mineo(マイネオ)で買える/使えるオススメのタブレットの詳細

最終更新日 / 作成日 2017年2月20日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではマイネオで使えるタブレットを検討している場合に、おすすめのタブレットを紹介していきます。マイネオで購入できるタブレットや、マイネオのauプランで使えるタブレットを中心に紹介します。

タブレットの利点は画面が大きいことです。画面が大きいので、サイトなどを見る時に一度にたくさんの情報を見ることができます。動画などを見る場合も、大きな画面で楽しむことができます。老眼などでスマホでは文字が小さすぎて読みづらいという感じる場合にも、タブレットなら文字を大きくして読みやすくすることもできます。

タブレットの欠点は、単純に画面が大きいのでポケットに入らないことです。持ち歩く場合は、基本的にカバンやバックに入れるのが普通になります。

mineoで買えるタブレット、MediaPad T2 8 Pro

mineoではHUAWEI MediaPad T2 8 Proというタブレットを販売しています。

音声通話にも対応しているので、mineoのドコモプランならシングルタイプ(データSIM)だけでなくデュアルタイプ(通話SIM)も使うことができます。デュアルタイプを使えば、普通のスマホのように電話をすることもできます。

mineoのauプランを選ぶ場合は、シングルタイプは使えますが、auプランだとMediaPad T2 8 Proでは音声通話に対応しなくなるので、auプランのデュアルタイプは使えません。

MediaPad T2 8 Pro

HUAWEI MediaPad T2 8 Pro
mineo価格 2万2800円

何か適当なタブレットが欲しい場合は、もっとも無難で簡単な選択肢がHUAWEI MediaPad T2 8 Proです。

性能 8インチ、CPUオクタコア1.5GHzx4/1.2GHzx4、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ340グラム、電池容量4800mAh、連続待受400時間、マイクロSIM

超高性能というわけではありませんが、一般的な利用なら普通に使うことができます。

このサイトでは7インチのタブレット MediaPad T2 7.0 Proを購入してレビューしていますが、MediaPad T2 7.0 ProとMediaPad T2 8.0 Proの違いは、主にディスプレイの大きさと、バックグラウンドで動くアプリの動作になります。

MediaPad T2 7.0 Proは電池を節約するために、バックグラウンドで動くアプリを停止させてしまう場合があります。そのため、050のIP電話アプリなど、何かバックグラウンドで待機して微妙に動いているアプリの利用などの支障をきたす場合があります。

MediaPad T2 8.0 Proは、電池容量の割には連続待受の時間がそこまで長時間になっていないので、MediaPad T2 7.0 Proを使っている人の一部で問題になったことは起こらないと思われます。

バックグラウンド云々はそこまで重要ではないのですが、念のため該当しそうな人は注意してください。

価格的にはそんなに差異はないので、8インチのタブレットがよければMediaPad T2 8 Pro、7インチならMediaPad T2 7 Proを選んでしまえば良いです。7インチの方が、持ちやすくて軽いので、外でよく使う場合は7インンチの方が良いかもしれません。

mineoのMediaPad T2 8 Proの詳細と申込はこちらから → mineo

mineoのauプランで使えるおすすめのタブレット

基本的にはmineoで販売しているMediaPad T2 8 Proを選んで大丈夫だと思いますが、少しだけ手間ですが、より良いものを求める場合に、auで販売されていた中古のタブレットがおすすめです。

性能が結構良くて、価格もSIMフリーのタブレットよりも安いです。中古といっても、かなり状態が良いものが多いので、中古だからといってあまり気にしなくても大丈夫です。

普通のSIMフリーのタブレットを購入するよりも、少しだけ手間がかかる場合もありますが、できるだけ安く、結構使えるタブレットを探している場合におすすめです。

auの中古のタブレットは、Amazonやヤフオク、Bookoffなどで購入することができます。少し手間ですが、ヤフオクが一番安いのでヤフオクで落札するのがおすすめです。

下記のタブレットは音声通話には対応していないので、mineoのauプランのシングルタイプ(データSIM)で使うことができます。

auのタブレット、Qua tab PX、一番おすすめ、防水対応

Qua tab PX

Qua tab PX
ヤフオクの平均落札価格 1万4000円

HUAWEI MediaPad T2 8 Proとほぼ同じ性能ですが、防水に対応していて、少しだけ軽くなっていて、連続待受時間が倍近く長くなっています。

性能 8インチ、CPUオクタコア1.5GHzx4/1.2GHzx4、RAM2GB、ROM16GB、カメラ500万画素、重さ310グラム、電池容量4800mAh、連続待受800時間、VoLTE用SIM、Android 6.0

mineoのauプランで使えるauの中古タブレットを検討している場合は、Qua tab PXが一番おすすめです。mineoのauプランで使うには、SIMロック解除しないと使えないので注意が必要です。

ヤフオクやAmazonなどには出品者がQua tab PXのIMEI番号を掲載しているので、その番号を下記のページで確認してください。

au:ネットワーク利用制限携帯電話機照会
au:SIMロック解除の可否判定

ネットワーク利用制限は○になっているもので、SIMロック解除の可否判定ですでにSIMロックが解除されているもの、もしくは何日かすればSIMロックの解除がでできるものを選んでください。

SIMロック解除はauショップで行うことができます。ロック解除の手数料は3000円程度です。

若干手間なので、そこまでおすすめというわけではありませんが、防水になっているのでお風呂で使いたい場合に検討してみてください。

mineoのauプランで選択するSIMカードの形状はau VoLTE対応SIMです。

auのタブレット、Qua tab 01、2番目におすすめ、防水対応

Qua tab 01

Qua tab 01
ヤフオクの平均落札価格 1万円

HUAWEI MediaPad T2 8 Proとほぼ同じ性能ですが、Qua tab PXと同様に防水に対応しています。Qua tab PXとの主な違いは、Qua tab PXはAndroid 6.0、Qua tab 01はAndroid 5.1になっています。

性能 8インチ、CPUオクタコア1.5GHzx4/1.2GHzx4、RAM2GB、ROM16GB、カメラ500万画素、重さ286グラム、電池容量4800mAh、連続待受920時間、VoLTE用SIM、Android 5.1

基本的に、Qua tab 01でもQua tab PXでも似たり寄ったりなので、どちらを購入しても大差ありません。

Qua tab PXは発売されてからまだそんなに時間が経っていないので、SIMロック解除するのに時間がかかる可能性が高いです。Qua tab 01はある程度時間が経っているので、SIMロック解除できる端末を探すのは簡単です。

Qua tab 01もmineoのauプランで使うには、SIMロック解除しないと使えないので注意が必要です。

ヤフオクやAmazonなどには出品者がQua tab 01のIMEI番号を掲載しているので、その番号を下記のページで確認してください。

au:ネットワーク利用制限携帯電話機照会
au:SIMロック解除の可否判定

ネットワーク利用制限は○になっているもので、SIMロック解除の可否判定ですでにSIMロックが解除されているもの、もしくは何日かすればSIMロックの解除がでできるものを選んでください。

mineoのauプランで選択するSIMカードの形状はau VoLTE対応SIMです。

auのタブレット、ASUS MeMO Pad 8 AST21、とにかく安い

SUS MeMO Pad 8 AST21

ASUS MeMO Pad 8 AST21
ヤフオクの平均落札価格 7000円

とりあえずまともに動いて一番安いタブレットを探しているなら、ASUS MeMO Pad 8 AST21がおすすめです。SIMロックを解除する必要なく、mineoのauプランで使うことができるので一番安くできます。

性能 8インチ CPUクワッドコア2.3GHz RAM2GB ROM16GB 重さ301g Android 4.4 カメラ500万画素 電池4000mAh マイクロSIM

Qua tabのように防水にはなっていませんが、一番安くまともなタブレットを使いたい場合に、ASUS MeMO Pad 8 AST21が選択肢になります。

VoLTEにも対応していないので、auプランのmicroSIMを使う必要があります。できるだけ安くタブレットを使いたい場合におすすめです。

auの格安タブレット、ASUS MEMO Pad 8 AST21 auのスペックと格安SIMの設定方法

関連記事:格安タブレットという選択肢

mineoの関連情報

公式サイト → mineo

その他のオススメの格安SIMや格安スマホのお役立ち情報

  • LINEモバイル
    • 月額料金は少し高めですが、LINEやTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
  • 楽天モバイル
    • 楽天モバイルは格安スマホを安く買えるキャンペーンをいつも行っています。通信速度は普通ですが、楽天市場の買い物でもらえるポイントがずーと2倍になる特典も付いています。新しいスマホが必要な場合や楽天市場を使う場合に、一番おすすめの格安SIMになります。
  • エキサイトモバイル
    • 通信速度は比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制になっているので、簡単に一番安くすることができます。SIM3枚コースも安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使うことができる格安SIMになっています。
  • ニフモ
    • キャッシュバックキャンペーンをやっていることが多く、特に格安スマホとセットで申し込むとかなりお得に使うことができます。通信速度も比較的速く、月額料金もかなり安めです。
↑このページの先頭に戻る