SkyLinkMobileの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判

最終更新日 / 作成日 2015年4月17日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

SkyLinkMobile

SkyLinkMobile

SkyLinkMobileはパソコンの周辺機器やアクセサリーで有名なエレコムが運営しています。かなりマイナーな格安SIMですが、月780円で300kbpsが使えるコースとIP電話の組み合わせがSkyLinkMobileのプランの中で一番人気があります。

公式サイト → SkyLinkMobile

SkyLinkMobileのおすすめポイント

  • 月780円で300kbpsが使えるコースが割安

SkyLinkMobileの注意点

  • 通話SIMはない
  • 300kbps以外のコースは若干割高
  • 知名度が低くマイナー

SkyLinkMobileの格安SIMプラン

月額料金データ容量
フリーデータコース、データSIM780円300kbps
デイリーコース、データSIM980円110MB/日(超えると100kbps)
マンスリーコース、データSIM1510円4GB(超えると200kbps)

その他にかかる費用
SIM購入価格 3000円

オプション料金
・データSIMのSMS機能 120円/月

通話料金 30秒20円
月額180円のSkyLinkPhone(+月120円のSMS機能)を使うと、国内固定電話3分8.6円、国内携帯電話1分16.25円で通話できる。

通信制限(規制情報)
フリーデータコースとマンスリーコースは450MB/3日を超えると翌日1日間は100kbpsに制限される場合がある。

SkyLinkMobileの評価と他の格安SIMとの比較

SkyLinkMobileの格安SIMの特徴は、月額780円で使える300kbpsのフリーデータコースがあることです。

1日110MB使えるデイリーコースと1ヶ月4GB使えるマンスリーコースは割高なのでここでは無視してしまいます。高速データ通信用量が欲しい人は安くて速いDMM mobileを使いましょう。

月額780円で使える300kbpsのフリーデータコースの実力

家にインターネットがあって、外でスマホを少し使いたい人にとってコストパフォーマンスがとても良いプランです。

300kbpsというのは多少我慢すればインターネットができるレベルです。外でたまに調べ物をしたいときなんかに使えます。さすがに頻繁に外でネットをする場合はバースト機能か高速データ通信容量があるプランを選ぶべきですが、たまになら少し我慢すればいいので大丈夫です。

LINEのトークや無料通話も問題なく使えるレベルです。050などのIP電話も問題なく使える通信速度です。

アプリのダウンロードやアップデートの場合は300kbpsだと遅すぎるので使い物になりません。そのため家にインターネットがない場合は高速データ通信容量のない300kbpsコースはおすすめできません。

普段は家にインターネットがあって、それを使ってアプリをダウンロードしたりアップデートする。外ではアプリで遊んだりたまに調べ物をしたり、LINEのトークや無料通話をしたり、メールをしたりする。

こんな風に使えるのが月額780円で使える300kbpsコースの実力です。ただし、3日間で450MB超のデータ通信をすると翌日1日間は100kbpsに制限される場合があります。

300kbpsのフリーデータコースと他の格安SIMとの比較

SkyLinkMobileの300kbpsのフリーデータコースと競合しそうな他の格安SIMに、DMM mobileの1GBコース(月額660円)と、楽天モバイルのベーシックプランがあります。

DMM mobileの1GBコース(月額480円)
月1GBまで高速データ通信ができる。高速データ通信の切り替えが可能。データ容量の繰越可能。高速データ通信容量を使い切った場合200kbpsに制限されるが、バースト機能があるためネットの体感速度は300kbpsと同等かそれ以上。バースト機能ありの200kbpsは実用上300kbpsとほぼ同じに使える。ただしDMM mobileの場合、200kbpsに制限された状態で通信を続けると、3日間で366MBを超えたときに、通信速度が絶望的に低下します。

楽天モバイルのベーシックプラん(月額525円)
無制限に200kbpsを使うことができます。SkyLinkMobileやDMM mobileの低速プランは3日間で使えるデータ量は制限されていますが、楽天モバイルの場合はそういったことがあります。どんなに使っても速度制限はされません。ただし、DMM mobileよりも実測は少し低下します。(DMM mobileは実測180kbps、楽天モバイルだと160kbpsくらい)

SkyLinkMobileの300kbpsのフリーデータコースは悪くはありませんが、月額料金から考えるとDMM mobileの1GBコースやDMM mobileのベーシックプラんを選んでおいた方が良いです。

SkyLinkPhoneはすすめません

SkyLinkMobileには月額180円で使えるSkyLinkPhone(+月120円のSMS機能)という050のIP電話がありますが、基本的にはこれは使わないほうがいいです。

SkyLinkMobileを解約するときに番号も失われるので、SkyLinkMobileを解約した場合でも引き続き同じ番号が使える月300円の050plusか無料のSmarTalkを使いましょう。SkyLinkPhoneを使っているからSkyLinkMobileを解約できないという状況は避けるべきだと思います。

SkyLinkMobileはDMM mobileや楽天モバイルがなぜか嫌いで、300kbpsのフリーデータコースがあっている人におすすめな格安SIMになっています。

SkyLinkMobileの格安SIMの申し込みはこちらから → SkyLinkMobile

SkyLinkMobileで買える格安スマホセット

※ 格安スマホに関する最新情報は格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)で記載しています。基本的に正しいのは最新情報のほうです。最新情報を合わせて格安スマホの購入の参考にしてみてください。

SkyLinkMobileで買える格安スマホは1機種、freetel priori(9720円、税込)のみです。このfreetel prioriは旧機種なので買うべきではありません。(というか、SkyLinkMobileには一応購入ページはあるのですが、現在では購入できなくなっています)

格安SIMに合うお勧めの格安スマホは格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)に記載しているので、そちらを参考にしてみてください。

SkyLinkMobileのネットの評判

SkyLinkMobileのネットの評判はありません・・・。マイナーすぎてネットで実際に使っていると思われる人が出てきません。

SkyLinkMobileの人が取材(2014年後半)に応じていて、その人たちの話によるとSkyLinkMobileを使っている人の大半は300kbpsのフリーデータコースなんだそうです。300kbpsのフリーデータコースとIP電話のSkyLinkPhoneの組み合わせが人気だということです。

たしかに、2014年後半の時点ではたしかに300kbpsのコースは良かったのですが、今ではDMM mobileの月額480円1GBプランが始まって、相対的に300kbpsのコースが非常に微妙になってしまっています。

他のおすすめの格安SIMカード

  • 楽天モバイル
    • 通信速度も比較的速く、格安スマホを買うと楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンをいつも行っています。楽天市場の買い物でもらえるポイントが2倍になる特典がもらえるので、楽天市場を使う人に一番オススメの格安SIMです。
  • UQ mobile
    • 通信速度が圧倒的に一番速くて安定しているのがUQ mobileです。実質的に月3GBのプランしかなく、月額料金は少しだけ高いですが、回線品質が良すぎるのでUQ mobileを選ぶ価値は大きいです。
  • DMM mobile
    • データ量の選択が豊富で月額料金も最安値です。通信速度も比較的速くバースト機能もできます。
  • IIJmio
    • DMM mobileはIIJmioのシステムを使っています。MVNO業界シェア2位。信頼性も高くバースト機能もあります。価格破壊のパイオニア。
  • NifMo
    • 格安スマホとセットで買うと月額料金200円引き。キャッシュバックもあり。通信速度も速いです。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る