2020年版:BIGLOBEモバイルの評判と口コミのまとめ、格安SIMの優等生で評判もトップクラス

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (10) / 関連:BIGLOBEモバイル更新順(8)

BIGLOBEモバイルの評判を良いです。

BIGLOBEモバイルは、もともとはお得なキャンペーンをしていなく、速度は良くも悪くもなくイマイチな評判でした。

そんな地味な格安SIMでしたが、2017年にKDDIに買収されてからは、お得なキャンペーンを開始して速度も大幅に改善、格安SIMの中でも評判の良い格安SIMに生まれ変わりました。

特に2020年の満足度調査では、BIGLOBEモバイルは格安SIMの中でもUQモバイルに次いで満足度が高い格安SIMです。

ここではBIGLOBEモバイルを運営している会社や、満足度の調査結果、そしてBIGLOBEモバイルの評判の推移を解説します。

BIGLOBEモバイルを使っている人や使ったことがある人は、コメントでBIGLOBEモバイルの口コミをしてくれると助かります。

BIGLOBEモバイルを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価&YouTube見放題

申し込みはこちら → BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルはどんなところ、KDDIグループになって復活

BIGLOBEモバイルはビックローブ株式会社が運営する格安SIMサービスです。ドコモとauの回線を使って格安SIMを提供しています。格安SIMで5位くらいのシェアを占めています。

BIGLOBEは老舗のインターネットプロバイダーです。ネット回線やモバイル回線、ポータルサイト、クラウドホスティング等などのインフラ事業を提供しています。

BIGLOBEはもともとはNECグループでしたが、2014年3月末に日本産業パートナーズにBIGLOBEが買収されて、2017年1月末にKDDIがBIGLOBEが買収してKDDIグループの一員になりました。

BIGLOBE 3Gとして2012年2月にサービスを開始して、2013年2月にBIGLOBE LTE・3Gという名前に変わって、2017年10月に今のBIGLOBEモバイルに名前が変わりました。

BIGLOBEモバイルの今までとこれから

BIGLOBEモバイルは老舗ですが2016年まではグダグダ感が強かったです。

何かしら新しいサービスを始めたりしていましたが、キャンペーンが微妙で速度も微妙で、格安SIMの中堅どころでユーザが伸び悩みウロウロしていました。

それがKDDIグループの一員になってから、やたらお得なキャンペーンを始めて、通信速度もかなり改善しました。au回線の通信速度はかなり速く、中途半端だったドコモ回線まで2018年12月から速度がだいぶ改善しています。

格安SIMの競争が激しく各社苦戦を強いられていますが、その中でユーザ数を伸ばしているのがBIGLOBEモバイルです。

TwitterでのBIGLOBEモバイルの満足度調査の結果

格安SIMはどこもかしこも何かの調査で満足度1位を掲げていたりしますが、胡散臭いことこの上ないです。

そこで格安SIMの管理人が2018年から格安SIMの満足度調査をTwitterで行っています。

BIGLOBEモバイルの2018年の満足度調査の結果

「投票結果だけ見る」を除いた2018年の満足度の結果

65.2%がBIGLOBEモバイルにして満足
17.4%が不満
17.4%がやめた

BIGLOBEモバイルの2019年の満足度調査の結果

「投票結果だけ見る」を除いた2019年の満足度の結果

60.6%がBIGLOBEモバイルにして満足
15.2%が不満
24.2%がやめた

BIGLOBEモバイルの2020年の満足度調査の結果

「投票結果だけ見る」を除いた2020年の満足度の結果

75.5%がBIGLOBEモバイルにして満足
10.6%が不満
13.9%がやめた

BIGLOBEモバイルの満足度:65.2% → 60.6% → 75.5%

BIGLOBEモバイルの満足度は比較的良かったですが、2020年の満足度調査では75.5%に一気に改善しました。

格安SIMの中ではUQモバイルに次いで満足度が高いのがBIGLOBEモバイルです。

ちなみに一般的な格安SIMの満足度は50%〜60%くらいです。同時期のauの満足度は12.4%、ソフトバンクは12.0%、ドコモは25.6%です。

BIGLOBEモバイルの評判の歴史

2014年〜2016年の日本産業パートナーズ時代:お金が無い!

