BIGLOBE WiMAX (WiMAX2+)の申し込みから設定、キャッシュバックを受け取るまでの全て

最終更新日 / 作成日 2016年6月8日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込みをして、モバイルWiFiルーターの設定をして、スマホやパソコン、Macbook等でインターネットが使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。BIGLOBE WiMAX 2+に関してはBIGLOBE WiMAX 2+の詳細をご確認ください。

(ちなみに、BIGLOBE WiMAXとBIGLOBE WiMAX 2+は実質的に同じものと思ってください)

ここではBIGLOBE WiMAX 2+のFlat ツープラス ギガ放題を申し込みますが、ギガ放題ではないプランの申し込みも同じ方法になります。

必要になるのは、本人名義のクレジットカードです。クレジットカードでの支払いなら、申し込みから2〜3日でモバイルWiFiルーターが届くので、すぐに使うことができます。

口座振替でも料金の支払いはできますが、手続きに時間がかかるため実際にWiMAX2+が使えるようになるまで2週間くらいかかります。さらに口座振替の手数料が月額200円かかります。

クレジットカードは用意しておいたほうが良いです。すでにBIGLOBE会員の場合は、すでに料金の支払い設定はできているので、クレジットカードも必要ありません。

それでは下記のBIGLOBE WiMAX 2+の申し込みページに行って申し込み手続きを行います。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込みはこちらから → BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み1:始まり、プランとデータ端末の選択

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込みページ → BIGLOBE WiMAX 2+

申し込みページに行ったら、「データ端末を選択する」というボタンをクリックします。

プランの選択とデータ端末の選択をする画面に移ります。

料金プランの、Flat ツープラス ギガ放題とFlat ツープラス、どちらを選ぶべきかは、断然ギガ放題です。プランの詳細はBIGLOBE WiMAXの料金プランを参考にしてみてください。

ここでは、Flat ツープラス ギガ放題を選択しました。

データ端末(モバイルWiFiルーター)は、3機種選べますが基本どれでも実際に使う上での大差はほとんどありません。選び方はBIGLOBE WiMAXの無料のモバイルWiFiルーターの選び方に記載しているの参考にしてみてください。ちなみにW01はW02とほとんど同じです。

ここでは、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)を選択しました。

クレードル・ACアダプタセットは、価格が高いのでここでは選ばないほうがいいです。絶対必要なのはACアダプタです。これがないと充電できません。

ACアダプタはスマホの充電器があれば使えます。ない場合はダイソーで216円でUSB充電ACアダプターを売っているので、それを買えば使えます。

スマホの充電器がなくて、近くにダイソーもない場合は、1000円くらいしますがAmazonでAnker USB急速充電器 ACアダプタを買うのが無難です。クレードルは、あとでAmazonでも買うことができるので、必要な場合は、あとで購入するのがおすすめです。

今回は、すでにBIGLOBE会員なので「BIGLOBE会員の方」をクリックしました。BIGLOBE会員ではない場合は、「BIGLOBE会員でない方」をクリックしてください。

BIGLOBE会員の場合は、ログイン画面に移ります。

BIGLOBE会員ではない場合は、BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み3の方へ移ります。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み2:ログイン

IDとパスワードを入力してログインします。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み3:キャッシュバックの選択と住所などの入力

BIGLOBE会員の場合と、BIGLOBE会員ではない場合で、少し画面が違いますが、基本的には同じ感じになっています。

ここで特典をキャッシュバックで受け取るか、ポイントで受け取るかを選ぶことができます。

お届けの目安は2日〜1週間でお届けと記載されていますが、今回申し込んだら2日で届きました。基本的に2,3日で届くと思っても大丈夫だと思います。

今回は20,000円キャッシュバックを選択しました。Gポイントのほうを選択しても問題ありません。むしろ、Gポイントで1ポイント1円で月額料金の支払いに充てられるので、Gポイントのほうが少しお得です。今回は諸事情で、キャッシュバックを選択しました。

上記の月額料金の記載が、2695円、3380円になっていますが、記載の仕方がおかしいだけです。実際に請求される月額料金は、すでにBIGLOBE会員の場合、3495円、4180円です。まだBIGLOBE会員ではない場合、3695円、4380円になります。

