auのiPhoneは楽天モバイルのRakuten UNLIMITで使える? 楽天アンリミットを利用してauの料金を月1980円に大幅節約!

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (14)

auのiPhoneは楽天モバイルのRakuten UN-LIMITで使える?

結論はauのiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MAXなら使えます。

そして楽天アンリミットを利用すると、ギガ使い放題でauの料金を月1980円(1年間)に大幅節約できます。

※ 運が悪いと月1980円にはできず、今ままでの料金のままになります。
※ 利用場所によって使い放題ではなく、月5GB&低速1Mbpsの場合があります。
※ auを契約している家族が2人の場合は月2480円、1人だけの場合は月2980円です。

auのiPhone7やiPhone8などは楽天UNLIMTでは使えないので、今回の節約技は使えません。

ここではauの契約のままで、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITを使ってauのスマホ料金を大幅に節約する方法や、eSIMを使ってリスクを抑えて契約する方法、リスクは高いけど一番大幅に節約できる方法を詳しく説明します。

auのiPhoneは楽天モバイルのRakuten UN-LIMITで使える

Rakuten UNLIMITは楽天回線エリアならギガ使い放題、パートナーエリアだと月5GBでギガを使い切っても1Mbpsで使えます。Rakuten UNLIMITは先着300万名まで1年間無料です。これをうまく利用して、auのスマホ料金を1年間1980円にします。

たいして手間もかからず、ほとんどリスクもないので、とりあえず試してみることをおすすめします。

楽天UNLIMITは2年目以降は月2980円かかりますが、そのころには楽天回線エリアがそれなりに広がっています。

楽天UNLIMITを1年間無料で試して、良い感じに使えていれば、2年目にauから楽天モバイルへ完全移行するものアリな感じです。自分に合わない場合は、楽天アンリミットならいつでも違約金なしに解約できます。

楽天UNLIMITの詳細 → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の料金プランと速度、デメリットとメリットを実際に使って徹底解説

auのiPhoneを楽天モバイルのRakuten UN-LIMITで節約する目次

使えないauのiPhone:iPhone 6s / 6s Plus / SE(第1世代) / 7 / 7 Plus / 8 / 8 Plus / X

Rakuten UNLIMITで使えないauのiPhone
・auのiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xは現時点では使えません。

古すぎるiPhone、例えばiPhone 6 / 6 plus / 5s / 5なども使えません。

ネットだとiPhone7やiPhone8で使えたという話があるけど・・、それは海外版

海外版のiPhone7とiPhone8なら楽天UNLIMITで使えますが、auで売っているのは国内版のiPhone7とiPhone8です。

auで売っている国内版のiPhone7とiPhone8では、Rakuetn UNLIMITは使えません。

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

使えるauのiPhone:iPhone XR、XS / XS Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro MAX (eSIMも使える)、SIMロック解除は必須

Rakuten UNLIMITで使えるauのiPhone
・auのiPhone XR
・auのiPhone XS
・auのiPhone XS Max
・auのiPhone 11
・auのiPhone 11 Pro
・auのiPhone 11 Pro Max

上記のauのiPhoneなら楽天アンリミットで使えます。eSIMでも使うことが出来ます。テザリングもできます。

2020年4月27日に発売されるiPhone SE 第2世代も高い可能性で使えると思いますが、届き次第テストしてみます。(格安SIMの管理人はiPhone SE 第2世代を購入予定です!)

auのiPhoneを楽天UNLIMITで使うにはSIMロック解除が必要

SIMロック解除はMy auで無料で5分くらいで出来ます。auショップで行うと3000円かかります。

auのiPhoneを購入や機種変してから100日経過するとSIMロックの解除が出来ます。機種を一括払いしている場合は購入日からSIMロックの解除ができます。

SIMロック解除の受付時間は9:00~21:30です。この時間帯にau:SIMロック解除のお手続きにアクセスして、少し下の方にある手続き方法の「SIMロック解除のお手続き(My au)」というリンクをタップします。

My auへログインして4桁の暗証番号を入力します。

機種の選択画面が出てくるので、SIMロックを解除する端末にチェックを入れて次へ進みます。

SIMロックの解除理由を適当に選んで、この内容で申し込むをタップします。

手続き完了という表示が出れば、これでSIMロック解除は完了です!

これだけです。

楽天UNLIMITのSIMカード(またはeSIM)が使えるようになっています。

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

4桁の暗証番号を忘れた?

おそらく一番難しい箇所は4桁の暗証番号です。この番号が何だったのかわからなくなってしまった場合、契約者本人が「KDDIお客さまセンター」へ電話して、番号を記載した書面を郵送してもらう必要があります。急ぎの場合は「auショップ」で新しい番号に変更することも可能です。

KDDIお客さまセンター (9:00~20:00)
157(無料)
au以外の携帯電話・一般電話から 0077-7-111(無料)
※ 暗証番号入力のガイダンスが流れる場合がございます。入力せずにそのままお待ちいただくとコミュニケーターへ繋がります。

auショップの場合
契約者様が来店
必要なもの:本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証・学生証など)、au携帯電話本体(auICカード対応機の場合は、本体+auICカード)、印鑑

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

楽天アンリミットの楽天回線エリアとパートナーエリアの違い、特徴はギガ使い放題と1Mbps使い放題

楽天回線エリアならギガ使い放題です。(正確には1日10GBまで使えて、それ以上使うと1Mbpsの速度制限になります。夜の12時に速度制限は解除されます)

パートナーエリアだと使えるギガ数は月5GBまでですが、ギガを使い切っても1Mbpsの速度で使い続けることが出来ます。1MbpsなのでYouTubeの高画質の480pでも止まらずに見れます。1Mbpsでも結構普通に使えます。

自分が楽天回線エリアかどうかは下記をご確認ください。

楽天モバイルエリアの実体験、楽天回線エリア内なのに繋がらない場合の対処法、パートナーエリアのエリアマップの違い

楽天回線エリアでも場所によってはパートナー回線(au電波)に繋がる場合があります。この場合は、パートナー回線につながっている間は月5GBのギガを消費します。

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

Rakuten UN-LIMITの料金:先着300万名まで1年間無料、2年目以降は月2980円で縛りなし

Rakuten UN-LIMITは先着300万名まで1年間無料で使えます。2年目以降は月2980円です。

縛りはないので、いつ解約しても違約金ゼロ円で解約できます。

楽天UNLIMITの料金プランやサービス内容の詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の料金プランと速度、デメリットとメリットを実際に使って徹底解説

事務手数料が税込3300円かかりますが、キャンペーンで3300円のポイント還元がもらえます。楽天モバイルのキャンペーンの詳細は下記をご確認ください。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が1年間無料&楽天ポイント最大2万1300ポイントをプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。キャンペーンの詳細に加えて、楽天回線で使えるおすすめの格安スマホをランキング順に紹介します。
キャンペーンの詳細を見る

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

auのiPhoneを使っている場合は、いくら節約できる? ← かなり節約できます

一番オススメ、節約中くらいでリスクなし:auの契約を残したままで楽天UNLIMITのeSIMを契約、今のauのスマホ料金が1年間1980円

一番オススメなのがauの契約を残したまま、楽天UNLIMITのeSIMを新規契約することです。

楽天UNLIMITのeSIMを契約すれば、auのiPhoneで楽天UNLIMITのデータ通信ができます。

auのiPhone
・音声通話:auの最安プラン
・データ通信:楽天UNLIMITのeSIM

この使い方ができます。(使い方が少しイメージしづらいかもですが、かなり便利に使えます)

auはデータ通信しないので、auは一番安いプランに変更です。新auピタットプランN(2020年6月からピタップトプラン 4G LTE)が最安プランです。

auのデータ通信が月1GB以下ならauのスマホ料金は月1980円になります。auを契約している家族が2人の場合は月2480円、自分一人しかauを契約していない場合は、auのスマホ料金は月2980円になります。

楽天UNLIMITは1年間無料に使えます。2年目以降は楽天UNLIMITは月2980円になってしまいますが、その時に楽天UNLIMITの使い勝手に満足している場合は、楽天UNLIMITに完全に移行です。

もし楽天UNLIMITの使い勝手が悪かったら、楽天UNLIMITを解約して、auのプランを通常のプランへ変更すれば良いだけです。違約金も手数料もかかりません。

これならリスクがほとんどなしで、1年間は大幅にお金を節約できます。楽天モバイルの1年間無料は先着300万名までなので、試してみるなら今が一番おすすめです。

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天UNLIMITのeSIMの申し込み方は結構分かりづらいので、下記のページを確認してから申し込むことをオススメします。

楽天モバイルの「楽天アンリミット」を実際に申し込んで全部解説!本人確認書類などの必要なもの、届くもの、MNP転入手続き、開通手続き、必要な設定をすべて説明

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

節約最大で中リスク:auから楽天UNLIMITへ乗り換える(物理SIM、またはeSIM)、1年間無料で2年目以降も月2980円でギガ使い放題

リスクは少し高いですが、最高に節約できるのはauから楽天UNLIMITへ乗り換えることです。

この方法は楽天回線エリアに住んでいる場合におすすめです。

auから楽天UNLIMITに乗り換えるので、auの料金がかからなくなります。楽天アンリミットは先着300万人まで1年間無料で、2年目以降は月2980円です。ギガ使い放題で月2980円はかなりお得です。

電話をそれなりにする場合は月800円でGcallの10分かけ放題を使うことが出来ます。

注意点は楽天回線エリア内でも、auの電波を掴んで月5GBを消費する場合があることです。他にはパートナーエリアにいくと、現時点では楽天UNLIMITを入れたiPhoneではSMSの送受信ができなくなっています。

他の節約方法と比べてリスクが少し高いですが、一番節約できます。楽天回線エリアに住んでいる場合に検討してみてください。

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

場所によっては楽天回線エリア内でも思ったようには使えない可能性があります。

その場合は運が悪かったと諦めて、さっさとauに戻るなり、料金が比較的安く速度も速いUQモバイルに乗り換える機動力がある人におすすめです。

楽天UNLIMITはうまく使えれば、コスパ最高の通信サービスです。運が悪いと、とりあえず、しばらくの間は縁がなかったということで、数年後にまた試すのが良いのかなと思います。

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

節約大で低リスク:auから楽天UNLIMITのeSIMへ乗り換えて、保険とSMSの送受信用に格安SIMのデータSIMを契約

楽天UNLIMITは始まったばかりの通信サービスです。通信障害が起きないか少し不安です。

それに加えて、iPhoneだとパートナーエリアでSMSの送受信ができません。

この2つを解決するのが、auから楽天UNLIMITのeSIMへ乗り換えて、保険とSMSの送受信用に格安SIMのデータSIMを契約することです。

iPhone XR以上のモデルなら、eSIMと物理SIMの両方を使えます。

eSIMは楽天UNLIMIT、物理SIMには普通の格安SIMのデータSIMを入れます。

もし楽天UNLIMITで障害を起こしても、格安SIMのデータSIMでデータ通信ができるので最小限の被害で乗り切れます。またパートナーエリアでも、格安SIMでSMSの送受信ができます。

SMS付きのデータSIMを契約する必要があるため、月500円ほど余分に料金がかかりますが、安心料とSMSの送受信用としては妥当な感じだと思います。

auから楽天UNLIMITのeSIMへ乗り換えて、様子をみてSMS付きのデータSIMを契約してみることをオススメします。不要そうならデータSIMの契約は無視してもいいです。

SMS付きのデータSIMを追加したい場合は、LinksMateを検討してみるのが良い感じです。

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天UNLIMITのeSIMの申し込み方は結構分かりづらいので、下記のページを参考にしてみてください。

楽天モバイルの「楽天アンリミット」を実際に申し込んで全部解説!本人確認書類などの必要なもの、届くもの、MNP転入手続き、開通手続き、必要な設定をすべて説明

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

注意点:iPhoneでSMSが送受信できない?原因はパートナーエリア、またはバンド18(26)

楽天UNLIMITでiPhoneを使う上での一番の注意点は、パートナーエリア、またはiPhoneがバンド18(26)を掴んでいる場合、SMSの送受信ができないことです。

楽天UNLIMITを入れたiPhoneでSMSの送受信をするにはバンド3を掴む必要があります。(楽天回線エリア内なら基本的にはバンド3を掴みます)

自分が何の電波を掴んでいるかのチェックの仕方

Rakuten UNLIMITを入れたiPhoneから、標準の電話アプリで「*3001#12345#*」を入力して発信ボタンをタップする。

Main Menu → LTE → Serving Cell Info → freq_band_ind

freq_band_ind
・3の場合は楽天回線エリア
・18や26の場合はパートナーエリア(auエリア)

18や26が表示されていたら、Rakuten UNLIMITを入れたiPhoneではSMSの送受信はできません。

バンド3を掴む楽天回線エリアに行くと、iPhoneでもSMSの送受信ができるようになります。

※ 楽天回線エリアでもauの電波を掴むことがあります。楽天回線エリアでiPhoneでSMSの送受信ができあに場合は、上記のfreq_band_indをチェックしてください。

※ eSIM版のiPhoneでも同じようにバンド18またはバンド26を掴むと、SMSの送受信はできません。

おそらく楽天モバイルが側が修正してパートナーエリアでもiPhoneでSMSの送受信ができるようになると思いますが、時期は未定です。

解決策:Androidスマホを入手して、楽天リンクを入れておけば、AndroidスマホでSMSの送受信ができる

楽天回線対応製品のAndroidスマホに楽天リンクを入れておけば、AndroidスマホでSMSの送受信ができるようになります。

Rakuten Link(楽天リンク)アプリのレビューと裏技的な使い方まで、通話料無料、通話品質、電話番号は非通知になる?対応機種とiPhone対策まで徹底解説

SMSの送受信が必須な場合で、楽天UNLIMITのiPhoneがバンド18またはバンド26を掴んでいる場合は、楽天回線対応製品のAndroidスマホを用意することをおすすめします。

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

Rakuten LINKアプリはAndroidアプリしかまだ提供していないので、iPhoneではRakuten Linkは使えず、かけ放題も使えません。

ただし、Androidスマホを持っていれば、UNLIMITのSIMカードなしでAndroidスマホでLinkアプリ経由で無料電話ができます。

少し話が複雑になります。

例) iPhoneXR以上のiPhone1台、Androidスマホ1台を持っている場合

まずiPhoneにRakuten UN-LIMITのSIMカードを入れます。

AndroidスマホはWiFi接続か、他社のSIMカードを入れます。AndroidスマホにLinkアプリをインストールして設定します。SMS認証をすると、iPhoneに認証番号が届くので、その番号をAndroidスマホのLinkアプリに入力して設定を完了させます。

これでAndroidスマホでLINKアプリ経由で無料電話がかけられるようになります。音質も結構いいです。LINEの無料通話と比べると遥かに良いです。

AndroidスマホがWiFi接続の場合は自分の電話番号が非通知になってしまいますが、他社のSIMカードを入れておけば、自分のUNLIMITの電話番号が通知されます。

ただし、着信はRakuten UN-LIMITのSIMカードを入れているiPhoneの方へ行きます。

iPhoneは相手から電話がかかってくる時に受けて、自分からかけるときはAndroidスマホのLinkアプリからかければ通話料無料です。

格安SIMのデータSIMは、1GB380円のLinksMateがおすすめです。もしくは、楽天の電波が信用できない場合は、20GB1480円のFUJI WiFiのSIMのみがおすすめです。

Rakuten Link(楽天リンク)アプリのレビューと裏技的な使い方まで、通話料無料、通話品質、電話番号は非通知になる?対応機種とiPhone対策まで徹底解説

2台持ちが面倒な場合は、素直に楽天回線対応製品のAndroidスマホに機種変したほうが手っ取り早い

電話をたくさんする場合、iPhoneとAndroidの2台持ちが面倒な場合は、素直に楽天回線対応製品のAndroidスマホに機種変したほうが手っ取り早いです。

楽天回線対応製品のAndroidスマホならSMSの送受信も普通にできるし、楽天Linkの無料通話もできます。楽天回線エリアでもパートナーエリアでも気にせず使えます。

そのうちiPhoneでも楽天UNLIIMTが使えるようになると思うので、電話をたくさんする場合は、それまで楽天回線対応製品を使って気長に待つのが良いのかなと思います。

楽天UNLMITを契約する場合、楽天回線対応製品のAndroidスマホが少し安く手に入るので、検討してみてください。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が1年間無料&楽天ポイント最大2万1300ポイントをプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。キャンペーンの詳細に加えて、楽天回線で使えるおすすめの格安スマホをランキング順に紹介します。
キャンペーンの詳細を見る

auのiPhoneと楽天モバイルの目次

最終更新日 2020年4月16日 / 作成日 2020年4月16日 / 作成者 格安SIMの管理人

14
この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
7 Comment threads
7 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
9 Comment authors
格安SIMの管理人yopipiみいnikunamban匿名 Recent comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
yopipi
ゲスト
yopipi

楽天モバイルの解約の時の手数料は?
nmpの転出のときは?
よろしくお願い申し上げます。

みい
ゲスト
みい

はじめまして、コメント失礼いたします。
「一番オススメ、節約中くらいでリスクなし:auの契約を残したままで楽天UNLIMITのeSIMを契約、今のauのスマホ料金が1年間1980円」について、
これは楽天モバイルの申し込み時にMNPの設定をしないということでしょうか?
本格的に楽天に乗り換える際、別途MNPの設定をできるのでしょうか?

匿名
ゲスト
匿名

格安携帯は 何故どこも クレジットカードが
必要なのか 解らない クレジットカード持って無い 端末の一括払いは 金額面で しんどい
au ドコモは 銀行口座印鑑で 証明書などで購入出来る ソフトバンクは 知らないけど

匿名
ゲスト
匿名

楽天電話のデメリット
購入の 端末買う時に クレジットカードが
必要 クレジットカード持って無い人は
買えない デビッドカードで 購入出来るが
一括払い 端末も 高い
メリット 格安シムなので 毎月の 携帯料金は
余り パケット使用しないなら 3000円位で 安い

au メリット 端末購入の 時 銀行口座 印鑑 証明書さえ有れば 24回払い で 購入可能
クレジットカードない人は au の購入が 良いと思う

マサシ
ゲスト
マサシ

auと契約するの?詳しく知りたい

「auのiPhoneは楽天モバイルのRakuten UNLIMITで使える? 楽天アンリミットを利用してauの料金を月1980円に大幅節約!」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
コメント