AQUOS mini SH-M03の性能評価と評判、使える格安SIMのまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

AQUOS mini SH-M03は2016年7月28日に発売された格安スマホです。ドコモ系の格安SIMで使うことができます。

今から買うのは少し微妙ですが、当時としてはかなり高性能なスマホだったので今でも普通に使えます。この記事を2019年に更新していますが、この記事のほとんどは2017年時点の情報になります。記録用にこの記事を残しておきます。

ーーー 以下2017年時点の情報 ーーー

AQUOS mini SH-M03

AQUOS mini SH-M03は2016年7月28日に発売された、価格は高いけど、高性能のCPUと3GBのRAMを搭載した防水・ワンセグ・おサイフケータイに対応した格安スマホです。

価格が4万9800円と高いですが、防水・ワンセグ・おサイフケータイに対応しているSIMフリーのスマートフォンの中では最も性能が良いのがAQUOS mini SH-M03です。

AQUOS mini SH-M03のスペック(性能)

AQUOS mini SH-M03
CPUヘクサコア1.8GHzx2/1.4GHzx4 Snapdragon 808 (MSM8992)
RAM3GB
ROM16GB
ディスプレイ4.7インチ
解像度1920×1080
カメラ背面1310万画素/前面500万画素
電池容量2810mAh
サイズ126 × 66 × 8.9mm
重さ120グラム
連続待受LTE 460時間/3G 510時間
価格(税抜)4万9800円

Android 6.0、SIMフリー、防水、おサイフケータイ対応、テザリング対応、ワンセグ対応、外部マイクロSD(最大200GB)、ナノSIM、VoLTE対応

AQUOS mini SH-M03の対応周波数(バンド)

LTE: Band1/3/19
3G: Band1/5/6/19

ドコモ系の格安SIMへの対応は問題なし

ドコモの主なLTEバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。バンド28は2015年から少しずつ稼動し始めたバンドで、影響が出るのは当分先なので無視していいです。他にドコモはバンド21(1500MHz)というバンドも使っていますが、超マイナーなバンドなため無視していいです。ドコモのLTEの受信は問題ありません。

ドコモの3Gが主に使っているのはバンド1とバンド6です。バンド6に対応しているのでFOMAプラスエリアにも対応してています。ドコモの3Gの受信は問題ありません。

au系の格安SIMは実質未対応

au系の格安SIM、UQ mobileとmineoのauプラン、そしてIIJmioのタイプAが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド11、バンド18、バンド26です。AQUOS mini SH-M03はバンド1しか対応していないので、LTEでのデータ通信の電波が悪くなります。

auのVoLTEにも対応していないので、音声通話とSMSは使えません。

ソフトバンク系の格安SIM(ワイモバイル)への対応

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド3、バンド8です。AQUOS mini SH-M03はバンド8に対応していないので、LTEでのデータ通信の電波が少し悪くなる可能性があります。

W-CDMA(3G)はソフトバンク系はバンド1と8を使っていますが、AQUOS mini SH-M03はバンド1しか対応していないので、場合によっては音声通話に支障が出る可能性があります。

AQUOS mini SH-M03はドコモ系の格安SIMなら問題なく使うことができます。au系とソフトバンク系の格安SIMでは使わない方が良いです。

AQUOS mini SH-M03の評価と比較

AQUOS mini SH-M03はCPUの性能も良く、4.7インチなのでコンパクトで扱いやすく、防水、ワンセグに対応していて、おサイフケータイにも対応しています。

高性能で日本人向けの機能付(防水・ワンセグ・おサイフケータイ)の格安スマホを探している場合、AQUOS mini SH-M03が基本的に唯一の存在です。ただし、価格が高いという欠点があります。

AQUOS mini SH-M03と競合する格安スマホ

AQUOS mini SH-M03と競合する格安スマホの特徴は下記になります。

高性能 x 防水 x ワンセグ x おサイフケータイ
AQUOS mini SH-M03

高性能 x 防滴 x 電池持ち x おサイスケータイ
NuAns NEO Reloaded

高性能 x 電池持ち
novaZenFone 3Moto G5 Plus

少し高性能 x 防水 x ワンセグ x 電池持ち x おサイフケータイ
DIGNO W

少し高性能 x 防水 x 電池持ち x おサイフケータイ
AQUOS SH-M04

低性能 x 防水 x ワンセグ x 電池持ち x おサイフケータイ
arrows M03

AQUOS mini SH-M03の性能評価:CPUとRAMが高性能

AQUOS mini SH-M03のCPUはヘクサコア1.8GHzx2/1.4GHzx4です。格安スマホの中でも上位クラスのCPUになります。

ヘクサコアというのはコアが6個あるCPUです。2個のコアが1.8GHzで動いて、残りの4個のコアが1.4GHzで動きます。

最近の格安スマホの平均的なCPUと比べると、わりと良いCPUを使っていると言えます。一般的な使い方はもちろんサクサク使えるのに加えて、CPU(GPU)の性能が一番必要になる高度なゲームでも、わりと快適に使える性能を持っています。

RAMも3GBあるので、より多くのアプリを動かすことができます。RAMが2GBでも基本的には問題なく使えます。

ただ、RAM2GBだと使っているアプリを動かすには問題ないのですが、ゲームをしながら何か違うアプリを使いたい場合に、ゲームがバックグラウンドで終了していたりします。

RAM3GB以上あると、ゲームがバックグラウンドで終了することが少なくなるので、ゲームをするのが好きな場合は、RAM3GB以上のスマホを選ぶことをおすすめします。

性能評価:ワンセグ、防水・防塵、おサイフケータイに対応

AQUOS mini SH-M03はワンセグに対応しているので、スマホでテレビを見ることができます。

防水防塵にも対応しています。(キャップレスUSB)

防水レベル:IPX5/IPX8
「IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。」

おサイフケータイにも対応しています。

対応しているおサイフケータイ
楽天Edy、モバイルSuica、モバイルWAON、nanacoモバイル、iD(dカード/dカードminiは非対応)、QUICPay

電池持ちは普通

電池持ちはカタログ値からある程度わかるようになっています。

電池持ちに影響を与えるカタログ値
電池容量2810mAh、4.7インチ(1920×1080)、連続待受LTE460時間、CPU Snapdragon 808、防水

画面が4.7インチで小さいので電池消費を少し抑えられます。電池容量も2810mAhと4.7インチスマホとしては多めです。Snapdragon 808というCPUは、省エネ性能は普通もしくは少し劣るレベルです。連続待受LTE460時間は少し良いレベルです。防水に対応すると、熱が少しこもりやすくなり電池持ちが少し悪くなります。

総合すると電池持ちは普通レベルになっていると思われます。電池持ちを重視する場合は若干微妙ですが、普通程度の電池持ちにはなっていると思います。

格安スマホや白ロム、タブレットの電池持ちを実際に計測して、下記にまとめているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査

その他のポイント、カメラ性能、GPSの精度、ジャイロ(ポケモンGOのAR対応)など

価格が2万円以下になるとカメラ性能が悪い格安スマホが出てくるのですが、最近の3万円以上する格安スマホでカメラ性能が悪いのは見たことないです。カメラ性能に特別にこだわりがなければ、AQUOS mini SH-M03のカメラ性能でも特に問題ないと思います。

GPSの精度も旧モデルでも問題はないので、後継機のAQUOS mini SH-M03でも問題はないと思われます。

AQUOS mini SH-M03はジャイロを搭載しているので、ポケモンGOのARモードを使うことができます。ARモードはカメラの中にポケモンが出てくる機能です。なくても困りませんが、あると少しだけ楽しめる機能です。

AQUOS mini SH-M03の評判

評判は二分されています。価格が高いということでバッサリ切り捨てている人と、性能も機能も良いのだから価格が少し高いのは当たり前と肯定する人とに分かれています。

AQUOS mini SH-M03は高性能で日本人向けの格安スマホとして好評です。ただし、価格が高いことから防水やワンセグ、おサイフケータイに対してそれほど必要を感じていない人には不評になっています。

AQUOS mini SH-M03が使えるおすすめの格安SIM

AQUOS mini SH-M03はドコモ系の格安SIMで使うことができます。

ソフトバンク系の格安SIMだと対応バンドが少なくなるので、電波が悪くなる可能性が高いのでやめたほうが良いです。

SIMのサイズはナノSIMです(またはマルチSIM)。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用0円+初月無料+1500円相当のポイント+YouTube見放題のエンタメフリーが6ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、3394円の初期費用が無料、月額料金が初月無料、そしてサイト限定キャンペーンで月額料金の支払いにも使えるGポイントが1000円分もらえるキャンペーンを行なっています。2019年10月31日までのキャンペーンです。

YouTube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーオプションを半年間無料で使えるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5000ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらにキャンペーンコード(1908WA05)を入力すると、月額料金の支払いにも使える5000円相当のLINEポイントが追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • ZenFone 6
    • 超高性能のSnapdragon 855搭載、フリップカメラで自撮り性能最高、電池容量5000mAhで価格は6万9500円から。この超高性能でこの価格はかなりコスパが良いです。6.4インチ、CPU SDM855、RAM6GB/8GB、ROM128GB/256GB、ダブルレンズカメラ4800万画素+1300万画素広角、重さ190g、電池容量5000mAh、DSDV対応
  • Pixel 3a
    • ミドルレンジで一番人気あるのがGoogle Pixel 3aです。カメラ性能が良いです。特に夜景を撮る場合はハイエンドに近い性能を発揮します。税込4万8600円、5.6インチ、CPU SDM670、RAM4GB、ROM64GB、1220万画素(F値1.8)、重さ147g、電池容量3000mAh
  • AQUOS R2 compact
    • コンパクトな超高性能スマホです。iPhone SEよりも少しだけ大きいですが、画面は5.2インチです。コンパクトなスマホの最高峰です。CPUもSDM845搭載で超高性能。5.2インチ、CPU SDM845、RAM4GB、ROM64GB、カメラ2260万画素(F値1.9)、重さ135g、電池容量2500mAh、防水・おサイフケータイ対応
  • Mate20 Pro
    • 最高性能と最高品質を兼ね備えたのがMate20 Proです。3つの高品質なカメラレンズで最高の写真を撮ってくれます。CPUも超高性能で、あらゆる部品が高品質、それがMate20 Proです。6.39インチ、CPU Kirin980、RAM6GB、ROM128GB、トリプルレンズカメラ(広角カメラ4000万画素F値1.8 + 超広角カメラ2000万画素F値2.2 + 望遠カメラ800万画素F値2.4)、重さ189g、電池容量4200mAh、DSDV対応
最終更新日 2019年8月22日 / 作成日 2016年7月31日 / 作成者 格安SIMの管理人
「AQUOS mini SH-M03の性能評価と評判、使える格安SIMのまとめ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