IIJmioが初の格安スマホP8liteを発売、その評価

最終更新日 / 作成日 2015年6月23日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

今まで格安SIMだけ販売していたIIJmioですが、2015年7月7日から格安スマホの第一弾として、HUAWEI P8liteの販売を開始します。

大手のMVNOが格安スマホを販売する中、IIJmioだけは格安SIMだけ販売していました。ASUSがZenfone 5やZenfone 2とセットでIIJmioの音声SIMを無料でつけていたりしましたが、IIJmioとしては出していませんでした。

特に待ってもいませんが、ようやくIIJmioでも格安スマホの販売に乗り出しました。

IIJmioの格安スマホの評価、良い機種だけど他のMVNOと比べると割高

格安スマホの発売日、7月7日にスタートアップキャンペーンが発表されて何かしらの割引キャンペーンが行われると思いますが、現時点の情報だけだと他のMVNOと比べて格安スマホの価格が割高です。

IIJmioが売り出す格安スマホ

HUAWEI P8liteの価格と性能
価格 2万8600円
5インチ、CPUオクタコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ131g、電池2200mAh

FOMAプラスエリアには対応していませんが、山間部に住んでいなければ問題ないです。CPUは1.2GHzですがオクタコア(コアが8個)なので、クワッドコア(コアが4個)よりもだいぶ性能がいいです。そしてCPUが省エネに優れているので電池の持ちもいいです。

一般ユーザの場合、無駄に性能が高くて割高なZenfone 2を買うくらいなら、少し性能が低いですが一般ユーザにとって十分な性能でそして安価なP8liteがおすすめです。

IIJmioが格安スマホ第一弾として、P8liteを選んだのはなかなか良い目の付け所をしていますが、他のMVNOと比べるとおそらく価格面で割高になると思います。

現在、P8liteを販売しているMVNOは楽天モバイルとNifMoです。そしてその両者ともに、キャンペーンでかなり割安にP8liteを購入することができます。

楽天モバイル
P8liteの価格 2万8600円 キャッシュバック 4750円。
楽天モバイルだと実質2万3850円でP8liteを買うことができます。

NifMo
P8liteの価格 3万1112円 キャッシュバック 5000円 2年間月額料金200円引き
NifMoだと実質2万1312円でP8liteを買うことができます。ただNifMoの場合は、在庫がなくなっていたり、いつの間にかMNPの人は受け付けていなかったりする場合があるので注意が必要です。

IIJmioが2万8600円で販売するとなると、だいぶ割高になりそうです。ASUSと同じように音声SIM(みおふぉん)を無料でつけてきそうですが、それでも少し割高な感じです。

IIJmioの通信速度が速ければお勧めもできますが、最近ではIIJmioは平均的な格安SIMより少しだけ速いくらいの通信速度しか出ません。悪くはないけど、良くもないそんな感じです。

その反面、楽天モバイルとNifMoはドコモ系の格安SIMで通信速度が一番速い部類に属します。キャンペーンで格安スマホも割安に買えるし、っということでIIJmioの格安スマホを勧める理由が価格面でも速度面でもなくなってたりします。

IIJmioは、格安スマホを販売するよりも、回線を増強して低迷する通信速度をなんとかしてもらいたいものです。

IIJmioの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細