honor9の性能評価と評判、使える格安SIMのまとめ

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

honor9は2017年10月12日に発売された格安スマホです。ドコモ系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

発売当時は超高性能な格安スマホだったので、今でも快適に使えます。この記事を2019年に更新していますが、この記事のほとんどは2018年時点の情報になります。記録用にこの記事を残しておきます。

ーーー 以下2018年時点の情報 ーーー

honor9

honor9は2017年10月12日に発売された、超高性能なCPUと大容量のRAM4GBとROM64GBを搭載した、カメラの性能も良い5.15インチの比較的コンパクトな格安スマホです。

honor9はhonor8の後継機です。honor8よりもCPUが高性能になり、ROMの容量が倍増して、カメラ性能が向上して、電池持ちも良くなっています。ただし、honor8の定価は4万2800円ですが、honor9は5万3800円になりました。

honor9の性能だと5万3800円は高いですが、MVNOで格安SIM(音声通話SIM)とセットで購入すると大幅な割引を受けることができます。honor9は格安SIMとセットで購入する場合にオススメの格安スマホです。

honor9のスペック(性能)

honor 9
CPUオクタコア2.4GHz×4+1.8GHzx4 Huawei Kirin 960
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ5.15インチ
解像度1920×1080
カメラ背面ダブルレンズカメラ1200万画素カラーセンサー+2000万画素モノクロセンサー(F値2.2)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量3200mAh 急速充電対応(急速充電対応9V/2A)、フル充電110分
サイズ147.3 x 70.9 x 7.45 mm
重さ155グラム
連続待受373時間
本体カラーサファイアブルー、グレイシアグレー、ミッドナイトブラック(楽天モバイル限定)
価格5万3800円

Android 7.0、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE非対応)、指紋認証対応(前面)、ジャイロスコープ搭載、802.11ac対応、Bluetooth V4.2 with BLE対応、USB Type C 2.0対応、NFC対応、GPS/Glonass/Beidou対応

honor9の対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/20
TDD-LTE : B38/40
W-CDMA : B1/2/5/6/8/19

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMについて

ドコモ系の格安SIMで使う場合

ドコモ系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはFDD-LTEのバンド1、バンド3、バンド19です。バンド28は2015年から稼働し始めましたが影響を及ぼすのは当分先なので気にしなくていいです。ドコモの主要バンドの全てをカバーしているので、ドコモ系の格安SIMのLTEの受信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも3Gでデータ通信がしやすくなっています。

au系の格安SIMで使う場合

au系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはバンド1、バンド11、バンド18、バンド26、バンド28です。honor9はバンド1しか対応していません。加えて、auのVoLTEにも対応していないので、au系の格安SIMでは使わない方が良いです。

最近発売された端末はバンド1が使えてもauのVoLTEに対応していない場合、au系の格安SIMではデータ通信ができなくなっている場合があります。

ソフトバンク系の格安SIMで使う場合

ソフトバンク系の格安SIM、Ymobileが使っているLTEバンドは、バンド1、バンド3、バンド8です。honor9は全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話ができます。

honor9はドコモ系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。バンドの詳細についてはドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

honor9の評価と比較

超高性能のCPUを搭載

honor9のCPUはオクタコア2.4GHzx4 + 1.8GHzx4 Kirin 960です。格安スマホの中でも最高クラスの超高性能のCPUを搭載しています。(日本で発売する中ではMate10 Proが最高性能ですが、あちらは税込10万円近くします)

簡単に評価すると、スマホのヘビーユーザでも満足して使えるCPUの性能です。なんでもサクサク使えます。ネットでも動画でも、Twitter、Facebook、インスタグラム、LINE、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGO、etc。。。基本的になんでもサクサクできると思っておけばいいです。

最高クラスのCPUの使い道→高度な3Dゲームをサクサク快適にできる!

最高クラスのCPUの性能、その使い道は超高度なゲームプレイです。使い道は超高度なゲーム以外ありません。超高度なゲームというのは、緻密な3Dのキャラクターやら何やらが動くゲームです。

普通にサクサク使える程度なら、半額以下で買えるnova lite 2で十分なのですが、あまり一般的ではない高度な計算が必要な3Dゲームになると、honor 9に搭載している超高性能CPUに強みが出てきます。

あとは、発売から3年くらい経てばnova lite 2の性能は少し怪しくなりますが、honor 9の性能なら3年経っても現役バリバリです。

超高度な3Dゲームの場合は注意が必要

honor9に搭載されているCPU(Kirin)は超高性能ですが、そこまで3Dゲームのプレイに特化しているCPUでもありません。たいていの高度な3Dゲームもサクサク遊べますが、ハードなゲーマーを満足するようにはできていません。

超高度な3Dゲームのプレイを快適にしたい場合は、CPUはKirinは避けて、Snapdragonにしたほうがいいです。この場合、ZenFone 4、もしくはiPhone 8 / 8 Plus / Xにしたほうが無難です。

honor9のAntutuのスコア(v6.2.7)

honor9とP10のCPUとRAMは同じものを使っているので、honor9のAntutuのスコアはP10のスコアを参考にしました。Antutuのスコアが高いほど、スマホの性能が良いことを意味しています。

(P10のAntutuスコア=honor9とほぼ同等)

平常時のP10のAntutuスコアは133,194でした。ただし、P10でスコアを計測していて、やたらと本体が熱くなってきたので、気になって何度も計測していくと、発熱によりスコアが下がっていき最終的には115,279付近になってしまいました。

特に3Dのスコアが44,358から34,942に減っています。同じCPUを搭載しているMate9だと、本体が大きいので発熱はそんなに気にならないのですが、ゲームなどの高負荷な状態を続けると発熱を結構してしまいます。

honor9もP10とほぼ同じ性能構成をしているので、同じように発熱するものと思われます。

発熱してもAntutuスコアは10万を超えているのでサクサク使えますが、ゲームが好きな場合は発熱が気になると思います。

その他の格安スマホのAntutuスコア
Mate10 Pro: 176,339
P10: 115,279(発熱時)〜133,194(通常)
ZenFone 4: 112,031
honor8: 88,554
nova lite 2: 65,000前後
nova2: 65,000前後
P10 lite: 57,619
AQUOS sense: 43,000程度
ZenFone 4 Max: 43,000程度

一般的な使い方や一般的なゲームなら、Antutuが27,000程度でも割と普通に使えますが、サクサク感は厳しいです。Antutu40,000程度あると結構サクサク使うことができます。さらにサクサク使いたいなら、Antutu50,000以上が望ましい感じです。

RAM4GBとROM64GB

honor9はRAM4GBとROM64GBを搭載しています。

RAMの容量が大きいほど、一度に起動できるアプリの数が増えます。一般的な使い方ならRAMは3GBあれば十分ですが、ゲームをしながら何かアプリをたくさん使いたい場合は、RAM4GBあるといい感じです。

ROMはデータを保存する場所です。アプリのデータや写真、音楽、動画などを保存します。ROM16GB以上+マイクロSDカード(32GB以上)の組み合わせが一般的です。

ROMが64GBもあれば、一般的な使い方ならデータを保存する場所が十分あるので、マイクロSDカードを購入する必要は無くなります。

ただ、スマホが壊れた時に写真などもROMに保存してしまっていると、写真データもなくなる可能性があります。基本的には、ROMに全部頼らず、写真や動画、音楽などはマイクロSDカードを購入してマイクロSDカードに保存することをお勧めします。

参考:格安スマホのRAMとROMの適切な容量、マイクロSDカードの使い方

洗練されたデザイン、ただし落としやすく、落とすと悲劇

honor 9の最大の特徴の一つが洗練されたデザインです。

見た目からしてピカピカ輝いています。

以下は製品ページからの引用です。

3D曲面ガラスを纏う「honor 9は、魅力的で独創的な色を持つ3D曲線ガラスを纏っています。フォトエッチング技術によってガラスに刻まれた精密なナノテクスチャーと、熱加工によって作られた華やかな曲線がガラスの中で踊る立体的な光を演出し、honor 9は美しく輝きます。」

惜しげもないクラフトマンシップ「すべてのガラスは厳しい基準でチェックされ、500個のデバイス生産ごとに新しい金型に変更され。この優秀なクラフトマンシップと創意工夫によって、honor 9はファッション性とテクノロジーの融合を実現しています。」

見事に組み合わされたデザイン「細部まで加工された3D曲面のガラスの背面は、サンドブラストの金属フレームにシームレスに繋がります。」

簡単に評価してしまうと、かなり洗練された綺麗なデザインになっています。このため、ファーウェイはhonor9をファッショナブル(死語?)な若者向けのスマホとしてアピールしています。

ただし、これ落としやすいんです。。そして少しの高さからでも落とすとディスプレイが割れる紙装甲・・。

かなり注意深い人じゃないと落としてヒビを入れる可能性大です。普通は保護ケースに入れて使うことになるので、美しいファッション性に優れたデザインといったところで、あまり意味はありません。

1200万画素カラーセンサー+2000万画素モノクロセンサーのダブルレンズカメラを搭載

honor9はP10と同じダブルレンズカメラを使っています。ただし、P10はライカと共同でカメラのチューニングを行なっているのに対して、honor9はライカの協力なしのチューニングです。

ライカのある/なしの違いは、写真を接近して撮った時の色合いです。ライカありだと近接しても実物に近い色合いで写真が撮れますが、ライカなしだと近接して撮った写真は色合いが実物から少し違う感じになったりします。

ライカありのP10とMate10 Pro、それとライカなしのhonor8やnova、P10 liteなどを撮り較べていたら、そんな感じになりました。おそらくhonor9も近接物の色合いは少し微妙な結果になっていると思われます。

50センチも離れて撮れば、色合いとかは自然な感じに撮れるので、超接近して撮りたり場合でなければ、honor9のカメラ性能でも十分満足すると思われます。

honor9のカメラスペック

背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー 開口部F2.2 / 2色フラッシュ / 4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)/ 4K動画撮影

前面:インカメラ:800万画素 (開口部F2.0, FF)

honor9には光学手ぶれ補正は付いていません。光学手ブレ補正が必要な場合や、写真を近接して撮った場合でも実物に近い色合いで撮りたい場合は、ZenFone 4P10がオススメです。

honor9で撮った写真はありませんが、複数の格安スマホで撮った写真を掲載しているので、少し参考にしてみてください。

カットステーキでのカメラの性能テスト、ZenFone 4、ZenFone 3、Mate 9、honor8、P10 lite、nova、arrows M02

ビックマックセットでのカメラの性能テスト、P10 lite、NuAns Neo Reloaded、AQUOS L2、nova lite、nova、ZenFone 3

電池の持ちは結構良い

電池持ちは実際にテストするまでわからないのですが、カタログ値からでもある程度わかるようになっています。

電池持ちを左右するのは下記のスペックになります。

honor9の電池容量は3200mAh、連続待受時間はLTEで373時間です。CPUがKirin960、RAM4GB、5.15インチのディスプレイで解像度は1920×1080です。

honor8の電池持ちはそこそこ良いレベルでしたが、honor9で電池容量が200mAh増えて、待受時間が17時間短くなって、CPUがKirin950からKirin960へアップ(主にGPSでの消費電力が低下&動画の再生時の消費電力の低下)、画面が0.05インチだけ小さくなります。

総合的に判断して、honor9の電池持ちは結構良い格安スマホになっていると思われます。

honor8は動画の連続再生時間は9時間で、GPSを利用すると発熱して電池の消費が早くなってしまうのですが、honor9とほぼ同性能P10は動画の再生時間が12時間7分です。GPSを利用する場合でも、honor8ほど発熱はしません。

少しハードなゲームをたくさん使う場合、発熱で電池持ちが少し悪くなりますが、普通程度の負荷なら電池持ちは結構良くなっていると思われます。

スマホの電池持ちの詳細調査

電池の交換費用は1万7000円

honor9の電池が消耗するのは、一般ユーザで3年半くらいです。実際は3年くらいで電池持ちが悪くなって、3年半が一般的な感覚での限界点に達すると思います。ゲームをたくさんするような場合は、発熱で電池の劣化が早まるので、2年から2年半くらいで電池が消耗します。

honor9はかなり高性能なスマホなので、性能的には4年以上快適に使えます。

スマホをたくさん使うユーザーほど安く電池交換できるスマホが重要になってきますが、ファーウェイは以前は6500円〜7000円で電池交換を受け付けていましたが、2017年10月14日からhonor9の場合は1万7000円に値上げしてしまいました。

電池交換は修理と同じようにワイモバイルで代替機種を貸し出してくれて、銀座なら即日(1〜2時間)で電池を交換してくれますが、1万7000円は高すぎます。

honor8の場合は3500円で電池の交換キットが販売されていますが、honor9は発売してから間もないため、電池の交換キットもまだ発売されていません。おそらく発売される気はしますが、可能性的には7割くらいだと思います。

少し器用な人は3500円程度の電池の交換キットで電池を交換することができると思います。(電池の交換キットが発売されればですが・・)

honor9の電池交換の動画

自分で電池を交換する場合は自己責任でお願いします。

前面に指紋認証のセンサーを搭載

honor9は指紋認証を搭載しています。登録した指を指紋センサーにタッチするだけでスマホのロックを解除することができます。楽チンです。

ほとんどの格安スマホには指紋認証が付いていますが、少し前までは背面に指紋センサーが付いているのが一般的でしたが、最近は前面に付くことが多くなっています。

honor9とほぼ同性能のP10も前面に指紋認証のセンサーが付いていて、指で触っただけですぐにロックを解除してくれます。P10の指紋認証の反応速度と認証精度も良いので、honor9も快適にロック解除できると思います。

honor9のその他の特徴

急速充電に対応、USB Type C

急速充電に対応しているので、充電するのを忘れてしまった場合でも、30分で40%まで充電してくれます。

ジャイロスコープ搭載

わざわざ指摘する必要もない気がしますが、ジャイロスコープを搭載しているのでポケモンGOをARモードで遊ぶことができます。ARモードなんて、最初に数回するくらいで使わなくなるのでどうでも良いのですが、念のため。

GPS/Glonass/Beidou対応

ごく稀に2万円以下の安い格安スマホだとGPSの精度が悪いものが混じってきたりしますが、2万円以上のスマホでGPSの精度が悪いスマホはほとんどなく、ファーウェイのスマホでGPSの精度が悪いスマホが出てきたことはほぼないので、GPSの精度は心配しなくても大丈夫です。

普通に徒歩でナビを使ったり、車でナビとして利用することができます。

キャリアアグリゲーション(CA)に対応していない

honor9はCAに対応していません。CAが使えると複数の周波数帯をまとめて送受信することができるので、データ通信が速くなり、そして安定する機能です。

ただ、格安SIMの場合、通信速度が大手キャリアよりも遅いのでCAが使える恩恵は少ないです。おまけレベルです。ただ、honor9は定価で5万円を超えてくるので、CAくらい対応させてもいいんじゃないかなくらいは思います。

honor 9の評判

評判は高い。以上です。

Twitter:ファーウェイの価格発表時のツイッターの反応

中国では4万円くらいで販売されているので、4万5000円くらいが妥当な価格かなと思っていましたが、蓋を開けたら5万3800円・・。

ファーウェイはコスパが良いことで日本で躍進してきましたが、5万3800円はコスパなんていう言葉は適用できないので、ツイッターでブーイングの嵐となりました。。

ただ、その後、MVNOの通話SIMとのセット価格なら最大2万円くらい安くなることから、ブーイングが収まった感じです。

honor 9のみ購入することもできますが、おそらくファーウェイは端末単体で売ろうとしていません。何かしらの販売方針で、MVNOとのセットでの販売を行おうとしています。

そのため単体購入は割高な価格を適用して、セット購入ではコスパの良い価格を適用しているんだと思います。

MVNOとのセットでhonor9を購入できる場合は、割引価格でhonor9が買えるので、コスパが良く検討に値します。端末単体の場合は割高なので無視することをオススメします。

honor9が使えるおすすめの格安SIM

honor9はドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、YouTubeがデータ消費なしに見れる

一番お得なBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報を徹底解説、初期費用0円+初月無料+1000円相当のポイント+YouTube見放題のエンタメフリーが6ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、3394円の初期費用が無料、月額料金が初月無料、そしてサイト限定キャンペーンで月額料金の支払いにも使えるGポイントが1000円分もらえるキャンペーンを行なっています。2019年10月31日までのキャンペーンです。

YouTube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーオプションを半年間無料で使えるキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーン情報とおすすめの格安スマホを徹底解説、月額料金が5ヶ月間半額キャンペーン+キャンペーンコードで5000ポイント

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月は全プラン600円、そして翌月から月額料金が4ヶ月間、半額になるキャンペーンを行なっています。

さらにキャンペーンコード(1908WA05)を入力すると、月額料金の支払いにも使える5000円相当のLINEポイントが追加でもらえるキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの料金プランと評価を徹底解説

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、月額割引キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。キャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioの一番お得なキャンペーンとおすすめの格安スマホを徹底解説、初期費用1円+通話SIMは月額料金が合計5200円引き+3ヶ月間毎月3GB増量+格安スマホの大幅割引セール

IIJmioでは2019年10月31日までに格安SIMを申し込むと初期費用が1円になります。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大5000円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

最大5000円のギフト券の代わりに、ZenFone Live L1が999円、OPPO AX7が4800円、nova lite 3が9800円、P30 liteとAQUOS sense 2が1万9800円で買えるキャンペーンも行っています。

さらに当サイト限定で通話SIMの月額割引が1ヶ月延長が適用されます。つまりこのサイト経由で申し込むと4ヶ月間1300円引き(合計5200円引き)になります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの料金プランと評価を徹底解説

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • ZenFone 6
    • 超高性能のSnapdragon 855搭載、フリップカメラで自撮り性能最高、電池容量5000mAhで価格は6万9500円から。この超高性能でこの価格はかなりコスパが良いです。6.4インチ、CPU SDM855、RAM6GB/8GB、ROM128GB/256GB、ダブルレンズカメラ4800万画素+1300万画素広角、重さ190g、電池容量5000mAh、DSDV対応
  • Pixel 3a
    • ミドルレンジで一番人気あるのがGoogle Pixel 3aです。カメラ性能が良いです。特に夜景を撮る場合はハイエンドに近い性能を発揮します。税込4万8600円、5.6インチ、CPU SDM670、RAM4GB、ROM64GB、1220万画素(F値1.8)、重さ147g、電池容量3000mAh
  • AQUOS R2 compact
    • コンパクトな超高性能スマホです。iPhone SEよりも少しだけ大きいですが、画面は5.2インチです。コンパクトなスマホの最高峰です。CPUもSDM845搭載で超高性能。5.2インチ、CPU SDM845、RAM4GB、ROM64GB、カメラ2260万画素(F値1.9)、重さ135g、電池容量2500mAh、防水・おサイフケータイ対応
  • Mate20 Pro
    • 最高性能と最高品質を兼ね備えたのがMate20 Proです。3つの高品質なカメラレンズで最高の写真を撮ってくれます。CPUも超高性能で、あらゆる部品が高品質、それがMate20 Proです。6.39インチ、CPU Kirin980、RAM6GB、ROM128GB、トリプルレンズカメラ(広角カメラ4000万画素F値1.8 + 超広角カメラ2000万画素F値2.2 + 望遠カメラ800万画素F値2.4)、重さ189g、電池容量4200mAh、DSDV対応
最終更新日 2019年10月12日 / 作成日 2017年10月17日 / 作成者 格安SIMの管理人
「honor9の性能評価と評判、使える格安SIMのまとめ」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