原因はクラウドSIMの障害ではない、非公開会社の存在が鍵を握る、ギガ使い放題の問題点、そしてクラウドSIMへの「誤解や事実誤認には法的手段を含めあらゆる手段」の意味するところ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (46) / 関連:ポケットWiFi更新順(20)

月3000円ちょっとでギガ使い放題になるポケットWiFiの多くはクラウドSIMを使っています。ただし、ここにきてクラウドSIMを使っている最大手の「どんなときもWiFi」と二番手かもしれない限界突破WiFiに問題が生じました。

2020年2月下旬から4月上旬のどんなときもWiFiの大規模障害、そしてギガ使い放題の限界突破WiFiが3月から速度制限、クラウドSIMは本当に大丈夫なの?

それに対して、クラウドSIMのプラットフォームを提供しているuCloudLink社が下記のような声明を行いました。

クラウドSIMの障害の原因とギガ使い放題の問題点

クラウドSIMへの様々な誤解を招きかねない記事や、事実誤認に基づく心ないコメントが多数見られ、これが続くようであれば法的手段を含むあらゆる手段を通じて、弊社の権利を保護する必要があると考えております。(一部省略。原文は後述します)

uCloudLink:日本マーケットにおける一部代理店のローカル通信障害問題について

日本マーケットにおける一部代理店のローカル通信障害問題について
2020-04-03 16:24:55

弊社は世界各国の通信キャリアを始めとする通信事業者向けのCloudSIM通信ソリューションサービスやCloudSIM通信端末を提供しております。弊社は世界各国のキャリアSIMを取り扱っておりますので、世界各国のレンタルWiFi事業者やローカル通信事業者との連携により、国境を越えた自由自在な通信を可能とする環境を構築しております。

さらに、CloudSIM技術ではマルチキャリア対応が可能なため、代理店様の許可をいただければ、複数キャリアSIMの瞬時切り替えにより、障害なく常時通信できる状態を維持することができます。もちろん、各国の各代理店様はCloudSIMの運用方法が様々であり、メインユーザーの使用目的に合わせて、異なった製品プランの設計を依頼しています。

この度、日本マーケットにおける一部代理店様のローカル通信障害が生じたことにより、ネット上では様々な誤解を招きかねない記事や事実誤認に基づく心ないコメントが多数見られます。これらの内容は事実無根であり、弊社としては、CloudSIMプラットフォームや通信端末自体は全く問題なく稼働していることをここに声明します。大変お手数をお掛けしますが、通信速度の制限またはローカルSIMの障害につきましては、サービスの提供元へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

弊社としましては、上記のような記事やコメントが投稿されることについて、極めて遺憾に思っており、今後もこのような事態が継続するようであれば、法的手段を含むあらゆる手段を通じて、弊社の権利を保護する必要があると考えております

なお、一部代理店様も解決に向けて最善の努力を尽くしており、弊社もできる限りサポートしていく所存です。エンドユーザーの皆様に快適な通信環境を構築するのは、私どもの使命であります。

これからも日本の代理店様を通して最新の通信製品やサービスを提供し続けて参ります。お客様におかれましては、今後ともご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

ここで重要なのは「代理店様の許可をいただければ、複数キャリアSIMの瞬時切り替えにより、障害なく常時通信できる状態を維持することができます」

ここです。

uCloudLinkの声明では、代理店の許可さえあれば通信障害なく維持できると・・。

通信障害に関して、uCloudLink社はCloudSIM通信ソリューションサービスとCloudSIM通信端末には問題がないと明言しています。

実際に大規模障害を起こした「どんなときもWiFi」と速度制限を始めた「限界突破WiFi」の説明を見てみましょう。

大規模障害を連続して起こした「どんなときもWiFi」の説明

どんなときもWiFiの大規模な通信障害の経緯と結果+続編+大炎上+ギガ使い放題が月25GBに制限

2020年2月の大規模障害の原因と説明

どんなときもWiFiの運営の回答(ITMediaの取材)
> 2月の障害については、一部のキャリアから提供を受けているSIMカードにトラブルが発生したことが原因

通信障害中の「どんなときもWiFi」のサポートメールから抜粋(2月28日の夜7時)

> 解消に向けて緊急の回線増強を連日実施しておりましたが、
> 新型コロナウィルスの影響により、通信設備の入荷が遅れており、
> 追加の増強が出来ない状況となっております。
> 現時点で3/1を目途に解消する見込みでございます。

サポートメールでは通信設備の入荷が遅れて通信障害が起きていると説明していて、ITmediaの取材では一部のキャリア(つまりソフトバンク)から提供を受けているSIMカードのトラブルで通信障害が発生したと言っています。

ソフトバンク全体が通信障害を起こしているわけではなく、どんなときもWiFiのソフトバンクSIMだけ障害が発生した感じです。

uCloudLinkの声明を参考にすると、ソフトバンクがダメなら、ドコモでもauでも瞬時に切り替えられ、障害なく常時通信できる状態を維持できるはずです。

どんなときもWiFiの運営が、ソフトバンクSIMだけしか許可しなかったのでは・・?

この件について、どんなときもWiFiの運営に問い合わせましたが、彼らは意味不明な回答をするだけでした。

2020年3月の大規模障害の原因と説明

どんなときもWiFiの運営の回答(ITMediaの取材)
> (3月の障害は)SIMカードの提供がストップしたことなどにより、(通信サービスの提供に必要な)SIMカードが不足したことが原因であると(クラウドSIM回線の)提供元企業から報告を受けています。

通信障害中の「どんなときもWiFi」のサポートメールから抜粋(2月28日の夜7時)

> 弊社が回線提供を受けている、パートナー会社より下記のような回答がございました。
> (1)一部のキャリアからのSIMカードの提供がストップしており、SIMの増強に遅延が生じている。
> (2)SIMカードを動かす為の設備の製造および発送が停止、遅延している。

一部のキャリアはソフトバンクのことです。パートナー会社がどこなのか定かではありません。

ただ、uCloudLinkによると、ソフトバンクがダメなら、ドコモでもauでも瞬時に切り替えられ、障害なく常時通信できる状態を維持できるはずです。

今回もどんなときもWiFiの運営が、ソフトバンクSIMだけしか許可しなかったのでは・・?

uCloudLinkの声明では、「CloudSIMプラットフォームや通信端末自体は全く問題なく稼働している」と記載しています。稼働中の設備は問題なく稼働しているとして、設備の製造および発送が問題なく行われているかはわかりません。

ただし、ITmediaの取材では、どんなときもWiFiは設備の製造および発送が停止しているから3月の障害が発生したとは言っていません。

加えて、どんなときもWiFiは「現在、障害に関する詳細の報告や原因の明確化を提供元企業にお願いをしています。」とITmediaの取材で答えています。

全ては提供元企業(パートナー会社)が原因かのような回答をしています。

この誘導みたいな文章から、どんなときもWiFiの運営だけでなく、提供元会社も悪いんじゃない?つまりクラウドSIMが怪しいという流れを作った感じがします。

クラウドSIMの通信端末とソリューションを提供しているのはuCloudLink社です。

ただし、相当誤解しやすいですが、販売代理店のどんなときもWiFiが言っている提供元企業は、uCloudLink社ではないです。

非公開の第三の会社が存在しています。どんなときもWiFiは、その非公開の提供元企業に障害の報告と原因の調査を求めています。

ギガ使い放題なのに速度制限を始めた「限界突破WiFi」の説明

クラウドSIMを使う限界突破WiFiも3月から不具合を出しました。

限界突破WiFiはギガ使い放題ですが、数ギガ使うと速度が劇遅になりました。

※ この時点では「クラウドWiFiの問題が少し前に表面化」と思ってしまいましが、現時点ではクラウドWiFiではなく、単純に、実際に問題を起こしたどんなときもWiFiや限界突破WiFiの運営に問題があったと思っています。(つまりクラウドWiFiの問題ではなく、販売代理店の問題)

