ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

普通の契約は損!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は他社で違約金がかかる場合に最適、WiMAX端末の紛失・故障もカバー、契約解除料負担、それ以外はダメな理由

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、他社のインターネット回線で違約金が発生する場合、Broad WiMAXに乗り換えると1万9000円までBroad WiMAXが負担してくれるWiMAXプロバイダーです。

Broad WiMAXは業界最安級と宣伝していますが、最初の2ヶ月だけ安くしているだけで、実際に3年契約で計算してみると平均月額料はWiMAXプロバイダーの中では業界普通レベルです。

普通であれば選ばないほうが良いWiMAXプロバイダーですが、他社のWiMAXを使っていてWiMAX端末を無くしたり壊れた場合にBroad WiMAXの使い道が出ます。

WiMAX端末をなくすと違約金付きの強制解約か、使い続けるにはSIMカードを再発行してWiMAX機種を手に入れる必要があり、結構手間とお金がかかります。

そんな場合は、Broad WiMAXに乗り換えてしまえば違約金も負担してくれるし、新しいWiMAX端末も無料でもらえます。

Broad WiMAXの月額料金はWiMAXプロバイダーの中で安くなく高くもないです。

Broad WiMAXはWiMAXプロバイダーで1番高額な違約金を設定しているので避けたほうが良いですが、他社の通信サービスで違約金が発生する場合は違約金を負担するBroad WiMAXがオススメします。

Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXのメリット

  • 他社から乗り換えで、違約金が発生する場合は1万9000円まで負担
  • 他社でWiMAX端末を無くしても、Broad WiMAXなら違約金なしで乗り換えられる

Broad WiMAXのデメリット

  • 途中解約の違約金が他社よりかなり高い
  • 月額料金は業界最安級ではなく普通レベル
  • 口座振替にすると初期費用18,857円がかかり、かなり割高

Broad WiMAXの目次

Broad WiMAXの料金プランの詳細

※申し込みから2日〜4日程度で端末が届きます。
※端末を発送した日が初月になります。
※初月は日割りで発送日からカウントされます。
※初月の翌月を1ヶ月目としてカウントしています。
※解約月は日割りにはなりません。

契約月数は初月込みで37ヶ月です。契約月数未満や更新月以外で解約すると違約金がかかります。

ギガ放題プラン

ギガ放題はデータを無制限に使えるプランです。3日間で10GB超のデータを使うと翌日の18時から翌2時(合計8時間)まで通信速度が1Mbpsに制限されます。相当使わないと速度制限にはならないので気にしなくても大丈夫です。(参考:WiMAX 2+の通信速度の速度制限の詳細)

Broad WiMAXのクレジットカード払いでの料金
契約月数初月込みで37ヶ月
事務手数料3,000円
初期費用18,857円 Web割キャンペーンで0円(ただし、他のプロバイダーではそもそも初期費用は取っていない)
強制オプション550円 ←初期費用を0円にするために初回のみ必要
端末代0円
初月(日割り)月2,726円
1〜2ヶ月目月2,726円
3〜24ヶ月目月3,411円
25ヶ月目〜月4,041円
合計料金135,262円
キャッシュバック0円
平均月額料金月平均3,656円

Broad WiMAXだけ事務手数料の他に18,857円の初期費用を設けています。クレジットカードで支払い、月550円の安心サポートプラスと月907円のMyBroadサポートの2つのオプションに加入すると初期費用が無料になります。

オプションは端末が届いたらすぐ解約します。安心サポートプラスの550円だけ無料期間がないので1ヶ月分の料金が発生します。

37ヶ月間の平均月額料金は3,656円です。Broad WiMAXは業界最安級とか言って宣伝していますが、WiMAXプロバイダーの中では普通レベルです。

本当の業界最安級を知りたい場合は、WiMAX 2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキングを参考にしてみてください。

ただし、Broad WiMAXだけ「違約金負担のお乗換えキャンペーン」を使うと、他社のWiMAXを含めた通信サービスから乗り換えで違約金が発生する場合、最大1万9000円までBroad WiMAXが負担してくれます。これをうまく使える場合にBroad WiMAXが業界最安級になります。

詳細はこちら → Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの口座振替はダメな理由

Broad WiMAXは口座振替を選ぶことが出来ますが、口座振替を選ぶと初期費用18,857円が別途かかります。かなり割高になってしまいます。

クレジットカードを持っていない場合で口座振替を選びたい場合、別途手数料が発生しないUQ WiMAX、もしくは手数料が月200円だけのBIGLOBE WiMAXを検討することを強くオススメします。