次に、auスマートバリューmineの選択と、氏名や住所などを入力していきます。

auスマートバリューmineはどうでもいいです。希望したところで料金は高くならないので、心配なら利用を希望してください。今回は、利用しない方のほうを選択しました。(auのスマホを契約している場合、月額料金が2000円程度になる格安SIMへMNPすることを強くおすすめします)

セキュリティセットプレミアムは申し込まないを選択します。セキュリティが気になる場合は、あとで無料のセキュリティソフトを探してインストールしてください。それで十分です。無料だと心配なら、有料のESETを使うのをおすすめします。

入力し終わったら、最後に個人情報の取り扱いに同意するにチェックを入れて、次へ進みます。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み4:申し込み内容の確認1

申し込み内容に間違いがないか確認します。

問題ないようなら、次へをクリックします。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み5:申し込み内容の確認2

最後にサービス内容の確認をします。

実際には、長々とサービス内容が記載されていますが、邪魔なので省略しました。

「サービス内容を確認しました。同意します。」にチェックを入れて、「お申し込みを確定する」をクリックします。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み6:WiMAX2+の申し込み手続きの完了

これでBIGLOBE WiMAX 2+の申し込みは完了なのですが、何やらオプションサービスの選択が残っているので、その選択を行います。

次へをクリックします。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み7:オプションサービスの選択

オプションサービスの選択画面が出てきます。

申し込まないに全てチェックを入れます。もし必要なら、あとで申し込んでください。BIGLOBEだから安くなるとかはないです。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み8:オプションサービスの確認

無駄なサービスがワラワラとあります。

全て申し込まないになっているかを確認して、「上記の内容で確定する」をクリックしてください。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み9:すべての申し込み手続きの完了

これで、申し込みは完了です!

手続き完了から届くまで

2016年6月4日(土曜)の21時にBIGLOBE WiMAX 2+の申し込みをする

数分後に「BIGLBOE WiMAX 2+ お申し込み受付のお知らせ」というタイトルでメールが届く。

6月5日(日曜)の19時に「BIGLOBE WiMAX 2+データ端末発送のお知らせ」というタイトルでメールが届く。

6月6日(月曜)の午前11時に受け取り完了。(宅配業者:日本郵便)

申し込みから2日から1週間程度でお届けとホームページやメールには記載されていましたが、実質1日半くらいで届きました。超早いです。

BIGLOBE WiMAX 2+の設定1:届いたものを確認

BIGLOBE WiMAX 2+を申し込んでから2日後に、こんなダンボールで届きました。

ダンボールの中身

モバイルWiFiルータの箱、UIMカード(SIMカード)、サポートガイド、納品書、重要事項の紙が入っています。

モバイルWiFiルータの箱の中身

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)本体、バックカバー、充電池、充電ケーブル、つなぎかたガイド、保証書が入っています。

BIGLOBE WiMAX 2+の設定2:UIMカードをWX02に挿入する

UIMカードをWX02に挿入して、充電池を取り付けて、バックカバーを付ければ、設定は95%くらい完了です。楽チンです。早速UIMカードを挿入します。

上がWX02本体、下のICカードがUIMカードです。ICカードのICチップのところを取り外します。

UIMカードをこんな方向でセットします。

UIMカードを奥まで挿入します。UIMカードを奥まで入れたら、充電池を取り付けて、バックカバーを付ければ完了です。

BIGLOBE WiMAX 2+の設定3:WX02の設定

WX02の設定と言っても、電源入れて、ファームウェアをアップデートするだけです。すでにほぼ設定済みなので、ほとんどいじる必要はありません。

とりあえず、電源ボタンを長押しして電源を入れてみます。

NECというマークが出てきます。

起動中みたいな感じで5秒くらい待ちます。

起動すると、こんな感じの画面になっていました。

WXで電波が2つしか立っていません。WXはWiMAX2+ではなく、WiMAXを掴んでいるマークです。少し心配になりましたが、2,3分して気づいたらWX2+(WiMAX2+)という表示に切り替わって、電波抜群でWiMAX2+を掴んでくれました。

数字が0から1に変わっていますが、これはスマホを接続したためです。気にしなくていいです。

電源を切って、再起動してみました。すると、ファームウェアの更新画面が出てきました。

ファームウェアを更新すると、動作が良くなるので更新します。

ダウンロード中・・・

更新中・・・

更新完了、再起動中。。

こんな感じで、設定は完了です。ファームウェアを更新しておけば、あとは特に必要な設定はありません。

モバイルWiFiルーター(WX02)のSSIDとパスワード

モバイルWiFiルータの箱には、SSIDとパスワードを記載したシールが入っています。

スマホやタブレット、パソコンなどでつなげるのに、このSSIDとパスワードが必要になります。

SSIDはプライマリSSIDです。wx02-…..というのがSSIDになっています。パスワードは、暗号化キー(AES)になります。

無くすとまずいので、とりあえずスマホでこの写真を撮っておくことをおすすめします。

モバイルWiFiルーター(WX02)に貼り付けるのは少しだけ不安ですが、気にせず貼り付けても大丈夫だとは思います。

下記から、このSSIDとパスワードを使って、モバイルWiFiルーターを通してiPhoneやiPad、Androidスマホ、Windowsパソコン、Macbook(iMAC)でインターネットが繋がるように設定します。

BIGLOBE WiMAX 2+をiPhoneやiPadで使えるようにする

BIGLOBE WiMAX 2+を使ってiPhoneやiPadでインターネットにつなげるには、設定をタップしてWiFiの接続を行う必要があります。1度設定してあげれば、再度設定する必要はありません。

まずは、BIGLOBE WiMAX 2+のモバイルWiFiルーター、今回はWX02の電源を入れて起動するまで10秒くらい待ちます。

iPhoneやiPadの設定をタップします。

Wi-Fiをタップします。

Wi-Fiをオンにします。

少し待つと、WiFi端末のSSIDが表示されます。その中から、wx02-…というSSIDを探します。

スクロールすると、下の方にwx02-…があるので、それをタップします。

暗号化キー(AES)がパスワードなので、それを入力して、Joinまたは接続をタップします。

これで、iPhoneやiPadでインターネットが繋がるようになります。

BIGLOBE WiMAX 2+をAndroidスマホで使えるようにする

BIGLOBE WiMAX 2+を使ってAndroidスマホでインターネットにつなげるには、WiFi接続を行う必要があります。1度設定してあげれば、再度設定する必要はありません。

まずは、BIGLOBE WiMAX 2+のモバイルWiFiルーター、今回はWX02の電源を入れて起動するまで10秒くらい待ちます。

Androidスマホによって、表示が少し異なりますが、設定をタップしてWiFiをタップします。

Wi-FiをONにすして、数秒するとwx02-…というSSIDが出てくるので、それをタップします。

暗号化キー(AES)がパスワードなので、それを入力して接続をタップします。

これで、Androidスマホやタブレットでインターネットが繋がるようになります。

BIGLOBE WiMAX 2+をWindowsパソコンで使えるようにする

BIGLOBE WiMAX 2+を使ってWindowsパソコンでインターネットにつなげるには、WiFi接続の設定を行う必要があります。1度設定してあげれば、再度設定する必要はありません。

Windowsパソコンが無線LANに対応していない場合は、モバイルWiFiルーターのクレードルを買って有線LANで接続するか、USB用 無線子機 WLI-UC-G301N(Amazon:1500円程度)を買って、パソコンのUSBに挿せば無線LANを使えるようになります。

ここでは、Windowsパソコンがすでに無線LANに対応してるのを前提に話を進めます。(OSはWindows 10)

Windowsパソコンの電源を入れて、BIGLOBE WiMAX 2+のモバイルWiFiルーター、今回はWX02の電源も入れて起動するまで10秒くらい待ちます。

Windowsパソコンの画面の右下の無線LANのマーク(黄色い丸で囲んだところ)をクリックすると、モバイルWiFiルーターのSSIDの一覧が表示されます。wx02-…をクリックします。

接続をクリックします。

暗号化キー(AES)がネットワークセキュリティキーになります。暗号化キー(AES)を入力して、次へをクリックします。

数秒待ちます。

はい、をクリックします。(このメッセージは表示されないかもしれません)

これで接続済みになり、WiMAX2+でWindowsパソコンからインターネットができるようになります。

BIGLOBE WiMAX 2+をMacbookやiMacで使えるようにする

BIGLOBE WiMAX 2+を使ってMacbookやiMacでインターネットにつなげるには、WiFi接続の設定を行う必要があります。1度設定してあげれば、再度設定する必要はありません。

