ZenFone 3 Laserの格安SIMとWiFiの設定、アプリのダウンロードの仕方

最終更新日 / 作成日 2017年3月19日 / 作成者 格安SIMの管理人

注文していたZenFone 3が届いたので格安SIMで使うのに必要な設定を行います。今回はmineoのドコモプランの格安SIMを使いますが、他の格安SIMでも基本的には同じ設定方法になります。

ZenFone 3 Laserの評価については下記を参考にしてみてください。

ZenFone 3 Laserの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

ZenFone 3 Laserの初期設定の仕方

届いたZenFone 3 Laserの中身

ZenFone 3 Laser本体とUSB充電器、USBケーブル、SIM取り出しピン、イヤフォン、イヤピース、ユーザマニュアルなどが入っています。

何はともあれ、早速セットアップします。ZenFone 3 Laserの電源を入れます。電源は右側の真ん中のボタンを長押しです。

次へをタップします。

モバイルネットワークとWi-Fiを選択して次へ進みます。

Wi-Fiの選択はとりあえず無視して次へ進みます。(ここで設定しても良いです。あとでも設定できます)

診断データのチェックを外して、次へ進みます。

約款は同意するをタップします。

気にせず次へをタップします。時間は少しすると自動的に調整されます。

名前の入力は無視して次へ進みます。

Googleサービスのチェックを外して、次へ進みます。

指紋認証を使うので、指紋を設定するにチェックを入れて、次へ進みます。

次へ進みます。

画面ロックの選択は、とりあえずPINにします。PIN以外でも良いです。

起動の保護はどちらでも良いのですが、とりあえず「デバイスを起動するにはPINが必須とする」にチェックを入れて次へ進みます。

覚えやすくて他人から推測しにくい番号を入力します。この番号を忘れるとひどい目にあうので、忘れないような番号にしましょう。ただし、誕生日や1111とか1234とかの暗証番号はやめましょう。

通知の表示の仕方はどれでも良いです。とりあえず「すべての通知内容を表示する」にチェックを入れて次へ進みます。

指紋認証のために指紋を登録します。次へをタップします。

スマホをひっくり返して、この長細い銀枠の部分が指紋センサーです。このセンサーに指紋を登録します。複数登録できるので、両手の人差し指を登録するのが便利です。とりあえず普段スマホを持つ手の人差し指から登録します。

先ほどの指紋センサーに人差し指を置いて離して、少し位置をずらしながら満遍なく指紋全体を登録します。

登録完了です。もう片方の人差し指も登録しておくのがオススメです。今回は説明するのが面倒なので、次へ進みます。(各自で登録しましょう!)

次へ進みます。

製品登録なんて面倒なので次へ進みます。

ASUSメンバーには興味がないので、次へ進みます。

アカウント&同期の自動同期はとりあえずよく分からなければ、チェックのままで次へ進みましょう。

Google Driveプロモーションはたいして役に立たないので、無視して次へ進みます。(後からでも入手できます)

完了をタップします。これで最初のセットアップは完了です。

格安SIMを入れて設定してインターネットができるようにする

次に、ZenFone 3 Laserに格安SIMカードを挿入して、APNの設定をしてネットができるようにします。今回は格安SIMのマイネオのドコモプラン(ナノSIM)を使いますが、基本的にドコモ系でもau系でも使えます。

au系の格安SIMならVoLTE用SIM、ドコモ系の格安SIMならマイクロSIMがオススメです。(ナノSIMを使うとマイクロSDカードを入れる場所がなくなります)

SIM取り出しピンをZenFone 3 Laserの側面の小さい穴に突っ込んでSIMスロットを取り出します。

SIMカードをSIMスロットの上に乗せて、元に戻します。

電源を入れたままにしていると、上記の表示が出てくるので、SIM2にチェックを入れてOKをタップします。これでAPNの設定の準備は完了です。

続けてAPNの設定を行います。

ZenFone 3 Laserから
設定 → もっと見る → モバイルネットワーク → SIM2 → アクセスポイントをタップする

mineo(ドコモプラン)がリストの中にあるので、それにチェックを入れます。以上でAPNの設定は完了です。主要な格安SIMの場合は、リストの中に使っている格安SIMのAPNがあるのでそれを選ぶだけで設定が完了します。

もし、使っている格安SIMがAPNのリストにない場合は追加することもできます。

アクセスポイントをタップしたら、右上のプラスのマークをタップすると、アクセスポイントの編集に移ります。このアクセスポイントに、格安SIMカードと同封されていた用紙に記載されているAPNを設定していきます。

必要項目は名前(適当でOK)、APN、ユーザ名、パスワード、認証タイプです。ユーザ名とパスワードは必要ないMVNOもありま。入力し終わったら、右上の三点マークをタップして保存します。アクセスポイントのリストの中に、新しく作った名前が出てくるので、それにチェクを入れればAPNの設定は完了です。

数秒〜20秒くらいでネットが繋がるようになります。繋がらない場合は、APNの設定を見直してみてください。

WiFiを設定する

APNの設定をすれば、とりあえずインターネットができるようになりますが、自宅にWiFiがある場合はWiFiの設定をして、あとはアプリをダウンロードできるようにします。

自宅にWiFiがある場合は、WiFiの設定をすれば自宅でネットをする時にデータを消費することなくスマホを使うことができます。(WiFiの設定は自宅にいる時に行います)

ZenFone 3 Laserから → 設定

Wi-Fiをタップします。

OFFをタップしてONにします。

Wi-Fiのリストの中に、自分のWi-Fiのネットワーク名(SSID)が表示されます。ネットワーク名(SSID)が分からない場合は、無線LANの親機(WiFiルータ)を探してください。その親機にSSIDとパスワード(暗号化キー)が記載されている場合がほとんどです。

今回はWARPSTARがネットワーク名になるので、それをタップします(ネットワーク名は各人で異なります)。

パスワードを入力します。これも無線LANの親機に記載されているのがほとんどです。暗号化キーという名前になっている場合もあります。パスワードを入力して、接続します。

数秒すると接続済みという表示が出てきます。

今まで4Gと表示されていたのが、

WiFiに接続するとWiFiのマークに変わります。これでWiFiの設定は完了です。あとは自動的に家にいるときはWiFiで接続してスマホのデータの消費を抑えてくれます。

Googleアカウントを設定してアプリをダウンロード

スマホにGoogleアカウントを設定するとアプリをダウンロードできるようになります。ということで、さっさと設定します。

ZenFone 3 Laserから
設定 → アカウント → アカウントを追加 → Googleをタップする

Gmailアドレスを持っている場合は、そのアドレスを入力します。持っていない場合は「または新しいアカウントを作成」をタップしてアカウントを作成してください。今回はGmailを持っていることを前提に進みます。

Gmailのパスワードを入力して次へ進みます。

2段階認証を行います。この画面は出てこない場合は気にしなくてもいいです。ある程度スマホに慣れたら、セキュリティの安全性が増すので、Googleアカウントの2段階認証の設定をすることをお勧めします。

Gmailでログインが完了すると、利用規約などの同意を求められます。同意するをタップします。

Googleサービスは、今までAndroidスマホを使ったことがあれば、チェックを入れて次へをタップします。これでアプリのダルンロードの準備は完了です。

ホーム画面に表示されているPlayストアをタップして、好きなアプリをダウンロードしてみてください。

ZenFone 3 Laserのホーム画面にあるGoogleというアイコン群の中にGmailというアイコンがあるので、それをタップしてみてください。そこからメールを送受信することができます。

とりあえず、必要な設定は以上です!あとは適当にポチポチさわりながら使い慣れていってみてください。

ZenFone 3 Laserの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

その他の格安スマホ関連の情報

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホの比較と評価のカテゴリ一覧
↑このページの先頭に戻る