もしくは、WiMAXではありませんが、FUJI WiFiも月々払いの場合はコンビニで支払うことが出来ます。

Broad WiMAXの目次

ライトプランはあまり使わなくなった場合のプラン変更用

ライトプランは月7GB使えるプランです。

ライトプランの月額料金
初月〜24ヶ月目月2,726円
25ヶ月目〜月3,326円

ライトプランは月7GBを使い切ると通信速度は128kbpsに制限されます。この制限速度は超遅いので7GBを使い切ったら実質的に使えなくなります。

WiMAXを選ぶ人のほとんどはギガ放題です。

ライトプランは、最初ギガ放題を契約して、そのうちデータがそんなたくさん必要なくなった時、途中解約すると違約金が発生するので、解約月まで月額料金を抑えたい場合に存在するプランです。

LTEエリア利用料の無料について

WiMAX2+の電波が悪い場合、ハイスピードプラスエリアモードにするとauのスマホが使える場所なら普通に使えるようになります。つまり、ほとんどの場所で快適な速度で使えます。

ただ、ハイスピードプラスエリアモードは月7GBまでしか使えないので、実際に使う人はそんなにいません。オマケみたいな存在です。

auのスマホの料金が1000円引きについて(auスマートバリューmine)

ギガ放題を契約してauのスマホを契約している場合、auの月額料金が500円から1000円ほど安くなります。

ただし、この方法はおすすめではありません。

UQモバイルならauと同じように快適に使えて、なおかつ料金が3分の1〜3分の2程度になります。さらにギガ放題を契約して、UQモバイルを契約するとUQモバイルの月額料金が500円引きです。

ギガ放題を使ってスマホの料金を安くしたい場合、auスマートバリューmineを使うよりUQモバイルがおすすめです。

Broad WiMAXの目次

最大の強み:違約金負担(契約解除料負担)のお乗換えキャンペーンで最大1万9000円節約

Broad WiMAXの最大の強みは、他社の通信サービスから乗り換えで違約金が発生する場合、Broad WiMAXが最大1万9000円まで違約金を負担してくれることです。

ADSLや光回線、ケーブルTV、WiMAXやどんなときもWiFi等のモバイルWiFi、その他の全てのインターネット回線が対象です。

例えば、無料でもらったWiMAX端末をなくしてしまった場合、Broad WiMAXに乗り換えれば、新しい最新のWiMAX端末がもらえて、なおかつ以前使っていたWiMAXプロバイダーの違約金も負担してくれます。

契約解除料負担のお乗換えキャンペーンの終了日は未定です。数年前から行っているので、当分は終わりそうもありません。

Broad WiMAXはそのままだと安くないですが、違約金負担をうまく使えば、WiMAXプロバイダーの中でも最安で使えます。

違約金負担を受け取るまでの流れ

Broad WiMAXを申し込む → 他社のインターネット回線を解約する → 自分で違約金を支払う → 違約金を支払った書類をBroad WiMAXにメールする → Broad WiMAXから連絡があり、自分が指定した口座に違約金が1ヶ月程度でキャッシュバック

他社のインターネット回線(WiMAX等)を契約していて、端末を紛失してしまったり、新しい最新機種にしたくなったり、月額料金が割高だったりする場合に、Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンを使って乗り換えるのがオススメです。

WiMAXは3年契約になっていて、大体のところは1年目に解約すると1万9000円の違約金、2年目は1万4000円、3年目の更新月は0円、それ以降は3年毎の更新月以外だと9500円の違約金が発生します。

Broad WiMAXなら最大1万9000円まで違約金を負担してくれるので、実質無料で乗り換えられます。

BIGLOBE WiMAXの端末の分割代金の残りは非適応

BIGLOBE WiMAXだけ端末は分割払いです。BIGLOBE WiMAXを途中(24ヶ月以内)で解約する場合、端末の分割の残りを支払う必要がありますが、この端末代は違約金負担には含まれないので注意してください。

契約解除料負担キャンペーンの詳細 → Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの目次

他社で違約金が発生しない場合、ブロードワイマックスはなぜダメ?←高額な違約金の存在

ブロードワイマックスは、他社のインターネット回線で違約金が発生する場合に選ぶWiMAXプロバイダーです。

他社で違約金が発生しない場合は、ブロードワイマックスは選ばないほうが良いです。理由は高額な違約金が存在するからです。

Broad WiMAXの違約金
初月28,500円、ただし8日以内なら初期契約解除で違約金は無料
1〜11ヶ月目28,500円
12〜23ヶ月目23,500円
24〜35ヶ月目9,500円
36ヶ月目0円 (更新月)
37ヶ月目〜9,500円