2015年8月以前のBIGLOBEモバイルの評判は悪かったです。通信速度が遅く、月額料金も高め、選べる通話オプションもなく、エンタメフリーオプションもありませんでした。

BIGLOBEモバイルは特徴がない格安SIMでしたが、2015年9月頃に通信速度が大幅に改善して、2015年10月1日からBIGLOBEで通話料金をとても安くできる選べる通話オプション(通話パック60)が始まったことから、結構人気を集めました。

その後、少しずつ速度が低下して平凡な通信速度になり、他社もかけ放題の通話オプションを始めたことから、また再び特徴があまりない格安SIMへとなっていきました。

日本産業パートナーズ時代のBIGLOBEモバイルは、お金が無くまともなキャンペーンもできず、速度も一時的に速くなることがあっても、結局は平凡な格安SIMの速度に低下しています。

2017年からKDDIグループ時代:お金持ちになってキャンペーン攻勢

そんなBIGLOBEモバイルでしたが、2017年1月にお金持ちなKDDIに買収されて、KDDIグループの一員になりました。

買収される少し前に、2016年11月1日にYouTubeやAbemaTVが見放題になるエンタメフリーオプションを始めたことで、評判を一気に集めました。

エンタメフリーができたのもKDDIの後ろ盾があったからなのかなと思います。

通話オプションに3分かけ放題が加わったり、エンタメフリーオプションが始まったり、ドコモ回線の格安SIM(タイプD)に加えて、au回線の格安SIM(タイプA)の提供も始まりました。

KDDIグループになってもしばらくの間はBIGLOBEモバイルの速度は改善されませんでしたが、2018年8月頃からau回線の速度が改善し始めて、2018年12月頃からドコモ回線の速度も改善し始めました。

2019年に満足度が65.2%から60.6%に低下した理由:一時的な解約増

BIGLOBEモバイルは2018年に2万円近いキャッシュバックがもらえる超お得なキャンペーンをしていました。

2018年に契約して、最低利用期間経過の2019年に解約した人が結構出て、そのため満足度が60.6%に低下したのではと思われます。

2020年に満足度が60.6%から75.5%に改善した理由:速度がかなり速くなったから

満足度が75.5%になったのは、BIGLOBEモバイルの速度が速くなったからです。

BIGLOBEモバイルのau回線は2018年10月から格安SIMの中でもかなり速い速度を維持していますが、ドコモ回線はそこまで速くありませんでした。

それがドコモ回線も2019年1月から比較的速い速度に改善して、2020年1月にはドコモ回線の格安SIMの中でもトップクラスの速度が出るようになりました。

BIGLOBEモバイルの使い勝手がよくなったため、2020年のBIGLOBEモバイルの評判はかなり良い結果になりました。

今後もこの速度を維持してもらえたら良いなと思います。

BIGLOBEモバイルは割安に使えるキャンペーンも積極的で、格安SIMの中でもサービス向上に努めています。BIGLOBEは格安SIMの中でも、総合的に判断すると結構頑張っている格安SIMと評価できます。


BIGLOBEのロゴの「びっぷる」君

大きなBIGと地球GLOBEでBIGLOBE

最終更新日 2020年8月7日 / 作成日 2019年7月15日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
10 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ひまりゆか
ひまりゆか
2020年8月11日 3:12 PM

こちらのサイトを参考に、両親がビッグローブモバイルに乗り換えたものです。その節はお世話になりました。

ビッグローブモバイルについて質問です。
職場の動画をよく見る方にビッグローブモバイルをおすすめしようと思い、ビッグローブモバイルのチャット窓口に問い合わせてみました。
オペレーターの方はエンタメフリーのオプションはタブレット端末にはおすすめしないと言われたのですが、これは回線の速度が遅くなるから?ということなのでしょうか?
ちなみに12ギガのシェアプランで音声とデータsimの契約で、データの方にエンタメフリーをつけたいという内容でお尋ねしました。

yamaoku
yamaoku
  ひまりゆか
2020年8月11日 5:29 PM

多分ですが、エンタメフリーをONにすると通信速度が制限されて画質をあまり上げられないからだと思います。(YouTubeなどの対象コンテンツに限って)
大画面のタブレットでは画質の粗さが目立ってしまうのでオススメしなかった…とかですかね?

以前タイプAでエンタメフリー使ってましたが、YouTubeでいうと360〜480pくらいに制限されてたと思います。
(平日昼間では240pしか見れないくらいに速度が落ちる時もありました)

ひまりゆか
ひまりゆか
  yamaoku
2020年8月12日 10:34 AM

yamaoku様

早速のご回答ありがとうございます(^o^)
やはりフリーとなると、速度制限されてしまう可能性が高そうですね。

タブレットとスマホでデータを利用するときの理想できなプランってどうすればいいのか、こちらのサイトを参考にもう少し考えてみます!

何かお知恵があればまた教えてくださいね。

ひまりゆか
ひまりゆか
  格安SIMの管理人
2020年8月14日 8:36 PM

管理人さま

こちらもお返事ありがとうございます(^_^)
この方はキャリアてスマホとタブレットのデータシェアプランで契約しているそうです。

BIGLOBE か、OCNのシェアプランがいいのかな?と漠然と考えましたが、
FUJI WiFi 10ギガでタブレット、
通話はBIGlOBE3ギガで契約する方が料金が押さえられそうな気がしますね。

自分ではなかなか分からないことも多く、管理人さまやこちらのコメント欄の意見がとても役に立ちます

いつもありがとうございます(^_^)
休み明けにこの方にも話してみようと思います!

Yips
Yips
2020年8月8日 4:51 PM

昨年まではキャリアを渡り歩いてきたのでBIGLOBEの過去の歴史を知らなかったが、昨年(2019)の6月から本ブログでMVNOの研究をして同年7月にSoftBankからMNP/MVNOした。
あれから13ヶ月が経過し楽天モバイルUN-LIMITにも加入したので本年7月でBIGLOBEは退会しようと思ったが、今年6月末までのキャンペーン(M1600)で既会員も半年間3GB(1,600円)が無料になることを知り、6月末にキャンペーン登録したので7月から6ヵ月間1,600円(3GB)が0円となった。
M1600キャンペーンは回線変更が条件となっていたのでSIM変更手数料等で別途3,733円(税込)が6月に課金されたが7月の請求は0円で確定。
ただ、これまで回線変更キャンペーン(D回線→A回線)で毎月付与されていた500Gポイント(7月の12回目最終回分)が付与されないようなので6ヵ月間0円を4,233円で申し込んだような形に。
4,233(3,733+500)-10,572(1,762×6)=▲6,339
今回の回線変更(A→D)で500Gが付与されないのは想定外だったが、キャッシュバック、友達紹介キャンペーン、回線変更キャンペーンなどで1年間(2019/07-2020/06)の差引支払額がほぼ「ゼロ」だったので「BIGLOBE大丈夫?」と心配にはなるけど「MNP宣言」すればもっと安く継続できた。。。

のっとけん
のっとけん
2020年8月7日 11:50 PM

音声SIM1年契約がすみ、キャッシュバックもらいましたので、6月下旬にau回線を解約(MNP転出)しようと、BIGLOBEへTELしたところ、引き留めのサービスどうですかとお話がありました。
そして、7月~4月までの10か月、3GB分の料金が割引が適用されることになりました。
太っ腹すぎでびっくりしました。

hebopy
hebopy
  のっとけん
2020年8月8日 8:37 AM

私も先月、解約して○CNの1円端末を買おうと思い電話したところ、通話料の割引とポイント付与で約2万5000円相当のサービスを提案され、実質無料でRedmi Note 9Sが買えました。たまたま引き留めキャンペーンをやっている時に電話してラッキーでした。まあこういうサービスは詳細を公にはしないでしょうが、私には有難かったです。

「2020年版:BIGLOBEモバイルの評判と口コミのまとめ、格安SIMの優等生で評判もトップクラス」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント