格安SIMに最適なスマホ、白ロムの購入ガイド

最終更新日 / 作成日 2015年6月8日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

格安SIMだと月々のスマホ代が安くなるのはいいけど、どのスマホを買えばいいのか? 格安スマホ? それともSIMフリーのスマートフォン? そんな疑問にお答えします。

格安SIMに最適なスマホは、白ロムです。

白ロムって何?

白ロムとはドコモやau、ソフトバンク等の大手キャリアで販売されているスマートフォンのことをいいます。大手キャリアのスマホを使っている人は、それが白ロムです。ドコモで契約してiPhone分割払いで買うと実質ゼロ円で買うことができますが、それでもドコモから買ったことになるのでそのiPhoneは白ロムということになります。

白ロムの他に赤ロムという言葉があります。大手キャリアでスマホを買うと、そのスマホは白ロムになります。その白ロムが盗まれたり、月々のスマホ代を支払わなかったりすると、契約している大手キャリアがそのスマホの利用を停止して、白ロムが赤ロムになります。赤ロムになるとそのスマホが使えなくなります。 スマホとして使えなくなった状態が赤ロムです。

白ロムと格安スマホやSIMフリーのスマートフォンの違い

白ロムと格安スマホやSIMフリーのスマートフォンの実質的な違いは、海外で使えるかどうかです。

白ロムの多くは海外では使えませんが、格安スマホやSIMフリーのスマートフォンの場合は海外でも現地のSIMカードを入れれば使える場合があります。特にSIMフリーのiPhoneの場合は、多くの国で使うことができます。

年に何回も海外に行って、現地でSIMカードを入手してスマホを使いたい場合はSIMフリーのiPhoneがおすすめです。逆に年に何回も海外に行かない人や、海外にいっても現地でSIMカードを入手してまでスマホを使おうとは思わない人には、白ロムと格安スマホやSIMフリーのスマートフォンの違いはほぼありません。

白ロムを選ぶ理由

白ロムを選ぶ理由は簡単です。高性能のスマホを安く買うことができるからです。

普通に格安スマホやSIMフリーのスマートフォンを買うよりも2万円近く安く買えます。例えば、5万円でSIMフリーのスマートフォンが売ってある場合、同じ性能でも白ロムなら3万円くらいで買うことができます。

なんで安く買えるのかというと、大手キャリアで毎月7000円払っている人たちのおかげです。その人たちが毎月多額の月額料金を払っているおかげで、大手キャリアがMNPで多額のキャッシュバックを乱発します。

そのキャッシュバックを目当てにスマホを乗り換えまくる人たちがいます。乗り換えるごとにスマホが増えていきますが、スマホを何台も持っている必要はありません。キャッシュバックをもらってスマホを乗り換えまくっている人たちが、通常よりも安い値段で白ロムをヤフオクやAmazonに出品しています。

格安SIMで使える白ロム、ドコモとauのスマホとタブレット

格安SIMで使える白ロムはドコモとauのスマホまたはタブレットになります。ソフトバンクの白ロムは使えません。ソフトバンクの白ロムが使えた場合でも電波の受信が悪いので使わないほうが良いです。

ドコモの白ロムで使える格安SIMとauの白ロムで使える格安SIMは分かれています。

ドコモ系の格安SIMの場合はドコモの白ロムが使えます。au系の格安SIMの場合はauの白ロムが使えます。ドコモ系の格安SIMではauの白ロムは使うことができません。au系の格安SIMでもドコモの白ロムは使えません。

2015年5月以降に発売されたスマートフォンの場合、SIMロックを解除することができます。SIMロックを解除した場合、ソフトバンクやauの白ロムでもドコモ系の格安SIMで使うことができます。

ただし、ソフトバンクの白ロムの場合、ソフトバンクに特化した周波数(LTEバンド)に設定している場合があり、その他場合、たとえSIMロックを解除してもドコモ系の格安SIMで使うと、電波が悪いスマホになる可能性が高くなります。

いずれにせよ、ソフトバンクの白ロムには近づかないほうが良いです。

おすすめのドコモの白ロムと対応する格安SIM

ドコモの白ロムで使える格安SIM
UQ mobileとmineoのauプランの格安SIM以外ならドコモの白ロムで使うことができます。

おすすめの通話SIM(音声SIM)
楽天モバイル
BIGLOBE LTE・3G
mineo (ドコモプラン/Dプラン、デュアルタイプ)

楽天モバイルの通話SIMを使うと楽天市場での買い物でもらえるポイントが2倍になります。初月無料です。BIGLOBEの場合は月額650円のオプションで60分の無料通話が付いてきます。mineoの場合は、すぐに解約した場合でも違約金がかからないので、ちょっと試してみたい場合におすすめです。

おすすめのデータSIM
DMM mobile
mineo (ドコモプラン/Dプラン)

DMM mobileは選べるデータ量が多く月額料金も安く通信速度も速めです。

白ロムが良いといってもどの白ロムがいいのか迷うと思うので、候補をいくつか挙げておきます。

コスパ最強、Xperia A SO-04E

格安SIMが使えて一番安くまともな性能を持っているのがXperia A SO-04Eです。税込1万5000円程度で買えて、性能が4.6インチ、CPUクワッドコア 1.5GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ141g、防水、ワンセグ対応、電池容量2300mAh、おサイフケータイ対応です。

画面の大きさが4.6インチなので比較的コンパクトな作りになっています。2000円くらいで電池の交換ができるので4,5年使っていくことができます。白ロムで迷ったらとりあえずこれを買っておけば良いです。

テザリングは初期設定では使えませんが、パソコンで設定することでテザリングが簡単にできるようになります。

Xperia A SO-04Eのスペックと格安SIMでの使い方とテザリングの設定

5インチディスプレイ、GALAXY S4 SC-04E

Xperia A SO-04Eよりも画面が少し大きいのがGALAXY S4 SC-04Eです。税込1万7000円程度で買えて、性能が5インチ、CPUクワッドコア 1.9GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1320万画素、重さ134g、ワンセグ対応、電池容量2600mAh、おサイフケータイ対応です。

画面の大きさが5インチなので、大きな画面が良い場合はGALAXY S4 SC-04Eがおすすめです。CPUの性能も良いのでスマホでゲームをするのが好きな場合にもおすすめです。Xperia A SO-04Eと異なり防水ではありません。テザリングの設定が面倒なので、テザリングを使う場合はXperia A SO-04Eを選んだほうが良いです。GALAXY S4 SC-04Eも電池を2000円くらいで交換することができます。

テザリングは初期設定では使えませんが、パソコンで設定することでテザリングができるようになります。ただしXperia A SO-04Eと異なり面倒なやり方になっています。

GALAXY S4 SC-04Eのスペックと格安SIMでの使い方とテザリングの設定

高性能で電池持ちが良い、長く使えるGALAXY S5 SC-04F

性能がとてもよくて、電池持ちも良くて電池交換できて、Android6にも対応しているので、とても長く使っていけるのがGALAXY S5 SC-04Fです。税込2万5000円程度で買えて、性能が5.1インチ、CPUクワッドコア 2.5GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ134g、防水・ワンセグ対応、電池容量2800mAh、おサイフケータイ対応です。

白ロム最強スマホがGALAXY S5です。性能が抜群で、防水・ワンセグ・お財布ケータイ対応です。電池交換可能で電池持ちも良しで、Android6にまで対応しているので、5年くらい使っていくことができます。白ロムで迷った時は、とりあえずGALAXY S5 SC-04Fを買っておけば良いです。

テザリングは初期設定では使えませんが、Galaxy S4と同じようにパソコンで設定することでテザリングができるようになるかと思います。

Galaxy S5 SC-04F / SCL23のスペックと格安SIMでの使い方とテザリングの設定

手間要らず、ドコモのiPhone

ドコモのiPhoneの白ロムの1つです。iPhoneの最大の特徴は操作が比較的簡単なことです。価格はiPhone 5sでも3万円くらいはしますが、使い勝手は他のスマホよりもいいと思います。スマホの初心者で予算に余裕がある場合は、iPhoneを選んでおくのが無難です。

iPhoneの中でもドコモのiPhoneとSIMフリーのiPhoneだけドコモ系の格安SIMを使うことができます。SIMロック解除できないauやソフトバンクのiPhoneではドコモ系の格安SIMは使えないので気をつけてください。(iPhone 6s / 6s Plus / SEはSIMロック解除できる場合があります)

ドコモのiPhoneの場合はそのままの状態でテザリングができるようになっています。パソコンなどでの設定は必要ありません。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

ドコモの白ロムで一番人気だったXperia Z3 Compact SO-02G

数ある白ロムの中で圧倒的に人気があるのが、Xperia Z3 Compact SO-02Gです。税込3万6000円で買えて、性能が4.6インチ、CPUクワッドコア 2.5GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ2070万画素、重さ129g、防水防塵、ワンセグ対応、電池容量2600mAhです。

6万円くらいで売っててもおかしくない性能ですが、ドコモが投げ売りをしたためありえない値崩れを起こしました。SIMフリーではありませんが、ドコモ系の格安SIM(DMM mobile、IIJmio、楽天モバイルなどなど)で使うことができます。

価格が3万6000円程度で買えることから白ロムで一番人気だったのですが、2015年7月から価格が高騰して、4万8000円くらいになってしまいました。Xperia Z3 Compact SO-02Gの詳しくは書きにまとめてあるので興味のある人はそちらを見てみてください。

Xperia Z3 Compact SO-02Gのスペックと評価と評判のまとめ

おすすめのauの白ロムと対応する格安SIM

auの白ロムで使える格安SIM
UQ mobileとmineoのauプランの格安SIM(au系の格安SIM)でauの白ロムを使うことができます。これ以外の格安SIMではauの白ロムは使えないので注意してください。ただし、VoLTEに対応している白ロムはSIMロックを解除しないと、au系の格安SIMでも使えないので気をつけてください。

UQ mobile
数ある格安SIMの中で最高の通信品質を誇るのがUQ mobileです。格安SIMは大手キャリアよりも通信速度が遅いですが、UQ mobileだけは大手キャリアと同等以上で通信速度が速いです。格安SIMの中で1つだけおすすめするとしたら、UQ mobileになります。

mineo(auプラン)
mineoのauプランはUQ mobileに次いで通信速度が速くて安定している格安SIMになります。音声SIMは半年から1年以内に解約すると違約金がかかるのが普通ですが、mineoの場合、音声SIM(デュアルタイプ)をすぐ解約しても違約金がかかりません。ちょっと試してみたい場合に、mineoがおすすめです。

au系の格安SIMで最強の白ロム、GALAXY S5 SCL23

性能がとてもよくて、電池持ちも良くて電池交換できて、Android6にも対応しているので、とても長く使っていけるのがGALAXY S5 SCL23です。税込2万5000円程度で買えて、性能が5.1インチ、CPUクワッドコア 2.5GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1600万画素、重さ134g、防水・ワンセグ対応、電池容量2800mAh、おサイフケータイ対応です。

GALAXY S5には二種類あります。ドコモ系の格安SIMが使えるのがGALAXY S5 SC-04F、au系の格安SIMが使えるのがGALAXY S5 SCL23です。

au系の格安SIMを使う場合は、GALAXY S5 SCL23がダントツにおすすめです。GALAXY S5 SC-04Fだとテザリングの設定に問題がありますが、GALAXY S5 SCL23の場合は、テザリングも普通に使えます。

唯一の欠点だったテザリング問題も、GALAXY S5 SCL23にはなく、最高で便利で長く使える性能と機能を持っています。2万5000円から3万円くらいで買えるので、au系の格安SIMを使う場合は、GALAXY S5 SCL23を最優先の候補にすることを強くおすすめします。

Galaxy S5 SC-04F / SCL23のスペックと格安SIMでの使い方とテザリングの設定

できるだけお金を出したくない場合に、Xperia UL SOL22

GALAXY S5 SCL23から大分離れていますが、次におすすめなのがXperia UL SOL22です。

Amazon: Xperia UL SOL22 1万3000円くらい(ヤフオク)

SONY au Xperia UL SOL22 ブラック

Xperia UL SOL22の性能
5インチ、CPUクワッドコア1.5GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、電池2300mAh、ワンセグ、防水防塵、おサイフケータイ、重さ145グラム、電池交換可(替えの電池2500円くらい)、マイクロSIM

Xperia UL SOL22も電池を自分で交換できるので4,5年くらい使っていくことができますが、Android4.2.2までしか対応していないので、OSの問題で使えるのは3年ちょっとになります。

GALAXY S5 SCL23の半額くらいで買うことができますが、CPUクワッドコア1.5GHzなのでメジャーなゲームアプリは普通に遊ぶことができますが、3Dを多用するゲームの場合、動作が少し重くなることがあります。

基本的にGALAXY S5 SCL23がおすすめですが、予算的に厳しい場合はXperia UL SOL22がおすすめです。

GALAXY S5 SCL23もXperia UL SOL22もテザリングを使うことができます。ドコモの白ロムのようにパソコンでの設定は必要ありません。

auのiPhoneについて

auのiPhoneでもau系の格安SIMを使うことができます。ただし、いくつか制限があるのでau系の格安SIM、UQ mobileとmineoではiPhoneのバージョンによっては正式には対応していない場合があります。(正式に対応してない場合でも、実際にはほとんど問題なく使えます)

auのiPhoneを持っている場合は、UQ mobileやmineoのauタイプの格安SIMで使ってみるのをおすすめしますが、iOSのバージョンをアップデートしたときに使えなくなる可能性もあるのでauのiPhoneを持っていない場合は、わざわざauのiPhoneを買うのはやめておいた方が良いです。

制限についてはUQ mobileとmineoでauのiPhoneが使えるようになりました!で記載しているので参考にしてみてください。

iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイド

そのほかのauの白ロム

Xperia Z3 SOL26 3万3000円くらい、発売日2014年10月24日
5.2インチ、CPUクワッドコア2.5GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ810万画素、電池3100mAh、ワンセグ・フルセグ、防水防塵、おサイフケータイ、重さ152グラム、ナノSIM

Xperia Z Ultra SOL24 3万5000円くらい、発売日2014年1月25日
6.4インチ、CPUクワッドコア2.2GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ2070万画素、電池3000mAh、ワンセグ・フルセグ、防水防塵、おサイフケータイ、重さ214グラム、マイクロSIM

AQUOS SERIE SHL25 2万8000円くらい、発売日2014年6月13日
5.2インチ、CPUクワッドコア2.3GHz、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、電池3150mAh、ワンセグ・フルセグ、防水、おサイフケータイ、重さ141グラム、ナノSIM

AQUOS PHONE SERIE SHL23 1万8000円くらい、発売日2013年11月15日
4.8インチ、CPUクワッドコア2.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1630万画素、電池3000mAh、ワンセグ・フルセグ、防水防塵、おサイフケータイ、重さ145グラム、マイクロSIM

auの白ロムでもVoLTE対応機種の場合はUQ mobileやmineoでは使うことができません。上記で紹介したauの白ロムはVoLTE対応機種ではないので使うことができます。2014年冬モデルからVoLTE対応機種が出始めています。

2015年5月以降に発売されたVoLTE対応機種の場合、SIMロックを解除することでUQ mobileやmineoのauプランで使うことができます。SIMロックを解除するには、そのスマホを使っているauユーザである必要があります。または、auを解約してから3ヶ月以内で、2015年5月以降に発売されたauのVoLTE対応機種(auで自分が購入した機種)の場合は、SIMロック解除に応じてくれます。

白ロムを購入する場所

白ロムを買うといっても大手キャリアから直接買うのではなく、大手キャリアで買った人からその白ロムを買うことになります。大手キャリアでスマホを買った人がヤフオクやAmazonに出品しています。かなりの数の白ロムが出品されています。白ロムはBookoff等にも売ってたりします。

ヤフオク

白ロムを一番安く買えるのがヤフオクです。出品されている白ロムの数も豊富なのでヤフオクで買うのが一番おすすめです。ヤフオクで白ロムを買う場合は出品者の評価が重要です。良い評価の割合が98%以上の出品者から落札しましょう。

Amazon

Amazonでも白ロムを買うことができますが、ヤフオクで買うよりも高くなります。Amazonでも出品者の評価が90%以上の高い評価になっている出品者から購入しましょう。Amazonだと販売額の10%が手数料に取られるのに対して、ヤフオクだと落札額の5.4%が手数料で取られるため、その差がヤフオクで白ロムを買ったほうが安く手に入れることができます。

Bookoffやゲオ等

Bookoffやゲオ等でも白ロムを販売していることがありますが、実店舗で売られている白ロムはヤフオクやAmazonと比べて高いです。不具合が見つかった場合は実店舗に行って返品や交換をすればいいので安心ですが、新品同様の白ロムなら基本的に不具合はほとんどないと思います。

ノジマオンラインで掘り出し物を探す

nojima online(ノジマオンライン)

ノジマオンラインの上ほうに中古PC・中古スマホがあるので、それをクリックしてください。そして左側に携帯電話・スマートフォンというのがあるので、それをクリックします。ここに掘り出し物のスマホを売っている場合が割とあるので、1度覗いてみるのもいいと思います。

白ロムを購入するときの注意点

白ロムを購入するときは出品者の評価を確認するのが重要ですが、他にネットワーク利用制限や、保証期間、電池の消耗具合を確認するのも重要なポイントになります。

ネットワーク利用制限

ネットワーク利用制限とはスマホが盗難されたとき、あるいは分割払いでスマホを購入して料金を支払わなくなった場合に大手キャリアがネットワーク利用制限を行いスマホを使えなくする仕組みです。

ネットワーク利用制限がされているかどうかはスマホのIMEI/製造番号 (半角数字15桁) を下記のサイトに入力することで確認することができます。IMEI/製造番号は商品の説明文などに記載されています。IMEI/製造番号が見つからない場合は、その商品の購入/落札はやめましょう。

ドコモの白ロムのネットワーク利用制限の確認
auの白ロムのネットワーク利用制限の確認

ネットワーク利用制限 〇 将来使えなくなる可能性0.1%
ネットワーク利用制限 △ 将来使えなくなる可能性3%くらい?
ネットワーク利用制限 X 使えない(赤ロム状態)

ネットワーク利用制限が〇になるスマホは、ほぼ安全なので〇になっているスマホを選びましょう。出品者側が保証している場合は、△でも問題ないと思います。

保証期間

白ロムでも保証書を持っていて保証期間内なら不具合が生じてもドコモショップやauショップに持ち込めば無料で直してくれます。

ヤフオクやAmazonで3万円くらいの白ロムを手に入れる場合は、保証書があり保証期間が半年くらい残っている白ロムがおすすめです。Bookoffなんかは3ヶ月の保証がついていて、ネットワーク利用制限が×になった場合は期間なく保証してくれます。Bookoffでお得な白ロムが見つかれば買ってみるのもいいかもしれません。

2万円以下の白ロムなら別に保証書を気にしなくていいと思います。そもそも2万円以下の白ロムの場合、保証書はほとんど付いていません。もし壊れてしまったらあきらめて別の白ロムを購入するのが経済的です。

電池の消耗具合と電池が交換できるタイプの白ロム

自分で電池を交換できるタイプの白ロムの場合は、電池の消耗具合は基本的に気にする必要はありません。Amazonで2000円くらいで新しい交換電池を買うことができるので、もし電池が消耗していても問題無しです。

自分で電池を交換できない白ロムの場合は、発売日からまだ1年経っていない白ロムや、大手キャリアの1年保証がまだ残っている白ロムを選ぶのをおすすめします。

自分で電池を交換できない白ロムでもドコモショップやauショップへ持ち込めば電池を交換してくれますが、2,3日はかかります。その間の代替機は貸してくれません。交換費用も7800円はかかってしまいます。下手すると2万円かかったりもします。(安い場合だと3500円くらいで交換してくれることもあります)

もし電池が交換できない白ロムを購入しようと思っている場合は、電池の交換費用を調べてからにしたほうが良いです。

白ロムが壊れたときの対処法

白ロムが壊れたとき、保証期間内の保証書を持っている場合は、ドコモショップやauショップへ行けば基本的に無料で直してくれます。ただし、修理中の代替機は貸してくれません。代替機が必要な場合は自分で用意する必要があります。

ドコモ系の格安SIMを使っている場合は、代替機として1万円くらいのスマホを購入するのが妥当です。

1万円くらいで買える代替機候補 → Priori3 LTE

au系の格安SIMを使っている場合は、1万円前後で買えるスマホというのがないので、代替機が必要な場合は2万円台の白ロムを購入する必要があります。

白ロムが壊れて保証期間内の保証書も予備のスマホも持っていない場合は、修理するのはあきらめて新しく白ロムを買ったほうが安くて早道です。修理代が安ければ壊れた白ロムを修理して予備のスマホにするのがいいと思います。

白ロムの弱点:テザリングができない場合がある

白ロムの唯一の弱点は白ロムによってはテザリングができない場合があることです。

テザリングって何?と言う人には関係ない話です。ちなみにテザリングとは、例えばテザリングできるスマホがあった場合、そのスマホを経由してインターネットにつなげることができます。ノートパソコンを持っていたらテザリングしているスマホを経由してインターネットにつなげることができます。

ノートパソコンやWiFi専用のタブレットを持っている場合、テザリングができるスマホを持っていると便利です。どちらも持っていない場合はテザリングは不必要です。

大手キャリアでも格安SIMでも格安スマホでもSIMフリー機種でも基本的にテザリングをすることができます。

ただし、ドコモの白ロムに格安SIMを入れるとテザリングができなくなっています。話がややこしくなりますが、ドコモの白ロムでもドコモのiPhoneなら格安SIMでもテザリングをすることができます。

auの白ロムの場合は格安SIMでも問題なくテザリングができます。ただし、auの白ロムでもauのiPhoneの場合はテザリングができません。

ドコモの白ロムに格安SIMを入れると基本的にテザリングができませんが、ドコモの白ロムでもXperiaとGalaxyの場合は下記を参考にすればテザリングができるようになります。(自己責任)

Xperia A SO-04Eのスペックと格安SIMでの使い方とテザリングの設定

GALAXY S4 SC-04Eのスペックと格安SIMでの使い方とテザリングの設定

Xperiaの場合はパソコンで設定してあげれば、テザリングが簡単にできるようになりますが、GALAXYの場合はテザリングをできるようにするのはメンドクサイです。ドコモの白ロムでテザリングを使い場合は、ドコモのiPhoneを使うかXperiaを使うのがおすすめです。

その他の格安SIM関連のお役立ち情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る