ロケットモバイル(ロケモバ)の申し込みから設定までの全て

最終更新日 / 作成日 2017年1月5日 / 作成者 格安SIMの管理人

ロケットモバイルのデータSIM(1GBプラン)を申し込んで、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説していきます。ロケットモバイルに関してはロケットモバイルの詳細をご確認ください。

ここではデータSIMの1GBプランを申し込みますが、神プランや他のデータ量のプランでも申し込み方法は同じです。

通話SIMを申し込む場合は、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)などの1点の本人確認書類が必要になります。他社から番号移動(MNP)したい場合は、MNP予約番号を現在契約しているキャリアからもらう必要があります。

データSIMまたはSMSオプション付きのデータSIMの場合、必要なのはクレジットカードだけです。

さっそく下記のロケットモバイルのホームページに行って申し込み手続きを行います。

ロケットモバイルの申し込みはこちらから → ロケットモバイル

ロケットモバイル 申し込み1:SIMサイズとプランの選択

ロケットモバイルの公式サイトに行くと、「お申し込みはこちら」というボタンがあるので、それをクリックします。

SIMサイズとプランの選択画面が出てきます。

自分の使っているまたは買おうと思っているスマホのSIMのサイズを確認して、マイクロSIMかナノSIMかを選んでください。ナノSIMにアダプターをつけて、マイクロSIMにするやり方は少しリスク(外れなくなる可能性)があるので、マイクロSIMのサイズのスマホには最初からマイクロSIMのSIMカードを選んだ方が無難です。

今回は、SIMサイズはマイクロSIM、契約タイプはデータ通信、データ通信タイプは1GBプラン、オプションはなし、その他追加オプションもなしで、次へ進みます。

ロケットモバイル 申し込み2:利用規約への同意

契約書面の交付にチェックを入れたままにします。チェックを外せば、契約書類が届くと思いますが、ゴミが増えるくらいの効果しかないのでチェックしておきましょう。

「すべての規約と注意事項に同意します。」にチェックを入れて、次へ進みます。

規約や注意事項ですが、まぁ気になる場合は読んでみてください。長くてよくわからないので、大体の人は確認せずにチェックしてしまうと思います。

申し込み完了後はキャンセルできませんと注意書きが記載されていますが、この時点ではまだ申し込み完了ではないので気にしなくていいです。

ロケットモバイル 申し込み3:メールアドレスの登録

普段使っているメールアドレスを入力します。

メールアドレスは、ロケットモバイルへの申し込み、連絡、そしてロケットモバイルのマイページのログインをするときに使います。

入力して次へをクリックします。

これで仮の申し込みが完了です。仮なので、ここで手続きを終えてしまうと何も届きません。

入力したメールアドレスに「お申し込み確認&ID発行メール ロケットモバイル仮申込を受け付けました」というメールが届いているので、それを確認してください。

届いていない場合は、迷惑メールフォルダに入っている可能性が高いので、迷惑メールフォルダも確認しましょう。

お申し込み確認&ID発行メールの本文に本登録用のURLが記載されているので、それをクリックします。

加えて、ロケットモバイルのマイページへログインするための、ユーザID(入力したメールアアドレス)とパスワード(ランダムの英数字記号)も記載されいています。

ロケットモバイル 申し込み4:氏名や住所などを入力する

本登録用のURLをクリックすると、氏名や住所などの登録画面に移動します。

全部入力して次へをクリックして、申し込み内容の確認画面へ進みます。

内容を確認して次へをクリックします。

ロケットモバイル 申し込み5:クレジットカードを登録する

ロケットモバイルの初期事務手数料3000円と月額料金の支払いに使うクレジットカードを登録します。

入力したら登録をクリックします。

OKをクリックします。

ロケットモバイル 申し込み6:最終確認して申し込みを確定する

最後に契約内容を確認します。

問題ないようなら、申込確定をクリックします。

OKをクリックします。

これでも申し込みは完了です。

手続き完了から届くまで

12月8日(平日の木曜)の朝8時に申し込む

12月10日(土曜)の17時に届く

3〜4営業日以内にSIMカードが届くと記載されていましたが、申し込み完了から2日半で届きました。早いです。

格安SIMカードの設定1:届いたものを確認

ヤマトの普通の封筒で届きます。

中身はこれ

格安SIMカードとご利用ガイドの紙っきれ1枚です。シンプルです。

格安SIMカードはICチップのところを切り外します。(ピカピカ金色になっているところがICチップです。それが格安SIMカードです)

格安SIMカードの設定2:スマホに格安SIMカードを挿入する

スマホにロケットモバイルの格安SIMカードを挿入します。

今回使うのはZenFone 3 Laserです。他のスマホでもたいした違いはありません。格安SIMカードを各スマホに挿入するだけです。

SIM取り出しピンんをZenFone 3 Laserの側面の小さな穴にぶっさして、SIMスロットを取り出します。

ロケットモバイルのマイクロSIMカードをスロットの上に載せて元に戻します。これで準備完了です。スマホの電源を入れます。

格安SIMカードの設定3:APNを設定する

封筒に入っていた利用ガイド(APNの設定情報)を見てAPNを設定します。

Androidの場合(Zenfone 3 Laser等)

スマホによって、少し操作が違うと思いますが、Androidスマホ/タブレットのAPNの設定はだいたい下記のようなやり方になります。

ホーム画面のアプリ一覧をタップする。

設定をタップする。

もっと見るをタップする。

モバイルネットワークをタップする。

データ通信を有効にして、アクセスポイント名をタップする。

アクセスポイント名をタップする。

右上の+マークをタップしてAPNを追加する。

名前: ロケモバ
APN: 4gn.jp
ユーザー名: roke@moba
パスワード: rokemoba
認証タイプ: PAPまたはCHAP

保存して、作成したAPN(ロケモバ)を選択する

APNを選択して1,2分すると電波を受信するようになります。これにて格安SIMカードの設定は完了です。インターネットやアプリのダウンロードも問題なくできるようになっています。

少し時間が経ってもネットに繋がらない場合は、高い可能性でAPNの設定で何かしら間違えていると思うので、見直してください。

しばらくたっても3GやH、WCDMAと表示される場合は、スマホを再起動してみてください。再起動するとだいたい、画面の上の方に4GやLTEと表示されるようになります。

iOSの場合(iPhoneやiPad)

iOSデバイスからロケモバ用のiOS APN構成プロファイルを開きます。このときWiFiなどでネットにつながっている必要があります。

上記のURLから構成プロファイルをダウンロードをダウンロードして、イントールします。

これでAPN設定が完了です。

次に設定をタップしてモバイルデータ通信をタップします。(Wi-Fiがオンになっている場合はオフにします)

LTE回線を使用をオンにして設定完了です。

2,3分すると電波を受信するようになって、インターネットやアプリのダウンロードができるようになります。

とても簡単にロケットモバイルの申し込みからSIMカードの設定ができました。

ロケットモバイルの申し込みはこちらから → ロケットモバイル

ロケットモバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る