限界突破Wi-Fiの通信速度低下についての現状報告とお詫び 3/13時点
> メーカーより正式な回答:オフィシャルのご案内として「他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。」をご提示させていただいておりますが、今回の一時的に著しく容量を占領するユーザーを調整する為のものであると報告を受けております。

限界突破Wi-Fiの通信速度低下についての現状報告とお詫び 3/28時点
> 不本意ですが、メーカー等供給元からの突然の条件変更により、現状以下の条件が弊社に出来得る最善となります。

メーカー・・・、ここで多くの人が誤解したかもですが、おそらくこのメーカーはuCloudLink社ではないと思います。

というのも、uCloudLink社に問い合わせたところ、uCloudLink社が通信速度を制限したり、各ユーザごとのデータ量などを把握したりはしていないと言っていました。

限界突破WiFiの運営にはまだ問い合わせていないので、このメーカーがuCloudLink社なのかどうか問い合わせてみようと思います。

思っていた事
どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどの販売代理店 → uCloudLink社

実はこっち?
どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどの販売代理店 → 何か → uCloudLink社

この「何か」が間に入って、速度制限をしたり、通信を止めたり、突然の条件変更をしたりしているのではないかと推測しています。あくまで推測です。

ちなみにuCloudLinkに聞いても、販売代理店の言っていることは販売代理店に聞くようにとしか答えません。

限界突破WiFiの回答:メーカーとはuCloudLink社ではない、非公開の会社が存在する

限界突破WiFiに電話で問い合わせたところ、彼らは普通に電話に出てくれました。(どんなときもWiFiは全く繋がりません

格安SIMの管理人「突然の条件変更をしたメーカー等の中にuCloudLink社は含まれていますか?」

限界突破WiFi「uCloudLink社は含まれていません。今回の件とは全く関係ありません

そのあともいくつか聞きましたが、結論は第三の会社が存在します。その会社が突然の条件変更や速度制限などを行なっていました。そして、その第三の会社はuCloudLink社ではありません。非公開の会社です。

どんなときもWiFiや限界突破WiFiなどの販売代理店

非公開の会社(メーカー)

uCloudLink社

どんなときもWiFi側にも、非公開の会社が回線の提供元になっています。

「誤解や事実誤認には法的手段を含めあらゆる手段」の意味

ネット上では様々な誤解を招きかねない記事や事実誤認に基づく心ないコメントが多数見られます。これらの内容は事実無根であり、弊社としては、CloudSIMプラットフォームや通信端末自体は全く問題なく稼働していることをここに声明します。

今後もこのような事態が継続するようであれば、法的手段を含むあらゆる手段を通じて、弊社の権利を保護する必要があると考えております

法的手段を含むと・・・。

ただ、格安SIMの管理人が思うに、uCloudLink社に対しては、そもそも言及している人はほとんどいません。大体の人は、どんなときもWiFiの運営をフルボッコにしているくらいです。

この点をuCloudLinkに問い合わせたところ、

「他のクラウドSIMのポケットWiFi(The WiFiとか)でも障害が発生する可能性が非常に高い」と言ったコメントが事実無根だそうです。

そう言ったコメントや記事に対して、法的手段も含んで対処するかもみたいな。

・・・

他のクラウドSIMも怪しいと言っている人は、それなりにいると思いますが、非常に高いと言っている人はほとんどいない気がしますが・・。

そもそもクラウドSIMに矛先が向いたのは、どんなときもWiFiの運営は障害の報告と原因を“提供元企業”に要求しているし、限界突破WiFiは“メーカー”が速度制限や突然の条件変更をしてきたのが原因と説明しているからだと思います。

この“提供元企業”と“メーカー”がクラウドSIMの実際の提供会社だと誤認して、クラウドSIM怪しい説が出てきたのでは?

uCloudLinkに聞いても、どんなときもWiFiが言っていることはどんなときもWiFiに聞くようにと言われるだけです。。そして、どんなときもWiFiの運営は全く電話に出ようとしません。

ただし、限界突破WiFi側はメーカーはuCloudLink社ではなく、非公開の会社と回答しています。そしてその会社が条件変更や速度制限を行なっていると・・。

うーん・・。

販売代理店は想像以上に何もできないのかもです。。

新たにFUJI WiFiのクラウドプランも通信障害を起こしてプランを廃止

FUJI WiFiは主に物理SIMのプランを提供していますが、クラウドSIMを使ってクラウドプランも提供していましたが、どんなときもWiFiや限界突破WiFiと同じような通信障害が発生して、新規受付を終了してプランを廃止してしまいました。

通信障害の発生時期
2020年4月22日~4月30日

障害内容
「コード12」のメッセージが表示され一時的に通信ができない事象が発生

原因
・弊社快適クラウドプランの運用総数に対し0.5%以下に当たるユーザー様にて著しくネットワークを占有する程の大容量のトラフィック(データ量)の使用が発生。
・新型コロナウイルスにより日本国内において緊急事態宣言が発令され、テレワーク等によるトラフィックの大幅な増加。

補償内容
・通信障害の日数分の返金

対応
・月500GBを超えたデータ使用量が確認できた場合、月末まで利用停止を行う場合があると記載
・安定した回線状況を提供できるようクラウドプランの受付を終了し廃止、廃止したクラウドプランに変わる新しいサービスの開始は6月に予定

FUJI WiFiのクラウドプランでも結局障害が発生して、プランを廃止してしまいました。

0.5%のユーザが原因でサービス自体が潰れた感じです。

ギガ使い放題自体に無理がある

クラウドSIMにせよ、他のモバイル通信にせよ、基本的にギガ使い放題は無理があると思います。

限界突破WiFiの報告
> 2020年3月6日より、限界突破Wi-Fiは下記案内に該当する一部のお客様による不正な超大容 量データ通信が継続的に行われた事(1ユーザー月間4.4TB利用等)によって、メーカーの通信サーバーが著しく不安定になり不具合が断続的に発生致しました。

4.4TB = 約4400GB

ギガをかなりたくさん使う人でも200GBくらいだと思います。それが4400GBです。意味がわかりません。

これにより限界突破WiFiはメーカーから速度制限をくらったそうです。

運営会社はギガが無料で手に入るわけではなりません。どこからか買っています。

非常識に異常にギガを消費されると、設備投資に回せる予算がなくなり、放置すると通信障害、対策するとギガ使い放題なのに使えるギガ数に制限が出てきます。

クラウドSIMを使っているThe WiFiもギガ使い放題のプランです。

The WiFiに問い合わせて、ギガ使い放題は実際には何GB使えるのか聞きましたが、教えてくれませんでした。一般的には十分なギガが使えると言っていましたが、一般的の具体的な定義はないそうです。

The WiFiのオペレーターごとの反応も異なります。1日30GBなら大丈夫というオペレータもいましたが、別のオペレータは1日10GB使うのは自信なさげな反応をしていました。

障害自体に関しては、適切な運営をしていればクラウドSIMでも障害はあまり起きないと思います。

ただし、その適切な運営が正体不明の非公開会社が握っていて、内情がどうなっているのかさっぱりわかりません・・。

※ The WiFiは現在のところ障害は発生していないそうです。(2020年4月上旬での問い合わせ時点)
※ 正体不明の非公開会社が実際の通信の運用をしているのは、どんなときもWiFiと限界突破WiFiの二社です。The WiFiなどがどうなっているのかは知りません。

クラウドSIMの強みはギガ使い放題ではない。海外でも使えて、ちゃんとした構成ならソフトバンク、au、ドコモ回線で使えること

一般的にクラウドSIMの強みはギガ使い放題みたいな感じになってしまっていますが、クラウドSIMの本来の強みは海外でも使えること、そしてちゃんとした構成ならソフトバンク、au、ドコモ回線で使えることだと思います。

格安SIMの管理人は物理SIMのFUJI WiFiを勧めていますが、海外では使えないです。FUJI WiFiはソフトバンクの電波を使っているので、ソフトバンクの電波が届かない場所だと使えません。

クラウドSIMのポケットWiFiなら海外でも1日1000円ちょっとでネットが使えます。クラウドSIMがバランス良くソフトバンク、au、ドコモのSIMで構成されていたら、日本中いろいろな場所に行く人でも、安心して使うことができます。

ただし、クラウドSIMのポケットWiFiの販売代理店によっては、ソフトバンク、au、ドコモのSIMの構成が異なるっぽいです。例えば、どんなときもWiFiは3キャリア対応と言っていますが、ほとんどの場合でソフトバンクの電波です。他の販売代理店のクラウドSIMだと、それなりにauとドコモの電波を掴んだりがあるらしいです。

そして販売代理店によっては、キャリア回線ではなくMVNO回線を使っている場合があるので注意が必要です。

例えば、どんなときもWiFiはドコモ回線は速度が遅い楽天モバイルMVNOを使っています。他の販売代理店はどうなっているのかわかりませんが、ドコモ本家のキャリア回線ではなく、通信速度の遅いMVNO回線になっている可能性があるので注意してください。

注意したところで、実際に使うまでわからないんですけどね・・。(しかも、時期によって変わったる可能性もあるし・・。

基本的には月200GB以下ならFUJI WiFIがおすすめの理由

格安SIMの管理人はモバイル通信のギガ使い放題は無理があると思っています。月200GBを超えるユーザは、諦めてなんとかして光回線を導入することをおすすめします。

ただし、月に使うギガ数が200GB以下の場合は、FUJI WiFiがおすすめです。FUJI WiFiなら、よくわからない理由で通信障害が発生したりしません。速度も速く安定しています。

そして料金も安く、縛りもありません。

弱点は海外では使えないこと、そしてソフトバンクSIM(物理SIM)なのでソフトバンクの電波が届かない場所だと使えないことです。

ただ、そんな頻繁に海外に行く人でなければどうでも良いし、ほとんどの場所でソフトバンクの電波は届きます。

おすすめ:FUJI WiFi、大容量プランが安く速度も速い

最強の格安SIM&格安スマホ&ポケットWiFi、FUJI WiFi

ギガをたくさん使いたい場合に一番おすすめなのがFUJI WiFiです。

縛りなしで、大容量プランが安く、通信速度も速く安定しています。通常の格安SIMと異なり、平日の昼や混雑時でも速度が低下しないので快適にスマホが使えます。

回線の種類:ソフトバンクのLTE回線

FUJI WiFiのSIMプラン
ギガ数20GB50GB100GB200GB
月額料金月1,480円月2,480円月2,980円月3,480円
FUJI WiFiのルータープラン
ギガ数25GB50GB100GB
端末代0円 (レンタル)
月額料金月2,480円月2,980円月3,280円

FUJI WiFiの公式サイト

最高のFUJI WiFiのクーポンとおまとめプランの詳細、2020年のFUJIWiFiのキャンペーンのクーポンコードで初期費用無料+月20GBプランはずーと月500円引き

FUJI WiFi(FUJIWiFi)では、クーポンを利用して契約すると、SIMプランなら初回事務手数料3000円が無料、月20GBプランならずーと月500円引きで使えるキャンペーンを行います。

例えば、SIMプランの20GBプランだと月1480円でずーと使えます(通信速度も速いです)。

2020年5月6日から5月31日までのキャンペーンです。フジワイファイはあまりキャンペーンをしないので、この機会に是非検討してみてください。

2020年5月6日から申込みを再開! 1日で販売する数を売ると受付終了して、翌日再開します。

キャンペーンの詳細を見る

格安SIMの管理人も2020年2月11日から使ってます。FUJI WiFi、すごくいいです。

次点でおすすめ:楽天モバイルUN-LIMIT、ギガ使い放題で1年間無料

楽天回線エリアで楽天電波が使える場所なら、WiMAXと光回線の代わりなります。WiMAXは3日間10GBまでですが、楽天モバイルのギガ使い放題なら1日10GBまで使えて、先着300万人まで1年間無料です。2年目以降でも月2980円で使えます。

楽天モバイルのUN-LIMITのSIMカードをモバイルルータに入れてポケットWiFiとして使うのもアリです。モバイルルータと無線LAN親機を組み合わせてホームルータ化して自宅のWiFiとして使うのも、安くて便利に使えます。

※ 楽天モバイルUNLIMITと楽天モバイルMVNOは別物です。楽天モバイルUNLIMITは速度が速く、楽天モバイルMVNOは遅いです。

楽天モバイルUN-LIMIT、WiMAXと光回線の代わりになる?モバイルルータ&ホームルータ化の完全ガイド、楽天モバイルの1年無料ギガ使い放題を利用する

ギガ使い放題の詳細 → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が1年間無料&楽天ポイント最大2万1300ポイントをプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。キャンペーンの詳細に加えて、楽天回線で使えるおすすめの格安スマホをランキング順に紹介します。
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルのUN-LIMITの料金プランと速度、デメリットとメリットを実際に使って徹底解説

最終更新日 2020年5月4日 / 作成日 2020年4月7日 / 作成者 格安SIMの管理人

46
この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
19 Comment threads
27 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
27 Comment authors
グッドラックオールコネクトを潰す会格安SIMの管理人ろごす 通りすがりのFUJIWIFIユーザー Recent comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
ろごす
ゲスト
ろごす

なんだか見覚えがある文言が並んでいたので、口コミ程度に。
掲載された雑誌?からなのか、問い合わせ結果が同じだからなんですかね。詳細は分かりやすい記事(URL)なのですが、ここのを参考?にしてる???
https://www.itmedia.co.jp/mobile/amp/2004/25/news017.html

 
ゲスト
 
この記事は参考になった/良かった :
     

まぁ確かに無制限!なんて謳ったら違法ダウンロードやらなんやらイケナイコトをガンガンヤる阿呆も居るだろう
だからってそのケツ拭きを普通に使ってるユーザーにまで押し付けるなよ
“1日○GB使ったら制限”はまぁ100歩譲って許す でもせめて速度は5mbpsくらい出してもらわんと話にならないんだよ
なぁ?THE wifiさんよ

お汁粉
ゲスト
お汁粉

4.4テラとかクラウドSImの通信速度平均からすると24時間フル回転を1か月しないと到達できないな。ps4のゲームをダウンロードしたりアップデートするから500ギガくらいは最低保証してほしい。
光回線きてなくてadslもクラウドsim以下の通信速度のド田舎に住んでいるので。

こてつ
ゲスト
こてつ
この記事は参考になった/良かった :
     

帯域の安売りをしすぎて余裕が無くなったように思う。
100GBで今の倍の値段でも良いから安心して使えるプランの方が幸せ。

はらぴー
ゲスト
はらぴー

いわゆる「サブスクリプション」モデル、つまりは料金を集めるけど、実はあまり使わない人も(それなりに)居るから平均を取るとプラスになるようなビジネスモデルなんだろうけど、インフラだったり、そもそも提供しているのが「よくわからない」会社だったりすると、それが魅力的な商品であればあるほど契約する人も「いい方悪い」けどあまり行儀のよくない人が多くを占めるようになるので、サブスクリプションの「うまみ」が出にくくなるんですね。
まぁわかりやすい実験モデルでしたわ。

「原因はクラウドSIMの障害ではない、非公開会社の存在が鍵を握る、ギガ使い放題の問題点、そしてクラウドSIMへの「誤解や事実誤認には法的手段を含めあらゆる手段」の意味するところ」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます