格安SIMと格安スマホのための無料のWi-Fiの使い方

最終更新日 / 作成日 2015年8月10日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ここでは格安SIMと格安スマホでも使える無料のWi-Fiについて解説します。

自宅にインターネット環境(無線LAN)がある場合は無料のWi-Fiは必要ないのですが、自宅にインターネット環境がない場合に、無料のWi-Fiの使い方を知っておくと便利です。

無料のWi-Fiの使いどころ

無料のWi-Fiの使いどころは2つです。1つはドコモやauのiPhoneで格安SIMを設定するとき、もう1つはアプリのダウンロードやアップデートをするときです。

使いどころ1: ドコモやauのiPhoneで格安SIMを設定するとき

ドコモやauのiPhoneで格安SIMを使うときにインターネット接続が必要になります。このときにWiFiが使えないとひどい目にあいます。無料のWi-Fiを使えば、自宅にWiFiがなくてもiPhoneの設定をすることができます。

iPhoneの設定時にWi-Fiが必要になる箇所
プロファイル(APN)をiPhoneにインストールする

設定以外にも、古いiPhoneから新しいiPhoneに買い換える場合でパソコンを持っていない場合にWi-Fi接続が必要になります。古いiPhoneから新しいiPhoneにするときに、Wi-Fi接続をしてiClouldを使うことでデータの移行をすることができます。このときデータ転送量は平均で1GB、場合によっては4,5GBになる場合があるので、Wi-Fiでのネット接続が必須です。

詳しくはパソコンを持っていない場合(iCloudでデータの移行)を参考にしてみてください。

ドコモやauのiPhoneで格安SIMの設定をするとき、そしてiCouldを使ってデータの移行をするときにWi-Fiが必要になります。自宅にWi-Fiがあればそれを使えばいいのですが、自宅にWi-Fiがなければ無料のWi-Fiで代用できます。

使いどころ2: アプリのダウンロードやアップデート

無料のWi-Fiのもう1つの使いどころは、アプリのダウンロードやアップデートをするときです。

無料のゲームアプリの場合、1つダウンロードして初期起動時のアップデートを含めると、データ消費量は数百メガバイトになります。下手すると1GBくらいのデータを食い尽くす場合があります。

お役立ち系のアプリの場合、50MBくらいなのでそんなに気にする必要はないのですが、アプリをまとめてアップデートするときにはチリも積もれば山になります。

ゲームアプリのダウンロードと初期起動時、そしてアプリをまとめてアップデートするときはWi-Fiを使うとデータの大幅な節約になります。自宅にWi-Fiがない場合は、アプリのダウンロードとアップデートのときだけ無料のWi-Fiを使うのが効果的です。

無料のWi-Fiの注意点、セキュリティが甘い

無料のWi-Fiで注意してもらいたいのが、セキュリティが甘いことです。

無料のWi-Fiをむやみやたらに使うと、自分のパスワードが盗まれる可能性があります。一番やばいのがSNSサイトなどでログインすることです。このログインをするときにパスワードが盗み見られる可能性があります。また、自分が何のサイトを見ているか等が悪意ある人にばれる可能性もあります。

iPhoneの設定や、アプリのダウンロードやアップデートくらいならほとんど問題ないですが、基本的には無料のWi-Fiは多用しないことをおすすめします。

無料のWi-Fiスポット、アプリで無料Wi-Fi、Japan Connected-free Wi-Fi

Japan Connected-free Wi-Fiという無料アプリを使うと日本全国にある13万箇所の無料Wi-Fiを使うことができます。

iTuens: Japan Connected-free Wi-Fi
Google Play: Japan Connected-free Wi-Fi

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、JR東、JR東海など、無料Wi-Fiスポットの数は13万箇所にもなります。無料Wi-Fiスポットが一番多くカバーしています。

アプリをダウンロードすれば、最寄の無料Wi-Fiスポットが見つかるようになっているので、実際にアプリをダウンロードしてみると良いです。

Japan Connected-free Wi-Fiの使い方1: 利用登録

アプリをダウンロードして起動すると利用登録するボタンを出てくるのでそれをタップします。

メールアドレスと名前と性別、年代を入力して利用規約を確認しましたにチェックを入れて次に進みます。

登録内容に間違いがなければ次に進みます。

これだけで登録完了です。

メール認証などもなく簡単に登録ができます。90日間使わないと利用登録情報は自動的に削除されるので、削除された場合は、また利用登録をします。

Japan Connected-free Wi-Fiの使い方2: ネットへのつなぎ方

利用登録が終わったら、無料のWi-Fiスポットを探してネットにつなぎます。今は自宅のWi-FIを使っているのでWi-FiのところがOKになっていて、SSIDがNGになっています。

Searchをタップすると最寄の無料Wi-Fiスポットを表示してくれます。

こんな感じで、たくさんあります。コンビニがない場所だと見つけるのに苦労しそうですが、コンビニがあればだいたい簡単に見つかると思います。

無料のWi-Fiスポット(セブンイレブンの7SPOT)が見つかったら実際にそこへ行きます。ちなみに、徒歩2分の場所にありました。

たどり着いたらiPhoneから
設定 → Wi-Fi → Wi-FIがオフになっていたらオンにする

リストの中に7SPOTがあるのでそれをタップする

Japan Connected-free Wi-Fiアプリに戻るとSSIDがOKになっています。この状態でインターネットへ接続をタップします。

認証中・・・。

認証は数秒で完了します。これで無料Wi-Fiでインターネットにつながりました。

試しに通信速度を測ってみました。

ダウンロード速度が2.88Mbpsと少し遅めです。ただ、これはコンビニの外で計測していたので遅くなっていたようです。コンビニの中に入ると10Mbpsくらい出ていたような。。 下記の個別登録でWi-Fiをつなげるよりも遅くなっている感じがしますが、実用上問題なく使えると思います。

無料のWi-Fiスポット、個別登録(セブンイレブンなど)

Japan Connected-free Wi-Fiアプリを使わなくても、アプリなしで無料Wi-FIを使うことができるスポットがたくさんあります。アプリ経由よりもダウンロード速度が倍くらい速くなっている気がします。

アプリのダウンロードやアップデートをしようと思っている場合は、アプリなしのほうが通信速度が速いっぽいのでおすすめです。

セブンイレブンのセブンスポット 1日3回、1回60分まで
ローソンのLAWSON Wi-Fi サービス 1日5回、1回60分まで
ファミリーマートのWi-Fi無料インターネット接続 1日3回、1回20分まで

ここではセブンイレブンのセブンスポットを実際に試してみました。

最寄のセブンイレブンに無料Wi-Fiスポット(セブンスポット)があるのでそれを使います。セブンスポットを使うには利用登録が必要です。Japan Connected-free Wi-Fiアプリで利用登録をしても、アプリなしでセブンスポットを使おうとする場合はセブンスポットの会員登録が必要になります。

セブン&アイグループの無料Wi-Fiサービス セブンスポット

メールアドレス、性別、誕生年、パスワード等を入力して7SPOT会員に登録します。無料です。

登録すると入力したメールアドレスに“7SPOT会員登録認証メール”というメールが届いているので、認証URLというリンクが記載されているのでそれをクリックして認証します。

これで7SPOTを使う準備は完了です。

最寄のセブンイレブン(無料Wi-FI設置店)まで歩いていきます。たどり着いたらiPhoneから
設定 → Wi-Fi → Wi-FIがオフになっていたらオンにする

リストの中に7SPOTがあるのでそれをタップします。

続いてiPhoneのSafariを起動します。
起動すると下記のようなページに飛ばされます。

無料高速インターネットに接続をタップします。

ログイン方法の選択で7SPOT会員を選択して、登録時に入力したメールアドレスとパスワードでログインします。

これでセブンイレブンの無料Wi-Fiにつながりました。これでインターネットやアプリのダウンロードやアップデートができます。1日3回、1回ごとに60分までの無料Wi-Fiが使えます。

セブンイレブンの横で通信速度を測ってみました。

ダウンロード速度が8.22Mbpsも出ていました。Japan Connected-free Wi-Fiアプリよりも速度が出ているっぽいです。

セブンイレブンの店舗の外で計測していたので、中に入って計測してみたところダウンロード速度が30Mbpsから40Mbpsくらい出ていました。超速いです。一般的なアプリ(50Mbps)なら10秒ちょっとでダウンロードできます。

コンビニの無料Wi-Fiを使っている人は少ないので快適に使うことができます。JR東の主要駅でも無料Wi-Fiがありますが、使っている人が多そうだし、Wi-Fiを設置している機器から距離が離れていそうなので速度がコンビニよりも出ません。

無料Wi-Fiを使う場合はコンビニがおすすめです。

その他の無料のWi-Fiスポット

FREESPOT

FREESPOT・公衆無線LANスポットサービス

FREESPOTは日本全国1万3000箇所くらいの無料Wi-Fiスポットがあります。Japan Connected-free Wi-Fiアプリで無料Wi-Fiスポットが見つからなかったり、近くにコンビニがない場合は、FREESPOTで探してみるといいです。

FREESPOTはメール認証が必要です。

スタバ

スターバックスの無料Wi-Fi: at_STARBUCK_Wi2

全国900店舗のスターバックスでも無料Wi-Fiが使えます。ユーザ登録にはメールアドレスの認証が必要になります。スターバックスでのんびりWebサイトを見るのに使うのではなく、アプリのダウンロードやアップロードだけするのに使いましょう。SNSサイトへのログインや、銀行系のログインは絶対ダメです。

おすすめの格安SIMカード

  • NifMo
    • NifMoはドコモ系の格安SIMで通信速度が一番速く安定しています。3GBプランで足りる人におすすめです。キャッシュバックもあり。
  • 楽天モバイル
    • NifMoに次いで通信速度が速いのが楽天モバイルの格安SIMです。大容量のデータプランでも月額料金が安いので、月3GB超のデータ量が必要な場合におすすめです。
  • UQ mobile
    • au系の格安SIM。全ての格安SIMの中で一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。auユーザに特におすすめです。

おすすめの格安スマホ

  • Huawei P8lite
    • 3万円の格安スマホの中でコストパフォーマンスが一番良いのがP8liteです。価格は税込みで3万円888円、5インチ、CPUオクタコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ131g、電池容量2200mAh。NifMoで1万円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。
  • Zenfone 2
    • Zenfone 5の後継機がZenfone 2です。性能が大幅にアップしましたが価格もアップしました。税込3万8000円のモデルで5.5インチ、CPUクワッドコア 1.8GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ170g、電池容量3000mAh。2015年8月20日まで楽天モバイルで最大1万ポイントプレゼント。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る