ドコモの超高性能スマホが超安い「Special Price」のスマホのおすすめランキング、機種変更・新規・乗り換えで本体価格の実質負担金が648円から

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモの超安いスマホ

ドコモのスマホは、最新のスマホから、「Special Price」のスマホ、iPhone、ドコモwith対象機種など、いろいろな選択肢があります。

ここではドコモの最新のスマホやドコモwith対象機種を簡単に説明しながら、超高性能スマホが超安く買える「Special Price」のスマホを主に紹介していきます。

ドコモの「Special Price」のスマホは最新のスマホよりも1世代以上前のスマホが対象です。8万円前後するスマホが月々サポートや購入サポートで実質1万円前後で買うことができます。

最近のスマホは超高性能すぎて、1世代前のスマホだろうと超高性能だったりします。なのに価格は最新スマホよりも大幅に安く叩き売っています。安いから落とし穴があるとかではなく、単に安いだけです。

ドコモのスマホを買おうと思っていて、どれを買うのが一番お得か悩んでいる場合に参考にしてみてください。

ドコモは2019年4月〜6月に機種代金が大幅に値上げになる可能性が高いです(ほぼ確実)。ドコモで機種変更や新規契約、乗り換えを検討している場合は、機種代金の値上げが行われる前に動くことをオススメします。

Special Priceはこちら → ドコモオンラインショップ

ドコモの「Special Price(超お得価格)」のスマホの目次

ドコモの「Special Price」のスマホの特徴とメリット

  • 超高性能のドコモのスマホが超安く手に入る
  • 写真をよく撮ったり、スマホをたくさん使う場合は超高性能のドコモのスマホがおすすめ
  • 他社からドコモへ乗り換える場合は「Special Price」のスマホが特にお得
  • ドコモのガラケーから機種変する場合も「Special Price」のスマホが特にお得

ドコモの「Special Price」のスマホの注意点とデメリット

  • ドコモwith対象機種にしたほうが長期的にみて安くなる場合がある
  • 「Special Price」にないドコモのiPhoneがかなり安くなっている場合がある
  • 2019年4月〜6月にあるドコモの料金体系の変更で機種代金が大幅に割高になる可能性が高い

ドコモの「Special Price」のスマホの結論 vs ドコモwith対象機種

ドコモでスマホ(iPhone含む)を買う場合、大雑把な選択肢は3つです。最新のスマホ、「Special Price」のスマホ、そしてドコモwith対象機種のスマホです。

①ドコモの最新のスマホの特徴

ドコモの最新のスマホは10万円前後しますが、月々サポートや購入サポートで実質5万円前後で買うことができます。性能は超高性能です。写真をたくさん撮ったり、スマホをたくさん使う場合におすすめ。

ただ、最新のスマホはほとんどの人にとってオーバースペックです。

「Special Price」になって安くなっている1世代前のスマホでも十分以上に超高性能なので、ドコモの最新のスマホは正直あまりオススメではありません。(お金がたくさんあれば、最新のスマホでも良いのですけど・・)

②ドコモの「Special Price」のスマホの特徴

ドコモの「Special Price」のスマホは最新のスマホよりも1世代以上前のスマホが対象です。8万円前後するスマホが月々サポートや購入サポートで実質1万円前後で買うことができます。

性能は最新のスマホより1段劣りますが、それでも十分に超高性能です。写真をたくさん撮ったり、スマホをたくさん使う場合におすすめ。

最新のスマホを選ぶメリットは、“最新”というラベルくらいの意味しかありません。1世代前のスマホより性能が多少良くなっていますが、1世代前のスマホでも超高性能なので、それが少し良くなったところで、体感差はもはや謎です。

そのためドコモで一番売れているスマホは「Special Price」のスマホです。ドコモwith対象機種と最新のスマホが2番手を争っている感じです。

※ 本当に一番売れているスマホはiPhone8とiPhoneXRです。iPhone8はカテゴリー的には「Special Price」に入りますが、何らかの事情で別枠になっているようです。iPhoneXRはiPhoneXシリーズが高すぎて売れないため、iPhoneXRだけ安くして叩き売っている最中です。

