ドコモのAndroidスマホのおすすめランキングと性能評価、機種変更とスマホおかえしプログラム

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではドコモのスマホおかえしプログラムでの機種変更のメリットとデメリット、月500円のケータイ補償、dカード GOLDの無料のケータイ補償を説明して、ドコモのAndroidスマホをおすすめ順にランキンング形式で性能評価しています。

ざっくり説明すると、ドコモのスマホおかえしプログラムは2年ごとに最新の超高性能なAndroidスマホに機種変したい場合に、お得に機種変できます。

月500円のケータイ補償は、ここ3年の間にスマホを壊したり無くしたりしていなければ不要ですが、スマホおかえしプログラムを使う場合は月500円のケータイ補償はほぼ必須な代物になります。

ドコモのスマホを買おうと思っていて、どれをどういう風に買うのが良いのか悩んでいる場合に参考にしてみてください。

ドコモの料金プランのギガホとギガライトを徹底解説&格安SIMとの料金比較

ドコモの機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

ドコモのAndroidスマホの機種変更とスマホおかえしプログラムの目次

スマホおかえしプログラムのメリットとデメリット

スマホおかえしプログラムをざっくり評価すると、2年ごとに最新の超高性能スマホに機種変したい場合は有用なプログラムです。

スマホおかえしプログラムのメリット:最新機種を2年ごとに取り替えられる

スマホおかえしプログラムは、指定端末を36回払いで購入して24回以上を支払うと、それ以降は機種を返却すると、分割残高の支払いが不要になるプログラムです。

おおよそ5万円以上のスマホならスマホおかえしプログラムを適用できます。

スマホおかえしプログラムの主な利用用途は2年ごとの最新機種への機種変です。

iPhoneなら2年経っても半額程度で売却できたりしますが、Androidスマホの場合は2年普通に使うと買値の3分の1以下になります。

2年ごとにAndroidスマホを機種変するなら、スマホおかえしプログラムを使ったほうが割安に機種変することができます。

ドコモのAndroidスマホの目次

スマホおかえしプログラムのデメリット(?):査定条件を満たさないと2万円の故障利用料がかかる

スマホおかえしプログラムを利用するには、スマホを返却する必要がありますが、そのスマホがドコモの査定条件を満たしていない場合は2万円の故障利用料が発生します。

査定条件がどの程度厳しいのかわかりませんが、ディスプレイにヒビでも入っていたらおそらくアウトです。

ただし、Androidスマホの場合は、月500円のケータイ補償サービスに入っていれば故障利用料が2000円になります。

2年間の補償サービスの合計:500円x24ヶ月=1万2000円

スマホおかえしプログラムを利用する場合は、月500円のケータイ補償サービスの加入がほぼ必須になります。

ただ、これはデメリットというほどでもないです。そもそもスマホおかえしプログラムを適用できる端末は10万円前後の端末です。10万円前後のスマホなら月500円程度のケータイ補償に入るのは悪くない判断です。

ドコモのAndroidスマホの目次

スマホおかえしプログラムのデメリット:2年ごとに機種変するのは、そもそももったいない

最近のスマホは高性能で電池持ちも良いので、2年ごとに機種変するのはもったいないです。3年半くらいで機種変するのが今の平均的な機種変までの期間です。

3万円〜4万円の普通性能のスマホなら2年で機種変する可能性も高いですが、3万円〜4万円のスマホはスマホおかえしプログラムは適用できません。

スマホおかえしプログラムは長く使える超高性能なスマホだけ2年で機種変を促していて無意味に近いです。

一部の最新機種をできるだけ早く使いたい人にはメリットがありますが、大半の人にはスマホおかえしプログラムのメリットはありません。

ドコモに返却すれば36回払いのうち最大12回分を支払わなくて良いので、お客様負担額を本体価格の3分の2にしているので注意してください。大半の人は36回払いの全額を払うことになるので、3分の2の安さはマヤカシです。

ドコモのAndroidスマホの目次

スマホおかえしプログラムのデメリット:dカード GOLDの無料のケータイ補償は使えない

ドコモのスマホが壊れた場合、交換機種をdカード GOLDで一括払いで支払えば、最大10万円まで無料でケータイ補償を適用できます。

スマホおかえしプログラムは一括ではなく36回払いになるので、dカード GOLDの無料のケータイ補償のメリットを享受することができなくなります。

ドコモのAndroidスマホの目次

ドコモの有料のケータイ補償は必要?

