BIGLOBE LTE・3G(BIGLOBE SIM)の申し込みから設定までの全て

最終更新日 / 作成日 2015年9月27日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

BIGLOBE LTE・3G(BIGLOBE SIM)のデータSIM(エントリープラン3GB)の申し込みをして、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。BIGLOBE LTE・3Gに関してはBIGLOBE LTE・3Gの詳細をご確認ください。

ここではデータSIMのエントリープラン3GBを申し込みますが、ライトSプラン6GB、12GBプランも同じやり方になります。

音声通話SIMを申し込む場合は運転免許証、健康保険、パスポート等の本人確認書が必要になります。他社からの番号移動(MNP)の場合は、MNP予約番号を現在契約しているキャリアからもらう必要があります。それ以外はデータSIMと同じような手続きになります。

今回はデータSIMなので、必要なのはクレジットカードだけです。

それでは下記のBIGLOBE LTE・3Gのホームページに行って申し込み手続きを行います。

BIGLOBE 音声通話SIM / データSIM

BIGLOBE LTE・3G 申し込み1:始まり

若干目立たないところに申し込みボタンがあります。

赤茶色のボタンの“申し込む”をクリックして申し込みページへ進みます。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み2:プラン等の選択

SIMカードのサイズやプランを選択します。

SIMカードがどのサイズかわからない場合は、使おうと思っているスマホの機種名とSIM サイズというキーワードで検索すればわかると思います。

iPhone5以上はnanoSIMです。Androidスマホの場合はmicroSIMが多いですが、最新のやつだとnanoSIMになっていたりします。SIMカードというサイズ(標準SIM)はめったにありません。

データSIMを選ぶ場合は基本的にSMSオプションをつけておいたほうがいいです。これを付けておかないと、何もしなくても電池がなくなる症状に見舞われることがあります。詳しくはデータSIMのSMS機能は付けるべき?を参考にしてみてください。

音声通話SIMにはSMSオプションは最初から付いているので気にしなくていいです。

セキュリティセット・プレミアムやアプリ超放題は基本的に無駄なので申し込まないほうがいいです。

選び終わったら“申込みへ”をクリックします。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み3:会員画面

既にBIGLOBE会員の場合は“BIGLOBE会員の方”をクリックしてください。

ここではBIGLOBE会員ではないので、“BIGLOBE会員でない方”をクリックします。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み4:お客様情報の入力

名前や住所を入力します。

データSIMの場合は銀行振り込みでの支払いもできます。ただし月200円の手数料がかかるのと手続きに時間がかかります。音声通話SIMの場合はクレジットカードでの支払いのみになります。

ここではクレジットカードで申し込みます。

全て入力し終わったら、“確認画面へ”をクリックします。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み5:申込み内容の確認

念のため申し込み内容を確認します。

内容に間違いがなければ“この内容で申し込む”をクリックして申込みを完了させます。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み6:申込みの完了でも続きがある!

IDやパスワードが表示されます。念のためメモっておいたほうが良いかもしれませんが、後日郵送で受け取る封筒にIDとパスワードが記載されている用紙があるので、特に気にする必要はありません。

申込みが完了したと思ったら続きがあります。“次へ”をクリックします。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み7:オプションサービスの選択

BIGLOBEお助けサポートとサーイ・イサラというオプションサービスがあります。

両方申し込みません。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み8:オプションサービスの確認

ちゃんと申し込まないになっているか確認します。

問題ないようなら上記の内容で確定するをクリックします。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み9:オプションサービスの選択の完了、でも続きがある・・

これでオプションサービスを申し込まない申込みが完了しました。

大切なお知らせがあると記載されているので、完了ボタンをクリックします。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み10:すべての手続きが完了 + アンケート

これで全ての手続きが完了しました。

アンケートを記載してくれと書いてありますが無視します。これでとりあえず申し込みは完了したのですが、なんというかBIGLOBEの申込みは回りくどいです。

BIGLOBE LTE・3G 申し込み11:メールアドレスの変更

格安SIMを申し込む場合、普通は自分のメールアドレスを入力するところがあるのですが、BIGLOBEの場合、それがありません。BIGLOBE専用のメールをわざわざ強制的に割り当てられ、そこにBIGLOBEからのメールが届くようになっています。

BIGLOBE専用のメールアドレスから普段使っている自分のメールアドレスに届くように変更しておいたほうがいいです。メールアドレス?何それ?みたいな人は、Gmailを使っておいてください。

手続き完了から届くまで

BIGLOBEの申込みページにはSIMカードは最短で2日で届くと記載されています。

9月18日午後4時(金曜日)に申し込み手続きを行う。
同日午後5時ごろに“「BIGLOBE LTE・3G」お申し込み受付のお知らせ”という件名でメールが届く。

メール内容「お申し込みから2日~1週間程度でNECプラットフォームズから指定の宅配業者を使ってお届けします。ただし、物流や休日の関係で日程が前後することがあります。発送しましたら、メールでお知らせします。」

