Wonderlinkの詳細評価&他の格安SIMとの比較と評判

最終更新日 / 作成日 2015年4月14日 / 作成者 格安SIMの管理人

Wonderlink

Wonderlink

Wonderlinkはパナソニックが運営しているMVNOです。データSIMしか提供していませんが、月額1580円で最大700kbpsの通信速度で1日1GB使えるF-使い放題700があります。SMSのオプションや通話SIMはありません。

F-使い放題700以外にもプランがいくつかありますが、パナソニックのLTE対応のデジカメ専用の格安SIMだったり、ノートパソコン専用の格安SIMだったりと、WonderlinkはMVNOの中でも特殊な格安SIMです。

パナソニックがMVNOに本腰を入れているわけでもなく、とりあえず惰性で続けている感じになっています。キャンペーンなし、格安スマホの取り扱いもなしで、やる気がなさそうなので基本的には避けた方が良いですが、F-使い放題700が自分の使い方に合ってそうな場合に検討してみてください。

公式サイト → Wonderlink

Wonderlinkのおすすめポイント

  • 月額1580円で1日1GB使えるF-使い放題700が狙い目

Wonderlinkの注意点

  • SMSオプションがない
  • データSIMのみ販売、音声SIMはなし
  • 余ったデータの繰越無し(Iシリーズのみ繰越可)
  • シリーズ間のプラン変更は不可
  • オレオレルールがたくさん・・・
  • 特定の端末でしか使えないプランがある
  • 3G専用端末では使えないプランがある

Wonderlinkの格安SIMプランと月額料金

月額料金月に使える高速データ量/利用制限
F-使い放題7001580円1GB(超過後700kbps)/1日1GBまで
F-7G2480円7GB(超過後700kbps)/1日1GBまで
I-3Gシングル890円3GB(超過後200kbps/3日間で366MBまで)
I-5Gシングル1460円5GB(超過後200kbps/3日間で366MBまで)
I-7Gシングル1870円7GB(超過後200kbps/3日間で366MBまで)
LTE A エントリー889円3GB/3日間で500MBまで(超過後384kbps)
LTE A レギュラー1960円7GB/3日間で1GBまで(超過後384kbps)
LTE A ウィークリー1000円1GB/週(超過後384kbps)
LTE L 3G1480円3GB/3日間で1GBまで(超過後256kbps/アップ無制限)
LTE L 5G1980円5GB/3日間で1GBまで(超過後256kbps/アップ無制限)

その他にかかる費用
初期費用 3000円

データSIMのみ受け付けています。通話SIMはありません。SMSのオプションもありません。

解約は15日まで受け付けています。16日以降は次月の解約になります。
LTE Aシリーズを半年以内に解約する場合は、解約違約金が1万571円かかります。

貸与SIM紛失時の違約金:F-使い放題700とF-7Gの場合、解約時にSIMカードを返却しなかった場合はで3000円がかかります。LTE AとLTE Lシリーズもおそらくかかります。Iシリーズはかかりません。

同じシリーズ内のプラン変更のみ可能です。変更期限は10日です。
例) 11月10日にプラン変更した場合、11月21日から変更が反映されます。11月11日にプラン変更した場合、12月21日から変更が反映されます。

LTE LシリーズはmicroSIMのみ提供しています。Lシリーズ以外はnanoSIM、microSIM、標準SIMを選ぶことができます。

SIMカード再発行/サイズ変更: 3000円
(参考記事:格安SIMカードのサイズを変更する方法、マイクロSIM⇔ナノSIM)

通信制限(規制情報)

F-使い放題700 : 月1GBの高速データが使えます。それを使い切った後は最大700kbpsの通信速度に制限されます。1日1GB超のデータ通信を行った場合は大幅な速度制限(100kbps?)される場合があります。

F-7G : 7GBを使い切った場合は通信速度が最大700kbpsに制限されます。1日1GB超のデータ通信を行った場合、大幅な速度制限(100kbps?)される場合があります。

