DMM mobileの申し込みから設定までの全て

最終更新日 / 作成日 2015年4月4日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

DMM mobileのデータSIM(月額660円)の申し込みをして、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。DMM mobileに関してはDMM mobileの詳細をご確認ください。

ここではシングルコースのデータSIMの1GBプランを申し込みますが、2GB、3GB、5GB、7GB、10GB等のプランも同じやり方になります。

通話SIMの場合は運転免許証、健康保険、パスポート等の本人確認書が必要になります。他社からの番号移動(MNP)の場合は、MNP予約番号を現在契約しているキャリアからもらう必要があります。それ以外はデータSIMと同じような手続きになります。

今回はデータSIMなので、必要なのはクレジットカードだけです。

それでは下記のDMM mobileのホームページに行って申し込み手続きを行います。

DMM mobile

DMM mobile 申し込み1:始まり

DMM mobileのホームページに行ったら、プラン・料金を選択して続いてSIM単品を選択して“お申し込み”をクリックします。

DMM mobile 申し込み2:契約プランの選択

シングルコース、通話SIMプラン、1GB、マイクロSIMサイズ、SMSの利用なし、追加オプションの選択なしをそれぞれチェックしていきます。

データ量通信量を1GBにしましたが、一般的な人で3GBあれば十分な量になります。SIMのサイズはZenfone5で使うつもりなのでマイクロSIMサイズです。DMM mobileは通信速度の計測に用いるのでSMSの利用はなしを選択しました。

データSIMの場合、SMSは基本的に利用ありを選んだほうが無難です。SMSに対応していないデータSIMの場合、スマホの電池がすぐになくなる症状が出る場合があります。iPhoneでデータSIMを使う場合はSMSに対応していないと電波を受信できるまでに時間がかなりかかる場合があります。

詳しくはデータSIMのSMS機能の必要性を参考にしてください。

DMM mobile 申し込み3:個人情報を入力

メールアドレスとログインパスワードを入力します。
続いてお客様情報と送付先情報を入力します。
利用規約に同意するにチェックを入れます。

全部入力し終わったら“申し込み内容を確認する”をクリックします。

DMM mobile 申し込み4:申し込み内容の確認

申し込みないように誤りがなければ“申し込みを完了する”をクリックします。

DMM mobile 申し込み5:メールアドレスをチェックする

申し込み時に入力したメールアドレスをチェックします。

DMM mobileから“DMM mobile:会員登録認証メール”というタイトルでメールが届いています。

そのメールにDMM mobileお申し込み認証アドレスというリンクがあるので、それをクリックします。このリンクは申し込みから1時間だけ有効です。1時間を過ぎると最初から申し込みをしないといけなくなります。

DMM mobileお申し込み認証アドレスをクリックすると下記のようなページに飛びます。

“クレジットカード情報を登録する”をクリックします。

DMM mobile 申し込み6:クレジットカードの登録

自分のクレジットカードの情報を入力して次へ進むをクリックします。

DMM mobile 申し込み7:クレジットカード情報の確認

入力に間違いがないようなら“登録する”をクリックします。

DMM mobile 申し込み8:クレジットカードの登録完了

クレジットカードの登録が完了しました。

最後に“DMM mobile契約を完了する”をクリックすれば申し込み手続きが完了です。

DMM mobile 申し込み9:申し込みの確認

“DMM mobile契約を完了する”をクリックすると下記のようなページに移動します。

右側にあるマイページをクリックすることで申し込みの確認をすることができます。

手続き完了から届くまで

3月30日午後2時(月曜日)に申し込み手続きを行う。

3月31日午前8時(火曜日)に“DMM mobile:新規契約手数料 決済完了のお知らせ”というタイトルでDMM mobileからメールが届く。

4月2日午前8時(木曜日)に“DMM mobile:お問い合わせ伝票番号のお知らせ”というタイトルでDMM mobileからメールが届く。

4月3日午前11時(金曜日)に郵便受けにSIMカードが投函される(クロネコヤマト)。

データSIMは申し込み後、5営業日で届くと説明がありましたが、申し込み日を含めてきっかり5営業日で届きました。通話SIMの場合も5営業日で届きます。通話SIMでもMNPの場合は3営業日で届くそうです。

格安SIMカードの設定1:届いたものを確認

プチプチの緩衝材がある封筒で届きます。

封筒の中身。

SIMカードとご利用ガイドとお届け明細書が入っています。

格安SIMカードの設定2:スマホを取り出す

ASUSTek ZenFone5 (SIMフリー / 5型ワイド / 16GB)
【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16
格安スマホで迷っている人はZenfone 5を買うのが良いですよ。

Zenfone 5を取り出してSIMを挿入できるようにカバーを取り外します。

Zenfone5はカバーを取るのに苦労しますが、思い切ってやっちゃいます。

ドコモのiPhoneやSIMフリーのiPhoneで使いたい場合は、SIMを取り出すピンが必要になります。持っていない人は事前に買っておきましょう。

iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン
iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン

格安SIMカードの設定3:SIMを挿入してスマホを再起動する

SIMカードを取り出して下記のように設置します。

SIMカードを上に押し込めば挿入完了です。カバーを元に戻して、スマホを再起動します。

格安SIMカードの設定3:APNを設定する

封筒に入っていたご利用ガイドを見ながらAPNを設定します。

Androidの場合(Zenfone5等)

ホーム画面のアプリ一覧をタップする。

設定をタップする。

その他の設定をタップする。

モバイルネットワークをタップする。

データ通信を有効にするにチェックを入れて、アクセスポイント名をタップする。

右上の+マークをタップしてAPNを追加する。

名前: dmm
APN: vmobile.jp
ユーザー名: dmm@dmm.com
パスワード: dmm
認証タイプ: PAPまたはCHAP

作成したAPN(dmm)を選択する

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになります。これにて格安SIMカードの設定は完了です。インターネットやアプリのダウンロードも問題なくできるようになっています。

iOSの場合(iPhoneやiPad)

ケース1(ロックされている端末ではAPNの設定はできないのでケース2を使う)
設定をタップする

モバイルデータ通信をタップする

モバイルデータ通信をオンにする。
3Gをオンにする。

モバイルデータ通信ネットワークをタップする

APN: vmobile.jp
ユーザー名: dmm@dmm.com
パスワード: dmm

ケース2
iOSデバイスからhttp://mvno.dmm.com/apnを開きます。このときWiFiなどでネットにつながっている必要があります。

ダウンロードボタンをタップするとプロファイルのインストール画面が出てくるのでインストールをタップします。インストールの確認画面が表示されるので問題がなければインストールをタップします。完了画面が表示されるので完了をタップします。

これでAPN設定が完了です。

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになって、インターネットやアプリのダウンロードができるようになります。

以上で基本的な設定は完了です。

とても簡単にDMM mobileの申し込みからSIMカードの設定ができました。

DMM mobileの申し込みはこちらから → DMM mobile

DMM mobileの詳細

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る