5万円以下の端末は有料のケータイ補償は不要

5万円以下の端末はケータイ補償へ不要です。

まともな保護ケースに入れて、そして万が一に備えてdカード GOLDを持って無料のケータイ補償を適用できるようにしておけば十分です。

高額なスマホでなければ、年間6000円かかる有料のケータイ補償は必要ありません。

※ スマホを壊したり無くすことが多い人は、5万円以下のスマホでも有料のケータイ補償に入ってください・・。

5万円を超える端末の場合は有料のケータイ補償を検討する

スマホおかえしプログラムで2年ごとに機種変しようと思っている場合は、有料のケータイ補償はほぼ必須です。

まともな保護ケースに入れて使っていれば、スマホを落としても画面が割れる可能性は相当程度低くなりますが、保護ケースありでも少しヒビが入る可能性があります。

少しヒビが入っても、普通に使う分には問題ありませんが、スマホおかえしプログラムで返却するときに2万円の故障利用料を取られる可能性が高いです。

スマホをできるだけ長く使おうと思っている場合

ここ3年で5万円以上するスマホを壊したり無くしたことがある人は、有料のケータイ補償に入ったほうがいいです。

3年以内に壊したり紛失したことがない人の場合は、有料のケータイ補償保護には入らずに、3年間の無料の端末保証を受けられるdカード GOLDに加入して、スマホを保護ケースに入れて使うのが経済的です。

おそらくスマホを壊したり無くしたりする人は決まっています。

ドコモのAndroidスマホの目次

dカード GOLDを持っていると、無料のケータイ補償3年間(最大10万円まで補償)が使える

dカード GOLDを持っていると、無料でケータイ補償3年間(最大10万円)を適用することができます。

ケータイ補償3年間は、スマホが全損等で修理不能な状態になった場合に、同一品で同一カラーと交換できる補償です。(同一品がない場合は指定の同等品と交換)

全損に近いくらい破損していないと無料で交換にはならないので、ケータイ補償3年間は基本的におまけレベルです。

ただし、故障原因のほとんどは落下が原因です。スマホやiPhoneを保護ケースに入れて使えば、ほとんど壊れなくなります。

ほとんどの場合で保護ケースで壊れなくなりますが、スマホは精密機械なので運が悪いと勝手に壊れて、外観上は問題ないのに内部で全損に近い状態なる可能性が少しだけあります。

そんな場合に交換品をdカード GOLDで一括払いした場合、交換品の機種代金が最大10万円までキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバックの限度額:dカード GOLDでドコモの(壊れた)機種の交換機種を一括払いした金額 or 10万円

このうち少ない金額が適用されます。

例えば、壊れた機種の交換品が一括払いで7万円だった場合、7万円がキャッシュバックされます。もし12万円だった場合は、最大額の10万円がキャッシュバックされます。

万が一に備えてdカード GOLDを持っておくと安心です。

dカード GOLDの詳細と申し込み → dカード GOLD

ドコモの料金がもっとお得になるdカード GOLDを徹底解説

ドコモのAndroidスマホの目次

ドコモの普通性能〜高性能な機種のおすすめランキング

普通に使う分なら、普通性能〜高性能な機種でも十分満足して使える感じになっています。写真も普通程度に撮れるし、大抵のゲームも普通に遊べます。

ただ、写真を撮るのが大好きだったり、ゲームをするのが大好きだったりする場合は、性能不足を感じるシーンが出てくる可能性があります。そんな場合は超高性能なスマホを検討してみてください。

普通に使えれば十分な場合は、比較的安く買える普通性能〜高性能な機種がおすすめです。

2019年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:SDM835、SDM845、SDM855(SD8150)
Kirin:Kirin970、Kirin980、Kirin990
iPhone:8、X、XR、XS、XS Max、11、11 Pro、11Pro Max
高性能
Snapdragon:SDM665、SDM660、SD820、SDM670、SDM710
Kirin:Kirin950、Kirin955、Kirin960、Kirin810
iPhone:7
比較的高性能
Snapdragon:SD630、SDM632、SD650、SDM636
Kirin:Kirin710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE
普通性能
Snapdragon:SDM450、SD625
Kirin:Kirin650、Kirin655、Kirin658、Kirin659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
低性能
Snapdragon:SD400、SD410、SD430、SD435