ブロードワイマックスは途中解約の違約金がかなり高額です。

GMOとくとくBB WiMAXなら、Broad WiMAXのように違約金負担はしていませんが、GMOとくとくBB WiMAXを途中解約した場合の違約金はBroad WiMAXよりも1万円近く安いです。

GMOとくとくBB WiMAXの違約金
端末受取月(初月)1万9000円
1カ月目~12カ月目1万9000円
13カ月目~24カ月目1万4000円
25カ月目〜36ヶ月目9500円
37カ月目0円 (更新月)
38カ月目~9500円

加えて、GMOとくとくBB WiMAXのほうが月額料金がBroad WiMAXよりも安いです。

GMOとくとくBB WiMAX2+はキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの理由と詳細評価

ブロードワイマックスは、他社のインターネット回線で違約金が発生するなら割安になりますが、他社で違約金が発生しない場合は割高です。

Broad WiMAXの目次

不具合続発の「どんなときもWiFi」からBroad WiMAXへ乗り換える??え・・。

不具合続発の「どんなときもWiFi」からBroad WiMAXへ乗り換えている人は、それなりにいると思いますが、あまり賢明ではないです。

親会社オールコネクト社
・子会社リンクライフ社:Broad WiMAX
・子会社グッドラック社:どんなときもWiFi
・その他、色々な会社

会社の親子関係は、とりあえず棚に置くとして・・。

どんなときもWiFiの違約金を払いたくないがために、どんなときもWiFiの違約金を免除してくれるBroad WiMAXを選んでいる人がいると思いますが、Broad WiMAXの違約金が高すぎます

どんなときもWiFiの不具合(大規模障害)は、本来であれば違約金免除で解約を受け付けるような事案だと思います。

加えて、どんなときもWiFiは(障害が起きる前は)ギガ使い放題でしたが、Broad WiMAXは3日間で10GBまでです。中にはBroad WiMAXに乗り換えてよかったと思う人がいると思いますが、そういう人たちはギガをそんなに使っていません。

そんな場合、FUJI WiFiに乗り換えたほうが、Broad WiMAXの月額料金の半額くらいに抑えることが出来ます。FUJI WiFiならいつ解約しても違約金はゼロ円です。

※ FUJI WiFiも新型コロナの影響で、受付を一時停止中ですけど・・・。

私だったらブチギレて「どんなときもWiFi」側に違約金免除で解約を受付させて、FUJI WiFiの受付再開を待つと思います。

もしくはWiMAXでも大丈夫なら、違約金免除を認めさせてから、2年以上使いそうならGMOとくとくBB WiMAX、利用期間が2年未満になりそうならBIGLOBE WiMAXUQ WiMAXを選ぶと思います。

Broad WiMAXの目次

Broad WiMAXが使えるかエリアチェック

WiMAX2+のサービスエリア

Broad WiMAXは結構広いエリアをカバーしていますが、ピンポイントエリア判定で使えるかどうかの判定をしてから契約することを強くオススメします。

ほとんどの場合で問題なく使える判定

○でも確実に保証できるものではありません。9割がた大丈夫だと思いますが、端末が届いたら問題なく使えるかすぐ試してみることをオススメします。8日以内に連絡すれば初期契約解除に応じるので、箱も捨てずに保管しておきます。

使えないリスクがある判定

この場合はTry WiMAXで15日間無料で試すことができるので、それで実際に確認してから契約することをオススメします。

おそらく無理な判定

基本的に使わないほうがいいです。ワンチャンス狙って、Try WiMAXで15日間無料で試してみてください。

使えない判定

サービスエリア外です。

タワーマンションの高層階(15階以上)に住んでいるとか、窓を開けてもビルの壁しかないとか、使う場所が窓から20メートルくらい離れているとか、周りに窓がないとかだと電波が悪くなるので、そういう場所でBroad WiMAXを使うのは難しいです。

Broad WiMAXでもauのスマホが使える場所ならネットができるハイスピードエリアモードが使えますが、使えるデータ量は月7GBまでです。

3日間10GB使えるデータ通信は、高層階や見通しの良い窓から離れすぎると電波の受信が悪くなるので注意してください。

申し込みはこちら→ Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの目次

Broad WiMAXの速度の詳細、クラウドSIMやソフトバンク回線のポケットWiFiよりも速くて安定している

※ WiMAXプロバイダは複数ありますが、WiMAX2+の通信速度は同じです。Broad WiMAXでも、UQ WiMAX、GMOとくとくBB、BIGLOBE WiMAX 2+、プロバイダごとに通信速度の違いは出ません。

Broad WiMAXの通信速度は速いです。通信障害もほぼありえません。

郊外や奥まったところだと、単純に電波が届かず使えない場合がありますが、普通の場所なら大抵は使うことができます。

その大抵は使える場所での通信品質がとても良いです。

格安SIMだと平日の昼に速度が極端に低下して、平日の夜18時〜19時ごろも速度がそれなりに低下したりします。Broad WiMAXなら常に安定した速い速度で快適に使えます。

クラウドSIMやソフトバンク回線のポケットWiFiと通信速度や通信品質が良いけど・・

クラウドSIMやソフトバンク回線のポケットWiFiは、WiMAXと異なり、郊外や奥まった場所でもほとんどの場合で使えます。サービスエリアはクラウドSIMやソフトバンク回線のポケットWiFiのほうが広いです。

ただし、WiMAXが使える場所だと、WiMAXのほうが通信速度が速く安定します。

クラウドSIM、例えば「どんなときもWiFi」はギガ使い放題ですが、事業者の気分次第で、一定以上使うと0.01Mbpsの劇遅い速度になったりします。通信障害に巻き込まれる可能性もあります。

ソフトバンク回線のポケットWiFi、例えば「FUJI WiFi」は、速度も速く比較的安定して使えますが、実用上はそんな問題ではないですが、平日の夜は少し遅くなる場合があります。それと比べてしまうと、WiMAXの通信速度の速さと安定性はとても良いです。

※ FUJI WiFiでもCA対応のポケットWiFi(601HW/603HW等)を使うと速度が超速くなったりします。

格安SIMの管理人はFUJI WiFiばかり勧めていますが、これはコスパを重視しているためです。

FUJI WiFiは月1480円で20GB、月1980円で50GB、月2480円で100GB、月2980円で200GBのプランがあります。BIGLOBE WiMAXが使える高速データ量は3日間10GB、月額料金は3980円です。

WiMAXは速度が速く安定しますが、そこまでの高品質な通信品質が必要なのかは、個人的には少し微妙だと思っています。品質は少し下がるけど、実用上は必要な速度で使えるので、料金がとにかく安いFUJI WiFiを選んでしまう感じです。

最高のFUJI WiFiのクーポンとおまとめプランの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで初期費用無料+ずーと月500円引き

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用して契約すると、初回事務手数料3000円が無料、月額料金もおまとめプラン無しでずーと月500円引きで使えるキャンペーンを行っています。

例えば、SIMプランの20GBプランなら月1480円でずーと使えます(通信速度も速いです)。

2020年4月30日までのキャンペーンです。フジワイファイはあまりキャンペーンをしないので、この機会に是非検討してみてください。

新型コロナの影響で、すべてのプランで申し込みを一時停止しています。準備が整い次第、順次再開する予定ですが、再開時期は未定です
キャンペーンの詳細を見る

FUJI WiFiの公式サイト

ただ、料金の安さよりも、通信品質をより重視するのもわかります。(他の通信サービスを、過剰にディスらなければですけど・・)

WiMAXは3日間で10GBまでですが、結構多くの人がこのくらいのギガ数でも十分だったりします。

例えが下手かもですが、車に例えると、WiMAXは乗用車でFUJI WiFiは軽自動車だと思います。普通なら安い軽自動車で十分ですが、正面衝突みたいな事が起きたら、高い乗用車が勝つ、そんな感じだと思います。

WiMAX、FUJI WiFi、どんなときもWiFi、格安SIMなどの速度ランキングと速度比較サイト

格安SIMの管理人は2018年2月から通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。WiMAXを含めて、いろいろな通信サービスの速度を自動的に計測して、結果を公開しています。

格安SIMの管理人の速度比較(リアルタイム)

格安SIMの管理人は上記のリアルタイム計測をもとに3ヶ月に1度程度、通信速度ランキングを更新しています。

2020年3月版の格安SIM/ドコモ/ポケットWiFiの速度ランキング

超速い 1位 UQ mobileドコモ本家ワイモバイル
2位 WiMAX2+FUJI WiFi
3位 どんなときもWiFi(大規模障害)、楽天モバイル UN-LIMIT(電波悪い)
4位 OCNモバイルONEの新コース(暫定)、BIGLOBEモバイルのタイプA、LinksMate
比較的速い 5位 IIJmioのタイプD、LIBMO、BIGLOBEモバイルのタイプD、イオンモバイルのタイプ2のドコモ回線
6位 mineoのauプラン、mineoのドコモプラン、エキサイトモバイルイオンモバイルのタイプ1のドコモ回線、QTモバイルのDタイプ
普通 7位 LINEモバイルのソフトバンク回線、mineoのソフトバンクプラン、OCNモバイルONEの旧コース、楽天モバイルのau回線、IIJmioのタイプA
少し遅い 8位 楽天モバイルのAPN(JP)、楽天モバイルのAPN(CO)、LINEモバイルの新プランのドコモ回線
遅い 9位 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速ON、LINEモバイルの旧プランのドコモ回線、LINEモバイルのau回線、イオンモバイルのタイプ1のau回線
超遅い 10位 TONEモバイル、ロケットモバイルの神プラン

最新の速度ランキングの詳細を読む

30枚以上の格安SIM、ポケットWiFi、ドコモの実際に出る通信速度の記録も取ってあるので、最新情報は格安SIM/ポケットWiFi/ドコモの速度ランキングの記録をご確認ください。

Broad WiMAXの目次

無料のWiMAX端末の選び方

Broad WiMAXでは無料でWiMAX端末がもらえます。選べる端末はWX06、W06、HOME 02、L02の4機種です。

WX06:安定性重視

WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
サイズ111 x 62 x 13.3mm / 127グラム
連続通信時間ハイスピードモード:速度優先500分 / バランス約690分 / 電池優先840分
ハイスピードプラスエリアモード:速度優先490分 / バランス約630分 / 電池優先800分
連続待受時間700時間(静止時)
価格1万9200円
発売日2020年1月30日

※ 連続通信時間の計測の仕方がWX06とW06で少し違いますが、速度優先=ハイパフォーマンス、バランス=スマート、電池優先=バッテリーセーブと同じものと仮定して掲載しています。

WX06ならモバイルWiMAXルータ初の2.4GHzと5GHzのWiFiを両方同時に使うことができます。

電池持ちもW06よりも2割くらい良いです。

WX06はクレードルを使うと電波が弱いところでも速度が56%アップします。自宅でも使う場合はクレードルをセットに購入することをオススメします。(クレードルを機能させるにはコンセントが必要です)

自宅でも外でも使いたい場合は、WX06がおすすめです。

WX06とHOME 02の詳細レビュー、モバイルルータ初の2.4GHz/5GHz両対応、ホームルータはコンパクト化でエリアは25%アップ

Broad WiMAXの目次

W06:実績と速度重視

W06

Speed Wi-Fi NEXT W06
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大1,237Mbps / 上り最大75Mbps
サイズ128 x 64 x 11.9mm 125グラム
連続通信時間ハイスピードモード:ハイパフォーマンス430分 / スマート540分 / バッテリーセーブ700分
プラスエリアモード:ハイパフォーマンス300分 / スマート400分 / バッテリーセーブ600分
連続待受時間800時間(静止時)
価格1万9200円
発売日2019年1月25日

主に外でよく使う場合にW06がおすすめです。最大通信速度が一番速く、受信感度も結構良いです。

W06の性能評価と評判

Broad WiMAXの目次

HOME 02:自宅に設置するホームタイプ、コンパクトなNEC製

HOME 02

Speed Wi-Fi HOME 02
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
ハイスピードエリアモード 下り最大440Mbps / 上り最大75Mbps
最大同時接続数WiFi 20台(2.4GHz:10台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX)
サイズ50 × 118 × 100mm / 218グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
価格1万9200円
発売日2020年1月30日

HOME 02は自宅で使うタイプのホームルータです。

自宅の固定回線用に使いたい場合は、ホームルータのHOME 02がオススメです。モバイルタイプだと長時間コンセントに繋げたままだと電池が劣化してしまいますが、HOME 02ならコンセントに繋げて使うタイプのルーターなので劣化の心配はありません。

HOME 02は旧モデルのHOME 01よりも本体サイズが40%ダウンして、内部アンテナの性能が強化したので電波のエリアが25%アップしました。

電波の届きやすさはHOME L02と同じ程度だと思いますが、HOME L02よりもHOME 02はサイズが半分で重さも半分、かなりコンパクトな作りになっています。

ホームルータでコンパクトさを重視する場合はHOME 02がおすすめです。

WX06とHOME 02の詳細レビュー、モバイルルータ初の2.4GHz/5GHz両対応、ホームルータはコンパクト化でエリアは25%アップ

Broad WiMAXの目次

HOME L02:実績と速度重視、FUJI WiFiのSIMプランも使える

HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02
最大通信速度ハイスピードモード 下り最大558Mbps / 上り最大30Mbps
プラスエリアモード 下り最大1Gbps / 上り最大75Mbps
最大同時接続数WiFi 40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台) / LANポート 2台(1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T)
サイズ93 × 178 × 93mm / 436グラム
電池持ちコンセントに挿して使います
価格1万9200円
発売日2019年1月25日

HOME L02もホームタイプのWiMAXルータです。

HOME L02は4本の高感度アンテナで360度全方位カバーできるので、モバイルルーターと比べてWiMAX2+の受信感度が良くなります。

さらにビームフォーミングに対応していて、HOME L02を置いている部屋とは別の部屋や別のでもWiFiが繋がりやすくなっています。W06とWX06でもビームフォーミングに対応していますが、モバイルルータよりもホームルータの方がビームフォーミングの電波が強くなります。

電波の受信感度はモバイルタイプよりも良くなり、モバイルタイプよりも自宅内を広い範囲でカバーします。

ホームルータで性能を重視する場合はHOME L02がおすすめです。

HOME L02の性能評価と評判

>WiMAX端末の詳細はこちら→ Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXのPC・タブレットセットはやめたほうが良い

Broad WiMAXではノートパソコンとタブレットを頭金0円で販売していますが、基本的にはセットで申し込まないほうがいいです。

タブレットがほしい場合は、格安タブレットと格安SIMという選択肢を参考にしてみてください。

Broad WiMAXの目次

申し込むのに必要なもの、本人名義のクレジットカード(口座振替はダメ)

Broad WiMAXを申し込むのには本人名義のクレジットカードが必要です。

Broad WiMAXは口座振替も選べますが、口座振替だと初期費用18,857円が別途かかって、かなり割高になります。

クレジットカードを持っていない場合で口座振替を選びたい場合、別途手数料が発生しないUQ WiMAX、もしくは手数料が月200円だけのBIGLOBE WiMAXを検討することを強くオススメします。

もしくは、WiMAXではありませんが、FUJI WiFiも月々払いの場合はコンビニで支払うことが出来ます。

Broad WiMAXの目次

Broad WiMAXの解約の仕方の詳細

解約月は日割りにはなりません。満額です。

25日までに解約手続きをすると当月中に解約できます。26日以降は翌月解約になり、更新月で解約できなくなるので注意してください。また日曜は解約を受け付けていないので注意してください。

Broad WiMAXの解約受付窓口
受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)

050‐5212‐7322

電話が混雑する時間帯

混雑傾向にある時期、毎月1日~3日、20日~25日

いつ解約しても解約月の月末まで使うことができるので、解約月(更新月)が来たら後回しにせず、さっさと解約することを強くオススメします。

※ 解約の電話を掛けても実際には解約できていなかったケースがあるっぽいので、電話は録音しておいたほうがいいかもしれません。

Broad WiMAXの目次

解約違約金が0円になる「いつでも解約サポート」は微妙、電波が悪い場合は初期契約解除を優先

Broad WiMAXを契約すると、「いつでも解約サポート」で違約金なしに、Broad WiMAXが紹介する他のインターネット回線へ乗り換えることができます。

ただ、これ基本的には避けたほうがいいです。

紹介するのはあくまでBroad WiMAXの息のかかった通信サービスです。自由に選べません。キャンペーンの適用も少なくなる可能性があります。

さらに紹介された通信サービスを使って、もし不都合が出たらそれまでです。(乗り換え先で初期契約解除すると、Broad WiMAXの高額違約金が発生します)

端末が届いてから8日以内なら初期契約解除で違約金ゼロ円で解約できるので、電波が悪いなどの場合は初期契約解除で解約することを強くオススメします。

※ 契約解除料負担を目的にBroad WiMAXを契約した場合は、Broad WiMAXで初期契約解除すると違約金負担を適用できません。この場合は、不具合が起きたら「いつでも解約サポート」を使って乗り換えることをおすすめします。

初期契約解除のステップ1:端末が届いて8日以内に電話をかける

端末が届いてから8日以内にBroad WiMAXの解約受付窓口に電話をかけて、初期契約解除の手続きをしてもらいます。

Broad WiMAXの解約受付窓口
受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)

050‐5212‐7322

電話が混雑する時間帯

混雑傾向にある時期、毎月1日~3日、20日~25日

日曜や年末年始は休みなので、それを込みで8日に以内に電話をかけます。ギリギリになるとロクでもないことが発生する可能性が高いので、端末が届いたら、すぐに自分が使う場所で電波が問題なく使えるか色々試すことを強くオススメします。

初期契約解除のステップ2:7日以内に端末がBroad WiMAXに届くように発送

端末が届いて8日以内に電話をかけて、その電話を掛けてから7日以内に端末がBroad WiMAXに届くように発送します。

送料は自己負担です。着払いではダメです。

トラブルを避けるために、ゆうパックやヤマトなど、相手が受け取ったことが確認できる発送方法で送ることを強くオススメします。

①端末本体
②SIMカード
③保証書
④USBケーブル
⑤端末個装箱 (箱)

上記の5点を揃えて返却します。いずれか1点でも不足している場合、機器損害金として端末代20,000円が発生してしまうので注意してください。

以上で初期契約解除を適用でき、28,500円の違約金なしに解約することができます。

※ 初期契約解除でも、契約時に支払った事務手数料の3,000円は返金されません。

Broad WiMAXの目次

Broad WiMAXのまとめ

Broad WiMAXは他社の通信サービスから違約金なしに乗り換えるために存在するWiMAXプロバイダーです。

Broad WiMAXは月額料金が業界最安級と宣伝していますが、実際に計算してみると契約期間での平均月額料金は業界の中で普通レベルです。口座振替を選べるというメリットがありますが、口座振替だと初期費用18,857円がかかってしまい、かなり割高になります。

そんなBroad WiMAXですが、他社のインターネット回線から違約金なしで乗り換えられる特典(最大1万9000円のキャッシュバック)を利用できれば、業界最安値になります。

例えば、他社のWiMAXを使っていて端末を無くしてしまった場合は、Broad WiMAXに乗り換えることをオススメします。

Broad WiMAXの申し込みはこちら → Broad WiMAXの公式サイト

Broad WiMAXの目次

Broad WiMAXの評判

Broad WiMAXの評判は、あまり良くないです。というか、悪いです。

評判を悪くしている原因は、謎の初期費用(18,857円)、解約時の電話の混雑、サポートの対応などが評判を悪くしている原因っぽいです。

実際にBroad WiMAXに電話で問い合わせましたが、要件自体は片付いたのですが、ちょっと微妙な対応でした。

何も把握していない状態で申し込む場合は、Broad WiMAXは少し特殊なので避けたほうがいいです。

Broad WiMAXは他社の違約金を肩代わりしてもらうための存在です。他社で違約金も発生していない場合は、選ばないほうが良いです。

Broad WiMAXの目次

WiMAXとポケットWiFiのおすすめ比較ランキング

契約月数:違約金なしで解約できるまでの月数
平均月額料金:(契約期間の合計の月額料金 - キャッシュバック) / 契約月数
(縛りなし、もしくは違約金1000円の場合は平均月額料金は省略します)

平均月額料金は2020年3月時点のキャンペーンを反映して計算しています。

おすすめ1位:FUJI WiFi コスパ最強(現在、ほとんどのプランが在庫切れ)

FUJI WiFiのSIMプラン
ギガ数20GB50GB100GB200GB
契約月数縛りなし
事務手数料キャンペーンで無料
端末代SIMのみ契約
月額料金月1,480円月1,980円月2,480円月2,980円
FUJI WiFiのルータープラン
ギガ数25GB50GB100GB無制限
契約月数縛りなし
事務手数料キャンペーンで無料
端末代0円 (レンタル)
月額料金月1,980円月2,480円月2,780円月3,480円

回線種類 ソフトバンクのLTE回線 / 使えるデータ量◎ 制限なしで契約データ量まで使えます。無制限はクラウドプラン / 通信速度と対応エリア◎ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎◎

SIMプランは自分で用意したSIMフリーのスマホやモバイルルータを使います。ルータープランの取り扱い端末△ FS030W、無制限のクラウドプランの場合はGlocalMe G3

キャッシュバックなし◎:キャッシュバックはもらえませんが、縛りなしで月額料金が圧倒的に安いです。

総合評価:ポケットWiFiでFUJI WiFiが最強のコスパです。月額料金がとても安くて、使えるデータ量に3日制限などはありません。通信速度も十分に速く、ソフトバンクのスマホが使えるような場所ならFUJI WiFiも普通に使えます。超オススメです。

ルータープランのレンタル端末はFS030Wという少し古い端末ですが、普通に使う分には電池持ち良く十分な速度で使えます。(無制限のクラウドプランだけ端末はGlocalMeG3です)

料金は申し込み時にクーポンコード「NEWLIFE2020」を入力した場合の料金です。2020年4月30日までのキャンペーンです。

最高のFUJI WiFiのクーポンとおまとめプランの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで初期費用無料+ずーと月500円引き

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用して契約すると、初回事務手数料3000円が無料、月額料金もおまとめプラン無しでずーと月500円引きで使えるキャンペーンを行っています。

例えば、SIMプランの20GBプランなら月1480円でずーと使えます(通信速度も速いです)。

2020年4月30日までのキャンペーンです。フジワイファイはあまりキャンペーンをしないので、この機会に是非検討してみてください。

新型コロナの影響で、すべてのプランで申し込みを一時停止しています。準備が整い次第、順次再開する予定ですが、再開時期は未定です
キャンペーンの詳細を見る

FUJI WiFiの公式サイト

FUJI WiFiは最強の格安SIM&ポケットWiFi、50GBが月1980円で速度も速い、SIMプランの契約も可能、最高の使い方を徹底解説

おすすめ2位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB月額割引版キャッシュバック版
契約月数初月込みで38ヶ月
事務手数料3,000円
端末代0円
初月(日割り)月2,170円月3,609円
1〜2ヶ月目月2,170円月3,609円
3〜36ヶ月目月3,480円月4,263円
37ヶ月目〜月4,263円
合計料金132,093円163,032円
キャッシュバック2,000円34,800円+4,000円
平均月額料金月平均3,424円月平均3,269円

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応△ / 違約金◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

月額割引版のキャッシュバック◎:キャッシュバックがもらえませんが、月額料金が安くなっています。

キャッシュバック版のキャッシュバック△:キャッシュバックは11ヶ月後に独自メールアドレスにメールが届き30日以内に手続きを完了させる必要があり、受け取り損ねる人がいます。

総合評価:WiMAXプロバイダの中で一番無難に使えるのがGMOとくとくBBの月額割引版です。月額割引を多くして、キャッシュバックを少なくしているので安心です。

GMOとくとくBB WiMAX2+(月額割引)の公式サイト

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックより月額割引キャンペーンがおすすめの詳細評価

おすすめ3位:BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+
契約月数初月込みで14ヶ月(途中解約1000円&自動更新なし)
事務手数料3,000円
端末代SIMのみの契約なら0円(端末セットは19,200円)
初月月0円
翌月以降月3,980円(BIGLOBE会員なら月3,780円)
キャッシュバック0円(端末を購入する場合はキャッシュバック15,000円)

回線種類 WiMAX2+ / 使えるデータ量◎ 3日間で10GB / 通信速度と対応エリア○ / 問い合わせ対応○ / 違約金◎◎ / 取り扱い端末◎ W06、WX06、HOME L02、02

キャッシュバック◎:サービス開始翌月に普段使っている自分のメルアドに手続きメールが届き45日以内に手続きをするとキャッシュバックがもらえます。

総合評価:キャッシュバックは簡単にすぐに受け取れます。月額料金は他のWiMAXプロバイダーよりも高いですが、1年契約で自動更新なしで契約できます。13ヶ月以内にやめても違約金は1000円だけです。自由に使えます。

BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイト

BIGLOBE WiMAX 2+の徹底解説とキャッシュバックキャンペーンの詳細&SIMのみの申込みもできて、1年契約で違約金も1000円だけ

WiMAX2+とポケットWiFiのおすすめ比較ランキング+おすすめ圏外

その他のWiMAXとポケットWiFi関連の情報

最終更新日 2020年3月29日 / 作成日 2019年1月10日 / 作成者 格安SIMの管理人

この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
「普通の契約は損!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は他社で違約金がかかる場合に最適、WiMAX端末の紛失・故障もカバー、契約解除料負担、それ以外はダメな理由」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
(税込1人当たり)
1人目
       

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)


iPhone7:26,640円(税込)
P30lite:10,800円(税込)
Libero:5,400円(税込)
Xperia 8:32,400円(税込)


ワイモバイルは事務手数料3300円が無料、アウトレット、タイムセール、大感謝セールを徹底解説
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
口コミ