I-3G/I-5G/I-7Gシングル : 高速データ量を使い切った場合は通信速度は最大200kbpsに制限されます。最大200kbpsに制限された状態で3日で366MB超のデータ通信を行った場合、さらに通信速度が制限(20kbps)される場合があります。

LTE Aシリーズ:エントリーコースは月3GBまで高速データが使えますが、3日間で500MB以上使うと速度制限になります。レギュラーコースは月7GBまで高速データが使えますが、3日間で1GB以上使うと速度制限になります。ウィークリーコースには3日間の利用制限はありません。3日間の利用制限に引っかかったり、データを使い切った場合は、通信速度は最大384kbpsに制限されます。

LTE Lシリーズ:3GBプランは月3GBまで高速データが使えますが、3日間で1GB以上使うと速度制限になります。5GBプランは月5GBまで高速データが使えますが、3日間で1GB以上使うと速度制限になります。速度制限、もしくはデータを使い切ると、ダウンロード速度は最大256kbpsになります。アップロードには速度制限がありません。

LTE LシリーズはLUMIX CMのみ使用できるとの記載があります。Lシリーズには「特に大量のトラフィックを流し、ほかのご利用者様に悪影響を与える通信を対象に、ネットワーク全体の状況を鑑みてトラフィックや通信速度制限を実施する場合があります」と記載があります。

Wonderlinkはドコモ系の格安SIMです。

Wonderlinkの評価と他の格安SIMとの比較

音声SIMはやSMS機能付きのデータSIMはありませんが、データSIMで月額料金1580円で700kbpsの通信速度が1日1GBまで使えるF-使い放題700は割とお得なプランになっています。

データSIMのみ、音声通話SIMやSMSオプションはありません

Wonderlinkは、SMSなしのデータSIMしか提供していません。SMSありのデータSIMや、音声通話SIMは取り扱っていません。

簡単に説明してしまうと、データSIMはインターネットができる格安SIMです。音声通話SIM(通話SIM)はインターネットに加えて、スマホで電話できる格安SIMです。詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

通話SIMとデータSIMの違いと緊急通報110/119

データSIMのSMSオプションがないデータSIMだとスマホの電池が消耗する可能性があります。例えば、スマホを放置して1時間くらいすると0.5%から1%くらい電池が減ります。SMSオプションのないデータSIMを入れると、これが3,4%くらい減ってしまう場合があります。

データSIMのSMSあり/なしの違いは下記にまとめています。(通話SIMにはSMSオプションがデフォルトで付いてきます)

データSIMのSMS機能は付けるべき? 違いとセルスタンバイによる電池消費問題

寝る前に電池が100%にしておいて、目が覚めたら60%になっていた。そんな可能性が出てくるのがSMSオプションのないデータSIMです。SMSオプションがついたデータSIMならこういった問題は発生しません。

ただし、最近の格安スマホではセルスタンバイによる電池消費をできるだけ抑えられるようになっているので、そんなには深刻ではありません。ただ今は問題なくても、何がきっかけでセルスタンバイで電池の課題消費を起こすかわかりません。

月額1580円で1日1GB使えるF-使い放題700が狙い目

Wonderlinkの格安SIMの中でF-使い放題700は割とお得なプランになっています。

F-使い放題700の詳細
月額1580円で月1GBの高速データ通信ができます。高速データ通信を使い切った後は最大700kbpsの通信速度に制限されます。1日1GB超のデータ量を使った場合、更に厳しい速度制限になります。

高速データ通信の切り替えができないので、月1GBの高速データ通信はおまけです。実質的には最大700kbpsで1日1GB使えるプランです。

これと似たプランがUQ mobileの無制限プランです。UQ mobileの無制限プランは月額1980円で最大500kbpsの通信速度で3日間で6GBまで使うことができます。

F-使い放題700は最大速度が700kbpsなのに対して、UQ mobileの無制限プランは最大速度が500kbpsです。月額料金もF-使い放題700の方が少し安いです。

ただし、通信速度で注意点があります。このサイトではUQ mobileの無制限プランを実際に契約して使っていますが、ほとんどすべての時間帯で500kbpsです。500kbpsを切ることはほぼないです。

F-使い放題700の場合は、時期や時間帯によって700kbpsを下回ることがそこそこあります。ただ多少下がったとしても、Youtubueの普通画質(360p)を再生途中でほとんど止まらずに見ることができます。ニコニコ動画やHuluはYoutubeよりも高画質なので、時期や時間帯によっては快適に視聴するのは少し難しくなります。

安定して使いたい場合は、最大速度は遅くなりますが、常に500kbpsで固定されているUQ mobileの無制限プランがおすすめです。

参考:Youtubeの視聴に必要な通信速度とデータ量

F-7Gは中途半端

F-7Gは月7GBの高速データが使えますが、それを使い切ると最大700kbpsに通信速度が制限されます。高速データ通信の切り替えはできません。1日1GB超のデータ通信を行うと、高速データ通信が残っていようが厳しい速度制限になります。

F-7Gは中途半端なコースなので無視です。

最大1Mbpsを無制限に使える、楽天モバイルのスーパーホーダイ

WonderlinkのF-使い放題700は最大700kbpsで1日1GB使えて、そこそこ使いどころがあったのですが、最大1Mbpsが無制限で使える楽天モバイルのスーパーホーダイが登場してしまいました。

楽天モバイルのスーパーホーダイ
楽天モバイルのスーパーホーダイは最大1Mbpsで使い放題、それと5分かけ放題がついた通話SIMのプランです。月額料金が1980円(2年目2980円)。2年契約なら楽天ポイントが1万ポイント、3年契約なら2万ポイントもらうことができます。楽天のダイヤモンド会員なら1年目は月500円引きになります。

楽天モバイルが2017年9月から新しいプラン、スーパーホーダイを始めました。このスーパーホーダイ、低速モードで最大1Mbpsの通信速度が出る代物です。そして、実際の速度も1Mbps近いものになっています。

そして月額料金は最初の1年は1980円、2年目以降は2980円です。1年使って解約して、また新しく契約すれば月1980円からスタートです。

Youtubeは1Mbps出れば480pの高画質で動画を止まらずに見ることができます。NetflixやHulu、AmebaTVなら普通画質で止まらずに見ることができます。Amazonプライムビデオは最初の1,2分くらいはバッファを貯めるのに低画質(かなり荒い)になりますが、バッファが十分に貯まると普通画質で再生し始めてくれます。

楽天モバイルのスーパーホーダイの詳細評価

※ 昼12:00~13:00と18:00~19:00の時間帯は通信速度は最大300kbpsに制限されます。

スーパーホーダイは月2GBの高速データ通信も使えます。低速最大1Mbpsと高速データ通信を切り替えることもできます。

WonderlinkのF-使い放題700は使い所のある格安SIMでしたが、楽天モバイルのスーパーホーダイの登場で、F-使い放題700を検討している場合は、とりあえずスーパーホーダイを選んでおいたほうがいい、そんな存在になってしまいました。

I-シリーズはIIJmio系の格安SIMを選んだ方が良い

WonderlinkのIシリーズ(I-3G/I-5G/I-7Gシングル)は月額料金は普通レベルです。余ったデータの繰越にも対応しています。高速データと低速の切り替えは、結構手間ですがWebサイト経由なら可能です。

ただ、このI-シリーズはIIJmioの設備を使っています。IIJmioの設備を使っている格安SIMはいくつかありますが、その全てが同じような通信速度になります。

他のIIJmio系の格安SIMのほうが、月額料金が少し安くて、切り替えアプリがあったり、選べるデータ量がたくさんあったりします。キャンペーンで安く使える場合もあります。

そのため、わざわざWonderlinkのIシリーズを選ぶメリットはありません。

WonderlinkのIシリーズを検討する場合は、下記のIIJmio系の格安SIMを選ぶことを強くオススメします。

IIJmioの詳細評価
エキサイトモバイルの詳細評価
DMMモバイルの詳細評価
イオンモバイルの詳細評価 (タイプ1がIIJmio系)

LTE Aシリーズはノートパソコン用の格安SIM

LTE Aシリーズは、パナソニックのLTE対応モデルのパソコン用の格安SIM(データSIM)です。

ノートパソコンの中には、格安SIMを入れて使えるノートパソコンがあります。LTE Aシリーズはそんなノートパソコンのために用意された格安SIMのプランです。

LTE Aシリーズが他の格安SIMと違う点は、高速データ量を使い切った後でも、低速で最大384kbps出ることです。通常の格安SIMだと最大200kbpsです。

ノートパソコン用の格安SIMなので、低速モードの通信速度を速くしているのかもしれません。ただ、384kbpsでもノートパソコンだとかなり厳しいです。使えなくはないですが、ノートパソコンだと少なくとも1Mbpsくらい欲しいそんな感じです。

ちなみに、LTE Aシリーズはノートパソコン用に格安SIMということで販売していますが、普通に格安スマホに入れても使えると思います。データSIMなのでスマホで電話はできませんが・・。

月889円で低速384kbpsをたくさん使いたい場合は、そこそこアリだと思います。ただし、LTE Aシリーズを半年以内に解約する場合は、解約違約金が1万571円かかるので注意してください。

LTE Aシリーズは、おそらく普通の格安スマホでも使えると思いますが、詳細は不明です。

LTE Lシリーズはデジカメ用の格安SIM

LTE Lシリーズは、LUMIX CMシリーズ専用の格安SIM(データSIM)です。

パナソニック:デジタルカメラ DMC-CM1 (通話機能あり)
パナソニック:デジタルカメラ DMC-CM10 (通話機能なし)

デジカメに格安SIMを入れることができるので、撮った写真を簡単にオンラインに保存したり、SNSに投稿したりできます。通常の格安スマホと異なり、デジカメの性能が主体で、スマホの機能はおまけレベルです。

アップロードは無制限に使うことができます。

ただし、「特に大量のトラフィックを流し、ほかのご利用者様に悪影響を与える通信を対象に、ネットワーク全体の状況を鑑みてトラフィックや通信速度制限を実施する場合があります」との記載があるので、大量のデータをアップロードすると速度制限になる可能性があります。

Wonderlinkの他のシリーズには特に利用できる機器の指定はないのですが、LTE LシリーズにはLUMIX CMのみ使用できるとの記載があります。加えて、選べる格安SIMのサイズはマイクロSIMだけになります。

LTE Lシリーズは、APN情報が非公開になっているので、普通の格安スマホでは使うことができません。

WonderlinkのAPNの設定

LTE Fシリーズ
APN:lte.fenics.jp
ユーザ名:wl@s.lte.fenics.jp
パスワード:p123456w
認証方式:PAP

LTE Iシリーズ
APN:vmobile.jp
ユーザ名:wl@wlte.net
パスワード:p123456w
認証方法:CHAP

LTE Aシリーズ
APN:pmvno.jp
ユーザー名:rz4@pmvno.jp
パスワード:panasonic
認証方法:CHAP

LTE Lシリーズ
APN情報は非公開

Panasonic: LTEの設定の仕方
Panasonic: Wonderlink Iシリーズ iOS APN構成プロファイル

3G端末が使えないプランがある

WonderlinkのIシリーズ(I-3G/I-5G/I-7Gシングル)は3G端末を使うことができますが、Fシリーズ(F-使い放題700/F-7G)は3G端末が使えません。

LTE AシリーズやLTE Lシリーズもおそらく3G端末は使えなくなっているので注意してください。F、A、LシリーズはLTEに対応している端末が必要です。

つながらない問い合わせ電話

かなり前の話(2015年3月)ですが、Wonderlinkに関して聞きたいことがあったので電話(0120-872-390)をしました。そしたら、つながらないつながらない。

4,5回かけてもプープープと鳴るだけです。少ししてから電話をかけると自動音声につながってしばらくお待ちくださいというメッセージが繰り返し繰り返し繰り返し流れます。(夕方)

20分経過してもメッセージが流れるだけでした。ここでトイレに行きたくなったので一旦通話を切ります。トイレから戻ってきて、再び電話をしてスピーカーホンにして放置。それから10分後、ようやくお客様サポートの人が出てきました。

お客様サポートの人の対応自体はよかったんですが、とにかくつながりにくかったです。ただ、その時は月2GB700円の激安コースのキャンペーンに関する問い合わせが多くて、電話がつながりにくくなっていたそうです。

今はキャンペーンをほとんどしていないので、おそらく問い合わせ電話は普通につながると思われます。

Wonderlinkのまとめ

長々と色々説明しましたが、Wonderlinkで一般的に選択肢になるのが、F-使い放題700とLTE Aシリーズです。

データSIMしか選べないので使い勝手は微妙ですが、最大700kbpsの通信速度で1日1GB使いたい場合、もしくは低速384kbpsでデータをたくさん使いたい場合にオススメです。

ただ、最大1Mbpsを無制限で使える楽天モバイルのスーパーホーダイの登場で、Wonderlinkの存在意味がほとんどなくなってしまいました。。

Wonderlinkの詳細と申し込みはこちら → Wonderlink

Wonderlinkで買えるお勧めの格安スマホ

※ 格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

Wonderlinkでは格安スマホの販売は現在行なっていないので、新しくスマホが必要な場合はAmazonやネットショプ、大手家電量販店などで買う必要があります。

新しいスマホが必要な場合は、格安スマホが安く買える、楽天モバイルのキャンペーンNifMoのキャンペーンUQ mobileのおしゃべり/ぴったりプランを選ぶのをお勧めします。

どのスマホやタブレット、WiFiルータがオススメかは下記を参考にしてみてください。

Wonderlinkの評判

Wonderlinkの評判は使っている人がそんなにいないので、評判もあまりありません。

Wonderlinkはパナソニックが運営しているMVNOですが、パナソニックも別に力を入れているというわけでもなく、事業用で使った余りで運営している感じです。

以前は格安スマホも少しだけ販売していましたが、今では端末は販売せず、データSIMのみ販売しています。キャンペーンも特に行なっていませんが、とりあえず止める理由もないので続けている感じのMVNOです。

Wonderlinkの口コミと質問は下記から

このサイトでは新しくユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトを始めました。Wonderlinkも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問や口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMのSNS:Wonderlinkの口コミ

その他のおすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • 格安SIMの中で圧倒的に一番速い通信速度を維持しているのがUQ mobileです。通信速度を重視する場合、UQ mobileが唯一の選択肢です。500kbpsの無制限プランもあります。
  • 楽天モバイルのスーパーホーダイ
    • 格安スマホのスーパーホーダイは、最大1Mbpsの低速モードが使い放題です。2年契約なら楽天ポイントが1万ポイント、3年契約なら2万ポイントもらうことができます。動画をたくさん見たい場合に、オススメの格安SIMです。
  • マイネオ
    • mineoはドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMの両方を提供しています。家族割(月額50円引き)や複数回線割(月額50円引き)、その他、複数人で使う場合に便利なオプションが揃っています。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約する場合でも違約金がかからないので、ちょっと格安SIMを試してみたい人にもオススメです。
  • エキサイトモバイル
    • 通信速度は比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制になっているので、簡単に一番安くすることができます。SIM3枚コースも安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使うことができる格安SIMになっています。
↑このページの先頭に戻る