※ 右に行くほど高性能。このサイトではSDMとSDは同じものと扱ってください・・。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

おすすめ No.1:AQUOS sense3 (比較的高性能)

AQUOS sense3
  • AQUOS sense3の機種代金
  • 機種代金:31,680円
  • ケータイ補償:月500円
  • AQUOS sense3の性能
  • CPU:Snapdragon SDM630
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • 画面:5.5インチ IGZO (解像度1080×2160)
  • カメラ:1200万画素(F値2.0)+超広角カメラ1200万画素(F値2.4)、自撮り用800万画素(F値2.2)
  • サイズ:147 x 70 x 8.9mm / 167グラム
  • 電池持ち時間:180時間 (4000mAh)
  • 連続待受時間:未発表
  • テレビ:非対応
  • 発売日:2019年11月上旬 (事前予約可)

AQUOS sense3の簡単評価
ドコモのスマホで一番おすすめなのがAQUOS sense3です。価格も比較的安く、普通の人が使う分には十分な性能を持っています。電池持ちも超良いです。

AQUOS sense3の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

おすすめ No.2:Google Pixel 3a (高性能)

Google Pixel 3a
  • Google Pixel 3aの機種代金
  • 機種代金:46,728円 (MNPで乗り換えだと31,680円)
  • ケータイ補償:月500円
  • Google Pixel 3aの性能
  • CPU:Snapdragon SDM670
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • 画面:5.6インチ 有機EL (解像度1080×2220)
  • カメラ:1220万画素(F値1.8)、自撮り用800万画素(F値2.0)
  • サイズ:151.3 x 70.1 x 8.2mm / 147グラム
  • 電池持ち時間:非公開 (3000mAh)
  • 連続待受時間:240時間
  • テレビ:非対応
  • 発売日:2019年6月7日

Google Pixel 3aの簡単評価
価格が4万円台で手頃なのに加えて、CPUも高性能です。そして夜景にかなり強いカメラ性能になっています。10万円前後のスマは高いと思っている人で、できるだけ性能を重視したい場合に一番おすすめなのがPixel 3aです。(防水には対応していません)

Pixel 3aの機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

格安SIMの管理人のPixel 3aの購入レビュー、スペック比較とカメラサンプル、SIMフリー/ドコモ/ソフトバンク価格

ドコモのAndroidスマホの目次

おすすめ No.3:Xperia Ace (比較的高性能)

Xperia Ace SO-02L
  • Xperia Ace SO-02Lの機種代金
  • 機種代金:49,896円 (MNPで乗り換えだと35,728円)
  • ケータイ補償:月500円
  • Xperia Ace SO-02Lの性能
  • CPU:Snapdragon SD630
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • 画面:5.0インチ TFT (解像度1080×2160)
  • カメラ:1200万画素(F値1.8)、自撮り用800万画素(F値2.4)
  • サイズ:140 x 67 x 9.3mm / 154グラム
  • 電池持ち時間:125時間 (2700mAh)
  • 連続待受時間:410時間
  • テレビ:非対応
  • 発売日:2019年6月1日

Xperia Ace SO-02Lの簡単評価
Xperia Aceを検討する場合、基本的には性能が似ていて、安くて電池持ちが良くなっているAQUOS sense3を検討するのをお勧めします。

MNPで乗り換える場合は、Xperia Aceの機種代金が安くなるので、乗り換えの場合にXperia Aceを検討してみてください。

Xperia Aceの機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

Xperia Aceの詳細スペックと評価レビュー、コンパクトさを重視する場合におすすめ

ドコモのAndroidスマホの目次

おすすめ No.4:arrows Be3 F-02L (普通性能)

arrows Be3 F-02L
  • arrows Be3 F-02Lの機種代金
  • 機種代金:34,056円 (MNPで乗り換えだと23,056円)
  • ケータイ補償:月500円
  • arrows Be3 F-02Lの性能
  • CPU:Snapdragon SDM450
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • 画面:5.6インチ 有機EL (解像度1080×2220)
  • カメラ:1220万画素(F値1.9)、自撮り用810万画素(F値2.0)
  • サイズ:147 x 70 x 8.9mm / 145グラム
  • 電池持ち時間:130時間 (2780mAh)
  • 連続待受時間:610時間
  • テレビ:ワンセグ対応(録画不可)
  • 発売日:2019年6月7日

arrows Be3 F-02Lの簡単評価
落としても壊れにくいのがarrows Be3の強みです。スマホを壊しやすい人におすすめです。

ただ、他のスマホも保護ケースに入れて使えば、基本的には落としても壊れなくなります。基本的には、同じような価格で性能が良く電池持ちが良いAQUOS sense3がおすすめです。

arrows Be3はMNPで乗り換えだと安くなるので、乗り換えの場合でできるだけ機種代金を安く抑えたい場合にarrows Be3を検討してみてください。

もしくは、できるだけ安いワンセグ対応機種が欲しい場合に検討してみてください。

arrows Be3の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

おすすめ No.5:Galaxy A20 SC-02M (普通性能)

Galaxy A20 SC-02M
  • Galaxy A20 SC-02Mの機種代金
  • 機種代金:21,384円
  • ケータイ補償:月500円
  • Galaxy A20 SC-02Mの性能
  • CPU:Exynos 7884B
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • 画面:5.8インチ TFT (解像度720×1560、HD+)
  • カメラ:800万画素(F値1.9)、自撮り用500万画素(F値2.0)
  • サイズ:150 x 71 x 8.1mm / 151グラム
  • 電池持ち時間:140時間 (3000mAh)
  • 連続待受時間:360時間
  • テレビ:非対応
  • 発売日:2019年11月1日

Galaxy A20 SC-02Mの簡単評価
安さを最重視したのがGalaxy A20です。CPUは普通性能、画面は低解像度、カメラも撮れればいい程度の性能になっています。

スマホをほとんど使わない場合に検討してみてください。ただ、安さを重視する場合でもAQUOS sense3にした方が無難です・・。

Galaxy A20の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

おすすめ No.6:LG style2 (普通性能)

LG style2 L-01L
  • LG style2 L-01Lの機種代金
  • 機種代金:38,016円 (MNPで乗り換えだと27,016円)
  • ケータイ補償:月500円
  • LG style2 L-01Lの性能
  • CPU:Snapdragon SDM450
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • 画面:6.0インチ TFT
  • カメラ:ダブルレンズ標準1620万画素(F値2.2)+1310万画素(F値1.9)、自撮り用810万画素(F値1.9)
  • サイズ:158 x 76 x 8.5mm / 182グラム
  • 電池持ち時間:135時間 (3900mAh)
  • 連続待受時間:420時間
  • テレビ:ワンセグ対応(ROMに保存)
  • 発売日:2019年7月

LG style2 L-01Lの簡単評価
微妙です。より高性能で電池持ちがより良いAQUOS sense3が発売される今となっては、機種代金だけが高いLG style2を選ぶメリットはほとんどありません。

できるだけ安いワンセグ対応機種が必要な場合で、電池持ちを重視する場合に検討してみてください。

LG style2の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

ドコモの“超”高性能機種のおすすめランキング

ドコモの“超”高性能機種ならスマホをたくさん使っても、何でもサクサク使えます。ゲーム性能も超良いので劇重いゲームも快適に遊べます。カメラ性能も超良いです。

SDM855が最新のCPUです。SDM845は2018年に発売された超高性能機種です。

SDM845でも何でもサクサク使えますが、SDM855の最新モデルと機種代金があまり変わらないので、超高性能スマホを検討している場合はSDM855のスマホを検討することをオススメします。

超高性能おすすめ No.1:Xperia 5

Xperia 5 SO-01M
  • Xperia 5 SO-01Mの機種代金
  • 機種代金:87,912円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • Xperia 5 SO-01Mの性能
  • CPU:Snapdragon SDM855
  • RAM:6GB
  • ROM:64GB
  • 画面:6.1インチ 有機EL (解像度2520×1080)
  • カメラ:トリプルレンズ標準1220万画素(F値1.6)+望遠1220万画素(F値2.4)+超広角1220万画素(F値2.4)、自撮り用800万画素(F値1.8)
  • サイズ:158 x 68 x 8.2mm / 164グラム
  • 電池持ち時間:130時間 (3000mAh)
  • 連続待受時間:380時間
  • テレビ:ワンセグとフルセグ対応(録画は不明)
  • 発売日:2019年11月1日

Xperia 5 SO-01Mの簡単評価
幅が68ミリの縦長のコンパクトスマホです。超高性能なスマホの中でも価格は少し安めになっています。できるだけ大きな画面でコンパクトなスマホが欲しい場合におすすめです。

Xperia 5の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.2:Galaxy Note10+

Galaxy Note10+ SC-01M
  • Galaxy Note10+ SC-01Mの機種代金
  • 機種代金:121,176円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • Galaxy Note10+ SC-01Mの性能
  • CPU:Snapdragon SDM855
  • RAM:12GB
  • ROM:256GB
  • 画面:6.8インチ 有機EL (解像度2520×1080)
  • カメラ:トリプルレンズ標準1200万画素(F値1.5⇄2.4)+望遠1200万画素(F値2.1 / 光学2倍ズーム)+超広角1600万画素(F値2.2)+ToFカメラ(深度測定用)、自撮り用1000万画素(F値2.2)
  • サイズ:162 x 77 x 7.9mm / 197グラム
  • 電池持ち時間:145時間 (4300mAh)
  • 連続待受時間:360時間
  • テレビ:非対応
  • 発売日:2019年11月1日

Galaxy Note10+ SC-01Mの簡単評価
Androidスマホ最強スペックがGalaxy Note10+ SC-01Mです。

最新のSDM855、RAMは超大容量の12GB、ROMも256GB、大容量電池、そして冷却システムも強化されています。最高性能のスマホを検討している場合に、Galaxy Note10+が一番おすすめです。

Galaxy Note10+の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.3:Galaxy S10

Galaxy S10 SC-03L
  • Galaxy S10 SC-03Lの機種代金
  • 機種代金:90,288円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • Galaxy S10 SC-03Lの性能
  • CPU:Snapdragon SDM855
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • 画面:6.1インチ 有機EL (解像度1440×3040)
  • カメラ:トリプルレンズ標準1200万画素(F値1.5⇄2.4)+望遠1200万画素(F値2.4)+超広角1600万画素(F値2.2)、自撮り用1000万画素(F値1.9)
  • サイズ:150 x 70 x 7.8mm / 158グラム
  • 電池持ち時間:120時間 (3300mAh)
  • 連続待受時間:340時間
  • テレビ:ワンセグとフルセグ対応(ROMに保存)
  • 発売日:2019年6月1日

Galaxy S10 SC-03Lの簡単評価
カメラ性能に定評があるGalaxyの最新モデルです。F値が変わるので、明るい場所でも暗い場所でも綺麗に撮ることができます。光学2倍ズームに対応。カメラ性能を最重視する場合は、Galaxyがオススメです。SDM855の超高性能CPUを搭載。ディスプレイ指紋認証も対応。

Galaxy S10の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

Galaxy S10 / S10+の詳細レビュー、性能評価とカメラサンプル、機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.4:Galaxy S10+ / Olympic Games Edition

Galaxy S10+ SC-04L
  • Galaxy S10+ SC-04Lの機種代金
  • 機種代金:102,960円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • Galaxy S10+ SC-04Lの性能
  • CPU:Snapdragon SDM855
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • 画面:6.4インチ 有機EL (解像度1440×3040)
  • カメラ:トリプルレンズ標準1200万画素(F値1.5⇄2.4)+望遠1200万画素(F値2.4)+超広角1600万画素(F値2.2)、自撮り用1000万画素(F値1.9)+800万画素(F値2.2)
  • サイズ:158 x 74 x 7.8mm / 175グラム
  • 電池持ち時間:140時間 (4000mAh)
  • 連続待受時間:430時間
  • テレビ:ワンセグとフルセグ対応(ROMに保存)
  • 発売日:2019年6月1日

Galaxy S10+ SC-04Lの簡単評価
基本性能はGalaxy S10と同じですが、Galaxy S10よりも画面が大きくなり、電池持ちがアップしています。自撮り用に深度カメラが付いているので自撮りがより綺麗に撮れます。スマホをたくさん使いたい場合にオススメです。

Galaxy S10+の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

Galaxy S10+オリンピックモデル→ドコモオンライン

Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lは1万台限定のオリンピックモデルです。基本性能は同じですが、本体カラーなどのカラーリングがオリンピック風になっています。

オリンピックモデルの価格は117,216円です。通常モデルよりも高くなります。

Galaxy S10 / S10+の詳細レビュー、性能評価とカメラサンプル、機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.5:Google Pixel 3 / 3 XL

Google Pixel 3 / 3 XL
  • Google Pixel 3の機種代金
  • 機種代金:71,280円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • Google Pixel 3の性能
  • CPU:Snapdragon SDM845
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • 画面:5.5インチ 有機EL (解像度1080×2160)
  • カメラ:1220万画素(F値1.8)、自撮り用800万画素(F値1.8)+800万画素広角(F値2.2)
  • サイズ:145.6 x 68.2 x 7.9mm / 148グラム
  • 電池持ち時間:非公開 (2915mAh)
  • 連続待受時間:288時間
  • テレビ:非対応
  • 発売日:2019年6月14日

Google Pixel 3の簡単評価
Pixel 3はSDM845なので、最新のSDM855よりも性能は一段落ちますが、それでも超高性能です。性能が一段落ちる分、機種代も他の超高性能スマホ等比べて安くなっています。

超高性能スマホで、できるだけ機種代金を抑えたい場合にPixel 3がおすすめです。

Pixel 3 XLはPixel 3と基本性能が同じですが、画面が6.3インチに広くなって、電池容量が3430mAhにアップしています。Pixel 3 XLの価格は98,208円と高くなっているのでおすすめ度は低いです。

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.6:P30 Pro

P30 Pro HW-02L
  • P30 Pro HW-02Lの機種代金
  • 機種代金:90,288円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • P30 Pro HW-02Lの性能
  • CPU:Kirin980
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • 画面:6.5インチ 有機EL (解像度1080×2340)
  • カメラ:トリプルレンズ標準4000万画素(F値1.6)+望遠800万画素(F値3.4)+超広角2000万画素(F値2.2)+ToFカメラ(深度測定用)、自撮り用3200万画素(F値2.0)
  • サイズ:158 x 73 x 8.6mm / 192グラム
  • 電池持ち時間:165時間 (4100mAh)
  • 連続待受時間:440時間
  • テレビ:非対応
  • 発売日:2019年9月13日

P30 Pro HW-02Lの簡単評価
スマホでカメラ性能最高はGalxy Note10+とP30 Proの二機種がトップ2です。特に夜景と50倍のズーム性能は、P30 Proが一番優れています。

CPUも超高性能で、電池持ちもかなり良いですが、カメラ性能を特に重視する場合にP30 Proを検討してみてください。

P30 Proの機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.7:Xperia 1

Xperia 1 SO-03L
  • Xperia 1 SO-03Lの機種代金
  • 機種代金:103,752円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • Xperia 1 SO-03Lの性能
  • CPU:Snapdragon SDM855
  • RAM:6GB
  • ROM:64GB
  • 画面:6.5インチ 有機EL (解像度1644×3840)
  • カメラ:トリプルレンズ標準1220万画素(F値1.6)+望遠1220万画素(F値2.4)+超広角1220万画素(F値2.4)、自撮り用800万画素(F値2.0)
  • サイズ:167 x 72 x 8.2mm / 178グラム
  • 電池持ち時間:100時間 (3200mAh)
  • 連続待受時間:380時間
  • テレビ:ワンセグとフルセグ対応(外部メモリに保存)
  • 発売日:2019年6月14日

Xperia 1 SO-03Lの簡単評価
21:9の縦長ディスプレイです。スマホがスリムな感じで縦に長いです。カメラはトリプルレンズカメラで光学2倍ズームと超広角カメラにも対応しています。SDM855の超高性能CPUを搭載しています。

基本的には少しコンパクトになり、価格も安くなるXperia 5が良いですが、画面が大きめの縦長スマホを重視する場合にXperia 1を検討してみてください。

Xperia 1の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

Xperia 1の実機レビュー、性能評価とカメラサンプル、機種変/新規/MNP&キャンペーン情報

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.8:AQUOS R3

AQUOS R3 SH-04L
  • AQUOS R3 SH-04Lの機種代金
  • 機種代金:90,288円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • AQUOS R3 SH-04Lの性能
  • CPU:Snapdragon SDM855
  • RAM:6GB
  • ROM:128GB
  • 画面:6.2インチ Pro IGZO (解像度1440×3120)
  • カメラ:ダブルレンズ標準1220万画素(F値1.7)+動画用レンズ2010万画素(F値2.4)、自撮り用1630万画素(F値2.0)
  • サイズ:156 x 74 x 8.9mm / 185グラム
  • 電池持ち時間:135時間 (3200mAh)
  • 連続待受時間:520時間
  • テレビ:ワンセグとフルセグ対応(録画不可)
  • 発売日:2019年6月1日