③ドコモwith対象機種の特徴

ドコモwith対象機種は、ミドルスペックのスマホとiPhone6sが対象です。3万5000円前後で買うことができます。

最新のスマホや「Special Price」のスマホは月々サポート(拘束期間1年)や端末購入サポート(拘束期間1年)で安く買うことができますが、拘束期間を過ぎると割引が適用されなくなります。

ドコモwith対象機種の場合、スマホの利用料金が月1620円引き(税込)がずーと続きます。2年でも3年でも4年でも毎月1620円引きになります。同じスマホを使い続けるほどお得な割引プランです。

性能はミドルスペックですが、最近のスマホはミドルスペックでも高性能です。普通に使う分にはミドルスペックのスマホで十分です。

スマホをたくさん使いたいとか、綺麗な写真をたくさん撮りたいとかだと、Special Priceのスマホがおすすめですが、普通程度に使えれば良い場合は長く使うほどお得なドコモwith対象機種がおすすめです。

docomo with (ドコモウィズ)の結論と詳細評価、最安維持の料金比較と機種変更のポイント

ドコモのスマホを買う時の最適解(結論)

ドコモを使っていて機種変更する場合
・スマホをよく使う → 「Special Price」のスマホとiPhone8
・写真をよく撮る → 「Special Price」のスマホとiPhone8
・普通程度に使えれば良い場合 → ドコモwith対象機種

新規契約の場合 → ドコモのiPhone XR
他社からドコモへ乗り換える場合 → 「Special Price」のスマホとiPhone8

新規契約の場合、ドコモのiPhone XRだけ端末購入サポートでお得に買うことができます。他社からドコモへ乗り換える場合、「Special Price」のスマホとiPhone8が端末購入サポートでお得に買うことができるのでおすすめです。

結論(最適解)は以上です。

ドコモの「Special Price」のスマホとiPhoneのおすすめランキング

「Special Price」になっているドコモのスマホは結構たくさんあり、お得なiPhoneとお得ではないiPhoneもあります。

わかりやすいように、おすすめ順にランキングしていきます。ドコモwithが向いてそうな場合は、docomo withの対象機種のおすすめランキングを参考にしてみてください。

まず最初に知らない人がいるかもなので、月々サポートと端末購入サポートの違いを説明した後に、おすすめ機種を紹介していきます。

基礎知識:ドコモの月々サポートと端末購入サポートの違い

ドコモのスマホを購入すると、機種や契約によって月々サポートと端末購入サポートのどちらかが適用されます。(ドコモwith対象機種の場合は月1620円の割引が適用されます)

ドコモの月々サポートは、24ヶ月の月額割引が適用されます。機種によって割引額が異なります。本体価格から月々サポートの割引額の合計額を引いた金額を実質負担金と呼んでいます。

端末購入サポートは、購入日から12ヶ月を超えるまで購入機種の継続利用を条件として機種の購入代金の一部をドコモが負担する割引制度です。本体価格から端末購入サポートの割引額を引いた金額を実質負担金と呼んでいます。

端末購入サポートは他社からの乗り換え(MNP)の場合に主に適用されます。一部の機種だけ新規契約の場合も端末購入サポートが適用される場合があります。

機種変だとほとんどの場合で月々サポートが適用されます。

端末購入サポートのメリット

端末購入サポートのメリットは、超高性能なスマホが安く買えて、1年後に超高性能なスマホに安く機種変することができることです。

月々サポートだと2年間は機種変できませんが、端末購入サポートなら購入から1年間で機種変できます。

超高性能のスマホを2台買ってどうするんだというと、1台は売って利益にします。超高性能なスマホなので、ドコモで買ったよりも高い金額で売ることができます。

ということで、端末購入サポートで買える場合は、端末購入サポートの機種がおすすめです。下記から「Special Price」のスマホとiPhoneのおすすめランキングになります。

おすすめ No.1:Xperia XZ2 Compact SO-05K、コンパクト重視

機種代金機種変更新規(追加)MNP
Xperia XZ2 Compact実質負担金10,368円 月々サポート実質負担金10,368円 端末購入サポート
Xperia XZ2 Compact SO-05K

Xperia XZ2 Compact SO-05Kの性能
・CPU SDM845 オクタコア2.8GHzx4+1.8GHzx4
・ROM 4GB / ROM 64GB
・画面 5インチ Full HD+ (解像度1080×2160)
・カメラ 1920万画素(F値2.0)、自撮り用500万画素(F値2.2)
・サイズ 135 x 65 x 12.1mm 168グラム
・電池持ち時間 120時間 (2760mAh)
・ワンセグ(外部メモリに保存)
・発売日 2018年6月22日

Xperia XZ2 Compact SO-05Kの簡単評価
コンパクトなスマホで一番おすすめです。18:9の縦長ディスプレイを搭載しているので5インチ画面で幅65ミリのコンパクトなスマホになっています。CPUも超高性能なSDM845を搭載しています。

Xperia XZ2 Compactの機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

おすすめ No.2:Galaxy S9 SC-02K、カメラ性能重視

機種代金機種変更新規(追加)MNP
Galaxy S9実質負担金10,368円 月々サポート実質負担金10,368円 端末購入サポート
Galaxy S9 SC-02K

Galaxy S9 SC-02Kの性能
・CPU SDM845 オクタコア2.6GHzx4+1.7GHzx4
・ROM 4GB / ROM 64GB
・画面 5.8インチ Quad HD+ (解像度1440×2960)
・カメラ 1220万画素(F値1.5〜2.4)、自撮り用800万画素(F値1.7)
・サイズ 148 x 69 x 8.5mm 161グラム
・電池持ち時間 115時間 (3000mAh)
・ワンセグとフルセグ(ROMに保存)
・発売日 2018年5月18日

Galaxy S9 SC-02Kの簡単評価
カメラ性能を重視する場合に一番おすすめです。F値1.5〜2.4のカメラレンズと光学手ブレ補正にも対応しています。暗いところでも綺麗に撮れます。写真をよく撮る場合に一番おすすめです。縦長ディスプレイを搭載しています。

Galaxy S9の機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

おすすめ No.3:iPhone 8、一番お得なiPhoneのモデル

機種代金機種変更新規(追加)MNP
iPhone 864GB実質負担金19,440円 (ガラケーからの機種変は実質負担金10,368円) 月々サポート実質負担金10,368円 端末購入サポート
256GB実質負担金38,232円 (ガラケーからの機種変は実質負担金28,512円) 月々サポート実質負担金28,512円 端末購入サポート
iPhone 8

iPhone 8の性能
・CPU Apple A11 Bionic
・ROM 64GB / 128GB
・画面 4.7インチ Retina HD (解像度750×1334)
・カメラ 1200万画素(F値1.8)、自撮り用700万画素(F値2.2)
・サイズ 138.4 x 67.3 x 7.3mm 148グラム
・発売日 2017年9月22日

iPhone 8の簡単評価
ドコモのiPhoneで一番売れているのがiPhone8です。売れている理由は安いからです。iPhoneを検討している場合に安く買えるiPhone8が一番おすすめです。

新規契約かMNPの場合、もしくは電池持ちを重視する場合は、iPhone XRがおすすめです。

iPhone8の機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

docomoのiPhoneの性能と料金比較、docomo withとの組み合わせと機種変更/新規/MNP

おすすめ No.4:iPhone XR、新規でもお得な端末購入サポートが適用

機種代金機種変更新規(追加)MNP
iPhone XR64GB実質負担金34,344円 月々サポート実質負担金25,920円 端末購入サポート
128GB実質負担金40,824円 月々サポート実質負担金32,400円 端末購入サポート
256GB実質負担金52,488円 月々サポート実質負担金44,064円 端末購入サポート
iPhone XR

iPhone XRの性能
・CPU Apple A12 Bionic
・ROM 64GB / 128GB / 256GB
・画面 6.1インチ Liquid Retina HD (解像度828×1792)
・カメラ 1200万画素(F値1.8)、自撮り用700万画素(F値2.2)
・サイズ 150.9 x 75.7 x 8.3mm 194グラム
・発売日 2018年10月26日

iPhone XRの簡単評価
機種変更の場合は安く買えるiPhone 8がおすすめですが、新規の場合は端末購入サポートで安く手に入るiPhone XRがおすすめです。

iPhone XRの電池持ちはかなり良いので、iPhoneの電池持ちを重視する場合もiPhone XRがおすすめです。

iPhoneXRの機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

docomoのiPhoneの性能と料金比較、docomo withとの組み合わせと機種変更/新規/MNP

おすすめ No.5:Xperia XZ1 Compact SO-02K、安さ重視でコンパクトでドコモのガラケーからの機種変更におすすめ

機種代金機種変更新規(追加)MNP
Xperia XZ1 Compact実質負担金648円 月々サポート (ガラケーからの機種変は端末購入サポート)実質負担金648円 端末購入サポート
Xperia XZ1 Compact SO-02K

Xperia XZ1 Compact SO-02Kの性能
・CPU SDM835 オクタコア2.45GHzx4+1.9GHzx4
・ROM 4GB / ROM 32GB
・画面 4.6インチ HD (解像度720×1280)
・カメラ 1920万画素(F値2.0)、自撮り用800万画素(F値2.4)
・サイズ 129 x 65 x 9.3mm 143グラム
・電池持ち時間 140時間 (2700mAh)
・ワンセグ(外部メモリに保存)
・発売日 2017年11月17日

Xperia XZ1 Compact SO-02Kの簡単評価
安さとコンパクトさを重視する場合に一番おすすめです。実質負担金が一番安いです。SDM845よりは性能は落ちますが、SDM835というかなり高性能なCPUを搭載しています。

ドコモのガラケーからの機種変更だと、端末購入サポートで買えるのでガラケーユーザにおすすめです。電池持ちがかなり良いです。

Xperia XZ1 Compactの機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

おすすめ No.6:Xperia XZ1 SO-01K、安さ重視でガラケーからの機種変更

機種代金機種変更新規(追加)MNP
Xperia XZ1実質負担金10,368円 月々サポート (ガラケーからの機種変は端末購入サポート)実質負担金10,368円 端末購入サポート
Xperia XZ1 SO-01K

Xperia XZ1 SO-01Kの性能
・CPU SDM835 オクタコア2.45GHzx4+1.9GHzx4
・ROM 4GB / ROM 64GB
・画面 5.2インチ Full HD (解像度1080×1920)
・カメラ 1920万画素(F値2.0)、自撮り用1320万画素(F値2.2)
・サイズ 148 x 73 x 7.4mm 156グラム
・電池持ち時間 110時間 (2700mAh)
・ワンセグとフルセグ(外部メモリに保存)
・発売日 2017年11月10日

Xperia XZ1 SO-01Kの簡単評価
安さを重視する場合にそこそこおすすめです。SDM845よりは性能は落ちますが、SDM835というかなり高性能なCPUを搭載しています。

ドコモのガラケーからの機種変更だと端末購入サポートで安く買えるので、ガラケーユーザがコンパクトさよりも画面の大きさを重視する場合に検討してみてください。

Xperia XZ1の機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

申し込みに必要なもの、ドコモオンラインショップで機種変更/新規/他社から乗り換え

ドコモのスマホやiPhoneはドコモショップ、またはドコモオンラインショップで申し込むことができます。

ドコモショップの実店舗で申し込むと、3000円〜1万円の頭金(割増代金)がかかるのに加えて、事務手数料が2000円〜3000円かかります。さらにドコモショップでは待ち時間で1〜2時間程度かかったりするので、基本的にはドコモオンラインショップで申し込むのがオススメです。

ドコモオンラインショップでオンラインで申し込むと、頭金がかからないのに加えて、事務手数料も無料、自分で5分〜10分くらいで手続きができます。

ドコモオンラインショップの公式サイト

購入時の注意点:事務手数料と頭金

事務手数料について
機種変更の場合:2000円 ← ドコモオンラインショップなら無料
新規契約の場合:3000円 ← ドコモオンラインショップなら無料
他社から乗り換え(MNP):3000円 ← ドコモオンラインショップなら無料

頭金について
頭金:3000円〜1万円 ← ドコモオンラインショップなら無料

ドコモショップごとに頭金の金額がかわります。ドコモだと頭金は端末代金の一部支払いという意味ではありません。単なる割り増し代金です。

例えば端末代金が5万円の場合、ドコモショップで申し込むと頭金を含めて6万円になったりします。ドコモオンラインショップなら頭金が無料なので、5万円で済みます。

ドコモの機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

機種変更するのに必要なもの

機種変更の場合は、支払いをするのにクレジットカードまたは銀行口座が必要です。基本的にはdカード GOLDで支払うことをオススメします。

ドコモオンラインショップへ行き、dアカウントのIDとパスワードでログインして、気に入った機種を申し込みます。

最短2日で機種が届きます。

現在の利用状況によってはドコモUIMカード(SIMカード)も商品と一緒に届く場合があります。この場合、利用開始手続きが必要になります。詳細は同封されている用紙に記載されているので、それに従って手続きをするだけです。

新規(追加)契約するのに必要なもの

新規(追加)契約の場合は、本人確認書類と本人名義のクレジットカードまたは銀行口座が必要です。

本人確認書類1点
運転免許証、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書

※ 健康保険証で支払方法に口座振替を選択した場合は、補助書類(公共料金領収書・住民票)が必要です。

本人確認書類のコピーを郵送することもできますが、郵送だと時間がかかるので、普通はデジカメやスマホで本人確認書類の写真をとって、その写真をアップロードをします。アップロードの仕方は下記に掲載しているのでご確認ください。

ドコモオンライン:本人確認書類のアップロードについて

本人確認書類の用意ができたら、ドコモオンラインショップで気に入った機種を申し込んで、本人確認書類をアップロードします。

公式サイトには10日程度で機種が届くと記載されていますが、実際に新規契約でドコモオンラインショップで申し込んだところ3日程度で届きました。

手元に機種が届いたら、同封されている用紙に従って利用開始の手続きを行うと、スマホが使えるようになります。

他社から乗り換えるのに必要なもの(MNP)

他社からドコモへ乗り換える場合は、MNP予約番号、本人確認書類と本人名義のクレジットカードまたは銀行口座が必要です。

MNP予約番号は現在契約中のキャリア(au、ソフトバンク、ワイモバイル、MVNO各社)からもらいます。MVNO各社だとMNP予約番号の発行に4日ほどかかる場合があるので注意してください。

本人確認書類1点
運転免許証、健康保険証、個人番号カード、住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書

※ 健康保険証で支払方法に口座振替を選択した場合は、補助書類(公共料金領収書・住民票)が必要です。

本人確認書類はデジカメやスマホで本人確認書類の写真をとって、その写真をアップロードをします。(ドコモオンライン:本人確認書類のアップロードについて)

本人確認書類の用意ができたら、ドコモオンラインショップへ行き、気に入った機種を選んでMNP予約番号を使って申し込んで、本人確認書類をアップロードします。

10日程度で機種が届きます。(実際はおそらく3日〜4日程度で届くと思います)

手元に機種が届いたら、同封されている用紙に従って利用開始の手続きを行うと、スマホが使えるようになります。

※ ドコモ系のMVNOからだとドコモオンラインショップでMNPの手続きはできないので気をつけてください。ドコモ系のMVNOでMNPでドコモに乗り換えたい場合は、ドコモショップで手続きをする必要があります。

ドコモの支払いはdカード GOLDがお得!

ドコモの機種代は、代金引換払い等でも支払うことができますが、dカード GOLDで支払うのがおすすめです。

機種代をdカード GOLDで一括払いするとケータイ補償3年間を適用することができます。購入から3年間の間に壊してしまったら、最大10万円まで補償してくれます。dポイントも100円につき通常ポイントで2ポイントもらえます。

dカード GOLDを持っておけばドコモ利用料金の10%がポイント還元でもらえます。

dカード GOLDの詳細と申し込みはこちら → dカード GOLD

参考:実際に申し込んだdカード GOLDの詳細評価、特典/年間費/10%ポイント還元/審査、ドコモの支払いに最適

dカード GOLDで支払えば、無料のケータイ補償3年間

dカード GOLDでドコモの機種を一括払いすると、無料でケータイ補償3年間(最大10万円)を適用することができます。

ケータイ補償3年間は、スマホが全損等で修理不能な状態になった場合に、同一品で同一カラーと交換できる補償です。(同一品がない場合は指定の同等品と交換)

全損に近いくらい破損していないと無料で交換にはならないので、ケータイ補償3年間は基本的におまけレベルです。

ただし、故障原因のほとんどは落下が原因です。スマホやiPhoneを保護ケースに入れて使えば、ほとんど壊れなくなります。

ほとんどの場合で保護ケースで壊れなくなりますが、スマホは精密機械なので運が悪いと勝手に壊れて、外観上は問題ないのに内部で全損に近い状態なる可能性があります。

そんな場合にdカード GOLDで一括払いしておいた場合、新しいスマホに機種変した時に最大10万円までキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバックの限度額:dカード GOLDでドコモの(壊れた)機種を一括払いした金額 or 新しいスマホに機種変してdカード GOLDで一括払いした金額 or 10万円

このうち少ない金額が適用されます。

例えば、壊れた機種を一括払いで7万円支払っていた場合で、新しいスマホに機種変して一括払いで5万円支払った場合、5万円がキャッシュバックされます。

万が一に備えてdカード GOLDで支払っておけば安心です。

dカード GOLDの詳細と申し込みはこちら → dカード GOLD

dカード GOLDの詳細評価、特典/年間費/10%ポイント還元/審査

ドコモの有料のケータイ補償は必要?

事前に対策をとっておけば、ドコモの有料のケータイ補償は基本的には不要です。

事前の対策とは、保護ケースに入れて使うこと、そして万が一に備えてdカード GOLDで一括払いしておくことです

故障の原因のほとんどは落下による衝撃が原因です。スマホを落とすと、ディスプレイが割れる可能性が高いのはもちろんのこと、スマホ内部の電子部品にもダメージがいきます。

保護ケースに入れて使っていれば、スマホを落としてもディスプレイが割れる可能性は相当低くなり、スマホ内部へのダメージも大幅に軽減されます。

ただ、どうしても運が悪いとなぜか壊れる可能性があるのも否定できないので、万が一に備えてdカード GOLDで一括払いして無料のケータイ補償3年間を適用しておくのが無難です。

そういった対策を何もしたくない場合や保護ケースに入れて使いたいくない場合に、ドコモの有料のケータイ補償を契約することをオススメします。

ドコモオンラインショップで適用されるキャンペーン特典

ドコモオンラインショップなら頭金も事務手数料も無料です。送料も無料です。ネットで5分〜10分くらいで簡単に申し込むことができます。

それに加えてドコモオンラインショップで申し込むと、下記のキャンペーン特典を適用することができます。

特典① ウェルカムスマホ割:ガラケーユーザなら最大13ヶ月間、月額料金1500円引き!

ドコモのガラケー(FOMA)からドコモのスマホ(Xi)に契約変更する場合、もしくは他社のケータイ(ガラケー/フィーチャーフォン)からドコモへ乗り換えでスマホを新規契約(Xi)すると、ウェルカムスマホ割で最大13ヶ月間、月額料金が1500円引きになります。

docomo withの月1500円の割引も併用できます。

※ ドコモのガラケーを18か月以上利用している場合、もしくは他社のケータイからドコモへのMNPの場合は他社のケータイを目視で確認する必要があります。

特典② 2019年2月の木曜日は10人に1人dポイント10,000ポイントプレゼント!

2019年2月の毎週木曜日にドコモオンラインショップで5,400円(税込)以上のドコモのスマホやiPhoneを購入した人の中から、抽選で10人に1人にdポイント10,000ポイントが当たるキャンペーンをしています。対象日は2月7日(木曜)/2月14日(木曜)/2月21日(木曜)/2月28日(木曜)です。

※ 2019年2月7日(木曜)と2019年2月14日(木曜)は、午後10時から翌日の午前8時30分までシステムメンテナンスのため、その時間帯は購入手続きはできないので注意してください。

対象機種:iPhone、iPad、ドコモ スマートフォン、Google Pixel、ドコモ タブレット、ドコモ ケータイ、ドコモ らくらくホン、ドコモ キッズ・ジュニア、データ通信製品が対象です。ドコモwith対象機種も対象です。

抽選は自動的に応募されます。当選すると2019年4月上旬ごろにポイントがもらえます。当選したdポイントの有効期限は獲得した月から起算して48か月後の月末までになります。

特典③ オンラインショップSPECIAL特典:5,184円割引 (docomo withは対象外)

2019年2月1日から5月31日までに対象機種を購入すると、機種代金が5,184円(税込)引きになるキャンペーンを行なっています。ドコモのiPhone (iPhone XR、XS、XS MAX)、ドコモの「Special Price」のスマホ (Xperia XZ2 Compact、Galaxy S9 SC-02K)などが対象機種です。

対象機種の実質負担金は既に5,184円割引を反映した金額になっています。docomo with対象機種は5,184円割引の対象外になります。

キャンペーンの詳細はこちら → ドコモオンラインショップ

2019年4月〜6月に機種代が大幅値上げ、早めに機種変/新規/MNPがオススメ

ドコモは2019年4月〜6月に機種代が大幅に値上げになる可能性が高いです。高いというか、ほとんど確実です。

総務省と政府の圧力により、ドコモから月々サポートや端末購入サポートの端末割引がなくなるか、相当縮小されることが確実視されています。

「Special Price」のような1世代前のスマホはある程度割引があるらしいですが、それでも今のような超安い価格で買えなくなると思われます。

ドコモのスマホ料金が最大4割引きになると報道されていますが、ドコモユーザの全てが安くなるわけではありません。高くなる人もいます。それがドコモのスマホ(iPhone含む)を買う人たちです。

安くなる人は、同じスマホをずーと使い続ける人たちです。

2019年4月〜6月の機種代の大幅値上げがくる前に、ドコモのスマホを購入することをオススメします。

ドコモの機種変/新規/MNP → ドコモオンラインショップ

新しいスマホを購入するほど古くなっていない場合は、2019年4月〜6月まで待つのがおすすめです。おそらく同じスマホをずーと使い続ける人たちにとって安くなる料金プランが登場します。

※ docomo withみたいに新しい機種を購入しないと、新しい料金プランが適用されない可能性もあるので、必ずしも待つのが正解というわけでないです・・。

ドコモの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトを運営しています。ドコモも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:ドコモ/au/ソフトバンクの口コミ

ドコモの関連情報

ドコモオンラインショップの公式サイト

ドコモwith対象機種

  • iPhone 7
    • 2019年2月19日にドコモwith対象機種に追加、本体価格4万2768円(税込)、CPU Apple A10、RAM2GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ138グラム
  • AQUOS sense2
    • 2018年12月14日発売、本体価格3万1752円(税込)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155グラム、電池容量2700mAh、電池持ち時間125時間
  • Galaxy Feel2
    • 2018年11月9日発売、本体価格4万2120円(税込)、CPUオクタコア2.2GHzx4+1.6GHzx4 Exynos 7885、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素(F値1.7)、重さ168グラム、電池容量3000mAh、電池持ち時間140時間、ワンセグ
  • arrows Be F-04K
    • 2018年5月25日発売、本体価格3万3696円(税込)、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1220万画素(F値1.9)、重さ146グラム、電池容量2580mAh、電池持ち時間130時間、耐衝撃構造、ワンセグ(内蔵アンテナ)

ドコモの口コミと質問はこちら → 格安SIMとスマホの口コミ:ドコモ/au/ソフトバンクの口コミ

おすすめの格安SIM

  • UQ mobile
    • UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。
  • BIGLOBEモバイル
    • BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。キャンペーンも積極的です。
  • LINEモバイル
    • LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。ソフトバンク回線なら通信速度も結構速いです。
最終更新日 2019年2月7日 / 作成日 2019年2月4日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る