月額1000円台のデータ専用の格安SIMの比較とおすすめランキング

最終更新日 / 作成日 2015年3月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

月額1000円台のデータ専用の格安SIMは基本的にスマホのヘビーユーザ向けのSIMになります。

一般ユーザーは月1000未満のSIMを使っているので、ヘビーユーザではない場合は月1000円未満のデータ専用の格安SIMをチェックしてください。よく分からない場合でも、とりあえず1000円未満のSIMカードで普通は事足ります。

月1000円台のデータ専用SIMは、家にインターネットがない人がスマホをよく使ったり、外でスマホで動画を見たりするのが多い人たちのための格安SIMです。データ専用の格安SIMを利用している人のうち3割くらいは月1000円以上のSIMを使っていると思われます。

月額1000円台のデータ専用の格安SIMの比較のポイント

比較するポイントは、月額料金と高速データ通信容量、そして実際に出る通信速度です。

通信速度の理論上の最高速度はどの格安SIMも似たようなものですが、実際に出る通信速度は格安SIMごとにかなりの差が出ます。実際の通信速度が速いSIMと遅いSIMを比べると速度に10倍以上の差が出ることも珍しくありません。

速度が出やすい格安SIM (本当に必要な通信速度の話)

超速いUQ mobile
速い〜やや速いmineo、NifMo、エキサイトモバイル、DMM mobile、FREETEL、IIJmio、イオンモバイル
普通OCNモバイルONE、BIGLOBE
やや遅いU-mobile、日本通信 b-mobile、楽天モバイル、トーンモバイル、DTI、スマモバ
遅いぷららモバイルLTE、0SIM(超遅い)

速度が出やすい格安SIMは変動する場合があるので、実際に出る通信速度の最新情報はMVNOの格安SIMとWiMAX2+の通信速度の記録でご確認下さい。

月額1000円台のデータ専用の格安SIMのお勧めランキング

No.1 DMM mobile

DMM mobile

月額1000円台のデータ通話SIMで月額料金最安値レベルで使えるのがDMM mobileの格安SIMです。プランの変更も簡単にできます。実際に出る通信速度も速めです。

月額料金データ容量
シングルコース、データSIM1210円5GB
1860円7GB
1980円8GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile


No.2 mineo

mineo

mineoはau系の格安SIMとドコモ系の格安SIMの両方を提供しています。実際に出る通信速度は速めです。家族割や複数回線割、パケットシェアやパケットギフトなどがあります。家族などの複数人で使う場合に強みがある格安SIMになっています。パケットシェアやパケットギフトを使えば月最大50GBまで使えます。

月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信のみ)1580円5GB

mineoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → mineo


No.3 エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制になります。実際に出る通信速度も比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制なので、月額料金を一番簡単に安くすることができます。

月額料金データ容量
SIM1枚コース1150円4GB
1450円5B
1600円6GB
1900円7GB

エキサイトモバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → エキサイトモバイル


No.4 FREETEL

FREETEL

FREETELは使ったデータ量によって料金が変わる従量制の月額料金です。あまり使わない月は月額料金を安くすることができますが、余ったデータの繰越ができないので実質的には少し割高になります。ただ、通信速度が格安SIMの中でトップクラスに速いので、通信速度を重視する場合におすすめです。月額料金が何ヶ月か安くなるキャンペーンをしていることがよくあります。

月額料金データ容量
データ専用(データSIM)1520円5GB

FREETELの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → FREETEL


No.5 UQ mobile

UQ mobile

UQ mobileの無制限プランの通信速度は500kbpsですが、3日間で6GBのデータを使えるので月最大60GB使うことができます。auのスマホを持っている人やauの白ロムでも気にしない人、Youtubeやニコニコ動画をたくさん見る人におすすめの格安SIMです。

月額料金データ容量
データ無制限プラン1980円(SMS機能込み)500kbps(3日間6GBまで)

UQ mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → UQ mobile


No.6 NifMo

NifMo

NifMoの実際に出る通信速度は速いですが、月額料金は少し高くなっています。ただし、高額なキャッシュバックがもらえる場合があり、その場合は割安に使うことができます。通信速度を重視する場合に、NifMoがおすすめです。