AQUOS R3 SH-04Lの簡単評価
動画専用レンズで動画を撮りながら、写真専用レンズで写真を撮ることができます。動画と写真を両方楽しみたい場合にオススメです。電池持ちもかなり良く、SDM855の超高性能CPUを搭載。

AQUOS R3の機種変/新規/MNP→ドコモオンライン

ドコモのAndroidスマホの目次

超高性能おすすめ No.9:Xperia XZ3

Xperia XZ3 SO-01L
  • Xperia XZ3 SO-01Lの機種代金
  • 機種代金:90,288円 (スマホおかえしプログラム対応)
  • ケータイ補償:月500円
  • Xperia XZ3 SO-01Lの性能
  • CPU:Snapdragon SDM845
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • 画面:6.0インチ 有機EL (解像度1440×2880)
  • カメラ:1920万画素(F値1.9)、自撮り用1320万画素
  • サイズ:158 x 73 x 9.9mm / 193グラム
  • 電池持ち時間:100時間 (3200mAh)
  • 連続待受時間:440時間
  • テレビ:ワンセグとフルセグ対応(外部メモリに保存)
  • 発売日:2018年11月9日

Xperia XZ3 SO-01Lの簡単評価
旧モデルのXperia XZ3 SO-01Lは割安にもなっていないので買うメリットはありません。Xperia XZ3 SO-01Lを検討する場合はXperia 5を検討してください。

ドコモのAndroidスマホの目次

申し込みに必要なもの、ドコモオンラインショップで機種変更/新規/他社から乗り換え

ドコモのスマホやiPhoneはドコモショップ、またはドコモオンラインショップで申し込むことができます。

ドコモショップの実店舗で申し込むと、3000円〜1万円の頭金(割増代金)がかかるのに加えて、事務手数料が2000円〜3000円かかります。さらにドコモショップでは待ち時間で1〜2時間程度かかったりするので、基本的にはドコモオンラインショップで申し込むのがオススメです。

ドコモオンラインショップでオンラインで申し込むと、頭金がかからないのに加えて、事務手数料も無料、自分で5分〜10分くらいで手続きができます。

購入時の注意点:事務手数料と頭金

  • 事務手数料について
  • 機種変更の場合:2000円 ← ドコモオンラインショップなら無料
  • 新規契約の場合:3000円 ← ドコモオンラインショップなら無料
  • 他社から乗り換え(MNP):3000円 ← ドコモオンラインショップなら無料
  • 頭金について
  • 頭金:3000円〜1万円 ← ドコモオンラインショップなら無料

ドコモショップごとに頭金の金額がかわります。ドコモだと頭金は端末代金の一部支払いという意味ではありません。単なる割り増し代金です。

例えば端末代金が5万円の場合、ドコモショップで申し込むと頭金を含めて6万円になったりします。ドコモオンラインショップなら頭金が無料なので、5万円で済みます。

ドコモの機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

ドコモのAndroidスマホの目次

機種変更するのに必要なもの

機種変更の場合は、支払いをするのにクレジットカードまたは銀行口座が必要です。基本的にはdカード GOLDで支払うことをオススメします。

ドコモオンラインショップへ行き、dアカウントのIDとパスワードでログインして、気に入った機種を申し込みます。

最短2日で機種が届きます。

現在の利用状況によってはドコモUIMカード(SIMカード)も商品と一緒に届く場合があります。この場合、利用開始手続きが必要になります。詳細は同封されている用紙に記載されているので、それに従って手続きをするだけです。

ドコモのAndroidスマホの目次

新規(追加)契約するのに必要なもの

新規(追加)契約の場合は、本人確認書類と本人名義のクレジットカードまたは銀行口座が必要です。

本人確認書類1点
運転免許証、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書

※ 健康保険証で支払方法に口座振替を選択した場合は、補助書類(公共料金領収書・住民票)が必要です。

本人確認書類のコピーを郵送することもできますが、郵送だと時間がかかるので、普通はデジカメやスマホで本人確認書類の写真をとって、その写真をアップロードをします。アップロードの仕方は下記に掲載しているのでご確認ください。

ドコモオンライン:本人確認書類のアップロードについて

本人確認書類の用意ができたら、ドコモオンラインショップで気に入った機種を申し込んで、本人確認書類をアップロードします。

公式サイトには10日程度で機種が届くと記載されていますが、実際に新規契約でドコモオンラインショップで申し込んだところ3日程度で届きました。

手元に機種が届いたら、同封されている用紙に従って利用開始の手続きを行うと、スマホが使えるようになります。

ドコモのAndroidスマホの目次

他社から乗り換えるのに必要なもの(MNP)

他社からドコモへ乗り換える場合は、MNP予約番号、本人確認書類と本人名義のクレジットカードまたは銀行口座が必要です。

MNP予約番号は現在契約中のキャリア(au、ソフトバンク、ワイモバイル、MVNO各社)からもらいます。MVNO各社だとMNP予約番号の発行に4日ほどかかる場合があるので注意してください。

本人確認書類1点
運転免許証、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書

※ 健康保険証で支払方法に口座振替を選択した場合は、補助書類(公共料金領収書・住民票)が必要です。

本人確認書類はデジカメやスマホで本人確認書類の写真をとって、その写真をアップロードをします。(ドコモオンライン:本人確認書類のアップロードについて)

本人確認書類の用意ができたら、ドコモオンラインショップへ行き、気に入った機種を選んでMNP予約番号を使って申し込んで、本人確認書類をアップロードします。

10日程度で機種が届きます。(実際はおそらく3日〜4日程度で届くと思います)

手元に機種が届いたら、同封されている用紙に従って利用開始の手続きを行うと、スマホが使えるようになります。

※ ドコモ系のMVNOからだとドコモオンラインショップでMNPの手続きはできないので気をつけてください。ドコモ系のMVNOでMNPでドコモに乗り換えたい場合は、ドコモショップで手続きをする必要があります。

ドコモのAndroidスマホの目次

ドコモの支払いはdカード GOLDがお得!

ドコモの機種代は、代金引換払い等でも支払うことができますが、dカード GOLDで支払うのがおすすめです。

機種代をdカード GOLDで一括払いするとdポイントも100円につき通常ポイントで2ポイントもらえます。

dカード GOLDを持っておけば、ケータイ補償3年間を適用できて、ドコモ利用料金の10%がポイント還元でもらえます。

dカード GOLDの詳細と申し込み → dカード GOLD

ドコモの料金がもっとお得になるdカード GOLDを徹底解説

ドコモのAndroidスマホの目次

ドコモオンラインショップで適用されるキャンペーン特典

ドコモオンラインショップなら頭金も事務手数料も無料です。送料も無料です。ネットで5分〜10分くらいで簡単に申し込むことができます。

現在ドコモでは下記の通常キャンペーンのみ行っています。

キャンペーン① はじめてスマホ割:ガラケーユーザなら最大12ヶ月間、月額料金1000円引き

ドコモのガラケー(FOMA)からドコモのスマホ(Xi)に契約変更する場合、もしくは他社のケータイ(ガラケー/フィーチャーフォン)からドコモへ乗り換えでスマホを新規契約(Xi)すると、はじめてスマホ割で最大12ヶ月間、月額料金が1000円引きになります。

※ ドコモのガラケーを18か月以上利用している場合、もしくは他社のケータイからドコモへのMNPの場合は他社のケータイを目視で確認する必要があります。

キャンペーン② ギガホ割:ギガホを申し込むと最大6ヶ月間、月額料金1000円引き

ドコモのギガホにプラン変更や新規契約をすると、ギガホの月額料金が最大6カ月1000円引き(合計6000円の割引)になります。初めてスマホ割との併用もできます。

キャンペーンの詳細はこちら → ドコモオンラインショップ

ドコモのAndroidスマホの目次

昔紹介していたドコモのAndroidスマホの記録

最終更新日 2019年10月15日 / 作成日 2019年2月4日 / 作成者 格安SIMの管理人
「ドコモのAndroidスマホのおすすめランキングと性能評価、機種変更とスマホおかえしプログラム」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