エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細、初期費用3000円が無料+おすすめの格安スマホを徹底解説

エキサイトモバイルでは、格安SIMを申し込むと通常かかる初期費用3000円が無料になるキャンペーンを行なっています。2020年7月31日までのキャンペーンです。

エキサイトモバイルを2016年7月から契約している格安SIMの管理人が、エキサイトモバイルのキャンペーンとエキサイトモバイルで買える格安スマホを詳しく説明します。

エキサイトモバイルの料金やデータ量、速度に関してはエキサイトモバイルの詳細評価を参考にしてみてください。エキサイトモバイルは月額料金を一番簡単に安くできる格安SIMです。

エキサイトモバイルのキャンペーンサイト

エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細:初期費用3000円が無料

エキサイトモバイルの格安SIM(データSIM/通話SIM)、もしくは格安SIMとセットの格安スマホを申し込む場合、通常かかる初期費用の3000円が無料になります。

7月限定:お得にスタートキャンペーン

キャンペーン期間
2020年7月1日〜7月31日

キャンペーンの詳細はこちら → エキサイトモバイルの公式サイト

エキサイトモバイルを実際に使って徹底解説、料金プランと総合評価

エキサイトモバイルのおすすめの格安スマホランキング

エキサイトモバイルの格安SIMは初期費用無料に加えて従量制で割安に使うことができますが、格安スマホはあまり安く販売していません。

格安スマホを買う場合は、格安スマホが安く買えるMVNOがオススメです。OCNモバイルONEのキャンペーンBIGLOBEモバイルのキャンペーンUQ mobileのキャッシュバックなどで格安スマホが安く手に入ります。

参考
格安スマホのキャンペーンのおすすめランキング
iPhoneのキャンペーンのおすすめランキング

格安スマホの性能に関しては格安スマホの機種ランキングで、端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しているので参考にしてみてください。

もしエキサイトモバイルで格安スマホを買う場合は、下記がオススメです。

おすすめ No.1:OPPO Reno3 A、防水・おサイフケータイ対応の大本命

OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 Aの価格:3万2980円

性能:6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ175グラム、電池容量4025mAh、防水、おサイフケータイ対応

OPPO Reno3 Aは2020年6月25日に発売された防水・おサイフケータイ対応スマホで一番売れる格安スマホです。

OPPO Reno Aと比べてゲーム性能は低下しましたが、ROMが64GBから128GBへ倍増、カメラ性能も4800万画素に大幅アップして超広角カメラも搭載、電池持ちは1割ちょっとアップしました。

最近はキャッシュレス決済も流行り始めているので、キャッシュレスのおサイフケータイを使いたい場合は、OPPO Reno3 Aが一番おすすめです。単に防水だけ欲しい場合でもOPPO Reno3 Aのコスパはかなり良いです。

OPPO Reno3 Aの申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

OPPO Reno3 Aの詳細スペックと性能レビュー、防水・おサイフケータイ対応スマホの大本命

おすすめ No.2:AQUOS sense3、電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応

AQUOS sense3 / sense3 lite

AQUOS sense3の価格:3万2400円

性能:5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167グラム、電池容量4000mAh、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃対応

AQUOS sense3は2019年11月に発売された普通性能で電池持ちが超良い防水・おサイフケータイ対応の比較的コンパクトな格安スマホです。

AQUOS sense2からsense3になってCPUの処理能力が15%アップ、ゲーム性能で重要なGPUの処理能力は60%アップ、そして電池持ちが約1.4倍にアップしました。

AQUOS sense3は特別なスマホではありませんが、とりあえず普通に使えて、5.5インチなので扱いやすく、落としても壊れにくく、電池持ちが超良いので電池の劣化の心配なく長い間使えます。

防水とおサイフケータイ対応スマホは、OPPO Reno3 Aがおすすめですが、性能よりもコンパクトさを最重視する場合にAQUOS sesne3を検討してみてください。

