2015年4月28日 MVNO大手6社の格安SIMの通信速度、UQ mobileの桁違いの通信速度

最終更新日 / 作成日 2015年4月29日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較
計測日時: 2015年4月28日 平日火曜 晴れ
場所: 東京都(川崎とか蒲田とか羽田とか品川に近い場所)

計測するMVNO: IIJmio、楽天モバイル、NifMo、OCNモバイルONE、DMM mobile、UQ mobile

計測方法、計測機器、受信状況、指標の見方(Ping,Down)はMVNO格安SIMの通信速度の記録に記載しています。今回からUQ mobileを追加してMVNO大手6社の通信速度の計測を行います。

朝8時の通信速度

Ping (ms)、Down ダウンロード速度 (Mbps)

MVNO時刻PingDown
IIJmio8:011603.17
8:12794.93
8:211902.36
楽天8:02976.53
8:131065.19
8:231015.59
NifMo8:04508.56
8:151185.80
OCN8:061381.54
8:161492.01
DMM8:101792.66
8:191962.70
UQ8:076034.23
8:186539.78

前回4月22日の朝の時間帯で楽天モバイルは0.2Mbps台の通信速度に落ち込んでいましたが、今回の通信速度は5Mbpsと良い結果になりました。ちなみに昨日の朝に楽天モバイルを少し計測した時も、普通に速い通信速度を出していました。

前回は楽天モバイル、OCNモバイルONE、NifMoのPingの値は400msと非常に遅かったのですが、今回は100msから200ms程度と合格レベルになっていました。若干OCNモバイルONEの通信速度が遅いですが、1Mbps以上出ているので合格レベルです。

事前の評判で知っていたのですが、UQ mobileだけ次元が違う通信速度とPingの値をしています。比較的混む朝の時間帯でも通信速度は30Mbps超えているし、Pingも60msと超速いです。

昼12時台の通信速度

MVNO時刻PingDown
IIJmio12:20980.57
12:351150.41
楽天12:211080.91
12:311071.30
NifMo12:241110.86
12:361090.41
OCN12:281890.44
12:381540.88
DMM12:332350.43
12:421160.45
UQ12:275628.63
12:395924.43

昼の時間帯(12時20分から40分)はドコモ系の格安SIMの通信速度がダメダメなくらい遅くなりますが、その中でも楽天モバイルが健闘していました。若干不安定かもしれませんがドコモ系の格安SIMだと楽天モバイルが今なら一番良いのかもしれません。

ここでも異次元の速度を出したのが、UQ mobileです。平日の昼の超混んで通信速度が落ちる時間帯にもかかわらず、UQ mobileの通信速度は20Mbpsを超え、Pingも60msを切っています。UQ mobileマジすごいです。ドコモ系の格安SIMの通信速度をみみっちく比べているのがバカらしくなります。

夕方18時台の通信速度

MVNO時刻PingDown
IIJmio18:142162.33
18:232071.68
楽天18:151144.12
18:251172.42
NifMo18:171362.17
18:261114.10
OCN18:181491.28
18:271491.55
DMM18:201941.07
18:292291.64
UQ18:216333.15
18:306135.81

とりあえずダウンロード速度が1Mbpsを切っている格安SIMはなかったのですが、OCNモバイルONEとDMM mobileが微妙な感じです。正直2Mbpsくらいは出てほしいので、もう少し頑張ってもらいたいです。IIJmioは普通で、楽天モバイルとNifMoががんばっている、そんな感じの通信速度になりました。

UQ mobile、ここでも桁違いの通信速度が出してくれました。Pingも超速いし文句のつけようがありません。

夜22時台の通信速度

MVNO時刻PingDown
IIJmio22:062454.42
22:142405.00
楽天22:081342.69
22:161173.35
NifMo22:101595.29
22:171115.65
OCN22:111551.01
22:12871.19
DMM22:122192.14
22:291125.38
UQ22:136131.95
22:2211519.14
22:248732.09

ここでもOCNモバイルONEのダウンロード速度が遅いです。他のMVNOは満足いく通信速度を出していました。だいたい18時以降は夜になればなるほど通信速度が速くなっていきますが、楽天モバイルだけ夜になればなるほど通信速度が遅くなっていく性質を持っています。とはいうものの、十分な速度が出ています。

UQ mobile、2回目の計測で1回目の計測値よりも通信速度がだいぶ下がってしまったので3回計測しました。UQ mobileのだいぶ下がった通信速度でも19Mbpsだったりします。

2015年4月28日の通信速度の総括

UQ mobile

au系の格安SIM、UQ mobileが桁違いの通信速度を見せつけました。もっとも通信速度が落ちる昼の時間帯でも20Mbpsを軽く超える通信速度を出しています。その他の格安SIMは0.4Mbpsぐらいです。我が軍は圧倒的ではないか、ハッハッハー! とか言いたくなるほどUQ mobileの通信速度は圧倒的です。

最高の通信品質、それがUQ mobileです。

UQ mobileの弱点はauの回線を使っているため使えるスマホが限定されていることです。一般的に売られているSIMフリーのスマホはまず使えません。でも大丈夫です。auの白ロムなら普通に使えてなおかつ高性能機種でも安く買えます。あとauの白ロムならテザリングもできます。

UQ mobileは高速データ通信容量が3GBのプランしかありません。ヘビーユーザにはデータ量が足りないですが、一般ユーザなら十分なデータ量です。UQ mobileはマジでおすすです。

UQ mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → UQ mobile

楽天モバイル

今回ドコモ系の格安SIMで一番良かったのが楽天モバイルでした。前回は朝の時間帯で楽天モバイルの通信速度だけ劇遅になっていましたが、今回は朝の時間帯でも速い通信速度を維持していました。前日の朝に少し測った時も楽天モバイルの通信速度は速かったので、前回たまたま通信速度が悪くなったのかなと思います。

Pingも前回は400msあたりになっていましたが、今回は100msぐらいと速くなりました。この調子でがんばってもらいたいです。

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → 楽天モバイル

NifMo

NifMoは今回も全般的に良い数値を出していました。前回も比較的良い数値だったので、NifMoは通信速度が安定している格安SIMと言えるかもしれません。Pingの値も前回の400msから100msぐらいに速くなりました。

NifMoは長期的に見ても、安定した速い通信速度を維持していくのではないかと思います。

NifMoの評価とネットの評判の詳細を見る

公式サイト → NifMo

OCN モバイル ONE

前回に引き続き今回も一番悪い結果を出したのがOCN モバイル ONEでした。悪い結果と言っても、比較的速い通信速度を出す格安SIMの中での悪い結果です。使えないほど悪い結果というわけではありませんが、それでもうーん、OCN モバイル ONEを選ぶ理由がありません。

OCN モバイル ONEは銀行振替に対応しているのでクレジットカードを持っていない人だけ、OCN モバイル ONEを選ぶ、それだけの存在になりつつあります。

OCN モバイル ONEの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → OCNモバイルONE

IIJmio

IIJmioは前回の夜の時間帯で0.7Mbpsという遅い通信速度を出していましたが今回は同じ時間帯で2Mbpsくらい出していました。

IIJmioは平日の昼の時間帯、12時20分から12時40分の間の劇遅時間(0.4Mbps)を除けば、昔から安定した速い通信速度を出しているので、今後も安心して使える格安SIMだと思います。正直ドコモ系の格安SIMを使う場合、平日の昼の時間は諦めた方がいいです。

平日の昼の時間でも快適な通信速度がほしい場合は、UQ mobileを使いましょう。

IIJmioの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → IIJmio

DMM mobile

DMM mobileは基本的にIIJmioと同じ結果と評価になります。IIJmioより少しだけ通信速度が遅いかな?くらいがDMM mobileです。

月額料金が少し安くてプランも豊富なので、IIJmioを選ぶならDMM mobileのほうが若干良い、そんな感じです。

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile