スマホの20GBプラン比較、LIBMOが最安で余ったデータの繰越可で最安の30GBプランもある

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:LIBMO更新順(5)

スマホの20GBプランは2020年までは月7000円くらいしましたが、2021年になって一気に価格破壊が進んで、20GBプランが月2000円台で使えるようになりました。

スマホの20GBプラン比較

20GBプランで有名なのはドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMOです。MVNOではドコモ対抗プランの日本通信SIM、IIJmio、イオンモバイル、mineoなどもあります。

楽天モバイルの段階制プラン(1/3/20GB/無制限)や、15GBと25GBプランがあるワイモバイルやUQモバイルなどもコスパの良いです。

20GB前後のプランで比較するなら、これくらいかな・・?と思っていたのですが、よくよく考えるとLIBMOの20GB/30GBプランが結構良いです。

ここではスマホの20GBプランを徹底比較します。

LIBMOのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

20GBでおすすめ → LIBMOの公式サイト

20GB前後の料金プランを徹底比較

月額料金8GB10GB15GB20GB25GB30GB繰越
LIBMO—-—-—-1991円—-2728円
IIJmio1078円—-1848円2068円—-—-
OCN—-1760円—-—-—-—-
イオン1848円2068円—-2398円—-4378円
mineo—-1958円—-2178円—-—-
日本通信SIM—-—-—-2178円—-—-×
ahamo—-—-—-2970円—-—-×
povo—-—-—-2728円—-—-×
LINEMO—-—-—-2728円—-—-×
ワイモバイル—-—-3278円—-4158円—-×
UQモバイル—-—-2728円—-3828円—-
楽天モバイル2178円3278円×

※ 繰越:余ったデータを翌月に繰り越せる機能

日本通信SIMは月70分の無料通話付き、ahamoは5分かけ放題付き、ワイモバイルは2回線目以降は月1188円引き、楽天モバイルはパートナー回線エリアだと月5GBを超えると1Mbpsに制限されます。

FUJI WiFiはデータ専用SIMのみに加えて、回線元のソフトバンクとトラブっているため紹介を省略します(トラブル以降、契約する人が相当少なくなっていて・・)

LIBMOが結構良い理由:最安、余ったデータの繰越可、30GBプランもある、プラン変更可能、初期費用無料

20GB前後の格安SIMで実は結構良いのがLIBMOです。月8GBを超える場合はLIBMOが有力候補です。

月20GB最安値はLIBMO

20GBプランの最安値はLIBMOの月1991円です。

8GB以下のプランだとIIJmioやOCNモバイルONEが安くなりますが、8GBを超えると安い格安SIMでもIIJmioが15GBで1848円、OCNが10GBで月1760円です。

LIBMOなら20GBで月1991円なので、8GBを超える場合はLIBMOの20GBを検討してみることをおすすめします。

LIBMOなら余ったデータ量を繰り越せる

LIBMOなら余ったデータ量を翌月に繰り越せます。

普段少し余らせておけば、例えば20GBプランなら最大で月初は40GBからスタートします。たまに使いすぎても、繰越可能な格安SIMならギガ難民にならずにスマホが使えます。

※ 繰り越せるデータ量の最大値は契約データ量まで。20GBプランを契約している場合は、翌月に繰り越せるのは20GBまでです。

LIBMOなら30GBプランがある。自宅のWiFiとしても使える

20GBを超えるプランがある格安SIMはかなり少ないです。

LIBMOなら30GBプランがあり、なおかつ月2728円で最安です。イオンモバイルの30GBプランは月4378円、LinksMateにも30GBプランがありますが月3905円です。

30GBもあるので自宅のWiFiとして使うのもありです。

※ 30GBでは足りない家もありますが、20GB〜30GBで大丈夫な家も割とあります

ネットで簡単にプラン変更ができる

LIBMOなら1GB/5GB/20GB/30GBを選ぶことができて、必要に応じてデータ量を簡単に変更できます。

※ 変更は翌月反映

LIBMOなら事務手数料が無料

格安SIMは基本的に契約する時に事務手数料3300円がかかりますが、LIBMOなら事務手数料が無料です。

事務手数料無料の格安SIM
LIBMO、IIJmio(1円+433円または446円)、ahamo、povo、LINEMO、ワイモバイル、楽天モバイル

事務手数料3300円+αかかる格安SIM
OCNモバイルONE(3743円、エントリーパッケージ利用で800円程度)、mineo(3740円、エントリーパッケージ利用で800円程度)、日本通信SIM3300円、UQモバイル3300円、その他の格安SIMの大半は3743円前後

LIBMOの詳細はこちら → LIBMOの公式サイト

注意点① LIBMOは速度が速いけど、平日の昼12時台は遅くなる

LIBMOを選ぶ上で一番の注意点は、LIBMOは速度は速いですが、平日の昼12時台は速度がかなり遅くなることです。

LIBMOの平日の平均速度(2021年3月)

平日昼12時台は速度が0.4Mbps程度にまで低下してしまいます。ニュース記事くらいは読めますが(画像の読み込みは遅れる)、平日昼12時に快適に使いたいとかになると無理です。

平日昼12時はどうでも良い場合は、LIBMOはかなりおすすめです。平日昼12時以外は快適に使えます。

LIBMOの土日祝の平均速度(2021年3月)

土日祝日の昼12時台も速度が少し低下しますが、3Mbpsくらい出ているので普通に使えます。

格安SIMの管理人はLIBMOの速度を計測して、下記のサイトで公開しています。

LIBMOの速度(リアルタイム)

LIBMOユーザの9割以上は速度に不満を感じていない

LIBMOの通信速度の満足度
2020年9月のLIBMOによる調査結果

9割以上のLIBMOユーザが通信速度に不満を感じずに利用できています。

注意点② 音声プランだと1年以内に解約すると違約金あり

LIBMOの音声プラン(データ通信+音声通話+SMS)だと、1年以内に解約や他社に乗り換えると契約解除料10,450円がかかります。

LIBMOのデータプラン(データ通信のみ)なら、いつ解約しても違約金がかからないので、使い勝手が不安な場合は、試しにデータ通信のみを契約してみるのもアリです。

試す場合はデータ通信のみの5GB(月1265円)がおすすめです。初月の月額料金は日割りですが、初月で解約する場合は満額になります。もらえるデータ量は初月でもまるまるもらえます。

※ 平日昼12時に快適に使いたいとかでなければ、試さずにLIBMOの音声プランを申し込んでも、ほとんどの人は大丈夫です

注意点③ データを使い切ると128kbpsに制限

LIBMOはデータを使い切ると速度が128kbpsの超低速に制限されます。128kbpsには基本的人権はありません。

ただし、LIBMOなら余ったデータ量を翌月に繰り越せるので、20GBや30GBのプランでデータを使い切る人はほとんどいないです。

大体の人は少し余らせているうちに、20GBプランなら月初は40GBから始まるようになり、30GBプランは月初は60GBから始まるようになります。

LIBMOの20GB/30GBプランはこんな人におすすめ!

LIBMOの20GB/30GBプランは、平日昼12時にスマホをあまり使わない人におすすめです。

ahamo、povo、LINEMOは平日昼でも快適にスマホが使えますが、平日昼にそんなスマホを使わないのであれば、料金が他社よりも高く、余ったデータを繰り越せないデメリットのほうが大きくなります。

※ 家族でドコモを契約している場合にだけ、ahamoを選ぶメリットは大きいです

平日昼はそんなスマホを使わない場合、平日昼12時以外は快適に大容量プランが他社よりも安く使えて、余ったデータを繰り越せて、20GBと30GBプランが選べて、初期費用が無料のLIBMOはかなりおすすめです。

申し込みはこちら → LIBMOの公式サイト

20GBと30GBプラン、どっちが良い?

使っているデータ量がいまいちわからなければ、20GBプランがおすすめです。30GBよりも20GBプランを選ぶ人のほうが多いです。

LIBMOならネットでプラン変更すれば、翌月から30GBプランにできます。

20GBと30GBの料金差は737円なので、念のため30GBを契約して、多すぎた場合は20GBにプラン変更するというのもありです。

※ 月8GB以下しか使っていない場合は、LIBMOは避けたほうが良いです・・・

LIBMOの料金プランの詳細

スマホ用の月額料金データ量低速繰越
1078円常時低速200kbps×
1078円1GB128kbps
1518円5GB
1991円20GB
2728円30GB

※ スマホ用の月額料金:「データ通信+音声通話+SMS」

初月にもらえるデータ量はまるまる、初月の月額料金も日割りです。

  • 通話料金(国内通話)
  • 普通に電話をかけると通話料金が30秒22円
  • 楽天でんわを使うと30秒11円
  • 10分かけ放題:月935円、1回10分を超えると30秒11円

その他にかかる費用や違約金

  • 登録事務手数料:3300円 ← キャンペーンで無料!
  • 違約金:1年以内に解約すると契約解除料10,450円

モバイルルータやタブレット用の月額料金

データ専用の月額料金データ量低速繰越
528円常時低速200kbps×
748円1GB128kbps
1265円5GB
1991円20GB
2728円30GB

※ データ専用の月額料金:「データ通信のみ」

「データ通信のみ」は主にモバイルルータやLTE対応タブレット(セルラー版のiPad)等で使うためのプランです。

データ通信のみのプランはいつ解約しても違約金はかかりません。事務手数料も無料です。

料金プランの詳細と申し込み → LIBMOの公式サイト

どうやって使う?

LIBMOに乗り換えて、今のスマホで使う

すでにスマホを使っている場合は、LIBMOに乗り換えて、今のスマホでLIBMOが使えます。電話番号も今の電話番号が使えます。

ドコモのAndroidスマホやiPhoneなら、そのままLIBMOで使えます。auとソフトバンクのiPhoneの場合は、SIMロックを解除すれば、LIBMOで使えるようになります。

auとソフトバンクのAndroidスマホの場合は、SIMロックを解除すればLIBMOで使えますが、電波が少し悪くなる可能性があります。郊外だと厳しいですが、一般的な場所ならおそらく大丈夫かと・・。

アップルで購入したiPhoneはそのままLIBMOで使えます。Amazonや家電量販店で購入した格安スマホなどは、よっぽど変なのを買っていなければLIBMOで使えます。

2015年以降に発売されたスマホならSIMのサイズはnanoSIMです。

新しい格安スマホ/iPhone/タブレットを買って使う

新しい格安スマホやiPhoneを買って、LIBMOで使うこともできます。

LIBMOでも格安スマホを販売していますが、微妙なラインアップです。

新しいスマホが必要な場合は下記の格安スマホをAmazonやヨドバシ、ビックカメラなどで購入することをおすすめします。SIMのサイズはnanoSIMです。

iPhoneはアップルストアで買うのが良いですが、スマホをたくさん使う場合は、電池持ちがかなり良いiPhone12、またはiPhone11がおすすめです。

自宅のWiFi用やモバイルルーターとして使う

自宅のWiFi用やモバイルルーターとして使う場合は、LIBMOでは「データ通信のみ」を契約します。

LIBMOで販売中のモバイルルーター
・MP02LN:13,200円 ← 小さい
・MR05LN:23,232円 ← 定番

MP02LNはAmazonで9,000円くらいで売っているので、小さいモバイルルータが良い場合は、Amazonで買うのがおすすめです。

定番のMR05LNを選ぶ場合は、LIBMOとAmazonでも同じような価格なので、LIBMOでSIMとセットに買うのが良いかもです。

LIBMOの20GB/30GBを申し込むのに必要なもの

本人名義のクレジットカード

本人名義のクレジットカードが必要です。

本人確認書類

契約者の本人確認書類(1点)
・運転免許証、日本国パスポート、身体障がい手帳、保険証、在留カード、特別永住者証明書

本人確認書類と申込住所が異なる場合は、「住民票」または「公共料金領収書」。いずれも発行から3カ月以内で住所の記載があるものが必要です。

LIBMOを申し込むと、即日に本人確認書類のアップロード手続きのメールが届きます。それに従って、写真をアップロードすると3日程度でSIMカードや端末が届きます。

他社から乗り換える場合は、MNP予約番号

他社からLIBMOへ乗り換える場合は、今のスマホ会社に電話をかけてMNP予約番号をもらいます。ネットでもMNP予約番号を発行できます。

※ 新規電話番号での契約の場合は、MNP予約番号は不要です。

MNP予約番号のもらい方

電話でもらうネットでもらう
ドコモケータイから151
固定電話から0120-800-000
受付時間9:00~20:00
My docomo
受付時間24時間
auケータイ・固定電話から0077-75470
受付時間9:00~20:00
my au
受付時間9:00~21:30
My au TOP → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き → お問い合わせ/お手続き → MNPご予約
ソフトバンクケータイ・固定電話から0800-100-5533
受付時間9:00~20:00
My SoftBank
受付時間9:00~21:30
My SoftBank → 各種変更手続き
その他基本的にマイページから発行可能(最大4日かかりますが、通常は1日程度で発行できます)

MNP予約番号の有効期限は発行日から15日間ですが、LIBMOへ申し込む時に、MNP予約番号の有効期限が8日以上残っている必要があります。

最終更新日 2021年4月16日 / 作成日 2021年4月16日 / 作成者 格安SIMの管理人
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「スマホの20GBプラン比較、LIBMOが最安で余ったデータの繰越可で最安の30GBプランもある」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント