mineoのauプラン(Aプラン)の申し込みから設定までの全て

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

mineoのauプランのシングルタイプ(データ通信のみ)を申し込んで、スマホに設定して使える状態になるまでを実際に行いながら解説します。mineoに関してはmineoの詳細詳細をご確認ください。

mineoにはauの回線が使えるauプランとドコモの回線が使えるドコモプランがありますが、ここではauプランを申し込みます。ドコモプランはmineoのドコモプランの申し込みから設定までの全てを参考にしてみてください。手続きの仕方はほとんど変わりません。

今回はデータ量が6GBのプランを申し込みますが、他のデータ量のプランでも同じやり方です。(ドコモプランも、ほとんど同じ申し込みです)

mineoの申し込みはこちら → mineo

mineo(マイネオ)の詳細評価&実際の速度と他の格安SIMとの比較と評判

mineoのauプランの申し込み1:申し込むのに必要なもの

必須:本人名義のクレジットカード

mineoを申し込むときに、本人名義のクレジットカードが必要です。

親のクレジットカードでもダメです。18歳未満の子供名義のスマホの場合、まずはスマホを親名義に変更して、親名義のクレジットカードで申し込む必要があります。

すでに自分のクレジットカードを持っていればそれを使えばいいです。クレジットカードを持っていない場合は、ポイント還元率の高いYahoo! JAPANカードがお勧めです。100円の支払いにつき1ポイントのTポイントがもらえます。

Yahoo! JAPANカードの詳細と申し込みはこちら → Yahoo! JAPANカード

デュアルタイプ(通話SIM)の場合は必須:本人確認書類のコピー

mineoのデュアルタイプ(通話SIM)を申し込む場合は、本人確認書類のコピーが必要になります。シングルタイプ(データSIM)の場合は必要ありません。

本人確認書類の下記の1点
運転免許証、パスポート、被保険者証(健康保険証、国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)、顔写真付き住民基本台帳カード、共済組合員証、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳、個人番号カード

本人確認書類をスマホやガラケー、デジカメなどで撮ったり、スキャナーでスキャン等して申し込み時にその写真をアップロードできるように準備しておきます。

注意点は、本人確認書類に記載されている氏名と住所が、申し込みするときに入力する氏名と住所が異なると申し込みがキャンセルされます。クレジットカードの名義も同じものである必要があります。

本人確認書類の住所が異なる場合は、発行から3ヶ月以内の公共料金領収書、または届出避難場所証明書を追加で提出する必要があります。

MNPをする場合は、MNP予約番号が必要

mineoのシングルタイプ(データSIM)や新しい電話番号でデュアルタイプ(通話SIM)を申し込む場合は、MNP予約番号は必要ありません。

今まで使っているガラケーやスマホの電話番号をそのままmineoでも使いたい場合に、MNPの手続きが必要になります。必要なのは、現在契約中のキャリア(ドコモやau、ソフトバンク等)に電話をかけて、MNP予約番号をもらうだけです。

mineoの申し込み中に、MNP予約番号を入力する画面が出てくるので、もらったMNP予約番号を入力すれば、mineoでも今まで使っていた電話番号をそのまま使うことができるようになります。

ガラケーやスマホの名義とmineoの契約者が異なる場合は、MNPで失敗してひどいことになるので、名義が同じようになるように申し込む必要があります。

下記で各キャリアからのMNPの仕方を詳しく説明しているので参考にしてみてください。

マイネオを申し込んだ後もガラケーやスマホは使えます。数日してマイネオから格安SIMが届いたら、同封されている用紙の説明に従って回線切替手続きを行います。

この切替手続きをするとガラケーやスマホが使えなくなります。届いた格安SIMを用意したスマホに挿入して、同封されていた用紙に従ってAPNの設定を行います(1,2分程度で簡単に設定できます)

回線切替手続きを行って、ドコモプランなら1時間程度、auプランなら30分程度でmineoの格安SIMを入れたスマホでネットや電話が使えるようになります。電話番号も今まで使っていた電話番号と同じ番号です。

回線切替手続きを取った時に今まで使っていたキャリアの契約は自動的に解約になります。キャリアショップへ行って解約手続きをする必要はありません。

mineoのauプランの申し込み2:公式サイトから申し込む

申し込むのに必要なものが用意ができたら、下記のmineoの公式サイトに行って申し込み手続きを行います。

mineoの申し込みはこちら → mineo

公式サイトに行ったら申し込みボタンがあるので、それをクリックします。

新規申し込み画面へ進みます。

mineoを初めて申し込む場合は、左側の「お申し込み手続きへ」をクリックします。

mineoを申し込んだことがある場合は、mineoを申し込んだ時にもらったeoIDを使ってログインして申し込みへ進みます。今回はeoIDを使ってログインして申し込みへ進みます。

申し込み方法は「通常のお申し込み」と「エントリーコードでお申し込み」の2通りがあります。

今回は「通常のお申し込み」を選択して、「次へ画面へ」をクリックします。

mineoのauプランの申し込み3:サービスを選択する

mineoのプランなどを選択します。

今回はauプランのシングルタイプ、6GB、SIMカードのみを購入するを選択して、次の画面へ進みます。各人、自分にあったプランを選択してください。(auプランのシングルプランはSMS機能は標準で付いてきます)

SIMカードの形状を選択します。au VoLTE対応SIM、nanoSIM、microSIMの3種類がありますが、9割くらいの人はau VoLTE対応SIMです。

次の画面へ進むをクリックします。

無視です。申し込まないをクリックします。

オプションサービスの選択画面が出てきます。

いろいろなオプションサービスがありますが、基本的に全部いらないので、全てのチェックを外すをクリックして、次の画面へ進みます。

しつこくオプションを追加しろと言ってきますが、いらないです。申し込まないをクリックします。

mineoのauプランの申し込み4:契約者情報と支払い情報の入力+デュアルタイプの場合は本人確認

契約者情報の入力画面が出てきます。

今回はすでにmineoを契約していて、2回線目以降の契約なので、入力する必要な箇所は職業だけになります。

初めてmineoを契約する場合は、名前や住所などを入力します。

入力し終わったら次の画面へ進みます。

初めてmineoを契約する場合は、自分のクレジットカード情報を入力します。今回は2回線目以降の契約なので、1回線目で設定したクレジットカードを選択して次の画面へ進みます。

デュアルタイプ(通話SIM)の場合は、次に本人確認書類のアップロード画面に進みます。

今回はシングルタイプ(データSIM)の契約なので、本人確認書類のアップロードは飛ばして、提供条件の確認画面に移ります。

mineoのauプランの申し込み5:提供条件 → 最終確認 → メルアド認証

提供条件のリンクが表示され、そのリンク先は長ったらしい文章がずらずら書かれています。mineoを契約する人のほとんどの人は読まずに、同意するを選択していると思いますが、気になる場合は熟読してみてください。

契約内容の最終確認をして、誤入力がないことを確認して「お申し込みを確定」をクリックします。

2回線目以降の契約の場合、これで申し込みは完了です。初めてmineoを申し込んだ場合は、最後にメール認証を行う必要があります。

初めてmineoを申し込む場合は、最後にメール認証が必須

初めてmineoを申し込む場合は下記のような画面になります。

申込み時に入力したメールアドレスに“mineoサービス「仮申し込み」のお知らせ”というタイトルでメールがすぐに届きます。

届いたメールの中に、お申し込み完了手続き用URLというのがあるので、それをクリックします。すると下記のような画面に移ります。

これでメール認証が完了して申込みが完了です。(2回線目以降はメール認証なしで注文が完了します)

mineoのauプランの申し込み完了から届くまで

注文が完了するとすぐに“mineoサービスへのお申し込みありがとうございます”というメールが届きます。

そのメールの中に、
※このメールはお申し込みの受け付けをお知らせするものであり、契約の成立をお知らせするものではありません。
※お申し込み内容の審査を行い、結果につきましてはあらためてメールにてお知らせいたします。
※審査の結果、サービスを提供できない場合がありますことをあらかじめご了承願います。

という注意書きがありますが、本人名義のクレジットカードを使って、デュアルタイプの場合はアップロードした本人確認書に記載されている住所と注文時に入力した住所が同じなら、基本的に問題ありません。

2015年に申し込んだ時

7月9日 平日木曜 16時に申し込む

7月11日 土曜 9時に“mineoサービス手続き完了のお知らせ”メールが届く

メール内容
「SIMカード(auICカード)」や「mineo通信端末(通信端末購入の方のみ)」などは、お申し込み時に入力いただきましたご住所に、1週間程度でお届けいたします。

1週間もかかるの?と思いながら、とりあえずSIMカードが届くのを待ちます。

7月14日 平日火曜 午前中にSIMカードが届く
1週間程度でお届けしますと書いてありましたが、3日で届きました。1週間っていうのは、最悪のケースを想定しているのかなと思います。

2018年にドコモ回線を申し込んだ時

8月13日 平日月曜 14時に申し込む

8月13日 平日月曜 15時に“mineoサービス手続き完了とご利用にあたってのお知らせ”というメールが届く
メール内容:「SIMカード」や「mineo通信端末(通信端末購入の方のみ)」などは、お申し込み時に入力いただきましたご住所に、2〜3日程度でお届けいたします。

8月15日 平日水曜 mineoの格安SIMが届きました。

格安SIMの設定1:届いたものを確認

2015年に申し込んだ時

大きい封筒と小さい封筒が届きました。

小さい封筒の中身は、mineo契約内容通知書が一枚入っているだけです。eoIDとパスワードが記載されています。eoIDはマイネオのマイページにログインするときに使うので、とりあえずなくさないように保管します。

