ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

最終更新日 / 作成日 2015年5月30日 / 作成者 格安SIMとスマホ比較

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEには月額452円で250kbpsを無制限に使える上に、無料の公衆無線LANがついてくる480円プランがあります。他にもプランはありますが、ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEは480円プランのための格安SIMです。近くに使えるWiFiスポットがあって250kbpsでも問題ない場合にオススメです。

New! 最大3Mbpsでデータを無制限に使えるFonプレミアムプランがスタートしました。

公式サイト → ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEのおすすめポイント

  • 一番安く無制限プランが使える
  • 無料の公衆無線LANが使える
  • 月額445円で250kpbsを無制限に使える

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの注意点

  • 実際に出る通信速度に不安
  • 音声SIMはMNP転出手数料11000円がかかる
  • SIMカードの再発行/サイズ変更ができない

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの格安SIMプラン

月額料金データ容量
480円プラン、データSIM445円250kbps
Fonプレミアムプラン、データSIM1556円3Mbps
音声+Fonプレミアムプラン、音声SIM2760円3Mbps

その他にかかる費用
SIMカードパッケージ代金 3000円
音声SIMはいつ解約しても解約手数料はかからない。
他社へ番号移行(MNP)する場合、契約12ヶ月目まではMNP転出手数料が11000円かかる、契約13ヶ月目以降はMNP転出手数料は3000円になる。

SIMサイズの変更/再発行はできない(単純に新しいSIMカードを購入することになる。音声SIMの場合はSIMサイズの変更/再発行での電話番号の引継ぎはできない)
(参考記事:格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM)

オプション料金
・データSIMのSMS機能 139円/月 (480円プラン)
・データSIMのSMS機能 185円/月 (Fonプレミアムプラン)
・留守番電話 300円/月 (→無料で使える留守番電話の設定の仕方)

通話料金 30秒20円

通信制限(規制情報)
ファイル交換(P2P)アプリケーション等、帯域を継続的かつ大量に占有する通信手段を用いて行われるデータ通信、または他のお客様のご利用に影響を与えるような短期間かつ大容量のダウンロードをした場合、通信速度の制限(250kbps以下)、または使用の制限する場合がある。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの評価と他の格安SIMとの比較

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEにはプランがいくつもあったのですが、2016年3月にプランを大幅に変えてデータSIMは3Mbpsと250kbpsの無制限プラン、音声通話SIMは3Mbps無制限プランのみになりました。

公衆無線LANも無料で使えるので、近くにWiFiスポットがある場合は比較的快適に使えるのですが、暗号化されていないWiFiスポット(Wi2)や、暗号が弱いWiFiスポット(BBモバイルポイント)が多いので、利用には注意が必要がです。

250kbpsという通信速度の使い道

通常の格安SIMは高速データ通信を使い切ると通信速度が200kbpsに制限されるので、ワイヤレスゲートの250kbpsはそれよりも少しだけ通信速度が速くなっています。

250kbpsはメールやLine、050通話、Twitterぐらいなら問題なく使うことができます。Webサイトを見る場合は、読み込むのに10秒~20秒くらい時間がかかりストレスがかかりますが、一応見れます。

YoutubeやGoogleマップなんかは読み込みが遅すぎて使えないレベルです。アプリのダウンロードやアップデートなども遅すぎるので使えません。

家にインターネットがあり、外ではYoutubeやGoogle マップやアプリのダウンロードをしない場合は、250kbpsでもとりあえず大丈夫だと思います。

家にインターネットがない場合でもワイヤレスゲートなら比較的利用しやすい無料の公衆無線LANがあるので、近くに利用できるWiFiスポットがあればアプリのダウンロードやアップデートをすることができます。

無料の公衆無線LANのセキュリティの心配

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEは無料で公衆無線LANを使うことができます。そしてWiFiスポットが沢山あります。

ワイヤレスゲートWi-Fiの利用可能エリアの検索

ただ、このWiFiスポットですが、暗号化されていなかったり(Wi2)、暗号が弱かったり(BBモバイルポイント)、そもそもそこに実在するのか(Fon)という問題が出てきます。

アプリのダウンロードくらいなら大丈夫だと思いますが、そのほかにはセキュリティ面で不安なので使わないほうがいいです。

他の格安SIMだとNifMoBIGLOBE SIMが無料の公衆無線LANを提供しています。BIGLOBE SIMの場合、セキュリティが良いWiFiスポットを提供しているので公衆無線LANを沢山使いたい場合はBIGLOBE SIMがおすすめです。

そのほか、どの格安SIMでも使える無料のWi-Fiというのもあります。

他の低価格の格安SIMとの比較

ワイヤレスゲートの480円プランと同じような月額料金のプランを提供しているのが下記の3つです。

DMM mobile
月額料金480円、高速データ1GB、超過後200kbps、無料の公衆無線LANなし、200kbpsの制限時に3日で366MBを超えた場合は通信速度が更に制限される

楽天モバイル(ペーシックプラン)
月額料金525円、高速データ0GB、200kbps、無料の公衆無線LANなし、使いすぎても速度制限なし

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの480円プランは月額料金445円(税抜)、高速データ0GB、250kbps、無料の公衆無線LANあり、使いすぎの場合は速度制限があると規定されている(速度制限に引っかかるデータ量は不明だけど、わりと緩そう)。

できる限り月額料金を抑えたい場合は、ワイヤレスゲートの480円プランが月額料金が一番安く、通信速度は他よりも少し速く、そして無料の公衆無線LANもあるので一番おすすめです。ただし、どのくらい使えば速度制限になるのかわからないので、沢山使おうと思っている場合は、少し不安です。

家にインターネットがない場合や、近くに無料の公衆無線LANがない場合はDMM mobileの月額480円のプランがおすすめです。

実際に出る通信速度がワイヤレスゲートやDMM mobileよりも少し遅いですが、楽天モバイルのベーシックプランなら無制限に200kbps(実測は160kbps程度)を使うことができます。

最大3Mbpsの無制限プラン(プレミアムプラン)、実際は・・・・?

Wirelessgateには最大3Mbpsの通信速度を無制限に使える、Fonプレミアムプランがあります。月額料金も1556円ととても安いです。

似たようなプランとの比較
ぷららモバイルLTEの高速定額 実測0.3Mbps〜0.8Mbps前後 月額料金2760円 データ無制限
UmobileのLTE使い放題 実測0.5Mbps〜10Mbps 月額料金2480円 3日間で2.4GB以内
UQ mobileの無制限プラン ほぼ0.5Mbpsで固定 月額料金1980円 3日間で3GB以内

Wirelessgateのプレミアムプランが一番安いです。超大量のデータを使っている場合、速度制限になるかもしれませんが、多少使いすぎても常識の範囲内なら速度制限には引っかからないようです。

問題は実際に出る通信速度です。

ぷららモバイルLTEの通信速度は最大3Mbpsですが、実際に出る通信速度は0.3Mbpsから0.8Mbpsくらいです。通信品質も悪いので、速くなったり遅くなったり、反応が鈍くなったりと、格安SIMの中でも最低の通信品質になっています。

Fonプレミアムプランの実際に出る通信速度はどうなのかというと、ネットの評判を総合すると、ぷららモバイルLTEと同レベル程度または少しだけマシな感じになっているようです。Fonプレミアムプランは最近始まったプランなので、月額料金に惹かれて今後ユーザが増えてしまうと、通信速度はさらに低下していく気がします。

Fonプレミアムプランを実際使うまでなんとも言えませんが、月額料金が安すぎるので通信速度もそれ相応なものになっていそうです。Fonプレミアムプランを契約する場合は、思っていたようには使えない可能性を覚悟して契約する必要がありそうです。

無制限プランは安定しているUQ mobileを使うのが無難です。

追記:
ネットの評判を見てみたところ、アプリやファイルのダウンロードは絶望的に遅いそうです。動画の視聴は評価がバラバラで、Youtubeの場合にだけ動画の視聴はまともに見れるとか、その他の動画は軒並み死亡、いや動画はある程度普通に見えるなどなど、評価が一定していません。サイトを見る場合は割と普通に使えるそうです。

あくまで現時点の評価なので、月額料金的に見て今後悪化する可能性は高いと思われます。

音声通話SIMは解約手数料無料だけど、MNP転出手数料は高額になる可能性がある

ワイヤレスゲートでも音声SIMを提供していますが、いつ解約しても解約金がない代わりに、他社へ番号移行する場合はMNP転出手数料が最大1万1000円かかります。

音声SIMを解約した場合は違約金などの費用はかからず、そのまま解約できます。

MNPで他社へ番号移行する場合、ワイヤレスゲートと契約してから12ヶ月目まではMNP転出手数料が1万1000円かかります。13ヶ月目以降になっている場合は、MNP転出手数料は3000円になります。

SIMカードの再発行やサイズの変更ができない

ワイヤレスゲートはなぜかSIMカードの再発行やサイズの変更を行っていません。データSIMなら新しく買いなおせば良いですが、音声SIMの場合、新しく買いなおすと電話番号も新しいものになってしまいます。

SIMカードの再発行やサイズの変更はほとんどすることはないのですが、もし必要になったらかなりウザいことになります。データSIMは諦めるとして、音声SIMの場合は番号変更の危険性があるので、ワイヤレスゲートの音声SIMは使わないほうがいいです。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEのまとめ

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEは480円プランとFonプレミアムプランがありますが、正直どちらも微妙な感じですが、

どこまで低速で使えるか分かりませんが、低速をたくさん使いたい場合に480円プランを試してみるのもいいかもしれません。Fonプレミアムプランも、月額料金並みに通信速度が遅そうで責任取れませんが・・・、思い切って試してしまうのもいいかもしれません。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの格安SIMの申し込みはこちらから → ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEで買えるお勧めの格安スマホセット

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEでは格安スマホセットは販売していないので、自分でスマホを用意する必要があります。格安スマホはAmazonや大手家電量販店で買うことができます。格安スマホを買って、SIMカードだけワイヤレスゲートWi-Fi+LTEで申し込む感じになります。

下記はおすすめの格安スマホです。

格安スマホの人気1位、Huawei GR5

Huawei GR5

Huawei GR5
実売3万4800円(税込)

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.5GHz/1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ158グラム、電池容量3000mAh、連続待受LTE740時間、マイクロSIM、Android 5.1、FOMAプラスエリアに対応

格安スマホで人気ナンバーワンがGR5です。人気の理由は、5.5インチの大画面で、電池持ちも良く、指紋認証にも対応していて、CPUの性能も良い、安っぽくない、そして何より3万4000円前後(税込)で買うことができるからです。

Huawei GR5のスペックと評価と評判のまとめ

格安スマホの同率2番人気、arrows RM02/M02

arrows RM02/M02

arrows RM02/M02
価格2万9800円 (税込3万2184円)

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ810万画素、重さ149グラム、電池容量2330mAh、連続待受LTE540時間、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ナノSIM、Android 5.1、FOMAプラスエリアにも対応

arrows RM02/M02は防水防塵、おサイフケータイに対応している数少ない格安スマホです。きるだけ安くて便利にスマホを使いたい一般ユーザに一番おすすめなのがarrows RM02/M02です。

arrows M02/RM02のスペックと評価と評判のまとめ

格安スマホで同率2番人気、ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laserの価格と性能
実売2万5000円(税込)
5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ145g、電池2400mAh

ZenFone 2 Laserは一般ユーザにとって十分な性能を持っています。3000円程度で電池が交換できて、Android 6にも対応しているので4,5年くらい使っていけます。長く安く使いたい場合にZenFone 2 Laserがおすすめです。

ZenFone 2 Laserのスペックと評価と評判のまとめ

格安スマホで3番人気、ZenFone Max

ZenFone Max

ZenFone Maxの価格と性能
3万円(税込)
5.5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ202、電池5000mAh

ZenFone Maxは電池持ち最強の5.5インチスマホです。電池持ちが良いと言われる5.5インチスマホの、およそ1.6倍くらい電池持ちが良くなっています。多少重くても電池持ちを最優先する場合に検討してみてください。

ZenFone Maxのスペックと評価と評判のまとめ

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEのネットの評判

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEのネットの評判は480円プランはとても好評です。ワイヤレスゲートに申し込む人の大半はこの480円プランを申し込んでいると思います。

その反面、ワイヤレスゲートの高速データは通信速度が速くないので残念な評判になっています。音声SIMに関してはどんなに長く使っても他社へ番号移行するときに11000円かかることから評判は最悪です。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの格安SIMは480円プランを使いましょう。それ以外のプランになる場合は、他の格安SIMにしたほうが良い結果になると思います。

追記:
2016年3月にFonプレミアムプランが登場しました。ネットの評判を見てみたところ、動画の視聴とダウンロードは絶望的に遅いそうです。ただし、Youtubeの場合にだけ動画の視聴はまともに見れるとか、その他の動画は軒並み死亡。サイトを見る場合は割と普通に使えるそうです。

他のおすすめの格安SIMカード

  • 楽天モバイル
    • 通信速度も比較的速くて、格安スマホを購入すると楽天ポイントがたくさんもらえるキャンペーンをいつも行っています。楽天市場の買い物でもらえるポイントがずーと2倍になる特典も付いてきます。楽天市場を使う場合に一番オススメの格安SIMです。
  • DMM mobile
    • データ量の選択が豊富で月額料金も最安値です。通信速度も速くバースト機能もできます。
  • IIJmio
    • MVNO業界シェア2位。信頼性が高くバースト機能もあります。価格破壊のパイオニアです。
  • NifMo
    • 格安スマホとセットで買うと月額料金200円引き。キャッシュバックもあり。通信速度も速いです。
  • UQ mobile
    • au系の格安SIM。全ての格安SIMの中で一番速度が出て安定しているがUQ mobileの格安SIMです。通信速度を重視する場合は、ダントツにUQ mobileをおすすめします。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る