格安SIMの0SIM死亡、2020年8月31日にサービス終了で使えなくなる、乗り換え先のおすすめは・・

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (54)

0SIM死んだ! 格安SIMの管理人です。

無料で月500MBまで使える格安SIMとして一部で人気だった、0SIMが2020年8月31日にサービスを終了します。

普通は新規契約を停止するくらいですが、0SIMの場合はサービス終了です。終わりです。全員使えなくなります

ここでは0SIMのサービス終了の経緯と、乗り換え先を格安SIMの管理人がピックアップします。

0SIMのサービス提供終了

最遅の格安SIM、0SIMの評価と他の格安SIMとの比較と評判、主にカーナビ用途

0SIMサービス提供終了の具体的な内容

0SIMの新規申込受付終了日:2020年2月17日(月)16時30分

つまり、すでに0SIMの新規受付は終了しています。

サービス変更受付開始日:2020年6月予定

サービス変更に伴うキャンペーンとして「nuroモバイル 月額基本料金1ヶ月無料」を実施するとのことです。超しょぼいキャンペーンです。無視です。無視。

サービス提供終了日:2020年8月31日(月)23時59分

サービス提供終了日をもって0SIMは自動解約になり使えなくなります。音声プランで最低利用期間内の解約の場合、通常は解約違約金5000円が発生しますが、この自動解約では発生しません。

0SIMの公式サイト:「0 SIM」サービス提供終了のお知らせ

0SIMからの乗り換え先は、OCNモバイルONE、IIJmioのケータイプラン、LinksMateが良い理由

0SIMからの乗り換え先は、OCNモバイルONE、IIJmioのケータイプラン、LinksMateがおすすめです。

OCNモバイルONEなら月1GBの音声プラン(月1180円)が安く、格安スマホが超安く買える

音声通話プランなら第一候補はOCNモバイルONEです。

理由は月1GBの音声プランが業界最安値クラスの月1180円で使えて、格安スマホが超安く買えるキャンペーンを1ヶ月に2週間くらい行っているからです。

2月のキャンペーンは終わったので、3月にも格安スマホの激安キャンペーンをすると思われます。

OCNモバイルONEのキャンペーンを徹底解説、iPhoneと格安スマホが割引価格で買える、2020年7月15日までセール中

OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。

今なら2020年7月15日までOPPO Reno Aが1万800円、OPPO Reno3 Aが実質2万1600円、OPPO A5 2020が1円、moto g8 plusが実質1万2800円、AQUOS sense3が8100円等で買えるセールを行っています。

iPhone8の256GBが2万4100円など、中古美品のiPhoneもかなり安く買えます。

他社からの乗り換えなら、moto g8 plusは更に5000円引きです。
キャンペーンの詳細を見る

OCNモバイルONEのキャンペーンサイト

OCNモバイルONEの料金プランと評価を徹底解説

IIJmioならデータ通信ができないけど、最安維持のケータイプラン(月920円)がある

音声プランを最安値で維持したい、そんな場合に登場するのがIIJmioのケータイプランです。

ケータイプランはデータ通信ができませんが、月920円で音声プランが使えます。

IIJmioのキャンペーンを徹底解説、初期費用1円+au回線なら合計2100円引き+乗り換えで4000円キャッシュバック

IIJmioでは初期費用3000円が1円、他社からMNPで乗り換えなら4000円キャッシュバック、そしてau回線なら合計2100円引きで使えるキャンペーンをしています。

さらに通話SIMなら10分かけ放題が4ヶ月無料で使えます。2020年8月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioのキャンペーンサイト

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

データSIMならLinksMateが1GB380円で使える

データSIMでそれなりの利便性を確保しつつ、最安値を目指すならLinksMateです。

LinksMateなら1GB380円です。通信速度も格安SIMの中でも結構速いです。

リンクスメイトの料金プランと評価を実際に使って徹底解説、ゲーマーのための格安SIMだけど低容量プランも安い

0SIMがダメだった理由、誰もお金を出さない&クソ遅い速度のデススパイラル

0SIMは月500MBなら無料で使える格安SIMです。

データSIMなら月0円、通話SIMだと月700円で毎月500MBまで使えます。

2015年12月に雑誌の付録として0SIMの格安SIMが付いてきて、2016年1月下旬ごろに正式にサービスが開始しました。

サービス開始当初はそこそこ通信速度が出て、月500MB未満なら月額0円で使えることから、スマホの超ライトユーザを中心に人気を集めてみました

2016年6月ごろまでは、遅いながらも、なんとか使えるという程度には通信速度が出ていたのですが、そこから速度が急低下しました。8月にはクズのような速度になり、申し込みできる日付を「0のつく日」に制限して、10日、20日、30日だけに制限しました。(いつの間に申し込み日の制限はなくなりました)

そして2016年8月下旬には、限度を軽く超える超クズのような通信速度になりました。

時折速度が速くなったりもしますが、基本的には劇遅速度が0SIMの定番です。普通の使い方では、基本的にまともに使えませんが、速度がほとんど必要ないカーナビ用として0SIMが使われている感じです。

なんで0SIMの速度はミラクソ遅いのか

0SIMユーザのほとんどの人がお金を出さないからです。

ほとんどの人が月500MBの無料分を使って終わりです。それ以上使ってくれないので、回線を増強して速度を速くすることができません。

回線を増強できないので速度がミラクソ遅くなって、月500MB以上使ってくれるごく一部の人も、その遅さから0SIMを使わなくなります。

以上、デススパイラルの完成です。

0SIMを提供していたいソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の皆様、今までご苦労様でした!

ちなみに、U-mobileは新規受付を終了しました。(U-mobileはサービスを継続しますが、こっちも数年以内には・・・

さらば格安SIMのU-mobile、2年間以上やる気ナッシングでようやく新規受付終了。ヤマダニューモバイルは紹介制度を終了

0SIMは格安SIM最強のFUJI WiFiを使う場合で、それなりに選択肢なる格安SIMだったので少し残念です。。(0SIMは危なすぎるので、危ないけど最安値で使えるという感じで紹介しようと思ってました・・

最終更新日 2020年2月18日 / 作成日 2020年2月17日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
4.8 6
この記事は参考になった/良かった
購読する
通知する
guest
54 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
マザー
マザー
2020年5月4日 6:58 午後
この記事は参考になった/良かった :
     

0simが気になって検索していて、貴殿のサイトを発見しました。
使わない以前にsimを紛失してしまい、返却をどうしようかと思っておりましたが、終了ということで無事解決です。
私はある雑誌の付録として提供されていたSIMを無料で契約しまいた。
特に損した感じはまるっきりありませんが、提供者の皆さま、本当にお疲れさまでした。

yamei
yamei
2020年4月23日 9:56 午前

メインで使っていた者です。Wi-Fiの有る環境に居ることが多いのと、出先ではweb検索位しかしないのと、オフラインアプリを駆使していたので快適に使って居ました。サービス終了はショックです…再発行手数料が必要無いなら0.2Gプランに乗り換えようかな〜と模索中です。0.2G使い切ったら「超低速モードに切り替わる」との情報を得たので…ただ、どこまで超低速なのか分からないですね。IP電話が利用出来ない遅さなら詰んでしまいます。

yamei
yamei
  格安SIMの管理人
2020年4月25日 4:41 午後

ご返答有難うございます!ギリIP電話が使えるならアリですね!

通話専用
通話専用
2020年4月17日 4:33 午後

デュアルsim機に通話専用SIMとして挿していたためサービス終了は残念です。
が、僕みたいな人が今後増えることが予想されるので引き際なんでしょうね。

Shin
Shin
2020年3月12日 11:35 午前
この記事は参考になった/良かった :
     

今更ながら通信速度、並みになっていませんか?
nuroモバイルに乗り換えてもらいたい為の策略かぁ~?
誰が乗り換えてたまるか!

ととかい
ととかい
2020年2月27日 3:28 午後

2/15に申し込んだばかりなのに。

「格安SIMの0SIM死亡、2020年8月31日にサービス終了で使えなくなる、乗り換え先のおすすめは・・」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます