MOTOROLA Moto G4 Plusの性能評価と評判+キャンペーン情報

最終更新日 / 作成日 2016年8月3日 / 作成者 格安SIMの管理人

MOTOROLA Moto G4 Plusは2016年7月22日に発売された、国内初のデュアルスタンバイに対応したSIMフリーのスマートフォンです。

デュアルスタンバイにより、ガラケーと格安スマホを一台にまとめることができるようになることから人気が出ました。

3万1800円で見た目は少しチープで、FOMAプラスエリアにも非対応で、なぜか電子コンパスがなく、さらにはメーカー(モトローラ)の日本語の製品ページさえない機種でした。ただし、デュアルスタンバイへの需要は想像以上に高く、それらのデメリットを軽く乗り越えて人気上位の格安スマホになりました。

カケホーダイを安く手軽にしたい場合や、家族間でよく電話をする場合で、デュアルスタンバイに対応しているMoto G4 Plusはオススメの格安スマホです。

ただ、Moto G4 Plusの後継機のMoto G5 Plusが2017年4月7日に発売されました。Moto G4 Plusより少し高いですが、性能がそれ以上にアップしているので、Moto G4 Plusを検討する場合は、Moto G5 Plusの方を検討することを強くお勧めします。

MOTOROLA Moto G4 Plus

Moto G4 Plusのスペック(性能)

Moto G4 Plus
CPUオクタコア1.5GHz Snapdragon 617
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.5インチ
解像度1920×1080
カメラ背面1600万画素(F値2.0)/前面500万画素(F値2.2)
電池容量3000mAh
サイズ126 × 66 × 8.9mm
重さ157グラム
連続待受不明
価格(税抜)3万1800円(3万5800円から値下げ)

Android 6.0、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大128GB)、FOMAプラスエリアに非対応、デュアルSIM(ナノSIMx1、マイクロSIMx1)、指紋認証搭載、ジャイロスコープ搭載、電子コンパス未搭載

Moto G4 Plusの対応周波数(バンド)

FDD-LTE: Band1/3/5/7/8/19/20/28
TD-LTE: Band40
3G(UMTS): Band1/2/5/8/19

ドコモ系の格安SIMへの対応は問題なし

ドコモの主なLTEバンドはFDD-LTEのバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。MOTOROLA Moto G4 Plusでは全て対応しているのでLTEの受信は問題ありません。ドコモは他にバンド21(1500MHz)というバンドも使っていますが、超マイナーなバンドなため無視していいです。

ドコモの3Gが主に使っているのはバンド1とバンド6です。MOTOROLA Moto G4 Plusはバンド6に対応していないので、FOMAプラスエリアに対応していません。 通常の場所での利用では支障は出ないと思いますが、かなりの田舎や山間部などでは、音声通話ができなくなる可能性が高いです。

au系の格安SIMは実質未対応

au系の格安SIMはデータSIMは使えそうですが、使える場合でもauのプラチナバンドに対応していないので、auの電波は掴みづらい機種になっています。auのVoLTEやCDMA2000にも対応していないので、auやau系の格安SIMでは音声通話(070/080/090などの電話番号での発信/着信)を使えません。

ソフトバンク系の格安SIMカード(ワイモバイル)は使える

ソフトバンクの主なLTEバンドはFDD-LTEのバンド1、3、8です。MOTOROLA Moto G4 Plusでは全て対応しているのでLTEの受信は問題ありません。

ソフトバンクの3Gが主に使っているのはバンド1と8です。MOTOROLA Moto G4 Plusは両方とも対応しているので、音声通話も他のソフトバンクユーザと同じように使えます。

Moto G4 Plusの評価と比較

デュアルスタンバイ対応のスマホをできるだけ安く買いたい場合に、MOTOROLA Moto G4 Plusがおすすめです。

ただし、Moto G4 PlusはFOMAプラスエリアに非対応で、電子コンパスもなく、見た目が少しチープな出来になっています。いくつか不満点はありますが、大体のケースで普通に使えます。

ただ、Moto G4 Plusよりも完成度が高く性能も良く、デュアルスタンバイにも対応しているZenFone 3が2016年10月に発売されたので、基本的にはZenFone 3の方がオススメです。

ここでは、まず最初に最大の特徴であるデュアルスタンバイについて説明した後に、Moto G4 Plusの細かい性能を競合機種のZenFone 3と比較しながら評価していきます。

デュアルスタンバイ:ガラケーと格安スマホを1台にまとめられる!

MOTOROLA Moto G4 Plusの最大の強みはデュアルSIMのデュアルスタンバイで、ガラケーと格安スマホを1台にまとめられることです。

今までデュアルSIMに対応したSIMフリースマホはありましたが、デュアルスタンバイに対応したスマホはありませんでした。今まではデュアルSIMでSIMカードを2枚入れても、どちらか一方のSIMカードしか使えませんでした。使うSIMカードをいちいち切り替える必要がありました。

デュアルスタンバイだとSIMカードの設定を切り替える必要がありません。

例えばドコモの通話専用SIM(FOMAのバリュープラン/タイプSS バリュー)を入れて、もう片方には格安SIM(マイネオのドコモプラン等)を入れます。デュアルスタンバイなら、インターネットをするときはマイネオの格安SIM経由で、電話をするときや電話を受けるときはドコモの通話専用SIM経由でSIMカードの切り替えなしで実質的に同時に行うことができます。楽です。

ガラケーと格安スマホの二台持ちをしていた場合、これで1台にまとめられることから、予想外の人気スマホになっています。

いくら節約できるか?

電話を月に15分もしない場合は、節約はできません。逆に少し月額料金が高くなります。月に15分から32分を電話をする場合に、毎月数百円ほど節約できます。

例) 月3GBのデータと電話を25分した場合

デュアルスタンバイ:
ドコモのタイプSSバリュー(最大25分無料、超過後30秒20円) 月934円 + マイネオのデータSIM3GB 月900円 = 月1834円

普通のプラン:
マイネオの通話SIM3GB 月1510円 + 楽天でんわ25分 500円(30秒10円) = 月2010円

毎月176円の節約ができます。

タイプSSバリューの損益分岐時間は月15分から32分です。月15分から月32分までならタイプSSバリューのFOMAカードとデータSIMの組み合わせが安くなります。逆に、月15分も電話をかけない場合は音声通話SIMを使い楽天でんわを使ったほうが安くなり、月32分を超えると音声通話SIMを使い楽天でんわや5分かけ放題を使った方が安くなります。

使う格安SIMのプランにより若干損益分岐時間が変わってきますが、だいたいこんな感じです。デュアルスタンバイ対応の格安スマホは通常の格安スマホよりも割高になっているので、ほとんど節約にはなりません。

デュアルスタンバイだと電池が消耗する?

デュアルスタンバイだとSIMカードを常に2枚待機状態になっているので、電池がより必要になります。ただ、これ、多少電池の減りが早くなるくらいで、致命傷になるというわけでもなさそうです。

ただ、格安SIMでデータSIMを使う場合、SMS機能なしのデータSIMだと、セルスタンバイで電池が異常消耗を起こす可能性が少しあります。データSIMにSMS機能を付ければいいのですが、つけると月額料金が140円程度加算されます。

データSIMにSMS機能をつけてしまうと、もはや手間の割にはほとんど節約にならない・・・という事態に陥ります。

ドコモを使っている家族内での通話が無料!

デュアルスタンバイを使って普通にドコモのタイプSSバリューを使う場合、節約面ではほぼ無意味になります。ただし、ドコモのファミ割MAX50を申し込めば、ドコモを使っている家族内の通話が24時間無料になります。

家族内で電話をよくする場合に、最強プランになります。ドコモを使っている家族内なら何時間電話しても無料です。デュアルスタンバイは突き詰めるところ、家族間でたくさん電話をしたい場合に、最強の手段になります。

カケホーダイは少し高くなる

ガラケーだと月2200円でカケホーダイが使えるのですが、スマホ(MOTOROLA Moto G4 Plus含む)だと月500円の指定外デバイス利用料が加算されカケホーダイが月2700円になってしまいます。

カケホーダイのガラケーと格安スマホ(データSIM3GB)の2台持ちの月額料金
月2200円+月900円 = 月3100円

ZenFone 3でカケホーダイとデータSIM3GBを使う場合の月額料金
月2700円+月900円 = 月3600円

MOTOROLA Moto G4 Plusの1台でまとめると、月500円高くなります。

ガラケーと格安スマホの2台を持ち歩くのは、だんだんとウザくなってくるので、MOTOROLA Moto G4 Plusに1台にまとめられるのは月500円出す価値はあると思います。

ドコモでどうやって契約するのか?

