BIGLOBE WiFiのメリットと使い方、BIGLOBEモバイルの6GBプラン以上なら無料!

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではBIGLOBE WiFiのメリットと、BIGLOBE WiFiを実際に設定して使えるまでを詳しく説明していきます。

簡単に言ってしまうと、BIGLOBE WiFiのメリットは外で高画質の動画をデータ消費なしに安全に見れることです。通信速度も速いので、動画を見ながらでもノートパソコンをサクサク使うことができます。(使える場所はスタバ、タリーズ、デニーズ、JR主要駅など)

BIGLOBE WiFiの月額料金は250円ですが、BIGLOBEモバイルの6GBプラン以上を契約している場合は、無料でBIGLOBE WiFiが使えます。

BIGLOBEモバイルの詳細評価&実際の速度と他の格安SIMとの比較と評判

※ 無料で使えるのは1端末だけです。スマホで使う場合は1台だけ、ノートパソコンで使いたい場合はノートパソコンの1台だけが無料で使えます。複数台で使いたい場合は1台追加するごとに月250円がかかります。

BIGLOBE WiFiのメリット

メリット
・通信速度が速い
・暗号化されているので安全
・高画質の動画をデータ消費なしに見れる
・MacやWindowsパソコンでも使える
・MacやWindowsパソコン、iPhoneは一度設定すれば、あとは自動でネットにつなげてくれる
・特に制限がない
・BIGLOBEモバイルの6GB以上のプランを契約している場合は無料で使える

BIGLOBE WiFiのメリットをパッと思いつく範囲で記載してみました。

無料のWi-Fiの場合、セキュリティが少し心配で、通信速度が遅い場合があり、ノートパソコンでは使えなかったり、ノートパソコンで使う場合は無料のWi-Fiごとに個別に設定する必要があったり、使える時間に制限があったり等があります。

細かいことを言わなければ、無料のWi-Fiでも割と使えたりしますが、BIGLOBE WiFiなら安心して高品質のネットを簡単に使える点に強みがあります。

BIGLOBE WiFiの月額料金は250円なので、普通であれば使う人なんてほとんどいない気がしますが、BIGLOBEモバイルの6GBプラン以上を契約している場合は、無料でBIGLOBE WiFiを使うことができます。そして、ここの管理人はBIGLOBEモバイルの12GBプランを契約しています。

ということで、ここではBIGLOBE WiFiを実際に設定して使えるまでを詳しく説明していきます。

ちなみにBIGLOBE WiFiのデメリットは、BIGLOBE WiFiを3ヶ月間1度も利用しないと設定がクリアされ使えなくなることです。この場合、また最初から設定してあげる必要があります。

BIGLOBE WiFiが使える場所

「BIGLOBE Wi-Fi」アクセスポイント提携先一覧

下記の場所に行けば、BIGLOBE WiFiでスマホのデータを消費することなくネットが使えます。

カフェやファーストフード、レストランなら動画を見たり、ノートパソコンで作業したりするときに使えます。主要な駅でも使えたりするので、出先でスマホのアプリを更新したり、動画をダウンロードしたりするのにも良いかもです。

スマホ(BIGLOBEモバイル)のテザリングで、ノートパソコンで作業する程度(検索やらWeb閲覧やら)なら問題ないのですが、ノートパソコンで動画を見るのは速度的にもデータ消費的にもキツイです。

BIGLOBEモバイルでもノートパソコンで動画を見ようと思えば見れますが、月12GBプランを契約してもデータをガリガリ消費します。(例:Netflixをノートパソコンで見ると30分で600MB消費しました)

動画を見ずに真面目に作業しろとかは・・・、考えないことに・・。

BIGLOBE WiFiの設定に必要なもの

ネットが使える環境で設定をする必要があります。(ネットが使えない場合でも設定はできると思いますが、少し面倒なことになります)

必要なもの
・BIGLOBEモバイルの契約(6GB以上のプラン)
・ユーザID
・パスワード

この3つが必須です。

ユーザIDはBIGLOBE会員のユーザIDです。BIGLOBE会員のマイページにログインするときに入力するユーザIDのことです。

※ BIGLOBEユーザID@biglobe.jp

パスワードはBIGLOBE会員証に記載されている接続パスワードです。このパスワードはBIGLOBEモバイルを加入したときに送られてくる書類(BIGLOBE会員証)に記載されています。マイページにログインするときに使うパスワードではないので気をつけてください。

ユーザIDとパスワードがわからないと設定できないので、ユーザIDとパスワードがわかる状態で設定を行います。

評判の悪いオートコネクトの利用は無視する

BIGLOBE WiFiの設定を自称簡単にするオートコネクトというアプリがあるのですが、このアプリの評判が結構悪いので、とりあえずオートコネクトの利用は避けたほうが無難です。

Google Play:オートコネクト
iTunes:オートコネクト

AndroidスマホやiPhoneの場合は、オートコネクトというアプリで簡単にBIGLOBE WiFiの設定ができるみたいですが、なんだか評判が結構悪いので、利用する場合は自己責任で利用してください。(ちなみに、BIGLOBEに限らずOCNのオートコネクトも評判悪いです)

ノートパソコンでBIGLOBE WiFiを使う場合は、そもそもオートコネクトは使えません。

BIGLOBE WiFiの設定の仕方(オートコネクトは無視)

それではBIGLOBE WiFiの設定を開始します。一度設定すれば、あとは自動的に接続してくれるので楽です。ただし、3ヶ月1度も利用しないと設定(MACアドレス)は解除され、最初から設定し直さなければならなくなるので注意してください。

