honor9の詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2017年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(99)

honor9は2017年10月12日に発売された格安スマホです。ドコモ回線の格安SIMとソフトバンク回線の格安SIMで使えます。

発売当時は超高性能な格安スマホだったので、今でも快適に使えます。

honor9

ーーー 以下2018年時点の情報 ーーー

honor9は超高性能なCPUと大容量のRAM4GBとROM64GBを搭載した、カメラの性能も良い5.15インチの比較的コンパクトな格安スマホです。

honor9はhonor8の後継機です。honor8よりもCPUが高性能になり、ROMの容量が倍増して、カメラ性能が向上して、電池持ちも良くなっています。ただし、honor8の定価は4万2800円ですが、honor9は5万3800円になりました。

honor9の性能だと5万3800円は高いですが、格安SIM(音声通話SIM)とセットで購入すると大幅割引で買えました。

honor9の詳細スペック(性能)

honor 9
CPUオクタコア2.4GHz×4+1.8GHzx4 Huawei Kirin 960
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ5.15インチ
解像度1920×1080
カメラ背面ダブルレンズカメラ1200万画素カラーセンサー+2000万画素モノクロセンサー(F値2.2)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量3200mAh 急速充電対応(急速充電対応9V/2A)、フル充電110分
サイズ147.3 x 70.9 x 7.45 mm
重さ155グラム
連続待受373時間
本体カラーサファイアブルー、グレイシアグレー、ミッドナイトブラック(楽天モバイル限定)
価格5万3800円

Android 7.0、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE非対応)、指紋認証対応(前面)、ジャイロスコープ搭載、802.11ac対応、Bluetooth V4.2 with BLE対応、USB Type C 2.0対応、NFC対応、GPS/Glonass/Beidou対応

honor9が使える格安SIMのまとめ

honor9の対応バンド

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/20
TDD-LTE : B38/40
W-CDMA : B1/2/5/6/8/19

honor9はドコモ回線の格安SIMソフトバンク回線の格安SIMで使えます。

SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。

格安SIMを持っていない場合は、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選ぶことをオススメします。通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月308円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なし

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、初月無料+1年間3GBが月770円+端末セットで20,000ポイント

BIGLOBEモバイルはキャンペーンで、月額料金が初月無料、翌月から1年間、3GBプランは月770円、6GBは月1320円で使えるキャンペーンをしています。

SIMのみなら初期費用3733円が無料、クーポンコードで最大3000ポイントプレゼント(税込み換算で3,300円相当)

格安スマホやiPhoneSEとセットだと最大20,000ポイントがもらえます(税込換算で22,000円相当)

初期費用&税込で・・・
・Redmi Note 10 Pro:16,422円
・Redmi 9T:3,733円
・AQUOS sense4:14,205円

かなりお得に手に入ります。4月1日からのキャンペーンで終了日は未定です。SIMのみのMNP特典(3000ポイント)は5月31日までの特典です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

おすすめの格安SIM:ワイモバイル(ソフトバンク回線)

ワイモバイルの特徴:通信速度が超速く、低速はシンプルSは300kbps、M/Lは1Mbps。2回線目以降は月1188円引き

ワイモバイルのキャンペーン攻略情報

5のつく日や日曜日に申し込むとPayPayがたくさんもらえるキャンペーンをしています。事務手数料3300円が無料、アウトレットやタイムセールで格安スマホをかなり安く買えます。

ワイモバイルは速度も超速く、Yahooショッピングがお得に使えます。

ヤフー店のY!mobileオンラインストア

ワイモバイルのデメリットとメリットを徹底解説&料金プランと総合評価

2017年時のhonor9の性能レビュー

超高性能のCPUを搭載

honor9のCPUはオクタコア2.4GHzx4 + 1.8GHzx4 Kirin 960です。格安スマホの中でも最高クラスの超高性能のCPUを搭載しています。(日本で発売する中ではMate10 Proが最高性能ですが、あちらは税込10万円近くします)

簡単に評価すると、スマホのヘビーユーザでも満足して使えるCPUの性能です。なんでもサクサク使えます。ネットでも動画でも、Twitter、Facebook、インスタグラム、LINE、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGO、etc。。。基本的になんでもサクサクできると思っておけばいいです。

最高クラスのCPUの使い道→高度な3Dゲームをサクサク快適にできる!

最高クラスのCPUの性能、その使い道は超高度なゲームプレイです。使い道は超高度なゲーム以外ありません。超高度なゲームというのは、緻密な3Dのキャラクターやら何やらが動くゲームです。

超高度な3Dゲームの場合は注意が必要

honor9に搭載されているCPU(Kirin)は超高性能ですが、そこまで3Dゲームのプレイに特化しているCPUでもありません。たいていの高度な3Dゲームもサクサク遊べますが、ハードなゲーマーを満足するようにはできていません。

超高度な3Dゲームのプレイを快適にしたい場合は、CPUはKirinは避けて、Snapdragonにしたほうがいいです。

2021年版:超ざっくりしたCPUの性能表(SoCの性能)
超高性能
Snapdragon:845、855、865
Kirin:990
iPhone:XR、XS、XS Max、SE 第2世代、11、11Pro、11Pro Max、12、12mini、12Pro、12Pro Max
高性能
Snapdragon:730、730G、690 5G、720G、732G、765G、835
Kirin:970、980
iPhone:8、X
比較的高性能
Snapdragon:662、665、660、820、670、675、710
Kirin:950、955、960、810
iPhone:7
普通性能
Snapdragon:630、632、650、636
Kirin:710
Galaxy:Exynos7904、Exynos7885
iPhone:6s、SE 第1世代
低性能
Snapdragon:450、625、439、460
Kirin:650、655、658、659
Galaxy:Exynos7884B
iPhone:5s、6
最底辺
Snapdragon:400、410、430、435

※ 右に行くほど高性能

スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。

スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。

スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。スマホがよりサクサク動くようになります。重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。

スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。

RAM4GBとROM64GB

honor9はRAM4GBとROM64GBを搭載しています。

洗練されたデザイン、ただし落としやすく、落とすと悲劇

honor 9の最大の特徴の一つが洗練されたデザインです。

見た目からしてピカピカ輝いています。

以下は製品ページからの引用です。

3D曲面ガラスを纏う「honor 9は、魅力的で独創的な色を持つ3D曲線ガラスを纏っています。フォトエッチング技術によってガラスに刻まれた精密なナノテクスチャーと、熱加工によって作られた華やかな曲線がガラスの中で踊る立体的な光を演出し、honor 9は美しく輝きます。」

惜しげもないクラフトマンシップ「すべてのガラスは厳しい基準でチェックされ、500個のデバイス生産ごとに新しい金型に変更され。この優秀なクラフトマンシップと創意工夫によって、honor 9はファッション性とテクノロジーの融合を実現しています。」

見事に組み合わされたデザイン「細部まで加工された3D曲面のガラスの背面は、サンドブラストの金属フレームにシームレスに繋がります。」

ただし、これ落としやすいんです。。そして少しの高さからでも落とすとディスプレイが割れる紙装甲・・。

かなり注意深い人じゃないと落としてヒビを入れる可能性大です。普通は保護ケースに入れて使うことになるので、美しいファッション性に優れたデザインといったところで、あまり意味はありません。

1200万画素カラーセンサー+2000万画素モノクロセンサーのダブルレンズカメラを搭載

honor9はP10と同じダブルレンズカメラを使っています。ただし、P10はライカと共同でカメラのチューニングを行なっているのに対して、honor9はライカの協力なしのチューニングです。

ライカのある/なしの違いは、写真を接近して撮った時の色合いです。ライカありだと近接しても実物に近い色合いで写真が撮れますが、ライカなしだと近接して撮った写真は色合いが実物から少し違う感じになったりします。

honor9のカメラスペック

背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー 開口部F2.2 / 2色フラッシュ / 4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)/ 4K動画撮影

前面:インカメラ:800万画素 (開口部F2.0, FF)

honor9には光学手ぶれ補正は付いていません。

電池の持ちは結構良い

電池持ちを左右するのは下記のスペックです。

honor9の電池容量は3200mAh、連続待受時間はLTEで373時間です。CPUがKirin960、RAM4GB、5.15インチのディスプレイで解像度は1920×1080です。

honor8の電池持ちはそこそこ良いレベルでしたが、honor9で電池容量が200mAh増えて、待受時間が17時間短くなって、CPUがKirin950からKirin960へアップ(主にGPSでの消費電力が低下&動画の再生時の消費電力の低下)、画面が0.05インチだけ小さくなります。

総合的に判断して、honor9の電池持ちは結構良い格安スマホになっていると思われます。

スマホの電池持ちの詳細調査

前面に指紋認証のセンサーを搭載

honor9は指紋認証を搭載しています。登録した指を指紋センサーにタッチするだけでスマホのロックを解除することができます。楽チンです。

honor9のその他の特徴

急速充電に対応、USB Type C

急速充電に対応しているので、充電するのを忘れてしまった場合でも、30分で40%まで充電してくれます。

ジャイロスコープ搭載

わざわざ指摘する必要もない気がしますが、ジャイロスコープを搭載しているのでポケモンGOをARモードで遊ぶことができます。ARモードなんて、最初に数回するくらいで使わなくなるのでどうでも良いのですが、念のため。

GPS/Glonass/Beidou対応

ごく稀に2万円以下の安い格安スマホだとGPSの精度が悪いものが混じってきたりしますが、2万円以上のスマホでGPSの精度が悪いスマホはほとんどなく、ファーウェイのスマホでGPSの精度が悪いスマホが出てきたことはほぼないので、GPSの精度は心配しなくても大丈夫です。

普通に徒歩でナビを使ったり、車でナビとして利用することができます。

キャリアアグリゲーション(CA)に対応していない

honor9はCAに対応していません。CAが使えると複数の周波数帯をまとめて送受信することができるので、データ通信が速くなり、そして安定する機能です。

ただ、格安SIMの場合、通信速度が大手キャリアよりも遅いのでCAが使える恩恵は少ないです。おまけレベルです。ただ、honor9は定価で5万円を超えてくるので、CAくらい対応させてもいいんじゃないかなくらいは思います。

2017年時のhonor 9の評判

評判は高い。以上です。

Twitter:ファーウェイの価格発表時のツイッターの反応

中国では4万円くらいで販売されているので、4万5000円くらいが妥当な価格かなと思っていましたが、蓋を開けたら5万3800円・・。

ファーウェイはコスパが良いことで日本で躍進してきましたが、5万3800円はコスパなんていう言葉は適用できないので、ツイッターでブーイングの嵐となりました。。

ただ、その後、MVNOの通話SIMとのセット価格なら最大2万円くらい安くなることから、ブーイングが収まった感じです。

honor 9のみ購入することもできますが、おそらくファーウェイはhonor 9単体で売ろうとしていません。何かしらの販売方針で、MVNOとのセットでの販売を行おうとしています。

そのため単体購入は割高な価格を適用して、セット購入ではコスパの良い価格を適用しているんだと思います。

その他の格安SIM用のおすすめのスマホ

格安スマホのおすすめ機種ランキングでは、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • iPhone SE 第2世代
    • 超高性能なApple A13 Bionic搭載、超高性能でコスパ最高のiPhone。税込4万9280円から。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB/128GB/256GB、1200万画素、重さ148g、電池容量1821mAh、eSIM対応でDSDS対応
  • iPhone12/mini/Pro/Pro Max
    • 最新のiPhoneでも格安SIMが使えます。本体価格は高いですが、途中で電池交換すれば性能的に6年くらい使えるので、長い目で見るとコスパが結構良いです。
  • Pixel4a (5G)とPixel5
    • 5G対応でカメラ性能も良いです。税込6万500円から。SDM765G、ROM128GB、1220万万画素+超広角1600万画素。Pixel4a (5G)は6.24インチ、RAM6GB、3885mAh、168グラム。Pixel5は6インチ、RAM8GB、4080mAh、151グラム。eSIMとナノSIM対応DVDS仕様
  • ZenFone 7とZenFone 7 Pro
    • 超高性能なAndroidスマホです。税込10万円前後。SDM865(Proは865 Plus)、RAM8GB、ROM128GB(Proは256GB)、6.67インチ、235グラム、カメラ6400万画素+超広角1200万画素+望遠800万画素、DVDV対応
最終更新日 2020年8月17日 / 作成日 2017年10月17日 / 作成者 格安SIMの管理人
0 0
この記事は参考になった/良かった
※注:コメントは手動承認が必要になる場合があります。その場合1日程度で反映されます

この記事に関する口コミやコメントをする

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「honor9の詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2017年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント