家族向けのプランがある格安SIMのメリットとデメリット

最終更新日 / 作成日 2015年3月19日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ここでは家族向けのプランがある格安SIMのメリットとデメリットについて説明します。プランの比較は家族向けのプランがある格安SIMのおすすめランキングをご確認下さい。

家族向けのプランのメリット

家族向けのプランの形態は2つあります。

ケース1
1つの契約で複数枚の格安SIMカードをもうらことができるので、1枚は自分のSIMカードに使って、残りは家族に渡して使うことができます。スマホの名義がバラバラの場合は、MNPをする前に、基本的にスマホの名義を申し込む人の名義に統一しておく必要があります。(BIGLOBE SIMだけバラバラの名義でもMNPができます)

ケース2 (mineoの場合)
名義が異なる複数の格安SIMがある場合でも、家族で使っている場合、家族割で月額料金がそれぞれ50円引きになります。これはmineoのみがやっている仕組みになります。

家族向けのプランの使い道は主に下記の2つです。

1人で複数の端末を使う場合
家族向けのプランですが、実際には多くの人が1人で複数のSIMカードを複数の端末に入れて使っています。家族向けのプランの中には大容量のデータ通信容量があるものがあり、ヘビーユーザが1人で使っていたり、テザリングの手間を省くためにSIMカードを追加したりしています。

家族で使う場合
家族で使う場合、料金的にはそこまで安くなりませんが、少し安くなる格安SIMがあります。家族向けのプランのあるBIGLOBEmineoエキサイトモバイルなどが少し安く使えます。家族向けのプランがあってもDMM mobileやIIJmio、OCNモバイルONE等はほとんど安くならないのに加えて使い勝手が悪くなっています。

家族向けのプランのデメリット1:料金的なメリットがあまりない

家族で格安SIMまたは格安スマホを使おうと思っている人で、大手キャリアのように家族プランはないかと探しているかもしれませんが、基本的に大手キャリアのように目立ったお得な家族プランはありません。ほんのちょっとのオマケ程度の割引しかもらえないので、家族みんなで使う場合でも、家族プランの有無は気にせずに選んだほうがいいレベルになります。

料金面のメリットがほとんどない格安SIM

まず最初に、家族向けプランがある格安SIM自体が多くはないのですが、DMM mobileとIIJmio、そしてOCNモバイルONEの場合は、シェアプランやSIMカードを追加できるプランがありますが、料金的なメリットはほとんどありません。

たとえばDMM mobileの月10GBのシェアプランは月2190円しますが、月5GBの個人プランは1210円になります。個人プランを2つ加入すると2420円なのでシェアプランにしたほうが230円くらいお得に見えます。

ところが、シェアプランは月8GB、10GB、15GB、20GBなどの大容量プランからしか選べません。反面、個別プランは1GB(590円)から10GB(2190円)まで幅広く選ぶことができてあとからも変更することができます。

個人ごとに適したデータ量にすれば、料金的な差額はほとんどなくなると思います。

他には、OCNのようにSIMカードを1枚追加するごとに月450円加算されるシェアプランがありますが、データ容量も増えないのに450円を払うくらいなら、DMM mobileで月480円を払って1GB使えるプランを使ったほうが経済的です。

料金面のメリットが少しある格安SIM

mineoとBIGLOBE、そしてエキサイトモバイルの場合は、家族で使う場合、料金面のメリットが少しあります。1人につき月額50円から150円程度安くなります。

mineoの場合、同じ住所に住んでいる家族の場合、家族割が適用できて月額料金が一人につき50円引きになります。mineoの場合、家族みんなで今月のデータをシェアするとかはないので、デメリットもありません。

BIGLOBEの場合、家族みんなで使えるシェアSIMという仕組みがあります。ざっくり計算すると一人当たり月額100円くらい安くなります。ただし、データ量は月6GBと12GBからしか選べず、すべてみんなでシェアするので、誰かが使いすぎるとみんなが被害を被ります。

エキサイトモバイルの場合、3枚コースを使うことで、家族でシェアすることができます。月額料金も安く、使えるデータ量も月100MBから15GBまでの従量制プランになっているので柔軟に対応できます。家族向けだとエキサイトモバイルが最も簡単に節約できるプランになっています。ただし、従量制なので、誰かが使いすぎると月額料金がだいぶ高くなる危険性が少しあります。

家族向けのプランのデメリット2:使える量を分けられない。連帯責任

家族向けのプランは家族ごとに使えるデータ量を分けられないので、誰か一人が大量にデータを使って今月使えるデータ量を使い切ってしまった場合、家族みんなが連帯責任でスマホが使えなくなります。

家族の一人がGB単位のアプリをダウンロードしまくったり、Youtubeを毎日5時間くらい見たりする場合、高速データ通信容量が月の途中で使い切ってしまう場合があります。

普通はなさそうですが、一人が足を引っ張ると全員道連れになってしまいます。

それに子供のスマホの利用を制限する上で一番簡単なのが、月に使えるデータ量を制限することです。しかし家族プランの場合はみんなでデータ容量をシェアする形になるのでコントロールが至難です。

ただし、SIMカードごとに低速モードと高速モードを切り替えることができるので、子供のスマホは低速モードにしておけば、使いすぎる危険性はなくなります。

mineoだけ使えるデータ量を分けられる

mineoの家族割だけ使えるデータ量を個人ごとに分けることができます。mineoの家族割の場合、データをシェアしません。みんなそれぞれのデータ量を設定して自分のデータを使うことができます。先月余ったデータを家族とシェアしたい場合はパケットシェアをすれば、家族みんなで先月余ったデータをシェアすることができます。

mineoの場合、家族割を使っても一人当たり月50円の割引しかもらえませんが、利便性が高いのは間違い無くmineoになります。

家族向けのプランのデメリット3:契約が面倒くさいケースがある

他社から乗り換えて、家族向けのプランにしようとする場合、手続きがとても面倒くさくなる場合があります。

例)
父親のスマホ → 家族向けのプラン(音声通話SIM)を契約する
娘名義のスマホ → 父親名義のスマホに変更 → 父親の家族向けのプランに加入する

他社からの乗り換える場合、格安SIMを契約している名義とスマホの名義を同じにしないと、乗り換えることができません。

名義書換えやら何やらで面倒くさいことになるので、ファミリープランに音声通話SIMを2枚以上入れないほうがいいです。

mineoとBIGLOBE SIMなら別名義でもOK!

mineoの場合、スマホの名義が誰であっても、家族なら家族割を使うことができます。BIGLOBE SIMも名義がバラバラでも、シェアSIMヘMNPすることができます。

家族向けのプランがある格安SIMのまとめ

家族向けのプランがある格安SIMで一番おすすめなのがmineoです。特に制限無く月額50円引きになります。少ししか安くなりませんが、格安SIMの家族向けの割引なんてこんなもんです。

次におすすめなのがエキサイトモバイルです。実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランなので、簡単に一番安くすることができます。

その次におすすめはBIGLOBEになります。最大で月額100円引くらいになります。mineoと違い、データをみんなでシェアするリスクは少しありますが、名義がバラバラでも申し込めるので手間は少なめです。mineoより少しだけ割引額が多くなります。

DMM mobileやIIJmio、OCNモバイルONEはシェアプラや格安SIMを複数契約できても、家族向けのプランにはなっていません。普通に個別で契約した方が費用的にも利便性的にもよくなっています。

以上のことを注意して家族向けのプランを検討しましょう。

下記に、家族向けプランのある格安SIMのおすすめランキングを掲載しているので参考にしてみてください。

家族向けのプランがある格安SIMのおすすめランキング

↑このページの先頭に戻る