MacbookやiMacは無線LANに対応しているので、無線LANの心配はする必要ありません。

MacbookやiMacの電源を入れて、BIGLOBE WiMAX 2+のモバイルWiFiルーター、今回はWX02の電源も入れて起動するまで10秒くらい待ちます。

MacbookやiMacの画面の右上に4分の1位の円があるので、それをクリックして、Wi-Fiを入にするをクリックします。

接続可能なSSIDの一覧が表示されます。この中からwx02-…を探してクリックします。

暗号化キー(AES)がパスワードになります。暗号化キー(AES)を入力して接続をクリックします。

これで、 WiMAX 2+でMacbookやiMacからインターネットができるようになります。

BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックの受け取り方

BIGLOBE WiMAX 2+を申し込んで、2日してモバイルWiFiルーターが届きました。そして、その1〜2日後に下記の封筒がポストに届きます。

この中にキャッシュバック用の案内が入っています。開封すると下記のような用紙が入っていました。

このアンケートページURLにアクセスして、アンケートに答えれば1年後くらいに郵便局でお金に換えられる振替払出証書が届きます。WiMAX 2+を申し込んだのが6月4日(サービス開始日が6月6日)、だいたい2カ月半くらいはアンケートの回答猶予があるようです。

アンケートはチェック式なので簡単に答えられるので、さっさと回答します。

ということで、早速アンケートページURLにアクセスします。

BIGLOBEを申し込んだ時にもらったBIGLOBEのログインIDとパスワードでログインします。

お申し込み特典の中に、「アンケートへの回答はこちら」というリンクがあるので、それをクリックします。

アンケートを答えていきます。チェックするだけなので簡単です。全部答えたら、確認画面へをクリックします。

入力内容を確認して、完了するをクリックします。

アンケート受付完了です。これでキャッシュバックが1年後くらいにもらえます。このアンケートの回答、2分もかかりません。超簡単です。

BIGLOBE WiMAX 2+のキャッシュバックは、おそらくほとんどの人が受け取れていると思われます。キャッシュバック用の案内の封筒をなくした場合でも大丈夫です。

BIGLOBEのホームページに行って、ログインして探せばキャッシュバック用のアンケートが見つかると思います。もし見つけられなくても、BIGLOBEに電話で問い合わせれば教えてくれます。

アンケートの回答は、BIGLOBE WiMAX2+のサービス開始日(端末受け取り日)の翌日から回答することができます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+はキャッシュバック額が一番高額ですが、BIGLOBEのように簡単にはキャッシュバックの手続きをすることができません。

GMOとくとくBBは、1年後にGMOとくとくBB独自のメールボックスに届くメールから手続きをする必要があり、メールが届いて1か月ちょっとくらいが期限になります。1年後に手続きをしなければいけないので、少なくない人が忘れて気づいた時に手遅れになって怒り狂うことになっています。

BIGLOBE WiMAX2+の場合、端末を受け取った翌日には、簡単なアンケートに答えることでキャッシュバック手続きは完了です。忘れません。確実です。

BIGLOBE WiMAX (WiMAX2+)の申し込みから設定、キャッシュバックの受け取りのまとめ

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込み方法も簡単で、届くのも1日半と超早いです。届ける場所や時期によって異なると思いますが、クレジットカードでの支払いなら早く受け取れると思って大丈夫だと思います。

モバイルWiFiルーター(WX02)の設定も、UIMカードを挿入して電池を取り付けるだけなので、とても簡単でした。

WiMAX 2+も思っていたよりもはるかに電波が強くて室内でも普通に使えます。喫茶店やファミレスでも普通に電波が入ってきます。使う場所により電波の受信具合は変わると思いますが、周りに田んぼでも広がっていなければ、普通に使えそうな気がします。

BIGLOBE WiMAX2+のキャッシュバックも確実に簡単に受け取ることができるので安心です。

BIGLOBE WiMAX 2+の申し込みはこちらから → BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+の実際に出る通信速度は格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録に掲載しているので参考にしてみてみてください。

WiMAX 2+関連の情報
BIGLOBE WiMAX (WiMAX 2+)の評価と比較とネットの評判の詳細
GMOとくとくBB WiMAX 2+の評価と比較とネットの評判の詳細
WiMAX(WiMAX 2+)とポケットWiFiの比較と評価、自分に最適なプランの選び方
格安SIMとモバイルルーターのベストな組み合わせ

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る