2015年6月19日 MVNO大手9社の格安SIMの通信速度、freetelは遅い

最終更新日 / 作成日 2015年6月20日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較
計測日時: 2015年6月19日 平日金曜 雨
場所: 東京都(川崎とか蒲田とか羽田とか品川に近い場所)

計測するMVNO: IIJmio、楽天モバイル、NifMo、OCNモバイルONE、DMM mobile、U-mobile、ぷららモバイルLTE、freetel、UQ mobile

計測方法、計測機器、受信状況、指標の見方(Down,Ping)はMVNO格安SIMの通信速度の記録に記載しています。

今回の格安スマホで有名なfreetelの格安SIM、フリモバを加えた、MVNO大手9社の格安SIMの通信速度の計測を行います。U-mobileだけ午前中SIMが見つからなかったので、U-mobileの計測は18時からになります。。

朝8時の通信速度の比較

Down ダウンロード速度 (Mbps)、Ping (ms)

MVNO時刻DownPing
IIJmio7:592.5178
8:150.93161
楽天8:0118.6850
8:1612.71161
NifMo8:036.1734
8:1713.4980
OCN8:074.61138
8:195.0167
DMM8:091.1075
8:211.24191
ぷらら8:101.2356
8:230.6059
freetel8:121.7838
8:242.0539
UQ8:1330.5059

IIJmioとDMM mobileが相変わらず調子悪いです。前回の朝の時間帯でもIIJmioとDMM mobileもは1Mbps程度と低迷しています。遅めの格安SIMだと思っていたfreetelは意外に速度が出ていました。

楽天モバイル、NifMo、OCNモバイルONEは問題無しです。無制限プランのぷららモバイルLTEはたいていこんな程度の速度しか出ません。

UQ mobileは相変わらず速いです。

昼12時の通信速度の比較

MVNO時刻DownPing
IIJmio12:200.49193
12:310.44110
楽天12:212.7751
12:330.5892
NifMo12:230.5939
12:350.91109
OCN12:250.34151
12:360.5762
DMM12:260.43191
12:380.4393
ぷらら12:280.80150
12:400.83151
freetel12:290.76304
12:411.11154
UQ12:3024.6153

低速な格安SIMのぷららモバイルLTEとfreetelは昼の時間帯では他と比べて通信速度が出ていました。楽天モバイルとNifMoはいつもより遅いですが、昼の時間帯でも何とか使いものになる程度の速度が出ています。

IIJmioとOCNモバイルONEとDMM mobileは、どうしようもないです。0.5Mbps程度でも読み込みは遅いですがサイト閲覧くらいなら我慢すればなんとかなります。

UQ mobileは相変わらず速いです。

夕方18時の通信速度の比較

MVNO時刻DownPing
IIJmio18:251.02186
18:370.7686
楽天18:262.2075
18:392.5278
NifMo18:282.3387
18:4012.5532
OCN18:301.9057
18:420.76155
DMM18:310.7677
18:440.6990
Umobile18:321.0936
18:460.92160
ぷらら18:340.4164
18:470.4364
freetel18:360.6751
18:490.49151
UQ18:3630.1654

夕方の時間帯は楽天モバイルとNifMoは合格点レベルです。快適に使える通信速度(2Mbps)が出ています。

無制限プランのぷららは0.5Mbps以下という体たらくの中、U-mobileは無制限プランでも1Mbps程度というかなり健闘している通信速度が出ています。U-mobileの回線を使っているはずのfreetelですが、U-mobileよりだいぶ遅くなっています。

IIJmioとOCNモバイルONEとDMM mobileははっきり言って遅いですが、0.7Mbps程度は出ているのでYoutubeの普通画質(360p)なら何とか途中で止まらずに再生できます。サイトの閲覧はサクサク見れませんが、少し我慢すれば普通に見れるレベルです。

オブラードに包まずに言うと、少し我慢しなければ使えないレベルになっているのが、IIJmioとOCNモバイルONEとDMM mobileです。

UQ mobileは相変わらず速いです。

夜22時の通信速度の比較

MVNO時刻DownPing
IIJmio22:024.7775
22:143.39158
楽天22:033.4836
22:152.9597
NifMo22:0517.4472
22:1742.4079
OCN22:060.79139
22:181.1959
DMM22:081.26148
22:201.74148
Umobile22:090.50158
22:210.4238
22:260.51139
ぷらら22:110.3461
22:230.7461
freetel22:120.6474
22:250.9764
UQ22:1330.9450

NifMoとUQ mobileは相変わらず速いです。特にNifMoはこのサイトの計測した中で最高速度を記録しました。前回1.5Mbps前後くらいだった楽天モバイルとIIJmioは3Mbps程度出ていました。

DMM mobileはIIJmioの設備を使っていて、一時期IIJmio品質といわれていましたが、最近では確実にIIJmioよりも通信速度が遅くなっています。

OCNモバイルONEは1Mbps程度と、相変わらず平凡な通信速度しか出ません。通信速度は平凡ですが一般的な使い方ならほんの少し我慢すれば問題なく使えます。

UmobileとぷららモバイルLTEとfreetelは、一般的な使い方でもストレスになるくらい通信速度が遅いです。Umobileは前回のこの時間帯では1Mbpsちょっとは出ていたのですが、今回は0.5Mbps程度に低迷しています。これだとYoutubeの普通画質(360p)でも再生途中にちょくちょく止まると思います。

2015年6月19日の通信速度の総括

UQ mobile

UQ mobileは相変わらず速いです。格安SIM中でダントツに一番通信速度が速くて安定しています。

選べるデータプランが基本的に月3GBだけなので、データをたくさん使うヘビーユーザには向きませんが、スマホのライトユーザや一般ユーザならUQ mobileが良いです。UQ mobileは広告の仕方が地味なので、ユーザ数が急増することもなさそうなので、速くて安定した通信速度を当分維持していくと思います。

UQ mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → UQ mobile

楽天モバイル

前回は普通レベルより少し速いくらいの通信速度になっていましたが、今回はいつもどおり通信速度が快適に使えるくらいに速くなっていました。

この調子でこのレベルの通信速度を維持してもらいたいものです。

楽天モバイルの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → 楽天モバイル

NifMo

NifMoはあいかわらず速くて安定した通信速度を維持しています。ドコモ系の格安SIMの中で通信品質が一番いいのがNifMoです。(ドコモ系で2番目に良いのが楽天モバイル)

NifMoは通信速度が速くていいのですが、NifMoで売っている格安スマホが購入しづらいです。NifMoでスマホを買えば月額料金から200円引きで、キャッシュバックも5000円あったりして、普通にスマホを買うよりもだいぶお得です。ただし、在庫がなくなっていたり、MNPだと申し込み不可だったり、いつの間にか機種によって5000円のキャッシュバックがなくなっていたり。

NifMoで格安SIMを買うのはいいのですが、NifMoではスマホが買えない場合があったり、スマホのキャッシュバックがなかったりする場合があるので気をつけましょう。

ちなみにNifMoでは6月30日まで格安SIMのキャッシュバック(3000円)を行っているので、実質的にSIMカードを無料で買うことができます。このキャッシュバックキャンペーンはよく延長されます。

NifMoの評価とネットの評判の詳細を見る

公式サイト → NifMo

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEはいつもどおりの平凡な通信速度でした。

夜は1Mbps程度の通信速度が出ていればOCNモバイルONE的にはOKっぽいです。1Mbps出れば、一般的な使い方なら問題なく使えます。サイトを見るのに若干サクサク感がありませんが、慣れれば気にならないと思います。昼の時間帯に目をつぶれば、実質的に普通に使えます。

ただし、テザリングをするような人にはおすすめではありません。テザリングをする場合、通信速度が低下するので、OCNモバイルONE程度の通信速度だと遅さが目立つようになります。

OCN モバイル ONEの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → OCNモバイルONE

IIJmio

IIJmioはOCNモバイルONEよりも通信速度は出ますが平凡より少しだけ速い程度の通信速度になります。

かつての高品質のIIJmioはもう存在しません。普通品質よりもちょっぴり良いくらいが現在のIIJmioの実体です。

一般的な使い方ならOCNモバイルONEと同じく問題なく使えますが、テザリングを使う場合は避けたほうが良いです。

IIJmioの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → IIJmio

DMM mobile

DMM mobileはIIJmioの設備を使っていますが、確実にIIJmioよりも通信速度が遅くなっています。

一般的な使い方でも遅さが少し目立つ通信速度になっています。一般的な使い方をする人で少し我慢強い人で月額料金を重視する人ならDMM mobileでも良いと思います。テザリングを使う人はDMM mobileの通信速度は遅すぎます。

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → DMM mobile

U-mobile

U-mobileのSIMがなぜか見当たらず、計測が18時からになってしまいました。

U-mobileは高速データ通信が無制限に使えるプランがあるため、無制限プランのない格安SIMよりも通信速度が遅くなる傾向があります。

前回は22時には1Mbpちょっと出ていましたが、今回は0.5Mbps程度しか出ていませんでした。無制限プランの場合、混雑時のパターンが読めないので1日を通して通信速度を計測する必要がありそうです。

1日を通した通信速度は月に1回か2回、無制限プランの通信速度の比較記録に記録しています。

U-mobileの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → U-mobile: ユーモバイル

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEの通信速度は定額無制限プランの通信速度になります。前回の計測に続いて通信速度が非常に遅いです。

前回と今回の計測結果から、平日の夜の時間帯(18時以降)は0.5Mbps程度しか出ないことは確実です。それ以外の時間帯だと1Mbps程度です。ぷららモバイルLTEの定額無制限プランを申し込むくらいなら、U-mobileのLTE使い放題プランを申し込みましょう。U-mobileのほうが月額料金が安いし、通信速度もぷららモバイルLTEよりは出ます。

1日を通した通信速度は月に1回か2回、無制限プランの通信速度の比較記録に記録しています。

ぷららモバイルLTEの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → ぷららモバイルLTE 音声SIM / データSIM

freetel フリモバ

今回がfreetel フリモバの通信速度の初計測です。前々から遅いと噂されていたフリモバですが、実際に測ってみると、やはり遅かったです。

無制限プランでもないのに、ここまで通信速度が遅いと使う価値はありません。フリモバ自体には無制限プランはありませんが、フリモバはU-mobileの設備を使っています。U-mobileには無制限プランがあるので、それが原因でフリモバも通信速度が無制限プラン並みに出なくなっているのだと思われます。

フリモバは一般的な使い方でも遅さを感じるほど通信速度が遅いです。フリモバの格安SIMを使うのはやめたほうがいいです。安さ重視の人に、フリモバで販売している格安スマホ(priori2等)だけおすすめです。

freetelの評価とネットの評判の詳細

公式サイト → freetel(フリーテル)で「携帯代を適正価格に」