すでにドコモと契約しているガラケーを持っていれば、SIMカードのサイズだけドコモショップで変更してもらえればいいだけです。

新たに契約する場合、MOTOROLA Moto G4 Plusをドコモに持っていけば、ドコモのタイプSSバリューやカケホーダイを契約することはできるはずですが、ドコモの店員によっては、できないと断ってくる可能性があります。

一説には3G専用端末でなければならないという人もいたり、LTE端末でも契約できたという人もいたりと、ドコモとの契約手続きが面倒になっています。

いずれにせよ、ドコモとの契約手続きがカオスになっていて、実際に手続きを取ってみないことには、正確な情報が提供できそうにありません。

ZenFone 3のデュアルスタンバイとの違い

ZenFone 3もデュアルスタンバイに対応していますが、MOTOROLA Moto G4 Plusとは少し異なる点があります。

MOTOROLA Moto G4 Plusはドコモ系の格安SIMしか使えませんが、ZenFone 3はドコモ系の格安SIMに加えて、au系の格安SIMも使うことができます。

格安SIMは障害に弱いのですが、ZenFone 3なら音声通話にドコモ系の格安SIM(月1GB)、データ通信にau系の格安SIM(月3GB)などに分けて、片方の格安SIMが障害でデータ通信ができなくなった場合でも、もう片方の格安SIMに簡単に切り替えることができるので、ZenFone 3はかなり障害に強いスマホにすることができます。

ただし、MOTOROLA Moto G4 Plusはデュアルスタンバイにして格安SIMを2枚使ってもマイクロSDカードを使うことができますが、ZenFone 3は格安SIMを2枚使うとマイクロSDカードを入れる場所がなくなるというデメリットがあるので注意が必要です。

そこそこ高性能なCPUと3GBのRAMを搭載

MOTOROLA Moto G4 PlusのCPUはオクタコア1.5GHzでRAMは3GBです。

オクタコアはコアが8個あるCPUです。

Antutuのスコアは45,000くらいだそうなので、そこそこ高性能なCPUを搭載していると言えます。普通の使い方ならサクサク使うことができる性能をしています。一般的なゲーム、パズドラやモンスト、ツムツム、ポケモンGOも普通に遊ぶことができます。

高いCPU(GPU)の性能が必要になる高度なゲームになると、MOTOROLA Moto G4 Plus程度のCPUでは力不足になります。

RAMは3GBあるので、一般的な格安スマホ(RAM2GB)と比べて、一度により多くのアプリを起動することができます。RAMは2GBでも普通に使えますが、最近はRAM3GBがスタンダードになりつつあります。

ZenFone 3はより高性能で省エネのCPUを搭載

Moto G4 Plusも割と良いCPUを使っていますが、ZenFone 3はMoto G4 Plusより1.4倍くらい高性能なCPUを搭載しています。加えて、省エネのCPUなのでZenFone 3の電池持ちも良くなっています。

前面に指紋認証を搭載

MOTOROLA Moto G4 Plusの画面の下に指紋認証のセンサーが付いています。自分の指を登録しておくと、その指紋センサーに触るだけでスマホのロックを解除することができるようになります。楽なので指紋認証はオススメの機能です。指紋認証の反応も素早いそうです。

スマホの指紋認証は、前面にセンサーのあるものと背面にセンサーのあるものがあります。

前面にあると机にスマホを置いている場合、そのまま指でセンサーをタッチすれば良いので、すぐにロックを解除できます。ただし、スマホをポケット入れている場合はスマホを持って、もう一方の手でロックを解除する必要があります(両手が必要)。

背面にあると机にスマホを置いている場合、一度手にとってその持った手の指でロックを解除することになります。ただし、ポケットに入れている場合はスマホを持って、その持った手の指でロックを解除できます(片手でできる)。

基本的には、背面にセンサーがあった方が便利です。ZenFone 3の指紋センサーは背面にあります。

FOMAプラスエリアに非対応

MOTOROLA Moto G4 PlusはFOMAプラスエリアに対応していません。

FOMAエリアとFOMAプラスエリアの地図

地図を拡大してピンクのところがFOMAエリアです。黄色のところがFOMAプラスエリアです。MOTOROLA Moto G4 Plusを持ってFOMAプラスエリアの場所に行くと、電話が使えなくなります。(FOMAエリアでは電話できます)

格安スマホのほとんどはFOMAプラスエリアに対応しているのですが、MOTOROLA Moto G4 Plusは対応していません。

地図を見ればわかると思いますが、かなりの郊外や山間部などにFOMAプラスエリアがあります。ただし、ごく一部ですが、都心部でも地図には表示されていませんがFOMAプラスエリアになっている箇所があるようです。

超ど田舎や山間部へ行くことがない場合は、ほとんど気にする必要はないのですが、FOMAプラスエリアに対応していないのが目の上のタンコブになっています。ZenFone 3はFOMAプラスエリアにも対応しています。

*ネットの噂ではMoto G4 PlusはFOMAプラスエリアに対応しているような情報があります。ただし、公式(メーカーサイド)は認めていないので、このサイトではできないものとして扱います。

電子コンパスがない

Moto G4 Plusは3万1800円するのに電子コンパスが付いていません。電子コンパスのコストなんて数百円もしないような気がするのにアホとしか言えません。

電子コンパスがないと、地図アプリで方角を把握するのに少し苦労します。致命傷ではないのですが、3万円以上するスマホで電子コンパスが付いていないのは意味がわかりません。

ちなみに、ジャイロセンサーは付いているので、ポケモンGOでARモードを使うことができます。(ARモードは、カメラの中にポケモンを映す機能です。少し楽しいですが、少しして使わなくなります)

ZenFone 3は言うまでもなく、ジャイロセンサーも電子コンパスも搭載しています。

見た目が冴えない、高級感なしのプラスチック

MOTOROLA Moto G4 Plusのバックカバーはプラスチックです。デザイン的にも冴えないので、見た目は2万円くらいのスマホに見えます。

ZenFone 3は見た目がピカピカで綺麗で高級感がありますが、つるつるしているので落としそうです・・。

売れると思っていなかったのか、発売後3ヶ月くらい在庫少で入手困難に・・、メーカーの公式ページもなし

Moto G4 Plusは2016年7月22日に発売されましたが、1週間くらいで在庫切れになりました。それから不定期に少しだけ入荷されては、売り切れてを繰り返して、発売後3ヶ月後ぐらいにようやく普通に購入できるような在庫状態になりました。

ただし、日本のモトローラのホームページにさえMOTOROLA Moto G4 Plusの製品ページがありませんでした。

製品ページを作るくらい大した手間でもないはずなのに日本のモトローラは作りません。理由は不明ですが、なんとも不親切というかサポートする気がないような感じです。

Moto G4 Plusの評価のまとめ

デュアルスタンバイ対応の格安スマホがMoto G4 Plusしかなかった時は、MOTOROLA Moto G4 Plusを選ぶのも良かったのですが、今はZenFone 3があります。

価格的にはZenFone 3の方が2割くらい高いですが、性能はMoto G4 Plusよりも良いし、普通に公式サイトに日本語の製品ページもあります。

デュアルスタンバイを使いつつ、データをたくさん保存したい場合は、Moto G4 Plusという選択肢もありですが、それ以外はZenFone 3の方が無難で良い選択肢だと思います。

Moto G4 Plusが買えるMVNO+キャンペーン情報

Moto G4 Plusは以前はいくつかのMVNOで販売していましたが、多くのMVNOで販売終了しています。今ではDMMモバイルで格安SIMとセットで販売しているくらいです。

DMMモバイル

DMM mobileではMoto G4 Plusを3万1800円で販売しています。キャンペーンなどは特にありません。

DMMモバイルの詳細評価

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • Motorola Moto G5 Plus
    • Moto G5 PlusはMoto G5の上位版です。Moto G5と同じように、DSDSに対応していてマイクロSDカードも同時に使えます。3万5800円、5.5インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ155g、電池容量3000mAh
  • Motorola Moto G5
    • Moto G5は比較的安く、DSDSに対応していてマイクロSDカードも同時に使えます。2万2800円、5インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ149g、電池容量2800mAh
  • nova lite
    • コスパ最強、それがnova liteの評価です。スマホにこだわりがないけど、できるだけ安く、できるだけ快適に使いたい場合は、性能が良くて安いnova liteが一番おすすめです。1万9800円、5.2インチ、CPUオクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM16GB、カメラ1200万画素、重さ147g、電池容量3000mAh
  • nova
    • 3万7800円しますが性能が良く電池持ちがかなり良いコンパクトな5インチスマホです。CPUオクタコア2.0GHz(Snapdragon 625)、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ146g、電池容量3020mAh、DSDS対応
  • honor8
    • できるだけ安く超高性能のスマホが欲しい場合に、楽天モバイルのhonor8がおすすめです。2万7700円で超高性能なスマホが手に入ります。CPU2.3GHz×4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1200万画素x2、重さ153g、電池容量3000mAh
↑このページの先頭に戻る