月額料金データ容量
5GBプラン1600円5GB

NifMoの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → NifMoの格安スマホ / NifMoの格安SIM


No.7 楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルはの通信速度は遅めですが、格安スマホを大幅割引にするキャンペーンをしょっちゅう行っています。新しいスマホが必要な場合で、速度をそんなに重視しない場合に、楽天モバイルを検討してみてください。

月額料金データ容量
データSIM、5GBプラン1450円5GB

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → 楽天モバイル


No.8 IIJmio

IIJmio

IIJmioはMVNO業界でシェア2位を占め、長い間、比較的速い通信速度を維持していることから高い信頼を得ています。月額料金を下げたりデータ量を増量するのはIIJmioが最初です。信頼性を重視する人にIIJmioがおすすめです。

月額料金データ容量
データ通信専用SIM ライトスタートプラン1520円6GB

IIJmioの評価とネットの評判の詳細


No.9 BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは通信速度は普通ですが6GBプランの月額料金が安いです。BIGLOBEの音声通話SIMだと、格安SIMでも電話代を一番安くすることができるオプションがあります。

月額料金データ容量
ライトSプラン1450円6GB

BIGLOBE SIMの評価とネットの評判の詳細


No.10 LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはLINE(年齢認証可)とTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。ただし、データをたくさん使う場合、LINEやTwitter、Facebookが占める割合は少なくなるので、月額料金が少し高くなるLINEモバイルのお得度は低めです。

月額料金データ容量
コミュニケーションフリープラン(データSIM+SMS)1110円3GB(LINE、Twitter、Facebookの利用時のデータ消費なし)
1640円5GB(LINE、Twitter、Facebookの利用時のデータ消費なし)

LINEモバイルの評価とネットの評判の詳細>


No.11 イオンモバイル

イオンモバイル

月額料金が安く通信速度も速めです。ただし、サービス開始直後から長期に渡って受け入れ態勢の不備で申し込みを停止していました。現在でも、ネットでの申し込みは数量限定です。イオンモバイルを検討するなら、同じくらい月額料金が安くて速度も速く、申し込みも問題なくできるエキサイトモバイルやDMM mobileがオススメです。

月額料金データ容量
データ通信プラン、データSIM1480円6GB
1980円8GB

イオンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.12 OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

MVNO業界でトップシェアを誇るのがOCN モバイル ONEの格安SIMです。通信速度や月額料金はイマイチですが、月300円かかる050plusを半額で使えるので、050plusを使う人には少しだけ割安になります。

月額料金データ容量
170MB/日コース1380円170MB/日
3GB/月コース1100円3GB
5GB/月コース1450円5GB
500kbpsコース1800円500kbps(15GB)

OCN モバイル ONEの評価とネットの評判の詳細


No.13 DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMのデータSIMの月額料金も最安値レベルですが、通信速度が普通になったり遅くなったりと不安定です。通信速度の信頼性は低めです。月額料金が何ヶ月か安くなるキャンペーンをよく行っています。

月額料金データ容量
データプラン(データSIM)1220円5GB

DTI SIMの評価とネットの評判の詳細


No.14 U-mobile

U-mobile

U-mobileの月額料金は安めですが、余ったデータ容量の繰越はなく通信速度も他と比べるとあまり速度がでません。U-mobileの5GBプランはお得ではないので他のプランか他の格安SIMをおすすめします。

月額料金データ容量
データ専用 5GB1480円5GB

U-mobileの評価とネットの評判の詳細


No.15 GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBの格安SIM

GMOとくとくBBのデータSIMの月額料金は最安値水準ですが、余ったデータの繰越ができません。加えて、実際に出る通信速度は不明ですが、おそらく速くはないです。

月額料金データ容量
データSIM1250円5GB
1900円7GB

GMOとくとくBBの格安SIMの評価とネットの評判の詳細


No.16 トーンモバイル(TONEモバイル)

トーンモバイル

トーンモバイルの格安スマホは、必要な設定がほとんどされた状態で届きます。現在地確認やアプリのインストール制限、時間制限、アクセス制限、歩きスマホ禁止などを簡単に利用することができます。小学生や中学生用のスマホとしてオススメですが、通信速度が遅く格安スマホの性能も低いので、高校生以上の大人にはオススメではありません。

