ワイモバイルのデータSIMプランの申し込みから、本人確認書類の提出、設定までの全て

最終更新日 / 作成日 2017年4月17日 / 作成者 格安SIMの管理人

ワイモバイルのデータSIMプランを申し込んで、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。ワイモバイルに関しては、ワイモバイルの詳細評価、または契約中のワイモバイルのデータSIMプランの詳細評価をご確認ください。

ここではデータSIMプランを申し込みますが、そのほかのワイモバイルのプランでも同じようなやり方になります。

ワイモバイルの申し込みにはクレジットカードと本人確認書類が必要になるので事前に用意します。

ワイモバイルの本人確認書類

画像アップロードで送付するかFAXで送信するかを選ぶことができます。普通はスマホやデジカメ、もしくはスキャナで本人確認書類を取り込んで画像をアップロードします。

下記の1点
運転免許証、日本国パスポート、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、マイナンバーカード(個人番号カードの表面)

もしくは下記の1点と補助書類1点
健康保険証、住民基本台帳カード
補助書類:公共料金領収書、または住民票

本人確認書類の準備ができたら、下記のワイモバイルのデータSIMプランの公式サイトに行って申し込み手続きを行います。

公式サイト → ワイモバイルのデータSIMプラン

※ 申し込み画面は、時期によって少し変わってきますが、ざっくりした流れはわかるかと思います。

ワイモバイルのスターターキットを申し込む

「SIMカードご購入手続きへ」をクリックします。

使おうと思っているスマホのSIMカードのサイズを確認して、カートに入れます。今回はnano SIMを選びました。

「ご注文手続きへ」をクリックします。

Yahooのパスワードを入力します。Yahooの会員じゃない場合は、この時点で引き返して月1GB使える格安SIMから自分に適切な格安SIMを選ぶことをオススメします。

「ご注文を確定」をクリックします。

これでスターターキット(格安SIM)の申し込みは完了です。スターターキットが届くまで待ちます。

ワイモバイルのスターターキットが届くまで

2017年2月9日の朝の8時に申し込んで、待つこと3日、2月12日の14時にスターターキットが届きました。

スターターキットの中身

利用開始手続きと本人確認書類のアップロード

スターターキットが届いたら、下記のリンクから利用開始手続き(アクティベーション)と本人確認書類のアップロードを行います。ここ、結構面倒です。

ワイモバイル:ご利用開始お手続き

SIMカードに記載されている、19桁のSIMカード番号を入力して「プラン選択へ」をクリックします。

ネットだけ使うを選択して「ご契約手続きへ」をクリックします。

ちなみに、ここでEnjoyパックにチェックを入れると下記のような表示になります。

Enjoyパックを追加しても、月額料金が540円に見えますが騙しです。月額1080円になります。

「同意の上お客様情報入力へ」をクリックします。

本人確認書類のアップロード&お客様情報の入力

日本国籍をクリックして、契約者情報以下を入力していきます。

入力し終わったら、本人確認書類を選択します。

簡単なのは自動車運転免許証ですが、免許証がない場合は、その他の本人確認書類を選んでください。

ちなみに、日本国パスポートを選んだ場合でも、アップロードできる写真は1枚だけになります。日本国パスポートは、顔写真のページと住所のページをアップロードする必要があるのですが、このフォームでは1枚だけしかアップロードできません。

日本国パスポートなど写真が2枚必要なものは、とりあえず1枚アップロードして申し込んで、あとで追加でアップロードを行います。

アップロードする画像を指定したら、次へ進みます。

重要説明事項にチェックを入れて、「内容に同意の上、お申し込み」をクリックします。

「同意して申込」をクリックします。

これで申し込みは完了です。迷惑メールに申し込み完了のメールがすぐに届きますが、迷惑メールに入っていました。さすが、ソフトバンクの子会社(ワイモバイル)だけはあります。

不足分の本人確認書類のアップロードの仕方

日本国パスポートみたいに、写真を二枚アップロードする必要があるのに、利用開始手続きでは一枚しかアップロードできません。

この場合、申し込みをしてから、下記のリンクからもう一枚アップロードする必要があります。日中に手続きをしていると、ワイモバイルから不足分をアップロードするようにとの電話がきます。電話に出ない場合はメールが届きます。

ワイモバイル:本人確認書類アップロード

WEBお申し込み番号とメールアドレスを入力して、不足画像のみアップロードにチェックします。

証明書別をクリックして、該当する本人確認書類を選択します。(ここでは、日本国パスポートを選択しました)

「ファイルを選択してください」をクリックして、不足分のページの画像を指定して「この内容で申し込む」をクリックします。

これで申し込みは完了です。

ワイモバイルのデータSIMの設定の仕方

10時から18時の間に本人確認書類をアップロードすると、1時間ほどでデータSIMが使えるようになります。18時以降にアップロードすると、翌日の10時以降の午前中にデータSIMが使えるようになります。

とりあえず、使えそうな時間になるまで待って、データSIMの設定を行います。

スマホは、ドコモ系の格安SIMが使えるものならなんでも良いのですが、今回はMate 9を使ってみます。

こんな感じにセットします

半分白で半分赤のチップがワイモバイルのSIMカードです。SIMカードをSIMトレイの上に載せます。

こんな感じにして押し込みます。これで準備完了です。スマホの電源を入れます。(電源を入れっぱなしでも大丈夫です)

完了。。Y!mobileという表示が出て、これで既にネットができるようになっています。

Mate 9は自動的にAPNを設定してくれます。スマホによっては、APNの設定が必要になるので下記を参考にしてみてください。

(スマホの機種によって少し設定が違いますが)
スマホ → 設定 → その他 → モバイルネットワーク → アクセスポイント名

Mate 9の場合は、ここに既にYmobileのAPNがあって、自動的に選択されています。ない場合はAPNを追加します。

YmobileのAPNの設定(アクセスポイントの編集)

名前:Ymobile
APN:plus.acs.jp
ユーザー名:ym
パスワード:ym
MCC:440
MNC:20
認証タイプ:CHAP

以上を入力して保存して、YmobileのAPNを選択します。これでワイモバイルのデータSIMの設定は完了です。スマホでネットをしたりアプリをダウンロードしたりできるようになっています。

ワイモバイルの関連情報

公式サイト → ワイモバイル

↑このページの先頭に戻る