です。

月に2GB使えるデータSIMのお勧めランキング

No.1 エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制のプランになります。1GBごとの従量制なので、月額料金を簡単に一番安くすることができます。通信速度も比較的速くバースト転送も使えます。

月額料金データ容量
SIM1枚コース770円2GB
SIM3枚コース1340円2GB

エキサイトモバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → エキサイトモバイル


No.2 DMM mobile

DMM mobile

月額料金は業界最安値水準で選択できるデータ容量も豊富(0GB、1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GB、15GB、20GB)です。通信速度も比較的速めです。バースト転送があるのでデータ容量を使い切った時も安心です。

月額料金データ容量
シングルコース、データSIM770円2GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile


No.3 U-mobile

U-mobile

U-mobileの通信速度は遅めですが月額料金は安めです。ダブルフィックスのプランだと使ったデータ量が月1GB以下なら680円、1GBを超えた場合は900円になります。月ごとに使うデータ量が大きく変わる人にU-mobileの格安SIMが少しだけおすすめです。余ったデータ量の繰越はできません。

月額料金データ容量
データ専用 ダブルフィックス通信量1GB以下680円、1GB超900円1GB~3GB

U-mobileの評価とネットの評判の詳細


No.4 イオンモバイル

イオンモバイル

月額料金が安く通信速度も速めです。ただし、受付体制の不備で長期に渡って申し込みを制限していました。現在でもネットでの受付数を制限しているので、イオンモバイルを検討するなら、同じくらい月額料金が安くて速度も速くて、受付体制も問題ないエキサイトモバイルやDMM mobileを選ぶのが無難です。

月額料金データ容量
データ通信プラン、データSIM780円2GB

イオンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.5 b-mobile(おかわりSIM/高速定額)

b-mobile

日本通信のおかわりSIMは使ったデータ量に応じて月額料金が変わります。月2GB使うと月額料金は750円と割安です。通信速度も比較的安定しています。ただし、日本通信がおかわりSIMを含めた個人向けのMVNOを身売りしてしまったので、今後どうなるのかわからないため選ばない方がいいです。

月額料金データ容量
おかわりSIM、データSIM750円2GB

b-mobile(おかわりSIM/高速定額)の評価とネットの評判の詳細


No.6 0SIM

0SIM

実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランになります。通信速度が恐ろしく遅いです。月500MB未満なら無料で使うことができますが、月1GB以上を使うと、どんどん割高になります。月2GBだと超割高です。事業を縮小ているのか、月に3日間しか申し込みを受け付けていません。無くなりそうな格安SIMなので、選ばない方が良いです。

月額料金データ容量
データ専用プラン1600円2GB

0SIMの評価とネットの評判の詳細


評価外 インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけです。社内ネットワークへのセキュアなアクセスや、遠隔地の監視システムの構築などに固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

月額料金データ容量
2GBまで高速プラン2100円2GB

インターリンクLTE SIMの評価とネットの評判の詳細


評価外 スマモバ

スマモバ

スマモバにはスマート250プランという実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制のプランがあります。実際に出る通信速度は普通ですが、従量制の月額料金も高く、2年以内に解約するとデータSIMでも違約金が発生したり、端末の分割代の隠れ超コストが存在するのでオススメではありません。

月額料金データ容量
スマート250プラン1450円2.1GB

スマモバの評価とネットの評判の詳細

データ量別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る