大きい封筒の中身

SIMカードと利用ガイドが入っています。

利用ガイドは結構厚く、親切にいろいろ書いてあります。APNの設定方法はもちろん、LINEアプリの設定まで書いてあります。他の格安SIMの場合、利用ガイドはAPNの設定方法が書かれた紙が一枚くらいです。

2018年に申し込んだ時(ドコモプラン)

2018年にドコモプランを申し込んだ時は、大きな緑の封筒1通が届きました。

封筒の中身はこんな感じです。

右下の白っぽいのが格安SIMカードです。

利用ガイドの目次

mineoの利用ガイドはかなり親切です。

中身もカラーでわかりやすく使い方の説明がされています。

格安SIMの設定2:スマホに格安SIMを挿入して設定する

スマホにmineoの格安SIMカードを挿入します。

今回使うのはP20liteです。他のスマホでもたいした違いはありません。格安SIMを各スマホに挿入するだけです。

SIM取り出しピンをスマホの側面の小さい穴に突っ込んで、SIMスロットを取り出します。

SIM取り出しピンがなければ、100円ショップのクリップを伸ばして使えばいいです。下記のようなリリースピンでも同様に使えます。

Amazon:SIMカード リリースピン
【4本セット】SIMカード リリースピン iphone3/3gs  iphone4/4s/5/5s/5c 部品

SIMスロットにSIMカードを載せて、挿入して準備完了です。スマホの電源を入れます。(電源を入れながらでも大丈夫です)

注意:MNPの場合はMNP転入切替の手続きをする

シングルタイプ(データSIM)や新しい電話番号でのデュアルタイプ(通話SIM)の申し込みの場合は必要ありませんが、MNP手続きをしてデュアルタイプを申し込んだ場合は、MNP転入切替の手続きが必要です。

mineoのマイページにログインすると、MNP転入切替を行うことができます。

手続き完了後、30分程度で回線が切り替わって、下記のAPNの設定を行うとネットが繋がるようになります。

※ MNP転入切替の受付時間は9:00~21:00です。20:00以降にMNP転入切替手続きを行うと、切替が翌日になることがあるので注意してください。

格安SIMの設定3:APNを設定する

封筒に入っていたAPNの設定情報を見てAPNを設定します。

Androidの場合(P20lite等)

スマホによって、少し操作が違うと思いますが、Androidスマホ/タブレットのAPNの設定はだいたい下記のようなやり方になります。

ホーム画面のアプリ一覧をタップする。

設定をタップする。

無線とネットワークをタップする。

モバイルネットワークをタップする。

データ通信を有効にして、アクセスポイント名をタップする。

アクセスポイント名をタップする。

右上の+マークをタップしてAPNを追加する。

名前: mineo
APN: mineo.jp
ユーザー名: mineo@k-opti.com
パスワード: mineo
認証タイプ: CHAP

保存して、作成したAPN(mineo)を選択する

APNを選択して2,3分すると電波を受信するようになります。これにて格安SIMの設定は完了です。インターネットやアプリのダウンロードも問題なくできるようになっています。

少し時間が経っても3GやH、WCDMAと表示される場合は、スマホを再起動してみてください。再起動するとだいたい、4GやLTEと表示されるようになります。

iOSの場合(iPhoneやiPad)

iOSデバイスからhttps://mineo.jp/apn/mineo-a2.mobileconfigを開きます。このときWiFiなどでネットにつながっている必要があります。

上記のURLから構成プロファイルをダウンロードして、イントールします。

これでAPN設定が完了です。

次に設定をタップしてモバイルデータ通信をタップします。(Wi-Fiがオンになっている場合はオフにします)

LTE回線を使用をオンにして設定完了です。

2,3分すると電波を受信するようになって、インターネットやアプリのダウンロードができるようになります。

とても簡単にmineoの申し込みからSIMカードの設定ができました。

mineoの申し込みはこちら → mineo

mineoの詳細評価&実際の速度と他の格安SIMとの比較と評判

mineoの関連情報

公式サイト → mineo

mineo(マイネオ)のキャンペーンの詳細と乗り換え方法&おすすめの格安スマホとiPhone

mineoではデュアルタイプ(通話SIM)を申し込むと、月額料金が半年間333円から使えるキャンペーンを行なっています。ドコモ回線は月1067円引き、au回線は月1417円引き、ソフトバンク回線は月1417円引きになります。

これに加えて10分かけ放題が3ヶ月無料で使えるキャンペーンも行っています。2018年11月6日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

mineoの口コミと質問はこちら
格安SIMとスマホの口コミ:mineoの口コミ

mineoのリアルタイムの実際に出る通信速度はこちら
mineoのauプランの通信速度(リアルタイム)
mineoのドコモプランの通信速度(リアルタイム)

最終更新日 2018年8月24日 / 作成日 2015年7月14日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る