エキサイトモバイルの申し込みから設定までの全て

最終更新日 / 作成日 2016年7月5日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

エキサイトモバイルのデータSIM(最適料金プラン)の申し込みをして、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。エキサイトモバイルに関してはエキサイトモバイルの詳細をご確認ください。

ここではデータSIM(SIM1枚コース)の最適料金プランを申し込みますが、定額プランやSIM3枚コースでも基本的に申し込みは同じ方法になります。

音声通話機能をつける場合は運転免許証、健康保険、パスポート等の本人確認書が必要になり、他社からの番号移動(MNP)の場合は、MNP予約番号を現在契約しているキャリアからもらう必要があります。

データSIMまたはSMS機能付きデータSIMの場合、必要なのはクレジットカードだけです。

それでは下記のエキサイトモバイルのホームページに行って申し込み手続きを行います。

エキサイトモバイルの申し込みはこちらから → エキサイトモバイル

エキサイトモバイル 申し込み1:料金プラン、SIM枚数、SIMサイズの選択

エキサイトモバイルのホームページに行ったら、「お申し込みはこちら」という赤いボタンがあるので、それをクリックします。

すると料金プラン、SIM枚数、SIMサイズの選択画面に移ります。

今回は最適料金プランでSMS機能なしのデータSIM1枚を申し込みます。各自、自分にあうように選択してください。料金プランだけは、最適料金プランの方が絶対いいです。

料金プラン選択:最適料金プラン
SIM枚数選択:1枚コース
SIMサイズ選択:Micro SIM
オプション機能なし

利用開始希望日は7月4日が一番早かったので、7月4日にしました。(ちなみに届け日ではありません。実際に届いたのは7月1日でした)

サービス利用約款・基本説明事項に同意するにチェックを入れて、「この内容でお申込みに進む」をクリックします。

エキサイトモバイル 申し込み2:エキサイトIDの作成

エキサイトモバイルを申し込むには、エキサイトIDが必要とのことで、エキサイトIDを作成します。

「新規エキサイトID作成」をクリックして、エキサイトIDの必要事項を入力していきます。

最後に「エキサイトIDを登録」をクリックします。

これでエキサイトIDの作成完了です。「ご利用中のサービスに戻る」をクリックします。

エキサイトモバイル 申し込み3:メールアドレスの確認

エキサイトIDを登録すると、登録したメールアドレスにメールアドレス認証ページURLが届きます。メールアドレス認証ページURLをクリックして、エキサイトIDのメールアドレスを認証しておく必要があります。

次に、エキサイトモバイル側のメールアドレスの認証を行います。

※ この辺の手続きがごちゃごちゃしていて、実際とは少しちがう可能性があります。

エキサイトIDに登録したメールアドレスが表示されるので、確認メールを受け取るをクリックします。

すると、すぐに登録したメールアドレスにメール認証URLが届きます。そのURLをクリックします。

エキサイトIDを作成した時に入力したパスワードを入力します。

これでメール認証は完了です。ご利用中のサービスに戻るをクリックします。

エキサイトモバイル 申し込み4:住所とパスワードの確認

契約者の住所を確認します。

問題ないなら次へをクリックします。

SIM送付先住所の確認をして、問題ないなら次へをクリックします。

パスワードを入力して次へをクリックします。

(エキサイトモバイルは、確認する画面が多すぎです・・)

エキサイトモバイル 申し込み5:クレジットカードの登録

支払い用のクレジットカードを登録します。

契約者と違う名義のクレジットカードは使えないので気をつけてください。本人名義のクレジットカードが必要です。

必要事項を入力して、登録をクリックします。

エキサイトモバイル 申し込み6:申込み情報の確認

最後に申込み情報を確認します。

問題ないようなら「この内容で申込む」をクリックします。

エキサイトモバイル 申し込み7:申込み完了

これで申込みは完了です!

手続き完了から届くまで

6月27日(平日の月曜)の17時に申し込む

7月1日(平日の金曜)に届く

申込みから一週間程度で届くと記載されていましたが、4日で届きました。ただし、利用開始日は7月4日なので、使えるのは結局申込みから一週間後ということになります。

格安SIMカードの設定1:届いたものを確認

プチプチ袋に入ってヤマトで届きます。

中身はこれ

明細書とAPNの設定情報が記載されいる用紙、格安SIMカード。シンプルです。

格安SIMカードはICチップのところを切り外します。(ICチップのところが格安SIMカードです)

格安SIMカードの設定2:スマホに格安SIMカードを挿入する

スマホにエキサイトモバイルの格安SIMカードを挿入します。

今回使うのはZenFone Goです。他のスマホでもたいした違いはありません。格安SIMカードを各スマホに挿入するだけです。

カバーを外してこんな感じにします。右側の白いチップが格安SIMです。

格安SIMをこんな感じで奥まで挿入します。カバーを元に戻して準備完了です。スマホの電源を入れます。

格安SIMカードの設定3:APNを設定する

封筒に入っていたAPNの設定情報を見てAPNを設定します。

Androidの場合(Zenfone Go等)

スマホによって、少し操作が違うと思いますが、Androidスマホ/タブレットのAPNの設定はだいたい下記のようなやり方になります。

ホーム画面のアプリ一覧をタップする。

設定をタップする。

もっと見るをタップする。

モバイルネットワークをタップする。

データ通信を有効にして、アクセスポイント名をタップする。

アクセスポイント名をタップする。

右上の+マークをタップしてAPNを追加する。

名前: excite
APN: vmobile.jp
ユーザー名: 不要
パスワード: 不要
認証タイプ: PAPまたはCHAP

保存して、作成したAPN(excite)を選択する

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになります。これにて格安SIMカードの設定は完了です。インターネットやアプリのダウンロードも問題なくできるようになっています。

少し時間が経っても3GやH、WCDMAと表示される場合は、スマホを再起動してみてください。再起動するとだいたい、4GやLTEと表示されるようになります。

iOSの場合(iPhoneやiPad)

iOSデバイスからエキサイトモバイルのAPN設定情報を開きます。このときWiFiなどでネットにつながっている必要があります。

上記のURLからプロファイルをダウンロードして、イントールします。

これでAPN設定が完了です。

次に設定をタップしてモバイルデータ通信をタップします。(Wi-Fiがオンになっている場合はオフにします)

LTE回線を使用をオンにして設定完了です。

2,3分すると電波を受信するようになって、インターネットやアプリのダウンロードができるようになります。

とても簡単にエキサイトの申し込みからSIMカードの設定ができました。

エキサイトモバイルの申し込みはこちらから → エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る