エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細、格安SIMまたは格安スマホの購入でキャッシュバック

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

エキサイトモバイルでは、2018年6月1日まで通話SIMもしくは一部のデータSIMを申し込むと3100円のキャッシュバック、格安スマホと格安SIMのセットで申し込むと5100円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しています。

エキサイトモバイルの月額料金やデータ量、実際に出る通信速度に関しては下記に記載しているので参考にしてみてください。エキサイトモバイルは月額料金を一番簡単に安くすることができて、実際に出る通信速度も比較的速い格安SIMです。

エキサイトモバイルの詳細評価&実際に使った結果と他の格安SIMとの比較と評判

ここでは、最初にエキサイトモバイルのキャンペーンの最新情報と注意点を説明した後に、エキサイトモバイルで購入できるおすすめの格安スマホを紹介します。

エキサイトモバイルのキャッシュバックのキャンペーンの詳細

エキサイトモバイルの強みである最適料金プランを基準にキャンペーン内容を説明します。(定額プランでも同じキャンペーンが適用されます)

5100円のキャッシュバックが適用される組み合わせ
・通話SIMと格安スマホのセット
・データSIMと格安スマホのセット

3100円のキャッシュバックが適用される組み合わせ
・通話SIMのみの申し込み
・データSIMのみだと、SIM1枚コースの最適料金プランと2GB以下の定額プランはキャシュバック適用外になります。

期限:2018年6月1日までのキャンペーン

利用を開始した月から13ヶ月目にキャッシュバックの確認メールが届いて、2週間以内に確認メールに記載されている口座登録手続きを行うとキャッシュバックがもらえます。確認メールは申し込み時に入力したメールアドレスに届きます。

エキサイトモバイルのキャンペーンの詳細はこちら → エキサイトモバイル

エキサイトモバイルで買えるおすすめの格安スマホの詳細

エキサイトモバイルでは、nova lite 2、AQUOS sense lite、Mate 10 Pro、P10 Plus、ZenFone 4、ZenFone 4 Max、ZenFone 4 Selfie Pro、ZenFone 4 Selfie、GRANBEAT、GRAND X LTE、NuAns NEO Reloaded、arrows M04の格安スマホを取り扱っています。

エキサイトモバイルでは格安SIMとセットで格安スマホを申し込むと、1万円のキャッシュバックがもらえます。本体価格も定価より安く設定されているので、エキサイトモバイルならかなりお得に格安スマホを手に入れることができます。

おすすめNo.1:Huawei nova lite 2、コスパ最強の格安スマホ

Huawei nova lite 2

Huawei nova lite 2
エキサイトモバイル価格:
2万3800円 – キャッシュバック5100円 = 実質1万8700円

性能 5.65インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素、重さ143グラム、電池容量3000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS非対応、auのVoLTE非対応)

nova lite 2は2018年2月9日に発売されたコスパ最強の5.65インチの格安スマホです。CPUも高性能でRAM3GB、ROM32GBを搭載しています。価格も手軽で、性能バランスが良いので、スマホの一般ユーザとヘビーユーザよりの一般ユーザにおすすめです。

格安スマホが色々ありすぎて、よくわからなくなってしまった場合は、nova lite 2を最優先で検討することを強くオススメします。

エキサイトモバイルのnova lite 2の詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

HUAWEI nova lite 2の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめNo.2:AQUOS sense lite、バランスの良い防水・おサイフケータイ対応スマホ

AQUOS sense lite

AQUOS sense lite
エキサイトモバイル価格:
2万9800円 – キャッシュバック5100円 = 実質2万4700円

性能 5インチ、CPUオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1310万画素、重さ148グラム、電池容量2700mAh、ナノSIM、auのVoLTE対応、防水、おサイフケータイ対応、耐衝撃

AQUOS sense liteは防水・おサイフケータイ・耐衝撃に対応していて、電池持ちも良くそこそこ高性能なCPUとRAM3GB、ROM32GBを搭載している格安スマホです。前面に指紋認証も搭載しています。

SIMフリーの防水・おサイフケータイ対応スマホはいくつかありますが、そのどれもが何かを我慢する必要がありました。AQUOS sense liteの登場でようやく何か我慢する必要のない防水・おサイフケータイ対応スマホを使うことができます。

防水もしくはおサイフケータイ対応のスマホを探している場合は、AQUOS sense liteが最善です。(エキサイトモバイルでは、本体カラーはピンクのみの取り扱いになっています)

エキサイトモバイルのAQUOS sense liteの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

AQUOS senseとAQUOS sense liteの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめNo.3:ZenFone 4 Max、電池持ち最強のトリプルスロット搭載スマホ

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Max
エキサイトモバイル価格:
2万4800円 – キャッシュバック5100円 = 実質1万9700円

性能 5.2インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM3GB、ROM32GB、ダブルレンズカメラ(1300万画素 / 500万画素広角)、重さ156グラム、電池容量4100mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応、DSDSでマイクロSDも同時使用可)

ZenFone 4 Maxは電池持ちが超良いトリプルスロットに対応した格安スマホです。電池持ちを重視する場合や、DSDSを使いながらマイクロSDカードも使いたい場合にオススメの格安スマホです。

高性能というわけではありませんが、実用性がかなり高いのがZenFone 4 Maxです。普通に使えて、予算を抑えられて、電池持ちが超良い格安スマホならZenFone 4 Maxが最適です。

※ただしカメラ性能が微妙なので、写真を撮るのが好きな場合は少し避けたほうがいいです。

エキサイトモバイルのZenFone 4 Maxの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

ZenFone 4 Maxの性能評価の詳細と評判+購入後の実機レビューとキャンペーン情報

おすすめNo.4:Huawei P10 Plus、カメラ性能最重視の大画面の超高性能スマホ

Huawei P10 Plus

Huawei P10 Plus
エキサイトモバイル価格:
5万9800円 – キャッシュバック5100円 = 実質5万4700円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.4GHzx4+1.8GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー)、重さ165グラム、電池容量3750mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)、USB Type C対応

P10 PlusはP10と基本的には同じ性能ですが、より高級なカメラ部品を使っています。とにかく最高級を求める場合に、P10 Plusを検討してみてください。

実際の最高性能機種はMate 10 Proですが価格が7万9800円もします。カメラ性能を超重視しない限りはP10 Plusで十分以上の性能を発揮してくれます。

エキサイトモバイルのP10 Plusの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

HUAWEI P10 / P10 Plusの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめNo.5:Mate 10 Pro、AI搭載の最先端の最高性能スマホ

Mate 10 Pro

Mate 10 Pro
エキサイトモバイル価格:
7万9800円 – キャッシュバック5100円 = 実質7万4700円

性能 6.0インチ、CPUオクタコア(4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53) + i7 コプロセッサ Kirin 970 / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit、RAM6GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素カラーセンサー/2000万画素モノクロセンサー F値1.6)、重さ178グラム、電池容量4000mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応)、USB Type C対応、防水・防塵対応

AIチップを搭載した最新のスマホ、それがMate 10 Proです。

Mate 10 ProはCPUの性能も最高性能ですが、それに加えて音声認識、画像認識、電力効率化をサポートするAIを初搭載しています。

従来はクラウドで音声認識を行なっていましたが、Mate 10 ProならAIが音声認識をサポートすることから、タイムラグなしの音声認識を行うことができます。画像認識もサポートして、状況に応じた最低なカメラ設定を行い、最高の写真を撮ることができます。

価格は高いですが、P10やP10 Plusよりも上回る、最先端の最高のスマホを使いたい場合にMate 10 Proがおすすめです。防水と防塵にも対応しています。

エキサイトモバイルのMate 10 Proの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

Mate 10 Proの性能評価と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめNo.6:ZenFone 4、広角カメラで大きな風景が撮れる超高性能スマホ

ZenFone 4

ZenFone 4
エキサイトモバイル価格:
5万4800円 – キャッシュバック5100円 = 実質4万9700円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHz、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ(1200万画素(F値1.8/1.4μm) / 800万画素広角(F値2.2))、重さ165グラム、電池容量3300mAh、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応)、USB Type C対応

ZenFone 4は超高性能で省エネのCPUと6GBのRAMを搭載した、電池持ちがかなり良く、カメラの性能もかなり良い、高級感のある格安スマホです。

カメラはダブルレンズカメラになっていて、片方は通常のカメラ、もう片方は広角カメラになっています。広角カメラで写真を撮ると、通常のカメラの2倍の大きさで風景を撮ることができます。風景を撮ることが多い場合はZenFone 4が最高です。

CPUは超高性能で、なおかつ省エネ性能にも優れているSnapdragon 660というCPUを使っているので、なんでもサクサク使えて、電池持ちもかなり良くなっています。ゲーム性能に優れているので、ゲームが好きな人に特におすすめです。

エキサイトモバイルのZenFone 4の詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

ZenFone 4の性能評価の詳細と評判+実機レビューとキャンペーン情報

おすすめNo.7:ZenFone 4 Selfie Pro、自撮りに最適

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFone 4 Selfie Pro
エキサイトモバイル価格:
3万4500円 – キャッシュバック5100円 = 実質2万9400円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア2.0GHz、RAM4GB、ROM64GB、カメラ背面1600万画素/前面1200万画素+500万画素広角、重さ147グラム、電池容量3000mAh、デャアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 4 Selfie Proも2017年9月23日に発売された自撮りに特化した格安スマホです。

比較的高性能で省エネのCPUと4GBのRAMを搭載、電池持ちも結構よく、前面にデュアルレンズカメラが付いています。自撮りで背景を広く撮ることができます。インスタグラム好きな場合にオススメの格安スマホです。

エキサイトモバイルのZenFone 4 Selfie Proの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

ZenFone 4 Selfie Proの性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめNo.8:NuAns NEO Reloaded、防滴・おサイフケータイ対応

NuAns NEO Reloaded

NuAns NEO Reloaded
エキサイトモバイル価格:
4万6200円 – キャッシュバック5100円 = 実質4万1100円

性能 5インチ、CPU2.0GHz、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素、重さ150グラム、電池容量3450mAh、防滴、おサイフケータイ対応、マイクロSIM(ナノSIMも可)、auのVoLTE対応

性能の良いおサイフケータイを探しているならNuAns NEO Reloadedがオススメです。CPUに万能型のSnapdragon 625を搭載することにより、高性能で省エネなスマホに仕上がっています。

ただ、不具合がそこそこあり、若干微妙な格安スマホです。そこそこ性能の良い防水・おサイフケータイに対応している格安スマホならAQUOS sense liteがオススメです。

エキサイトモバイルなら、カバー(通常価格1500円x上下の2つ)を選ぶことができるので、NuAns NEO Reloadedをよりお得に手に入れることができます。

エキサイトモバイルのNuAns NEO Reloadedの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

NuAns NEO Reloadedの性能評価と評判+購入後の詳細レビューとキャンペーン情報

おすすめNo.9:arrows M04、防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応

arrows M04

arrows M04
エキサイトモバイル価格:
3万2800円 – キャッシュバック5100円 = 実質2万7700円

性能 5インチ、CPUクワッドコア1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ141グラム、電池容量2580mAh、防水・防塵、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応、耐衝撃、泡洗い対応、ナノSIM、指紋認証非対応

arrows M04は電池持ち良し・防水・おサイフケータイ・ワンセグ対応と、隙のない構成をしています。衝撃に強い構造をしていて、汚れても洗剤で洗うことができます。スマホを便利に使いたいライトユーザにオススメです。

注意点は指紋認証に対応していないこと、そしてCPUがかなり低性能な事です。防水・おサイフケータイ対応スマホなら、まともな性能になっているAQUOS sense liteがオススメです。ワンセグが絶対必須の場合にarrows M04を検討してみてください。

エキサイトモバイルのarrows M04の詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

arrows M04の性能評価と評判+キャンペーン情報

おすすめNo.10:ZenFone 4 Selfie、価格を抑えた自撮りに最適なスマホ

ZenFone 4 Selfie

ZenFone 4 Selfie
エキサイトモバイル価格:
2万6000円 – キャッシュバック5100円 = 実質2万900円

性能 5.5インチ、CPUオクタコア1.4GHzx4+1.1GHzx4、RAM4GB、ROM64GB、カメラ背面1600万画素/前面2000万画素+800万画素広角、重さ144グラム、電池容量3000mAh、デャアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE対応)

ZenFone 4 Selfieも2017年12月15日に発売された価格を抑えた自撮りに特化した格安スマホです。

ZenFone 4 Selfie Proとの違いはCPUの性能と前面のカメラ性能です。ZenFone 4 Selfie ProのほうがCPUの性能が1.5倍くらい良いですが、ZenFone 4 Selfieのほうが前面の自撮り用のカメラの性能が良いです。加えて、ZenFone 4 Selfie Proよりも1万4000円安く買うことができます。

できるだけ安く自撮りだけ特化したスマホが良い場合にZenFone 4 Selfieがオススメです。ただ、日本では自撮りのニーズは少ないみたいで、Selfieシリーズはあまり売れてないそうです・・。

エキサイトモバイルのZenFone 4 Selfieの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

ZenFone 4 Selfieの性能評価と評判+キャンペーン情報

音楽マニアにおすすめ:GRANBEAT

GRANBEAT

GRANBEAT
エキサイトモバイル価格:
5万5370円 – キャッシュバック5100円 = 実質5万270円

性能 5インチ、CPUヘクサコア1.8GHzx2+1.4GHzx4(Snapdragon 650)、RAM3GB、ROM128GB、カメラ1600万画素、重さ234グラム、電池容量3000mAh、連続待受3G480時間、デュアルSIM(マイクロSIMx2、DSDS対応)

格安スマホは基本的にそんなに音にはこだわっていません。特に悪くもなければ、特に良い音が出るようにこだわっている格安スマホはありませんでした。せいぜい、ZTEあたりが、音に少しこだわったスマホを出すくらいです。

オンキヨー「GRANBEAT」は違います。形からして普通のスマホと比べて全然違います。分厚いので箱っぽいんです。普通のスマホの1.5倍くらい厚みがあります。

音楽を聴くためのデバイスに、スマホの機能がオマケで付いた、そんな音楽に超特化したスマホです。

音楽マニアにはたまらないというか、音楽マニアにしかわからない境地が、GRANBEATにあります。もはや、普通の人では評価できないので、音楽マニアの人は自身で体験するしかありません。

ここまで音に特化しているスマホは、GRANBEATだけです。他に追随がいません。

エキサイトモバイルのGRANBEATの詳細と申し込みはこちら → エキサイトモバイル

エキサイトモバイルでは、この他にGRAND X LTEも取り扱っていますが、GRAND X LTEを検討する場合は、nova lite 2を買ったほうがかなり良いので、GRAND X LTEの紹介は省略します。

端末補償(月額380円)やその他のオプションに加入すべきか?

エキサイトモバイルを申し込むときに、いろいろなオプションサービスを選ぶことができますが、基本的にこれらは全て不要です。

公式サイトでは不安を煽ったり、さも有能なオプションサービスのように説明していますが、いりません。端末保証も基本的に入らないのですが、何も対策を取らずに端末保証なしでスマホを使うのはリスクが高いです。

エキサイトモバイルのオプションサービスの概要(不要の理由)と、端末保証に関しては下記に少し詳しく記載しているの参考にしてみてください。

選べるオプションは基本的に全て不要、端末保証だけ要検討

エキサイトモバイルの関連情報

公式サイト → エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの口コミと質問はこちら
格安SIMのSNS:エキサイトモバイルの口コミ

エキサイトモバイルのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
エキサイトモバイルの通信速度(リアルタイム)

その他の格安SIMや格安スマホのキャンペーンについては、格安SIMと格安スマホのキャンペーンの最新情報をご確認ください。

最終更新日 2018年5月9日 / 作成日 2017年3月1日 / 作成者 格安SIMの管理人