ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

GALAXY S4 SC-04Eのスペックと評価、使える格安SIMのまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

GALAXY S4 SC-04Eは2013年5月23日にドコモから発売されたAndroidスマホです。ドコモ系の格安SIMで使うことができます。

古すぎて流石にこれから買うのは厳しい機種ですが、Android 5にアップデートできるので、まだそれなりに使うことができます。

この記事を2019年に更新していますが、この記事のほとんどは2016年時点の情報になります。記録用にこの記事を残しておきます。

ーーー 以下2016年時点の情報 ーーー

GALAXY S4 SC-04Eはドコモ系の格安SIMで使えるコストパフォーマンスが非常に良いスマホです。

価格は1万8000円前後で買えて、スマホのライトユーザはもちろん、一般ユーザやヘビーユーザよりの一般ユーザも満足する性能をしています。新しい電池は3000円くらいで買えて自分で簡単に交換できるので、3〜4年くらい使うことができます。

GALAXY S4 SC-04E

GALAXY S4 SC-04Eのスペック(性能)

CPUクワッドコア1.9GHz
RAM2GB
ROM32GB
ディスプレイ5インチ
解像度1920×1080
カメラ背面1320万画素/前面210万画素
電池容量2600mAh
連続待受LTE 360時間、3G 410時間
サイズ137 × 70 × 8mm
重さ134グラム
価格(税込)1万5000円(中古)から2万8000円(新品)

Android 4.4.2(Android 5.0へアップデート可)、マイクロSIM、ワンセグ対応、おサイフケータイ対応、外部マイクロSD最大64GBまで対応

対応周波数
LTE: 2100MHz(1) / 800MHz(19) / 1500MHz(21)

ドコモのLTEが主に使っているバンドはBand1、Band3、Band19、Band28です。GALAXY S4 SC-04EはそのうちBand1とBand19しか対応していませんが、Band1とBand19がメインのバンドなのでLTEの受信は問題ありません。Band3に対応していたほうが都心部などで速度が出やすくなる場合がありますが、GALAXY S4の価格を考えるとなくても良いかなレベルになります。Band28が影響を与えるのは当分先の話なので気にしなくていいです。

3G: 2100MHz(1)、850MHz(5)、800MHz(6)、800MHz(19?)

GALAXY S4はFOMAプラスエリアにも対応しています。電波の受信に関しては問題ない機種です。

GALAXY S4 SC-04Eの評価

価格が安くて、電池が交換できて、性能ができるだけ良くて、そして格安SIMで使える。

この条件でベストなスマホがGALAXY S4 SC-04EとGALAXY 5です。

ざっくり評価すると、GALAXY S4は4年使えて、GAXAXY S5は1万円高くなりますが5年使える性能を持っています。両方とも電池を自分で交換できるタイプのスマホですが、電池持ちはGAXAXY S5のほうが良いです。

ここでは、GALAXY S4を主に評価していきます。

価格は1万5000円から2万8000円で安い

GALAXY S4 SC-04Eの表面(塗装や傷)の状態によって価格が大分変わります。

使い古されている感じがするのが1万5000円、中古でもきれいな状態になっているのが2万円、新品同様の場合は2万8000円くらいになります。

電池が交換できるので画面に目立った傷がなければ使い古された1万5000円でも問題ありませんが、最初から見た目がボロいスマホはちょっと避けたい場合は、2万円出せば中古としてかなり状態の良いGALAXY S4を手に入れることができます。

格安スマホの中心価格帯は2万円から3万円です。2万円出せば格安スマホ以上の性能のスマホを手に入れることができるので、価格面でGAXAXY S4は非常にお得です。

長く使いたい場合は電池交換できるスマホが必須

いくら性能が良いスマホであっても電池が交換できない場合は、がんばっても3年で電池の寿命でゴミ箱行きになります。自分で電池が交換できないタイプでもドコモショップへ持ち込めば交換修理してもらえることがありますが、少なくとも8000円と数日の交換時間がかかってしまいます。

GALAXY S4 SC-04Eの場合は、電池の交換が自分でできるのに加えて、交換電池がAmazon等で普通に3000円くらいで買うことができます。電池を買えば、30秒で自分で簡単に交換できます。

Amazon: GALAXY S4 互換バッテリー (1600円くらい)

純正バッテリーと互換バッテリーの電池の持ち自体はほとんど変わりません。違いがわからないくらい同じ電池性能をしていました。

互換バッテリーだからといって、日本ではスマホの互換バッテリーが爆発して怪我したなんていうケースは発生していないと思いますが、互換バッテリーを使う場合は自己責任で。。

これ以外にも、電池容量が2倍になる互換バッテリーも販売されています。

Amazon: GALAXY S4 互換バッテリー 5200mAh + TPUケース

電池持ちは2倍になります。GALAXY S4の純正バッテリーは電池持ちは悪くはないのですが、良くもない性能をしています。この電池容量倍増の互換バッテリーにすることで、スマホでもトップクラスに電池持ちが良くなります。注意点は、おサイフケータイが使えなくなることです。

5,6年で物理的(部品的)な寿命、または周波数的な問題が出てきます。また、Androidのバージョンが古くなるとセキュリティ面の問題も出てくるので、Android 5に対応しているGALAXY S4の場合は、総合すると4年くらい使える感じになります。

性能が格安スマホよりも大分良い

GALAXY S4 SC-04Eは格安スマホよりも性能がいいです。

格安スマホのCPUはクワッドコア1.2GHzですが、GALAXY S4はクワッドコア1.9GHzです。基本的にはCPUの数字が大きければ大きいほどサクサク動きます。ただし、たいていの使い方なら1.9GHzも必要じゃなかったりします。クワッドコア1.2GHzあればネットやメール、LINE、Facebook、Twitter、Youtube等など普通にサクサク使えます。

クワッドコア1.9GHzの必要性はどこになるのかというと、ゲームアプリです。クワッドコア1.2GHzでもメジャーなゲーム、モンスト、パズドラ、ツムツムなど問題なくできます。メジャーでないゲーム、特に3Dを使っているゲームやとてもキレイな画像を使っているゲームの場合、クワッドコア1.2GHzだと動作がもたつくことになります。ゲームが好きな人にクワッドコア1.9GHzが効いてきます。

ただし3D性能はそんなに良くないので、3Dを多用するようなゲームの場合、GALAXY S4でも性能不足になります。そういう場合は、より性能の良いGALAXY 5をお勧めします。

GALAXY S4の解像度は1920×1080なので画面がかなりキレイです。格安スマホの標準の解像度は1280×720なので格安スマホよりも画面がきれいに見えます。ただし格安スマホの標準の解像度でもキレイに見えます。GALAXY S4ならよりキレイに見える気がする、そんな程度の違いになります。

ROMは32GBあるので、格安スマホの標準16GBの2倍あります。アプリをたくさんインストールしたり、写真をたくさん撮ったり、音楽をたくさん入れたりしても余裕があります。

他には、5インチのスマホの中では比較的サイズがコンパクトに収まっています。それと格安スマホの多くはおサイフケータイに対応していませんが、GALAXY S4はおサイフケータイにも対応しています。ついでにワンセグでテレビも見れます。

電池持ちは並程度

電池の持ちは個人の感覚や使い方によって大きく変わってきてしまうので判断するのは難しいのですが、ここではまず最初に格安スマホとのスペック上の違いから電池の持ちの良し悪しを判断します。

電池の持ちを判断する上で重要になってくるのが、画面の大きさと電池容量、LTEの連続待受時間、発売時期です。

画面が大きければ大きいほど電池を使います。電池容量が大きければ大きいほど電池の持ちが良くなります。LTEの連続待受時間が長ければ長いほど電池の持ちが良くなります。そして、発売日が最近のものであればあるほど、省エネ性能に優れた設計になっているので電池持ちが良くなります。

GALAXY S4は電池容量が電池容量2600mAhあるので、一般的な格安スマホと比べると大容量です。LTE連続待受時間も360時間あるので、そこそこ良いです。

しかし、GALAXY S4は2013年5月に発売されたスマホで、すでに3年近く経っています。そのため最近のスマホと比べると省エネ性能が良くありません。

総合して最近の格安スマホと比べると普通レベルの電池持ちになっています。

スマホの電池持ちの詳細調査で、GAXAXY S4の実際の電池持ちをテストしているので、参考にしてみてください。

普通レベルレベルなので、普通に使えば特に困ることはないと思います。

もしもっと電池持ちを良くしたい場合は、Amazon: GALAXY S4 互換バッテリー 5200mAh + TPUケースを買ってください。電池持ちが2倍になります。(互換電池の使用は自己責任です!)

あとは、GALAXY S4には省電力モードというのがあり、これをオンにしておけば電池持ちが少し良くなります。動作が重いゲームをしなければオンにしておくのがいいと思います。

あとは、GALAXY S4はSMS無しのデータSIMだとセルスタンバイが発生します。セルスタンバイが発生すると何もしなくても電池がすぐになくなります。データSIMを使う場合はSMSオプションをつけておいたほうがいいです。音声SIMの場合はセルスタンバイは発生しないので問題ありません。

GALAXY S4で使えるおすすめの格安SIM

GALAXY S4 SC-04EのSIMのサイズはマイクロSIMです。

ドコモ系の格安SIM(ドコモ回線)で使うことができます。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMの申し込み時にSIMのサイズの指定が必要な場合は、ナノSIMを指定して、マイクロSIMに変換するアダプターを買って使うのがオススメです。

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初月無料+月額料金が合計9600円引き+初期費用全額ポイントバック、格安スマホは7000円ポイント還元、6ヶ月YouTube見放題

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1600円引き(合計9600円引き)、そして初期費用の3394円が全額ポイントバックになるキャンペーンを行なっています。

さらに指定の格安スマホセットなら7000円相当のポイントがもらえます。YouTubeがギガ消費なしで見放題になるエンタメフリーオプションも半年間無料で使えます。キャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら普通、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使える

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が2ヶ月間無料キャンペーン+7109円相当のポイント、おすすめの格安スマホも徹底解説

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。

さらに月額料金の支払いにも使える7109円相当のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。2020年4月6日までのキャンペーンです。

※ SMS付きのデータSIMだと1000円相当のポイントです。

更に格安スマホセールで、ZenFone Live L1が9880円、OPPO A5 2020が19800円のセール価格で買えます。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの嘆きのレビュー、新料金プランと評価を実際に使って徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細、現金キャッシュバック8000円+月額料金が最大1万5120円引き

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が半年間で最大3360円引きになる割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大2400円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと現金8000円がキャッシュバックになるキャンペーンも行っています。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。

さらに今なら2020年5月31日までmoto G8 Plusが約1万円引きの2万3760円で買える、かなりお得なキャンペーンを行っています。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+12GBプランは合計7680円引き+10分かけ放題が7ヶ月無料+乗り換えなら6000円キャッシュバック+格安スマホ大幅割引

IIJmioは今ならたくさん特典が適用できるキャンペーンを行っています。

まず初期費用3000円が1円です。そして12GBプランなら月額料金が6ヶ月間1280円引き(合計7680円引き)になります。

さらに通話SIMなら10分かけ放題が7ヶ月無料、他社からの乗り換えなら6000円キャッシュバック(当サイト限定で増額)がもらえます。

さらに通話SIMとセットに格安スマホを申し込む場合、nova lite 3が100円、P30 liteが1万4800円、OPPO Reno Aが1万9800円、中古 iPhone 8が2万9800円などかなりお得な価格で買えます。

2020年5月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他のおすすめの格安スマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • OPPO Reno A
    • コスパの良い高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万5800円、6.4インチ、CPU SDM710、RAM6GB、ROM64GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ169g、電池容量3600mAh
  • P30 lite
    • 3万円前後で買えて、性能バランスが一番良いのがP30 liteです。カメラ性能も比較的良いです。6.21インチ、CPU Kirin710、RAM4GB、ROM64GB、カメラ広角2400万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.4)+深度測定用200万画素(F値2.4)、重さ159g、電池容量3340mAh
  • OPPO A5 2020
    • 画面が低画質ですが、安くてCPUも高性能で電池持ちが最強クラスの格安スマホです。定価2万6800円、6.5インチ、CPU SDM665、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.25)+ポートレート200万画素(F値2.4)+モノクロ200万画素、重さ195g、電池容量5000mAh
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いのがAQUOS sense3です。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2019年8月11日 / 作成日 2015年9月22日 / 作成者 格安SIMの管理人

この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
「GALAXY S4 SC-04Eのスペックと評価、使える格安SIMのまとめ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
(税込1人当たり)
1人目
       

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
口コミ