NifMoのデータSIMの申し込みから設定までの全て

最終更新日 / 作成日 2015年4月22日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

NifMoのデータSIM(3GB月額900円)の申し込みをして、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。NifMoに関してはNifMoの詳細をご確認ください。

ここではデータ専用 3GBプランを申し込みますが、5GB、10GB等のプランも同じやり方になります。

音声通話対応SIMの場合は運転免許証、健康保険、パスポート等の本人確認書が必要になります。他社からの番号移動(MNP)の場合は、MNP予約番号を現在契約しているキャリアからもらう必要があります。それ以外はデータSIMと同じような手続きになります。

今回はデータSIMなので、必要なのはクレジットカードだけです。

それでは下記のNifMoのホームページに行って申し込み手続きを行います。

NifMoのホームページ → NifMoの格安スマホ / NifMoの格安SIM

随分前に申し込んだ時の申し込み手続きになるので、少し違う場所があるかもしれませんが、基本的な流れは下記になります。

NifMoの申し込み1:始まり

NifMoのホームページに行ったらとりあえず一番下まで移動します。

NifMoのSIMカードのみをご希望の方はこちらをクリックします。次の出てくるページの中ほどに“新規お申込み”というボタンをクリックします。@nifty IDを持っている人は“現在、@nifty IDをお持ちの方”のほうをクリックしてください。

今回は@nifty IDを持っていないので、新規申込みをクリックします。

NifMoの申し込み2:機器の選択と契約内容の入力

SIMカードのみを購入するを選びます。

次にSIMカードのサイズはマイクロSIM、プランは3GBプラン、契約タイプはデータ通信のみ、Nifty 訪問レクチャーは申し込まない。

今回はNifMoの通信速度の測定が目的なので契約タイプはデータ通信のみを選択しましたが、データSIMを選ぶ場合、契約タイプはSMS対応を選んだほうが無難です。

SMSに対応していないデータSIMの場合、スマホの電池がすぐになくなる症状が出る場合があります。iPhoneでデータSIMを使う場合はSMSに対応していないと電波を受信できるまでに時間がかなりかかる場合があります。

詳しくはデータSIMのSMS機能の必要性を参考にしてください。

音声通話対応のほうはSMS機能がついています。データSIMだけSMSありとなしを選択できます。

選択し終わったら次へ行きます。

NifMoの申し込み3:オプションサービスの選択

オプションサービスを選択するをクリックします。

選択せずに次へ進むをクリックするとウザイことにエラーがでます。

オプションサービス選択
常時安全セキュリティ24 モバイルを申し込む 200円/月(税抜)
申し込まない

@niftyまかせて365を申し込む 300円/月(税抜)、ご相談料金 1,800円/1件(税抜)
申し込まない

@nifty 優待サービスを申し込む 500円/月(税抜)
申し込まない

なんというか押し売りみたいなサービスですね・・。全部申し込みません。下記のように内容確認が求められます。

確認したら次へ進みます。

NifMoの申し込み4:規約の確認

誰も読みそうにない規約のリンクが出てきます。

とりあえず3つのチェックボックスにチェックを入れて、“上記の規約と個人情報の取り扱いに同意して、次へ進む”をクリックします。

NifMoの申し込み5:申し込み情報の入力1

氏名、住所などを入力していきます。

面倒なのでniftyのメールアドレスなんかに連絡してもらいたくないので、自分がよく使うメールアドレスを入力します。

入力し終わったら次へ進みます。

NifMoの申し込み6:申し込み情報の入力2

メールアドレスをわざわざ増やしたくないので希望するメールアドレスは空欄のままにします。niftyからのお知らせメールのチェックは全部はずします。

全部終わったら次へ進みます。

NifMoの申し込み7:お支払い方法の選択

NifMoの支払いはクレジットカードのみになっています。

カード情報を入力するをクリックしてクレジットカード情報を入力します。

入力したら確認ボタンを押します。

入力内容を確認して登録ボタンを押します。

クレジットカードの登録手続きが完了です。
テキストリンクをクリックするとお支払い方法の選択に戻ります。次へ進むをクリックします。

NifMoの申し込み8:申込み内容の確認1

上記の画像の下にNifMo(ニフモ)についての説明がズラズラ並んでいます。最後にボタンが現れるので“上記の内容に同意して、次へ進む”をクリックします。

NifMoの申し込み9:申込み内容の確認2

これが最後の確認です。

3100円のキャッシュバックキャンペーンがありました。4ヶ月NifMoを続けると3100円もらえるみたいです。忘れずに覚えておきます!

一番下に出てくる“上記内容でNifMoを申し込む”というボタンをクリックして、申込みを完了させます。

キャッシュバックについての注意事項
開通月を含む6カ月目までに解除された場合、キャッシュバック特典の対象外となります。以下の場合、キャッシュバック特典を振り込みできませんのでご注意ください。
※決済方法が確定していない場合
※お受取口座情報に不備がある場合。

受取口座なんか入力した覚えはないのだけど・・・、あとで自分のアカウントを確認して受け取り口座を入力しなきゃいけないのかな? キャッシュバックもらえるー、と思ってそのままにしておいたら、たぶんもらえません。受取口座の入力を忘れずにしましょう!

追記:キャッシュバックには銀行口座の登録が必須!
キャッシュバックをもらうにはNifMoに申し込んだあとに下記のリンクから自分の銀行口座の受取口座を登録する必要があります。

お受取口座情報の参照・変更

NifMoに申し込んだら忘れずに登録しておきましょう!

NifMoの申し込み10:申込み完了

この最後の画面にnifty IDの情報やパスワードが載っています。どうせメールで届くだろうと思って、閉じてしまいました。NifMoからNifMo 申込受付のご案内メールが届いたのですが、NifMo受付番号しか載っていませんでした。

どうやってnifty IDでログインしたらいいんだろう・・・?

ということになるので、申込み完了ページに記載されているnifty IDの情報は忘れずに保存しておきましょう!

4,5日後に@niftyから契約内容のご案内という封筒が自宅に届きました。その中にnifty IDやパスワードなどが記載されていました。

NifMoの設定1:届いたものを確認

18日の23時ごろに申し込む(すぐに申込受付のご案内メールが届く)

20日の21時ごろにNifMoから商品発送のご案内メールが届く

21日の午前中にSIMが届く。

転送不可、宅配BOX投入不可になっています。

SIMカードとはじめに必ずお読みください用紙が入っています。

NifMoの設定2:スマホを取り出す

今回は格安スマホのZenFone 5にNifMoの格安SIMを入れて設定を行ってみます。Zenfone 5を取り出してSIMを挿入できるようにカバーを取り外します。

Zenfone5はカバーを取るのに苦労しますが、思い切ってやっちゃいます。

ドコモのiPhoneやSIMフリーのiPhoneで使いたい場合は、SIMを取り出すピンが必要になります。持っていない人は事前に買っておきましょう。Android端末もSIMを取り出すピンが必要になる場合があるので、SIMの取り出し方は確認しておきましょう。

iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン
iPhone4/4S/iPad2用 SIMカードスロット取り出しピン

NifMoの設定3:SIMを挿入してスマホを再起動する

SIMカードを取り出して下記のように設置します。

SIMカードを上に押し込めば挿入完了です。カバーを元に戻して、スマホを再起動します。

NifMoの設定3:APNを設定する

Androidの場合(Zenfone5等)

ホーム画面のアプリ一覧をタップする。

設定をタップする。

その他の設定をタップする。

モバイルネットワークをタップする。

データ通信を有効にするにチェックを入れて、アクセスポイント名をタップする。

リストの中にniftyがあればそれを選択します。niftyがリストになければ、右上の+マークをタップしてAPNを追加する。

名前: nifty
APN: mda.nifty.com
ユーザー名: mda@nifty
パスワード: nifty
認証タイプ: PAPまたはCHAP
MCC: 440
MNC: 10

作成したAPN(nifty)を選択する

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになります。これにて格安SIMカードの設定は完了です。インターネットやアプリのダウンロードも問題なくできるようになっています。

iOSの場合(iPhoneやiPad)

NifMoの設定に必要な設定をまとめたプロファイル設定があるので、それをWi-Fiなどインターネットに接続してダウンロードしてインストールします。

iOSデバイスからhttp://nifmo.jp/ios/を開きます。

“APN構成プロファイルをダウンロード”というリンクをタップします。

プロファイルのインストール画面が出てくるのでインストールをタップします。インストールの確認画面が表示されるので問題がなければインストールをタップします。完了画面が表示されるので完了をタップします。

これでAPN設定が完了です。

念のためモバイルデータ通信の設定も確認してください。
設定

モバイルデータ通信

モバイルデータ通信 オン
LTE回線を使用 オン

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになって、インターネットやアプリのダウンロードができるようになります。

以上で設定は完了です。niftyの会員ではなかったのでNifMoは申込みは若干面倒でしたが、SIMカードさえ届けばあとは簡単に設定ができました。

NifMoの申込みはこちらから → NifMoの格安スマホ / NifMoの格安SIM

NifMo(ニフモ)の評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る