Huawei P8liteのスペックと評価と評判のまとめ

最終更新日 / 作成日 2015年7月21日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

5インチのスマホの中でも手軽なサイズなのがP8liteです。価格が安くて一般ユーザには十分な性能を持っています。

P8liteは2015年6月19日に発売されて格安スマホの人気ナンバーワンになりました。2017年現在では人気度は下がっていますが、販売価格が下がっていることから人気2番手〜3番手グループの格安スマホにになります。

少し古いスマホですが、一般的な使い方なら、あと2,3年は普通に使えそうな性能をしています。

もともと人気がある格安スマホでしたが、発売当初は2万8600円(税込3万888円)だったのが、現在では実売価格で税込1万7000円程度に下落したこともあり、性能と価格から見て割安感の出ている格安スマホになっています。

Huawei P8liteは画面が5インチの格安スマホの中でもコンパクトなサイズになっています。

Huawei P8lite

Huawei P8liteのスペック(性能)

P8lite
CPUオクタコア1.2GHz Kirin 620
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ5インチ
解像度720×1280
カメラ背面1300万画素/前面500万画素
電池容量2200mAh
サイズ143.5 x 71 x 7.7 mm
重さ131グラム
連続待受LTE 450時間、WCDMA 500時間
連続通話WCDMA 13時間
実売(税込)1万7000円

Android 5.0 Lollipop(Android 6対応、ただし電池持ちが悪くなる)、SIMフリー、ディアルSIM、テザリング対応、外部マイクロSD(32GB)、クアッドバンドLTE対応、FOMAプラスエリアに対応。

デュアルSIM
マイクロSIMスロットとナノSIMスロットがついています。ただしナノSIMスロットとマイクロSDカードのスロットが同じなので、マイクロSDカードを使う場合はナノSIMスロットが使えなくなります。DSDS対応スマホのように、2つのSIMを同時に動かすことはできません。設定で切り替えて、どちらか一方での通信になります。

周波数
LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
WCDMA(3G) : B1/B5/B6/B8/B19

ドコモのLTEが主に使っているバンドはBand1(B1)、Band3(B3)、Band19(B19)です。P8liteはこの3つのバンドに対応しているので、LTEの受信には問題ありません。ドコモはこの他にBand21(B21)、Band28(B28)を使っています。Band21(1500MHz)は超マイナーな周波数なので無視して問題ありません。Band28(B28)は2015年から新しく稼動したバンドで、影響が出るのは当分先になるので気にする必要はありません。とりあえず、P8liteはBand28には対応しています。

ドコモの3Gが主に使っているバンドはBand1(B1)、Band6(B6)です。Band19(B19)は超極一部の地域で使われているかもしれない周波数なので気にしなくて良いです。P8liteはBand6に対応しているのでFOMAプラスエリアに対応しています。

Huawei P8liteの評価と比較

CPUがオクタコア1.2GHzでRAMは2GB。これはほとんどのアプリが問題なく使えるスペックです。LINEやモンスト、パズドラなど問題なく使うことができます。ディスプレイも5インチで解像度が720×1280なので、今の一般的なスマホの画質になっています。よっぽど目がよくなければ、満足する画質に仕上がっています。

特徴1: P8liteは電池の持ちがそこそこ良かった ← Android 6へアップグレードすると電池持ちが悪くなリます

2015年発売当初はP8liteの電池持ちは他の格安スマホと比較して割とよかったのですが、2017年現在では格安スマホの電池持ちがどんどん向上していき、相対的に微妙な電池持ちになっています。

電池持ち的には、ライトユーザと一般ユーザ向けになります。

ただし、P8liteはAndroid 5からAndroid 6へアップグレードすると使い方にもよるのですが2割くらい電池持ちが悪くなります。

そのため、Android 6へアップグレードすると、電池持ち的に一般ユーザだと厳しくなります。Android 6へアップグレードするつもりなら、基本的にライトユーザよりの一般ユーザまでが対象の電池持ちになります。

Android 5でもあと2,3年は使えそうな気がするので、特に理由がなければAndroid 5のままでいい気がします。(Android 6の方がセキュリティ面で少し安心ですが・・、そこまで大差はない気がします)

このサイトではP8liteを含めた多数の格安スマホの実際の電池持ちのテストを行っています。実際の電池持ちは下記のページを参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査

特徴2: サイズがコンパクト

P8liteは一般的な画面が5インチの格安スマホと比べると、サイズがコンパクトになっています。

P8liteのサイズと重さ
143.5 x 71 x 7.7 mm 131グラム

ZenFone 2 Laserのサイズと重さ
143.7 x 71.5 x 10.5 mm 145グラム

AQUOS SH-M04とAQUOS Lのサイズと重さ
143 × 71 × 8.3mm 137グラム

arrows M03のサイズと重さ
144 × 72 × 7.8mm 141グラム

厚さ7.7mmというのは、iPhone5と同じくらいの薄さになります。格安スマホは若干図体が大きい感じがしますが、P8liteの場合はコンパクトな仕上がりになっています。

特徴3: 電波の受信感度が良い

P8LiteはドコモのクアッドバンドLTE対応してFOMAプラスエリアにも対応しています。

つまり電波の受信感度が良いです。ドコモのスマホで電波が受信できるところなら99%でP8Liteも電波を受信することができます。99%にしたのは、例外的な箇所があるかもしれないということで1%引きしておきました。クアッドバンドLTE対応していてFOMAプラスエリアに対応していれば、電波の受信感度はかなり良くなります。

P8liteは電波の受信感度の心配は必要ないかと思います。

特徴4: Android 6にアップデート可能、ただしあまり推奨しません

P8liteはAndroid 6にアップデートすることができますが、電池持ちが悪くなるのでアップデートは当分の間しないでいいと思います。

Android 6へアップデートすることで、セキュリティパッチの更新もあり、より安全性が高まるのですが、電池持ちが悪くなるデメリットの方がだいぶ大きい気がします。今の所、Android 5のセキュリティがやばいという話も出てきていないので、とりあえずしばらくはAndroid 5のままで良いかと思います。(各自の自己判断でお願いします。)

Antutuベンチマーク: 29386 (省電力設定スマートだと27958)

スマホの性能を測るのにAntutuベンチマークがあります。不正なやり方でAntutuベンチマークを無理やり上げるスマホもあるので、完全に信頼することはできませんが、指標の一つくらいにはなります。

P8liteには電池の消費を抑えるために、パフォーマンスとスマートという設定があります。パフォーマンスにするつCPUの性能をフルで発揮してくれる反面、電池持ちが少し悪くなります。スマートにするとCPUの性能を抑える代わりに電池持ちが少し良くなります。

P8liteのCPU: オクタコア1.2GHz Kirin 620
RAM: 2GB

P8liteのAntutuベンチマーク: 29386 (省電力設定:パフォーマンス)

一般的な格安スマホよりも2割くらいベンチマークのスコアが良いです。特に3Dのスコアが1934で格安スマホとしてはかなり良くなっています。ある程度の3Dゲームなら遊べる感じです。ちなみにZenFone Maxの3Dのスコアは300くらいです。

P8liteのAntutuベンチマーク: 27958 (省電力設定:スマート)

省電力設定をスマートにすることで、3Dのスコアが1116に低下しました。格安スマホとしては少し良いので、P8liteのスマート設定でも3Dゲームでもある程度遊べるようになっています。

カメラの質は普通レベル

格安スマホのカメラの質が悪いものがありますが、P8liteのカメラの質は普通レベルです。特に良いというわけではありませんが、特に悪いという話kでもありません。なお、手振れ補正は付いていません。

P8liteでリンゴの写真を撮ってみたので参考にしてみてください。

P8liteでリンゴの近接写真

赤色が少し強く出てしまっています。

P8liteでリンゴの全体写真

赤色が少し強いです。リンゴを置いている机の色が少しだけ灰色感が強くなっています。

P8liteでリンゴの手振れ写真

手振れ補正が付いていないので、手をブルブル揺らしながら撮ると、写真がぶれます。

格安スマホの中で写真が実物に一番近い色が出るのがZenFone Maxです。

ZenFone Maxのリンゴの写真

リンゴの色がほんの少しだけ実物よりも暗いですが、ほぼこんな感じです。机の色もこんな感じです。ZenFone Maxの場合は、手振れ補正が付いているので、手をブルブルしながら写真を撮ってもほとんどボケません。

問題点: 自分で電池交換はできない

P8liteは自分で電池交換できないタイプの格安スマホになります。電池が消耗して新しい電池にしたい場合、P8liteを製造しているHuaweiへP8liteを送って電池を交換してもらう必要があります。交換費用は7500円くらいです。

P8liteは電池持ちがそこそこレベルで、一般的な使い方をすれば2年半くらいで電池が消耗します。どんなに頑張っても3年くらいで使いものにならなくなります。

電池が消耗した時に7500円くらい払って、電池交換する価値があるかというと・・・、ないです。ほぼ確実に新しい格安スマホを買うことになります。その方が手っ取り早いし、その時の格安スマホはだいぶ性能アップしているので、買い換えるのが一番良い方法になります。

ということで、P8liteはAndroid 6に対応していて、OSやスマホの性能的には4年くらい使えますが、電池の問題で、2年半〜3年使ってゴミ箱行きになります。

ZenFone 2 Laserの場合、自分で電池交換ができるタイプの格安スマホです。交換電池は互換電池になりますが3300円程度で簡単に交換できます。Android 6にも対応しているので、頑張れば4年くらい使っていくことができます。

スマホのライトユーザなら電池の消耗も少ないので、電池交換なしで長く使えるので、P8liteがおすすめです。

P8liteの後継機種、P9liteを買うべき?

P9liteはP8liteの後継機種になります。

P9liteの実売価格は税込2万4000円、P8liteの実売価格は税込み1万7000円くらいです。

どちらを買うべきかというと、P9liteです。P9liteとP8liteの性能差は、7000円以上の差額があります。もっとも重要な違いは電池持ちです。P9liteの電池持ちはP8liteの1.5倍くらい良いです。CPUの性能もP8liteの2倍近く良くなっています。P9liteなら指紋認証に対応していて、Android 6にも普通に対応しています。

差額が1万5000円くらいあるのであれば、P8liteも検討するのも良いですが、7000円程度の差額だと確実にP9liteを選んだ方が良いです。P9liteの方が、長く快適に使っていけます。

ただ、P8liteは楽天モバイルのキャンペーンでかなり安くなっていたりする場合があるので、安く買えるのであれば、ライトユーザならP8liteも検討してみてください。

Huawei P8liteの評判

P8liteの評判はコストパフォーマンスの良いスマホとして好評でした。

P8liteが発売されるまでZenFone 5が人気ナンバーワンでした。2015年6月に発売されたP8liteは、Zenfone 5と比較して性能が良くてコンパクトで軽くて電池の持ちが良くて価格は同じくらい。P8liteが発売されてから、P8liteが人気ナンバーワンの格安スマホになりました。

Zenfone 5の後継機はZenFone 2ですが、Zenfone 2は価格が3万9000円(税込み)してしまい、価格面で手が出しづらくなってしまいました。

その点、P8liteは3万888円で買えて、そこそこ手ごろ感があります。3万円で買える格安スマホは複数ありますが、その中でもP8liteはコスパの良さで頭ひとつ出ている感じです。

2017年になり、P8liteが発売されて1年半以上経ちますが、それでもなおかつ人気は健在です。人気を維持している理由は価格が下がったことです。P8liteは現在でもおすすめの格安スマホの一つになります。

Huawei P8liteの購入の仕方、格安SIMとのセットでのキャンペーン情報+単品購入

P8liteは以前は多数のMVNOで販売していましたが、今では楽天モバイルで販売しているくらいです。

楽天モバイル、たまにキャンペーンで超割安価格で販売

P8liteはたまに楽天モバイルでキャンペーンで割安に買うことができます。

そして2016年年末以降に、キャンペーンで通話SIMとセットで780円、データSIMとのセットなら9780円で販売していたりします。キャンペーン機種は不定期に変わるので、対象機種になっているかどうかは下記のページを参考にしてみてください。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細情報、格安スマホの大幅割引きセールの詳細とおすすめ機種

楽天モバイルの全般的なサービス内容(格安SIMのデータ量や月額料金、実際に出る通信速度)に関しては下記を参考にしてみてください。

楽天モバイルの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

Huawei P8liteの単品での購入価格

Huawei P8liteの定価は税込3万888円ですが、発売から1年半経った2017年1月時点では税込1万7000円程度で販売されています。

Amazon: Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ホワイト)
Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ホワイト) ALE-L02-WHITE

ブラックはこちら → Amazon: Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ブラック)
ゴールドはこちら → Amazon: Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ゴールド)

Amazonや大手家電量販店で買うと税込1万7000円程度で買うことができます。

Huawei P8liteにおすすめの格安SIM

Huawei P8liteはドコモ系の格安SIMで使うことができます。おすすめのドコモ系の格安SIMは、LINEモバイル、エキサイトモバイル、NifMo、mineo(ドコモプラン)などになります。

  • LINEモバイル
    • 月額料金は少し高めですが、LINEやTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
  • エキサイトモバイル
    • IIJmio品質なので通信速度もそこそこ速く、月額料金も安めです。1GBごとの従量制(最適料金プラン)になっているので、月額料金を簡単に一番安くすることができます。割引キャンペーンも行っています。
  • NifMo
    • NifMoは実際に出る通信速度も比較的速く、キャンペーンで格安SIMが安く手にはいる場合があります。3GBプランの月額料金もそこそこ安いです。通信速度を重視する場合におすすめの格安SIMです。
  • mineo(ドコモプラン)
    • 通信速度もそこそこ速く、家族割やパケットシェア、パケットギフトなど、家族みんなで解約する場合に割安に使えるオプションが用意されています。複数人で使う場合におすすめの格安SIMです。

Huawei P8liteの設定の仕方

格安SIMの速度計測用のスマホが足りなくなってきたのと、P8liteの価格が安くなってきたので、P8liteを買ってみました。ここではNifMoの格安SIMを設定しますが、他の格安SIMでもやり方はほとんど同じです。

P8liteはこんな箱で届きます。

箱の内箱もおしゃれになっています。

箱の中身は、P8lite本体、USB充電器、USB充電ケーブル、SIMカードを挿入するためのピン、保証書、クイックスタートガイドです。

ピンを使って、こんな感じでSIMカードのスロットを取り出します。白いやつは格安SIMカードです。

SIMカードをスロットにセットして、元に戻します。これで準備完了です。P8liteの電源を入れて最初の設定を行います。

日本語を選択して次へ進みます。

ここでWiFiの設定ができますが、今回はスキップします。あとからでも設定できます。

利用規約は、同意する、許可しないを選択して次へ進みます。

これで設定は完了です。

これがP8liteの最初の画面になります。あとは、インターネットにつなげるためにAPNの設定をして、アプリをダウンロードできるようにするためにGoogleアカウントの設定をするだけです。

APNの設定

APNの設定をすることで、インターネットにつながるようになります。格安SIMによっては、APNの設定をしなくても自動的に認識してAPNの設定をしなくてもいい場合があります。

楽天モバイルの格安SIMの場合、楽天モバイルを2015年10月5日以前に契約した場合は自動的に認識するのですが、2015年10月6日以降に契約した場合は、APNの設定をしてあげる必要があります。

HUAWEI P8liteから
設定 → その他 → モバイルネットワーク → アクセスポイント名 → nifty

NifMo(nifty)以外の格安SIMを使う場合は、アクセスポイントのリストから該当する格安SIMを選択してください。アクセスポイントのリストに使おうと思っている格安SIMがない場合は、追加することもできます。

リストにない格安SIMをアクセスポイントに追加する場合
設定 → その他 → モバイルネットワーク → アクセスポイント名 → メニュー → 新しいAPN

アクセスポイントの編集
(下記はFREETEL SIMの例です。各格安SIMのAPNの設定項目に従って入力してください)

名前: freetel
APN: reetel.link
ユーザー名: freetel@freetel.link
パスワード: freetel
認証タイプ: CHAPまたはPAP
MCC: 440
MNC: 10

全て入力したら登録をタップします。アクセスポイント名に戻って、自分の使っている格安SIMを選択します。

これでAPNの設定は完了です。もしこれで数分しても”H”や”4G”と表示されない場合は、電波の良さそうな窓際に行って、スマホを再起動してみてください。

Googleアカウントの設定

アプリをダウンロードしたりGmailでメールを送受信するには、Googleアカウントの設定をする必要があります。まだGoogleでGmailアカウントを取得していない場合は、Gmailアカウントを取ってください。

Gmail

Gmailのアカウントを作ると、Googleアカウントとして使えます。

設定 → アカウント → アカウントを追加 → Google → Gmailのメールアドレスとパスワードを入力してGoogleアカウントを追加します。

これが終われば、Playストアからアプリのダウンロードとインストールができるようになります。

P8liteの空容量

最初は9.81GBあります。とりあえず既にインストールされているアプリを全てアップデートすると・・

残りの空容量は8.30GBになりました。

一般ユーザなら8.3GBあれば新しいアプリをインストールする容量としては十分です。ただし、写真をたくさん撮ったり、動画や音楽をたくさん保存したりしたい場合は、マイクロSDカードを買って、保存容量を増やしてあげる必要があります。

保存容量を増やすためのマイクロSDカードの購入から設定の仕方は、下記を参考にしてみてください。

格安スマホのROMと外部SDカードの使い方、購入から設定まで

その他の格安スマホ関連の情報

  • Huawei P9 lite
    • 税込2万4000円にもかかわらず、バランスのとても良い格安スマホになっていることから人気トップの格安スマホの一つになっています。5.2インチ、CPUオクタコア2.0GHz/1.7GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ147g、電池容量3000mAh
  • Zenfone 2 Laser
    • Zenfone 5の改善版がZenfone 2 Laserです。大ヒットした格安スマホ、ZenFone 5の弱点だった電池とカメラが改善されています。税込1万7000円で5インチ、CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ145g、電池容量2400mAh
  • ZenFone 3 Laser
    • 5.5インチの格安スマホで比較的性能が良いのがZenFone 3 Laserです。5.5インチスマホで人気トップの格安スマホになっています。税込3万円、5.5インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ150g、電池容量3000mAh
  • gooのスマホ g07
    • g07はデュアルスタンバイに対応していて安く買える格安スマホです。税込み2万1000円程度で買えて、そこそこ高性能なCPUと3GBのRAMを搭載していてDSDSにも対応しています。5.5インチ、CPUオクタコア1.5GHz×4+1.0GHz×4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素、重さ150g、電池容量3000mAh

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る