AQUOS sense3の申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

AQUOS sense3の詳細スペックと性能レビュー、実用性重視の普通の格安スマホ

おすすめ No.3:nova lite 3+、比較的高性能で安いコスパ機種

nova lite 3

nova lite 3の価格:2万3500円

性能:6.21インチ、CPU Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ160グラム、電池容量3400mAh、WiFiのac非対応、Type C非対応

nova lite 3+は2019年2月1日に発売されたnova lite 3の改善版です。nova lite 3+は2020年5月29日に発売されました。

RAMが3GBから4GBに増量、ROMは32GBから128GBに大幅アップしました。

Kirin710なので比較的高性能です。

悪くはない機種ですが、今ならRedmi Note 9Sのほうがおすすめです。軽いスマホを重視する場合に、nova lite 3+を検討してみてください。

nova lite 3+の申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

nova lite 3の詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.4:moto g8 power、安くて比較的高性能、電池容量5000mAh&ディスプレイも高解像度

moto g8 power

moto g8 powerの価格:2万7200円

性能:6.3インチ、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、メイン1600万画素(F値1.8)+マクロ200万画素+超広角800万画素+望遠800万画素、重さ197グラム、電池容量5000mAh、WiFiのac非対応

moto g8 powerは2020年5月14日に発売された格安スマホです。

重さが197グラムと少し重いですが、5000mAhの超大容量電池で電池持ちが超良く、CPUもSDM665で比較的高性能、そして2万7200円です。この性能でこの価格はコスパが良いです。

モトローラーの安いスマホは、画面が低画質なものが多いですが、moto g8 powerはFHD+の高画質です。キレイな画質でスマホが使えます。

カメラ性能もF値1.8で1600万画素のメインカメラに加えて、光学2倍ズームの望遠カメラ800万画素、超広角カメラとマクロカメラも搭載しています。

WiFiはacには対応していませんが、その他の性能と価格を考慮したらac非対応は無視レベルです。

moto g8 powerの申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

moto g8 powerの詳細スペックと性能レビュー、5000mAhで電池持ちが超良い&高画質で比較的低価格な格安スマホ

おすすめ No.5:moto g8 plus、性能バランスが良い格安スマホ

moto g8 plus

moto g8 plusの価格:3万4800円

性能:6.3インチ、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、メイン4800万画素+深度センサー500万画素+超広角カメラ1600万画素、重さ188グラム、電池容量4000mAh

moto g8 plusは2020年3月16日に発売された、性能バランスの良い比較的高性能な格安スマホです。

3万円台のスマホとして、まんべんなく性能を底上げしてきた格安スマホ、それがmoto g8 plusです。普通に使う上で、とてもバランス良くまとまっている構成です。

moto g8 plusの申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

moto g8 plusの詳細スペックと評価レビュー、性能バランスの良い格安スマホ

おすすめ No.6:P30 lite、バランスの良い比較的軽いスマホ

P30 lite

P30 liteの価格:2万7200円

性能:6.15インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、トリプルレンズカメラ(広角2400万画素+超広角800万画素+200万画素)、重さ159グラム、電池容量3340mAh

2018年で一番売れた格安スマホP20 liteの後継機種です。

P20 liteと比べて、CPUの性能は1.6倍、ROMは2倍の64GB、暗いところでも明るく撮れるF値1.8のカメラレンズを搭載、広い範囲の風景が撮れる超広角レンズも搭載しました。6.21インチの大画面の格安スマホです。

バランスの良い格安スマホに仕上がっています。比較的軽いので、軽さを重視する場合に検討してみてください。

P30 liteの申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

P30 liteの詳細スペックと性能レビュー

おすすめ No.7:nova 5T、コスパの良いカメラ性能特化スマホ

nova 5T

nova 5Tの価格:5万2800円

性能:6.26インチ、CPU Kirin980、RAM8GB、ROM128GB、4眼レンズカメラ(広角4800万画素+超広角1600万画素+マクロ200万画素+深度補助200万画素)、重さ174グラム、電池容量3750mAh

2019年11月29日に発売されたカメラ性能に特化したコスパの良い格安スマホです。

カメラ性能に定評のあるファーウェイのハイエンドモデルです。高性能なCPU、Kirin980を搭載してRAMは超大容量の8GBです。高品質な4眼レンズでスマホの中でもトップクラスのカメラ性能になっています。

価格も5万2800円に抑えられているので、比較的手頃な価格でカメラ性能を重視する場合におすすめのスマホになっています。

nova 5Tの申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

おすすめ No.8:ZenFone Max M2、ゲームをあまりしない場合におすすめ

ZenFone Max (M2)

ZenFone Max M2の価格:1万9000円

性能:6.3インチ(低解像度)、CPU SDM632、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ160グラム、電池容量4000mAh

ZenFone Max M2は2019年3月15日に発売されたゲームはあまりしないけどスマホを比較的たくさん使う人向けの格安スマホです。

画面の解像度が1520×720の低画質で、SDM632はGPUのスコアが最近の格安スマホと比べても低めなので、ゲーム向きではありません。

ゲームをあまりしない場合は、SDM632は比較的高性能なCPUで、電池容量も4000mAhあり、RAMも4GBあるので、結構なんでも快適に使えます。

安さを最重視する場合にZenFone Max M2を検討してみてください。

ZenFone Max M2の申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

ZenFone Max M2の詳細スペックと性能レビュー&使える格安SIMのまとめ

おすすめ No.9:OPPO Reno A、比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホ

OPPO Reno A

OPPO Reno Aの価格:3万2800円

性能:6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素(F値2.4)、重さ169.5グラム、電池容量3600mAh、防水、おサイフケータイ対応

OPPO Reno Aは2019年10月18日に発売された比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。

後継機のOPPO Reno3 Aのほうが電池持ちが良く、カメラ性能が良いので、基本的にはOPPO Reno3 Aを選んだほうが良いです。

電池持ちやカメラ性能よりも、ゲーム性能を重視する場合にOPPO Reno Aを検討してみてください。

OPPO Reno Aの申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

OPPO Reno Aの詳細スペックと性能レビュー、コスパ最高の防水・おサイフケータイ対応スマホ

おすすめ No.10:OPPO A5 2020、低解像度だけど電池持ち化け物

OPPO A5 2020

OPPO A5 2020の価格:2万6800円

性能:6.5インチ(低解像度)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、4眼カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素+ポートレート200万画素+モノクロ200万画素、重さ195グラム、電池容量5000mAh

OPPO A5 2020は2019年11月1日に発売された電池持ちに特化した格安スマホです。

5000mAhの超大容量の電池を搭載していて、CPUは比較高性能で省エネ性能も高いSDM665、そして画面はHDの低解像度です。電池持ちが超良いスペック構成になっています。

処理性能的には高性能ですが、大画面で低解像度なのでゲームの画質が少し悪くなります。ただ、それを考慮しても2万6800円は性能的にはコスパが良い方です。

WiFiのacとType Cにも対応しているので、安さと電池持ちを最重視する場合におすすめです。

OPPO A5 2020の申し込み → エキサイトモバイルの公式サイト

OPPO A5 2020の詳細スペックと性能レビュー、低解像度だけど電池持ち化け物のコスパ機

おすすめ No.10:moto g8、安さ重視の格安スマホ

moto g8

moto g8の価格:2万2800円

性能:6.4インチ(低解像度)、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、メイン1600万画素(F値1.8)+マクロ200万画素+超広角800万画素、重さ188グラム、電池容量4000mAh、WiFiのac非対応

moto g8は2020年5月14日に発売された格安スマホです。特徴がないです。

moto g8の詳細スペックと性能レビュー、4000mAhで電池持ちが良い&安さ重視の格安スマホ

おすすめはない:エキサイトモバイルの中古のiPhone

エキサイトモバイルの中古のiPhoneは割高なのでおすすめではありません。アップルストアで新品をかったほうが良いです。

iPhoneを検討している場合は、iPhoneを格安SIMとeSIMで使うための完全ガイドを参考にしてみてください。

端末補償(月額380円)やその他のオプションに加入すべきか?

エキサイトモバイルを申し込むときに、いろいろなオプションサービスを選ぶことができますが、基本的にこれらは全て不要です。

公式サイトでは不安を煽ったり、さも有能なオプションサービスのように説明していますが、いりません。端末保証も基本的に入らないのですが、何も対策を取らずに端末保証なしでスマホを使うのはリスクが高いです。

エキサイトモバイルのオプションサービスの概要(不要の理由)と、端末保証に関しては下記に少し詳しく記載しているの参考にしてみてください。

選べるオプションは基本的に全て不要、端末保証だけ要検討

エキサイトモバイルの関連情報

エキサイトモバイルの公式サイト

エキサイトモバイルのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
エキサイトモバイルの速度(リアルタイム)

最終更新日 2020年7月4日 / 作成日 2017年3月1日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較
購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細、初期費用3000円が無料+おすすめの格安スマホを徹底解説」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます