IIJmioのタイプA(au系の格安SIM)の申し込みから設定までの全て

最終更新日 / 作成日 2016年10月19日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

IIJmioのタイプAのデータSIMの申し込みをして、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。IIJmioに関してはIIJmioの詳細をご確認ください。

ここではタイプAのSMS機能付きSIM ミニマムスタートプラン(月3GB)を申し込みますが、ライトスタートプランやファミリーシェアプランでも基本的に申し込みは同じ方法になります。タイプDの場合もほとんど同じ申し込み方になります。

音声通話機能付きSIM みおふぉんは運転免許証、健康保険、パスポート等の本人確認書が必要になり、他社からの番号移動(MNP)の場合は、MNP予約番号を現在契約しているキャリアからもらう必要があります。

データSIMまたはSMS機能付きデータSIMの場合、必要なのはクレジットカードだけです。

それでは下記のIIJmioのホームページに行って申し込み手続きを行います。

IIJmioの申し込みはこちらから → IIJmio

IIJmioタイプA 申し込み1:申し込み方法の選択など

IIJmioのホームページに行ったら、「ご購入/お申し込み」という緑のボタンがあるので、それをクリックします。

会員登録をする申し込みボタンと、会員登録済みの申し込みボタン(ログイン)が表示されます。

IIJmioはタイプDをすでに申し込んでいて、すでに会員登録をしているので、mioIDとパスワードを入力してログインします。まだ会員ではない場合は、「mio会員登録・お申し込み」をクリックしてくだし。

なんやかんやと出てきますが、とりあえず同意するにチェックを入れて、次へをクリックします。

事前にパッケージを購入していないので、IIJmioサイトから直接申し込むをクリックして、次へをクリックします。

IIJmioタイプA 申し込み2:端末やプランを選択する

今回はSIMカードだけ必要なので、SIMのみ購入にチェックを入れて、次へ進みます。

今回は回線はタイプA、SIMカードの機能はSMS機能付きSIM、マルチSIM、プランはミニマムスタートプランを選択しました。各自自分に合うものを選択してください。

ちなみにマルチSIMは、標準SIMにもマイクロSIMにもナノSIMにもすることができるSIMカードです。追加オプションはいろいろありますが、全ていりません。次へ進みます。

IIJmioタイプA 申し込み3:お客様情報の登録と確認

すでにIIJmioで会員登録をしているので、契約者情報は入力済みになっています。次へ進みます。

契約者本人にチェックを入れて次へ進みます。

申し込み内容の確認やら注意事項、契約約款やらいろいろ表示されます。一応確認して、一番最後の方にあるチェックボックスに全てチェックを入れて、「この内容で申し込む」をクリックします。

これで申し込みは完了です。あとは格安SIMが届くのを待つだけです。

手続き完了から届くまで

10月7日(平日の金曜)の13時に申し込む

10月13日(平日の木曜)に届く

申し込みからどのくらいで届くという記載がなかったのですが、6日で届きました。少し遅いですが、間に3連休を挟んだからかもしれません。

格安SIMカードの設定1:届いたものを確認

普通の厚紙風の封筒でヤマトで届きます。

中身はこれ

明細書とAPNの設定情報が記載されいる用紙、格安SIMカード。普通です。

格安SIMカードの設定2:スマホに格安SIMカードを挿入する

スマホにIIJmioの格安SIMカードを挿入します。

今回使うのはZenFone 3です。他のスマホでもたいした違いはありません。格安SIMカードを使おうと思っているスマホに挿入するだけです。

IIJmioのタイプAの格安SIM(マルチSIM)

一番外枠を切り抜くと標準SIMになります。今回はマイクロSIMのサイズにしたいので、中ほどの枠を切り抜きます。

マイクロSIMはこんな感じになります。一番内側の枠で切り抜くとナノSIMになります。

ひっくり返すとこんな感じです。
さっそくZenFone 3にマイクロSIMを挿入します。

ZenFone 3の側面の小さな穴にSIM取り出しピンを刺して、SIMスロットを取り出します。

SIMスロットの上にマイクロSIMを載せて、SIMスロットをもとに戻します。これで準備完了です。次にAPNの設定をします。

格安SIMカードの設定3:APNを設定する

APNの設定をしようと思ったところ、ZenFone 3の場合は、自動的にIIJmioのタイプAのAPNを設定してくれていました。

スマホの画面の上部にVoLTEが表示されます。普通の格安SIMだとLTEまたは4Gと表示されますが、VoLTE対応SIMの場合は、VoLTEになるようです。(ZenFone 3だけかも)

全てのau系の格安SIM、IIJmioのタイプA、UQ mobile、そしてmineoのauプランがZenFone 3に登録されています。自動的に認識するっぽいので楽です。

これでインターネットの接続は出来るようになっています。念のため、他のスマホ用にIIJmioのタイプAのAPNの設定方法を記載しておきます。

Androidの場合(Zenfone Go等)

スマホによって、少し操作が違うと思いますが、Androidスマホ/タブレットのAPNの設定はだいたい下記のようなやり方になります。

ホーム画面のアプリ一覧をタップする。

設定をタップする。

もっと見るをタップする。

モバイルネットワークをタップする。

データ通信を有効にして、アクセスポイント名をタップする。

アクセスポイント名をタップする。

右上の+マークをタップしてAPNを追加する。

名前: iijmio a
APN: iijmio.jp
ユーザー名: mio@iij
パスワード: iij
認証タイプ: PAPまたはCHAP

保存して、作成したAPN(iijmio a)を選択する

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになります。これにて格安SIMカードの設定は完了です。インターネットやアプリのダウンロードも問題なくできるようになっています。

少し時間が経ってもVoLTEという表示が画面上部に出ない場合は、スマホを再起動してみてください。再起動するとだいたいVoLTEと表示されるようになります。

iOSの場合(iPhoneやiPad)

iOSデバイスからiOS APN構成プロファイルを開きます。このときWiFiなどでネットにつながっている必要があります。

上記のURLから構成プロファイルをダウンロードして、イントールします。

これでAPN設定が完了です。

次に設定をタップしてモバイルデータ通信をタップします。(Wi-Fiがオンになっている場合はオフにします)

LTE回線を使用をオンにして設定完了です。

2,3分すると電波を受信するようになって、インターネットやアプリのダウンロードができるようになります。

とても簡単にIIJmioの申し込みからSIMカードの設定ができました。

IIJmioの申し込みはこちらから → IIJmio

IIJmioの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る