忘れてしまいましたが9月22日頃?に“お申込み内容のお知らせ”という封筒がポストに届く。BIGLOBEのIDやパスワードが記載されている用紙が入っています。

9月25日 “「BIGLOBE LTE・3G」機器発送のお知らせ”という件名のメールが届く。

メール内容の一部
【MNP転入手続きをされたお客様のSIMカード利用開始】
・SIMカードをお受け取りいただいた時点では、他携帯電話会社からBIGLOBEへのMNP転入お手続きが完了しておりませんので、すぐに利用できません。
・MNP転入お手続きは、お客さまのSIMカードの受け取りをBIGLOBEが確認した翌日(通常SIMカードお受け取り日の2日後ですが、配送状況により前後する場合があります)にBIGLOBE側で実施します。MNP転入お手続きが完了し、転出元のSIMカードが使えない状態になったことを確認してから、ご利用ください。
・早く利用されたいお客さまは、以下窓口まで連絡してください。ご利用開始の申し出を受け付けた後、2時間を目安にMNP転入お手続きを実施いたします。

通常、ドコモ系の格安SIMだとMNPをするときに申込みからSIMカードが届くまでスマホが使えなくなる期間がありますが、BIGLOBEの場合は、受け取り後2日後にMNP手続きを行うので使えなくなる期間がないようになっているようです。今回はデータSIMの申込みなので関係ないのですが、音声通話SIMでMNPの人は安心して手続きができそうです。

9月27日にようやくSIMカードが届く・・・。

最短2日で届くとか書いてありましたが、びっくり9日かかりました。急いでいなかったのでいいのですが、他の格安SIMと比べてもダントツに一番遅かったです。ただ、シルバーウィークで連休があったから、届くのがすごく遅れたのかなと思います。でも、それを考慮しても遅い気がします。

とりあえず連休前の申込みは届くのが遅くなるかもしれないと思っておいたほうがいいです。

格安SIMカードの設定1:届いたものを確認

BIGLOBEからは別々に2つの封筒が届きます。

手前のが格安SIMが入っている白い封筒で、奥のがBIGLOBEのIDやパスワードが入っている封筒です。パスワードが入っている封筒は今回必要ないのでそのままにしておきます。

格安SIMが入っている白い封筒の中身

バラバラといろいろ入っていますが、この中で必要なのはSIMカードとSIMカードの取り付け方法の小冊子です。小冊子の1ページ目にAPNの設定内容が書いてあります。

格安SIMカードの設定2:スマホを取り出す

格安SIMで使おうと思っているスマホを取り出します。
今回は格安SIMをZenFone 5に入れて使ってみることにします。

ZenFone 5を取り出してSIMを挿入できるようにカバーを取り外します。

ZenFone5はカバーを取るのに苦労しますが、思い切ってやっちゃいます。

ドコモのiPhoneやSIMフリーのiPhoneで使いたい場合は、SIMを取り出すピンが必要になります。持っていない人は事前に買っておきましょう。

iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン
iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン

格安SIMカードの設定3:SIMを挿入してスマホを再起動する

SIMカードを取り出して下記のように設置します。

SIMカードを上に押し込めば挿入完了です。カバーを元に戻して、スマホを再起動します。

格安SIMカードの設定3:APNを設定する

封筒に入っていたご利用ガイドを見ながらAPNを設定します。

Androidの場合(Zenfone5等)

ホーム画面のアプリ一覧をタップする。

設定をタップする。

その他の設定をタップする。

モバイルネットワークをタップする。

データ通信を有効にするにチェックを入れて、アクセスポイント名をタップする。

右上の+マークをタップしてAPNを追加する。

名前: biglobe
APN: biglobe.jp
ユーザー名: user
パスワード: 0000
認証タイプ: PAPまたはCHAP

作成したAPN(biglobe)を選択する

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになります。これにて格安SIMカードの設定は完了です。インターネットやアプリのダウンロードも問題なくできるようになっています。

iOSの場合(iPhoneやiPad)

iOSデバイスからhttp://support.biglobe.ne.jp/settei/setuzoku/lte/config/biglobeLTE3G.mobileconfig(BIGLOBE APN 設定プロファイル)を開きます。このときWiFiなどでネットにつながっている必要があります。

ダウンロードボタンをタップするとプロファイルのインストール画面が出てくるのでインストールをタップします。インストールの確認画面が表示されるので問題がなければインストールをタップします。完了画面が表示されるので完了をタップします。

これでAPN設定が完了です。

次に設定をタップしてモバイルデータ通信をタップします。(Wi-Fiがオンになっている場合はオフにします)

LTE回線を使用をオンにして設定完了です。

2,3分すると電波を受信するようになって、インターネットやアプリのダウンロードができるようになります。

格安SIMカードが届くのに時間がかかりましたが、とても簡単にBIGLOBE LTE・3G の申し込みからSIMカードの設定ができました。

BIGLOBE LTE・3Gの申し込みはこちらから → BIGLOBE 音声通話SIM / データSIM

BIGLOBE LTE・3Gの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る