月額料金データ容量
基本プラン1000円3日間で300MB、公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)
基本プラン+高速チケット1回分1300円月1GB+3日間で300MB、公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)
基本プラン+高速チケット2回分1600円月2GB+3日間で300MB、公称500kbps~600kbps(実質700kbps程度)

トーンモバイルの評価とネットの評判の詳細


No.17 Wonderlink

Wonderlink

PanasonicのWonderlinkはSMSオプションがなく、余ったデータの繰越にも対応していなく、プランの変更もできないので、基本的にはおすすめではないのですが、F-使い放題700だけは割とお得に使うことができます。

月額料金データ容量
(新)F-5Gシングル1460円5GB(超過後200kbps)
(新)F-7Gシングル1870円7GB(超過後200kbps)
F-使い放題7001580円1GB(月1GBを使い切ったら700kbpsに速度制限、1日1GB超で更に速度制限)

Wonderlinkの評価とネットの評判の詳細


No.18 ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEのFonプレミアムプランは月額1556円で、データを無制限に使うことができます。ただし、通信速度が相当遅いそうです。まともに使えない覚悟で検討してみてください。

月額料金データ容量
Fonプレミアムプラン、データSIM1556円無制限(3Mbps)

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの評価とネットの評判の詳細


No.19 ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEは高速データ通信を無制限で使えるプランが有名ですが、7GB使えるプランもあります。月額料金が安めですが、通信速度が遅めでSIMカードのサイズの変更もできません。

月額料金データ容量
定額ライトプラン、データSIM1886円7GB

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細


No.20 b-mobile(おかわりSIM/高速定額)

b-mobile

日本通信のb-mobileのライトプランは月額料金が高く通信速度も遅いのでオススメではありません。あと月800円出して無制限に高速(?)データが使えるプランがあります。ただし、b-mobileは他の企業に身売りされてしまい、将来どうなるのかわからないので超チャレンジャーでも選ばないほうがいいです。

月額料金データ容量
ライトプラン、データSIM1180円3GB

b-mobile(おかわりSIM/高速定額)の評価とネットの評判の詳細


No.21 SkyLinkMobile

SkyLinkMobile

SkyLinkMobileの高速データ通信の月額料金は他と比べて割高なのでおすすめではありません。SkyLinkMobileの格安SIMはマイナーすぎるため実際に出る通信速度が不明です。

月額料金データ容量
デイリーコース、データSIM980円110MB/日
マンスリーコース、データSIM1510円4GB

SkyLinkMobileの評価とネットの評判の詳細


No.22 0SIM

0SIM

実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる従量制プランです。通信速度が使い物にならないくらい遅いですが、月500MB未満なら無料で使うことができます。3カ月間データを全く使わないと強制解約になります。速度が遅すぎて、無料でも選ばないほうがいいです。加えて格安SIMサービス自体が無くなりそうです。

月額料金データ容量
データ専用プラン1000円1500MB(約1.5GB)
以下1900MBまで100MB増えるごとに100円加算
1800円2300MB(約2.3GB)
1900円2400MB(約2.4GB)

0SIMの評価とネットの評判の詳細


評価外 インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMだけです。社内ネットワークへのセキュアなアクセスや、遠隔地の監視システムの構築などに固定IPが必要な場合にインターリンクLTE SIMがおすすめです。

月額料金データ容量
128kbpsで使い放題プラン1000円128kbps
1GBまで高速プラン1600円1GB

インターリンクLTE SIMの評価とネットの評判の詳細


評価外 スマモバ

スマモバ

スマモバの1000円代のデータSIMは、ナイトプランとスマート250プランがあります。ナイトプランは時間帯により通信速度が大幅に変わるプラン、250プランは実際に使ったデータに応じて月額料金が変わる従量制のプランです。通信速度は普通ですが、2年以内に解約すると違約金が発生したり、端末の分割代の隠れ超コストが存在することから、十分に注意する必要が超あります。

月額料金データ容量
ナイトプラン1980円深夜1時から朝9時までLTE使い放題、それ以外の時間帯は128kbps
スマート250プラン(従量制)1450円2.1GB
2650円4.1GB
3250円5GB

スマモバの評価とネットの評判の詳細

料金別、データ専用の格安SIMのおすすめランキング

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る