月額3000円以上の音声通話プランの格安SIMの比較と評価の詳細

最終更新日 / 作成日 2015年3月22日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

音声通話プランがある格安SIMの中で月額3000円以上のものはほとんど選ばれません。

音声通話プランの月額料金の違いはデータ通信容量の違いになります。月額3000円以上になると使えるデータ通信容量は多すぎて、一般的な人の使い方では全然使い切りません。月額1000円台月額2000円台の音声通話プランについているデータ通信容量で普通は十分な量になります。

家にWifi(ネット)環境がなくて、ゲームアプリを超たくさんダウンロードする人、Youtubeやニコニコ動画などを毎日5時間くらい見る人のための料金帯になります。

音声通話プランを比較するポイントは、月額料金、データ通信容量、そして通信速度になります。通信速度は格安SIM各社のホームページに記載されている速度と、実際に出る速度は異なるので注意が必要です。

実際に出る通信速度の速さ
1番手 DMM mobile、IIJMio、楽天モバイル、NifMo
2番手 OCN モバイル ONE
3番手 Biglobe、日本通信 b-mobile

月額料金、高速データ通信量、通信速度をポイントに自分にあった音声通話SIMを選びましょう。

月額3000円以上の通話SIMのお勧めランキング

順位未定. DMM mobile

DMM mobile

DMM mobileはスマホ初心者やライトユーザ、一般ユーザにオススメですが、データ容量をたくさん使うヘビーユーザには月額料金の面で不利です。同じデータ容量で月額2000円台の通話SIMが他の格安SIMであるので、大容量のデータ容量が必要な人はそちらを選びましょう。

月額料金データ容量
シングルコース、通話SIM3580円8GB
4480円10GB

DMM mobileの評価とネットの評判の詳細を見る

公式サイト → DMM mobile


このページは作成中です。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る