ステップ1:MACアドレスを登録する

まず最初にBIGLOBEモバイルのマイページにMACアドレスなるものを登録します。

BIGLOBEモバイルのマイページ

BIGLOBEモバイルのマイページへログインすると下記のような表示があります。

BIGLOBE WiFiの「ライセンスの追加・確認」をクリックします。(3GB以下のプランを契約している場合は、BIGLOBE WiFiの記載は表示されません)

登録をクリックします。

MACアドレスの見つけ方は下記を参考にしてみてください。BIGLOBE WiFiを使おうと思っている端末のMACアドレスを入力します。

AndroidスマホのMACアドレスの確認の仕方
iPhoneのMACアドレスの確認の仕方
WindowsパソコンのMACアドレスの確認の仕方
MacbookのMACアドレスの確認の仕方

それぞれのMACアドレスを見つけたら、そのMACアドレスを入力して登録します。

これでMACアドレスの登録完了です。

ちゃんと無料ライセンスで登録されています。

ステップ2:IDとパスワードを設定する

Androidスマホ、iPhone、Windowsパソコン、Macbook(Air+Pro)で設定の仕方が異なるので、それぞれのケースに応じてIDとパスワードの設定を行なってください。

Androidスマホだと、BIGLOBE WiFiが使える場所でしかIDとパスワードは設定できません。

AndroidスマホのWi-Fi接続設定の方法
iPhoneのWi-Fi接続設定の方法
WindowsパソコンのWi-Fi接続設定の方法
MacbookのWi-Fi接続設定の方法

BIGLOBE WiFiには大きく分けて2つのWiFiスポットがあります。一つはSecured Wi-Fi、もう一つはDoSPOTです。主にSecured Wi-Fiを使うことになると思いますが、西日本の飲食店とかだとDoSPOTを使う場合が多くなります。

一度IDとパスワードを設定するとSecured Wi-Fiのスポットなら自動的に接続してくれますが、DoSPOTだとその都度IDとパスワードを入力しないといけないので面倒です。

Androidスマホだと、Secured Wi-Fiでも別の場所のSecured Wi-Fiに接続する場合は、再度IDとパスワードの入力が必要になります。

Androidスマホの場合や、西日本で使う場合は、IDとパスワードはどこかわかりやすいところにメモっておいたほうがいいです。セキュリティ的にパスワードのメモは少し微妙ですが、接続パスワードなので、これが漏れてもそこまで問題にはならないと思います(判断は自己責任で・・)。

ステップ2:IDとパスワードを設定する (Macbookの場合)

今回はMacbook(Air)の場合で、IDとパスワードの設定を行いました。

MacbookからBIGLOBE Wi-Fi プロファイルをダウンロードします。

続けるをクリックします。

BIGLOBEモバイルのユーザ名とパスワードを入力します。

ユーザ名はBIGLOBE会員のユーザIDです。BIGLOBE会員のマイページにログインするときに入力するユーザIDのことです。

※ BIGLOBEユーザID@biglobe.jp

パスワードはBIGLOBE会員証に記載されている接続パスワードです。このパスワードはBIGLOBEモバイルを加入したときに送られてくる書類(BIGLOBE会員証)に記載されています。マイページにログインするときに使うパスワードではないので気をつけてください。

ユーザ名とパスワードを入力して、インストールをクリックします。

Macbookのいつものパスワードを入力して、OKをクリックします。

これでIDとパスワードの設定は完了です。BIGLOBE WiFiが使える場所に行きます。

0001_Secured_Wi_Fi(Secured WiFi)がBIGLOBE WiFiです。これを選択すれば、それ以後はその場所に行けば自動的に0001_Secured_Wi_Fiに接続してくれるようになります。IDやパスワードの入力も不要です。

BIGLOBE WiFiの通信速度と実際に使った感想

BIGLOBE WiFiの通信速度

速いです!

何時間も使って使い勝手がだいたいわかりましたが、通信速度が速く安定していて、Macbookで動画を見ながら、作業してもサクサク使えます。

ただし、2時間に1度程度の割合で、ネットに接続できなくなる場合があります。なぜだか知りませんが、そういう場合はとりあえずMacbookのWiFiを一度OFFにしてONにしてあげると、再び快適に使えるようになります。

100%快適というわけではありませんが、かなり快適に使うことができています。

もしかしたら場所によって評価が変わるかもですが、いろんなところでBIGLOBE WiFiを試してみようと思います。(主に混んでいない場所で・・、スタバは混んでいるので長居ができず、敬遠気味。。

BIGLOBEモバイルの関連情報

公式サイト → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:BIGLOBEモバイルの口コミ

BIGLOBEモバイルのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
BIGLOBEモバイルのタイプDの通信速度(リアルタイム)
BIGLOBEモバイルのタイプAの通信速度(リアルタイム)

その他のおすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • 全ての格安SIMの中で圧倒的に通信速度が速くて安定しているのがUQ mobileです。通信速度を重視する場合はUQ mobileがダントツで一番おすすめの格安SIMです。
  • LINEモバイル
    • LINEモバイルはLINEをデータの消費なしに使うことができます。LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。そのほかTwitterやFacebook、Instagramのデータ消費もなしに使えるプランがあるので、これらのサービスを良く使う場合にオススメの格安SIMになっています。
  • mineo(マイネオ)
    • mineoはau系の格安SIMとドコモ系の格安SIMの両方を提供しています。通信速度はUQ mobileよりも遅いですが比較的速い格安SIMです。音声SIM(デュアルタイプ)をすぐに解約しても違約金がかからないので、格安SIMをちょっと試してみたい場合にもおすすめです。
  • IIJmio
    • 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。
最終更新日 2018年8月14日 / 作成日 2018年8月14日 / 作成者 格安SIMの管理人
「BIGLOBE WiFiのメリットと使い方、BIGLOBEモバイルの6GBプラン以上なら無料!」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る