GMOとくとくBBの格安SIMの評価と他の格安SIMとの比較と評判の詳細

最終更新日 / 作成日 2016年7月22日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBはWiMAX2+のサービスを提供しているので有名ですが、格安SIMのサービスも開始しました。音声SIMはBIGLOBE SIMからの借りものですが、GMOとくとくBBの方が少し安く使えて、格安SIMの中でも月額料金最安値レベルで使えるのでオススメです。

データSIMは繰越なしで、厳しい3日間のデータ制限、実際の通信速度も不明ということもあり、データSIMはすすめるのは難しい格安SIMになっています。

公式サイト → GMOとくとくBB データ/SMS SIM接続サービス / GMOとくとくBB 音声SIM接続サービス

GMOとくとくBBの格安SIMのおすすめポイント

  • 音声通話SIMの月額料金が業界最安値レベル
  • 音声通話SIMの初月の月額料金が無料!

GMOとくとくBBの格安SIMの注意点

  • データSIMの3GBプランは3日間で360MBしか使えない
  • データSIMは余ったデータの繰越ができない
  • データSIMの実際に出る通信速度は不明

GMOとくとくBBの格安SIMの格安SIMプラン

月額料金データ容量
データSIM630円1GB
880円3GB
1250円5GB
1900円7GB
2240円10GB
音声SIM1480円3GB
1970円6GB
3110円12GB

データSIMの場合、毎月50ポイントプレゼント。(ポイントは1ポイント1円で月額料金の支払いにも使えます)

その他にかかる費用
事務手数料 3000円

通話SIMを12ヶ月以内に解約した場合は契約解除料8000円がかかる。契約開始3ヶ月目以内にMNPする場合は、MNP転出手数料6000円、4か月目以降にMNPする場合はMNP転出手数料3000円かかる。

SIMサイズの変更 SIM発行手数料 3000円
(参考記事:格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM)

オプション料金
・データSIMのSMS機能 150円/月
・音声SIMの留守番電話機能 300円/月 (無料で使える留守番電話の設定の仕方)

通話料金 30秒20円

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は制限されるが、データSIMの場合は制限速度は不明、音声SIMの場合は200kbpsに制限される。

データSIMの月1GB/3GBプランは、3日間で360MB以上データを使うと256kbpsに通信速度が制限される。月5GB~10GBプランの場合は3日間で1GB以上使うと256kbpsに通信速度が制限される。

音声SIMの月3GBプランは、3日間で600MB以上データを使うと通信速度を制限することがあるが、制限速度は不明。月6GB/12GBプランの場合は3日間のデータ量による速度制限なし。

GMOとくとくBBの格安SIMの速度と評価と他の格安SIMとの比較

GMOとくとくBBの音声SIMは通信速度もそこそこ速くて、格安SIMの中でも月額料金が最安値レベルです。

GMOとくとくBBのデータSIMは、月額料金的にはそこそこ割安ですが、ネットの評判では通信速度があまり速くない上に、3日間で使えるデータ量に厳しい制限が付いていて、余ったデータ量の繰越にも対応していないので使いづらくなっています。

GMOとくとくBBの音声SIMは安いのでオススメ!

GMOとくとくBBの音声SIMはBIGLOBE SIMの設備を使っているので、通信速度も定評のあるBIGLOBE SIMと同じになります。

GMOとくとくBBの音声SIMを使う場合でも、BIGLOBE SIMの通話パック60(月850円で60分の無料通話)やBIGLOBEでんわ(半額電話)を申し込んで使うことができます。

GMOとくとくBBの音声SIMとBIGLOBE SIMの音声SIMの違いは、基本的に月額料金とキャンペーンの有無だけです。

GMOとくとくBIGLOBE
1GB1400円
3GB1480円1600円
6GB1970円2150円
12GB3110円3400円

DMM mobile(3GBプランが月1500円)と比べても少し安くなっています)

ただし、BIGLOBE SIMの場合、2016年10月2日までに申し込むと月額料金が半年間最大1200円引きのキャンペーンを実施しているので、長い目で見ると両方とも似たり寄ったりのトータルコストになります。

3年、4年と使い続ければ、GMOとくとくBBのほうが安くなりますが、格安SIM業界は変動(通信速度の変動や月額料金の変動等)が激しすぎるので、あまり長期で見ないほうがいいです。

大量のデータを使う場合は、BIGLOBE SIMが有利

BIGLOBE SIMの場合、BIGLOBE WiMAX 2+の月額料金を200円引きで使うことができます。大容量のデータを使いたくなった場合、格安SIMのデータ量を月1GBにして、WiMAX 2+で大量のデータを使うという方法が安くできます。

GMOとくとくBBにもWiMAX 2+のサービスはありますが、GMOとくとくBBの音声SIMを使ってもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金は変わりません。

データSIMは別の格安SIMを選んだ方が良い

GMOとくとくBBのデータSIMは三重苦です。

まず最初に余ったデータを翌月に繰り越せません。音声SIMなら余ったデータの繰越ができますが、データSIMではできません。余ったデータの繰越は、ほとんどの格安SIMはデータSIMでもできます。

次に、月1GB/3GBプランの場合、3日間で使えるデータ量は360MBしかありません。3日間で360MB以上使うと通信速度が256kbpsに制限されてしまいます。これは非常に厳しい制限です。(月5GB~10GBプランの場合は3日間1GB)

最後に、ネッットの評判を総合的に判断しただけですが、GMOとくとくBBのデータSIMの通信速度は速くないそうです。遅い可能性が高いです。ただ、これは実際に計測してみないといけないのですが、遅い可能性は高いと思います。(データSIMを契約して実際に通信速度を計測して、格安SIMとWiMAX 2+の通信速度の記録に掲載するか検討中です)

GMOとくとくBBのデータSIMの月額料金はそこそこ安いですが、余ったデータの繰越もできないし、3日間で使えるデータ量が少なすぎるし、実際に出る通信速度も微妙な感じ・・。

適当なデータSIMを使いたい場合は、エキサイトモバイルFREETELDMM mobileのうちから選ぶのが最も無難で使いやすいです。GMOとくとくBBのデータSIMは見なかったことにするのが吉です。

GMOとくとくBBの格安SIMのまとめ

GMOとくとくBBの音声SIMはBIGLOBE SIMから借りているだけですが、月額料金が割と安く通信速度も定評のあるBIGLOBE SIMと同じ速度が出るので、割とおすすめできます。

データSIMはデータの繰越なし、厳しい3日間制限、微妙な速度の三重苦なのでデータSIMは避けたほうが良いです。

公式サイト → GMOとくとくBB データ/SMS SIM接続サービス / GMOとくとくBB 音声SIM接続サービス

GMOとくとくBBで買えるお勧めの格安スマホセット

※ 格安スマホに関する最新情報は格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)で記載しています。基本的に正しいのは最新情報のほうです。最新情報を合わせて格安スマホの購入の参考にしてみてください。

GMOとくとくBBは格安スマホが2機種、格安タブレットが1機種販売されています。

GMOとくとくBBの格安スマホは悪くはないのですが、もっと安く買えるMVNOがあります。新しいスマホが必要な場合は、格安スマホが安く買える楽天モバイルNifMoを選ぶのをお勧めします。

下記からGMOとくとくBBで販売している格安スマホや格安タブレットを説明します。

一般ユーザにおすすめ:便利なスマホ、arrows M02

arrows M02

arrows M02の価格と性能
GMOとくとくBB価格 2万9800円(税込3万2184円)
5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ810万画素、重さ149g、電池2330mAh

格安スマホでも比較的長い間人気を保っているのがarrows M02です。arrows M02は一般ユーザにとって十分な性能を持っていて、電池持ちが格安スマホの中で良いです。防水やおサイフケータイにも対応していて、なおかつ頑丈に作られています。

防水やおサイフケータイに対応しているスマホがいい場合は、arrows M02がおすすめです。

ただ、arrows M02は楽天モバイルだと1万円引きで買えるキャンペーンをしています。これプラス、楽天モバイルで申し込むと月初無料になったり、楽天市場でもらえるポイントがずーと2倍になったりする特典があります。

加えて、arrows M02の後継機、arrows M03も発売されています。arrows M03はarrows M02よりも電池持ちが1割良くなって、カメラの性能も向上して、ワンセグにも対応しました。しかも、GMOとくとくBBのarrows M02よりも、arrows M03が安く買えるMVNOがあります。

arrows M02は良い機種ですが、GMOとくとくBBの価格では買う機種ではない感じになっています。

arrows M02/RM02のスペックと評価と評判のまとめ

5.5インチスマホで一番安い、ZenFone Go

ZenFone Go

ZenFone Goの価格と性能
GMOとくとくBB価格 1万9680円(税込2万1254円)
5.5インチ、CPUクワッドコア1.4GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ160g、電池3010mAh

5.5インチスマホの中で一番安く買えてまともに使えるのが、税込2万1254円のZenFone Goです。ZenFone Goは価格を抑えるために、付加価値を削ぎ落として、必要最小限、でも一般ユーザなら普通に使える性能と機能を持たせた5.5インチの格安スマホです。

GMOとくとくBBでは端末割引は行っていませんが、他のMVNOでキャンペーンで半額くらいで手に入ることがあります。

ZenFone Goのスペックと評価と評判のまとめ+キャンペーン情報

以前一番売れていた通話機能付のSIMフリーの格安タブレット、ZenPad 7 Z370KL

ASUS ZenPad7 TABLET / ホワイト ( Android 5.1.1 / 7inch touch / Snapdragon 210 / 2G / 16G ) Z370KL-WH16

ZenPad 7 Z370KLの価格と性能
GMOとくとくBB価格 2万3980円(税込2万5898円)
画面7インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、重さ268g、Android 5.1、カメラ800万画素、電池3450mAh、FOMAプラスエリアに対応(Band6)、マイクロSIM、SIMフリー、音声通話機能付、テザリング可

2016年6月までは、格安タブレットで一番売れていたのがZenPad 7でしたが、2016年7月にMediaPad T2 7.0 Proが発売されて、MediaPad T2 7.0 Proの方が性能がかなり良い上に、ZenPad 7 Z370KLよりも値段が3000円くらいしか高くならない。

ZenPad 7 Z370KLは人気機種からはじき飛ばされて、2016年7月からはMediaPad T2 7.0 Proが格安タブレットで一番売れているタブレットになっています。ZenPad 7.0を検討する場合は、MediaPad T2 7.0 Proを選ぶことを強くおすすめします。

ZenPad 7.0 (Z370KL)のスペックと評価と評判、設定のまとめ

GMOとくとくBBの格安SIMのネットの評判

GMOとくとくBBの格安SIMのネットの評判はほとんどありません。GMOとくとくBBのデータSIMだけ測っている人が少しだけいますが、それだけです。GMOとくとくBBの音声SIMを契約している人をネットで見つけることはできませんでした。

GMOとくとくBBの格安SIMを使っている人が少なすぎて、良い評判も悪い評判も出てこないのが現状だと思います。

GMOとくとくBBの格安SIMでもiPhoneが使えます

GMOとくとくBBの格安SIMでもiPhoneを使うことができます。

ドコモのiPhoneやSIMフリーのiPhoneを使っている場合は、GMOとくとくBBのナノSIMを申し込んで、iPhoneのSIMカードを入れ替えることでGMOとくとくBBでiPhoneを運用することができます。新しくiPhoneを買う必要はありません。

SIMロック解除できないauのiPhoneはGMOとくとくBBでは使えません。auのiPhoneはau系の格安SIMのUQ mobilemineoで使うことができます。

iPhoneを持っていなかったり、持っていてもSIMロック解除できないソフトバンクのiPhoneの場合は格安SIMでは使えません。新しくドコモのiPhoneやSIMフリーのiPhoneを購入する必要があります。iPhoneならデータの移動も簡単なので、ソフトバンクのiPhoneユーザでも今まで使ってきたアプリや写真、電話帳を簡単に新しいiPhoneに移し変えることができます。

価格的にもドコモのiPhone 5sなら3万円くらいで買えます。ソフトバンクのiPhoneを持っていればそれを売れば、実質2万円ちょっとで乗り換えることができます。

少し難しく感じるかもしれませんが、やってみると案外簡単にそして安く格安SIMでもiPhoneを使うことができます。詳しくは下記に記載しているので参考にしてみてください。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

他のおすすめの格安SIMカード

  • 楽天モバイル
    • 通信速度は普通レベルですが、格安スマホが安くなるキャンペーンをいつも行っています。新しいスマホが必要な場合や楽天市場を使うことがあるなら楽天モバイルが一番おすすめの格安SIMになります。通話SIMを申し込むと楽天市場での買い物でもらえるポイントがずーと2倍になります。
  • UQ mobile
    • 格安SIMの中で通信速度がダントツに一番速いのがUQ mobileです。au系の格安SIMなのでauのスマホユーザや通信速度を重視する人に特におすすめの格安SIMになっています。
  • mineo(マイネオ)
    • mineoはドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。家族割や複数回線割があるので多人数で使う場合に安くなります。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約した場合でも違約金がないので、ちょっと格安SIMを試してみたい人にもおすすめです。
  • エキサイトモバイル
    • 実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制のなっています。1GBごとの従量制になっているので、月額料金を簡単に一番安くすることができます。通信速度も比較的速くバースト機能もできます。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る