HUAWEI P10 / P10 Plusの性能評価と評判+実機レビュー

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

HUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusは2017年6月9日に発売された、カメラ性能を特に重視した超高性能スマホです。

HUAWEI P10とP10 Plusはともに超高性能なCPUを搭載していて、大容量のRAM4GB、ROMも64GBと共通した性能が多いですが、主な違いは画面のサイズとカメラ性能です。

P10の画面は5.1インチで比較的コンパクト、P10 Plusは5.5インチの画面なので比較的大きめなスマホになっています。

P10とP10 Plusは共にカメラ性能を特に重視していますが、P10 Plusはより高性能なレンズを使っています。P10でも相当良い写真が撮れますが、P10 Plusはスペック上さらに磨きをかけている感じです。

格安スマホで良い写真を撮りたい場合はP10とP10 Plusがオススメですが、両方とも後継機種が発売済みで終売状態です。P10やP10 Plusを検討している場合は後継機のP20またはnova 3を検討することをオススメします。

HUAWEI P10
HUAWEI P10
HUAWEI P10 Plus
HUAWEI P10 Plus


HUAWEI P10 / P10 Plusのスペック(性能)

P10P10 Plus
CPUオクタコア2.4GHzx4 + 1.8GHzx4 Kirin 960
RAM4GB
ROM64GB
ディスプレイ5.1インチ5.5インチ
解像度1080×19201440×2560
カメラLeica背面1200万画素カラーセンサー+2000万画素モノクロセンサー(F値2.2)/Leica前面800万画素(F値1.9)Leica背面1200万画素カラーセンサー+2000万画素モノクロセンサー(F値1.8)/Leica前面1200万画素(F値1.9)
電池容量3200mAh3750mAh
サイズ145.3 x 69.3 x 6.98mm153.5 x 74.2 x 6.98mm
重さ145グラム165グラム
連続待受不明
充電時間不明、急速充電対応(5V/4.5A)
本体カラーブルー/ブラック/ゴールド/シルバーゴールド/グリーナリー
発売日2017年6月9日
価格(税別)6万5800円7万2800円

Android 7.0、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDS対応、auのVoLTE非対応、マイクロSDと排他)、指紋認証対応(前面)、ジャイロスコープ搭載、USB Type C 対応、Bluetooth 4.2 with BLE、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、NFC対応、OTG対応、GPS/AGPS/Glonass/Beidou/Galileo

対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19
2CA/3CA対応

ドコモ系とau系とソフトバンク系の格安SIMについて

ドコモ系の格安SIMで使う場合

ドコモ系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはFDD-LTEのバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。ドコモの主要バンドの全てをカバーしているので、ドコモ系の格安SIMのLTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド6に対応しているので、FOMAプラスエリアにも対応しています。山間部などでも音声通話や3Gでデータ通信がしやすくなっています。

au系の格安SIMで使う場合

au系の格安SIMが主に使っているLTEバンドはバンド1/11/18/26/28です。バンド11は超地味な存在で、バンド28も地味な存在なので気にしなくて良いです。バンド26にバンド18が内包されています。

バンド1とバンド26が対応しているので、本来であればLTEの受信は問題ないのですが、実際にP10にau系の格安SIM(VoLTE用とLTE用)を入れてみたところ、電波を受信しませんでした。

P10はau系の格安SIMでは使えません。おそらくP10 Plusもau系の格安SIMでは使えなくなっています。

ソフトバンク系の格安SIMで使う場合

ソフトバンク系の格安SIM、ワイモバイルが使っているLTEバンドは、バンド1/3/8です。全て対応しているので、LTEでのデータ通信は問題ないです。

W-CDMA(3G)はバンド1と8に対応しているのでソフトバンク系の格安SIMでも音声通話ができます。

P10とP10 Plusはドコモ系とソフトバンク系の格安SIMでも問題なく使うことができます。au系の格安SIMでは使えません。

バンドの詳細についてはドコモとauとソフトバンクの対応バンドのまとめを参考にしてみてください。

P10とP10 Plusの評価と比較

格安スマホで最高クラスの超高性能のCPUを搭載

P10とP10 PlusのCPUはオクタコア2.4GHzx4 + 1.8GHzx4 Kirin 960です。格安スマホの中でも超高性能のCPUを搭載しています。(日本で発売する中ではZenFone 5ZのSnadragon 845が格安スマホのCPUで最高性能です)

簡単に評価すると、スマホのヘビーユーザでも満足して使えるCPUの性能です。なんでもサクサク使えます。ネットでも動画でも、Twitter、Facebook、インスタグラム、LINE、パズドラ、モンスト、ツムツム、ポケモンGO、etc。。。基本的になんでもサクサクできると思っておけばいいです。

最高クラスのCPUの使い道→高度な3Dゲームをサクサク快適にできる!

最高クラスのCPUの性能、その使い道は超高度なゲームプレイです。使い道は超高度なゲーム以外ありません。超高度なゲームというのは、緻密な3Dのキャラクターやら何やらが動くゲームです。

普通にサクサク使える程度なら、半額以下で買えるP10 liteで十分なのですが、あまり一般的ではない高度な計算が必要な3Dゲームになると、P10とP10 Plusに搭載している超高性能CPUに強みが出てきます。

あとは、発売から3年くらい経てばnova liteやP10 liteの性能は少し怪しくなりますが、P10やP10 Plusの性能なら3年経っても現役バリバリです。

正直、P10やP10 PlusのCPUの性能はもはや無駄に高性能すぎる領域に達しています。ただ、P10とP10 Plusはカメラ性能にも特化しているスマホなので、カメラ性能を最重視する場合で、手頃なサイズでこれからずーと長く快適に使い続けたい場合に、P10とP10 Plusは有力な候補になります。

超高度な3Dゲームの場合は注意が必要

P10とP10 Plusに搭載されているCPU(Kirin)は超高性能ですが、そこまで3Dゲームのプレイに特化しているCPUでもありません。たいていの高度な3Dゲームもサクサク遊べますが、ハードなゲーマーが満足するようにはできていません。

超高度な3Dゲームのプレイを快適にしたい場合は、CPUはKirinは避けて、Snapdragonにしたほうがいいです。この場合、ZenFone 5Z、もしくはiPhone 8 / 8 Plus / Xにしたほうが無難です。

P10のAntutuのスコア(v6.2.7)

Antutuのスコアが高いほど、スマホの性能が良いことを意味しています。

P10とP10 PlusのCPU、RAM、ROMは同じ性能なので、おそらく同じAntutuスコアになると思います。ここでは、P10のAntutuスコアのみ計測しました。

平常時のP10のAntutuスコアは133,194でした。ただし、P10でスコアを計測していて、やたらと本体が熱くなってきたので、気になって何度も計測していくと、発熱によりスコアが下がっていき最終的には115,279付近になってしまいました。

特に3Dのスコアが44,358から34,942に減っています。同じCPUを搭載しているMate9だと、本体が大きいので発熱はそんなに気にならないのですが、P10だとゲームなどの高負荷な状態を続けると発熱を結構してしまいます。

発熱してもAntutuスコアは10万を超えているのでサクサク使えますが、ゲームが好きな場合は発熱が気になると思います。

格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
ZenFone 5Z: 271,283
P20: 206,563
ZenFone 5: AIブーストなし125,200、AIブーストあり138,771
ZenFone 4 138,474
nova lite 2: 88,801
AQUOS sense plus: 88,670 (防水・おサイフケータイ対応)
P20 lite: 87,131
nova2: 82,710
LG style L-03K: 64,721 (ドコモwith対象機種)
AQUOS sense lite 58,098
ZenFone 4 Max 55,776
・ZenFone 2 Laser: 35,022

下記はAntutuテストv7以上での評価になります。

一般的な使い方なら35,000程度でもわりと使えますがサクサク感は厳しいです。50,000でそこそこサクサク使えて、60,000で比較的サクサク、70,000で結構サクサク、80,000以上でサクサクの限度で普通の使い方では体感差が出ずらくなります。

ゲーム好きな場合は、Antutuスコアが最低でも55,000がボーダーラインです。70,000以上である程度余裕が出てきて、高度なゲームでも大抵は問題なく遊べます。ただし、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

ゲームは暇つぶしと思っているくらいだと、35,000くらいでもそこそこ普通に遊べます。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

RAM4GBとROM64GB

P10とP10 PlusはRAM4GBとROM64GBを搭載しています。

RAMの容量が大きいほど、一度に起動できるアプリの数が増えます。一般的な使い方ならRAMは3GBあれば十分ですが、ゲームをしながら何かアプリをたくさん使いたい場合は、RAM4GBあるといい感じです。

ROMはデータを保存する場所です。アプリのデータや写真、音楽、動画などを保存します。ROM16GB以上+マイクロSDカード(32GB以上)の組み合わせが一般的です。

ROMが64GBもあれば、一般的な使い方ならデータを保存する場所が十分あるので、マイクロSDカードを購入する必要は無くなります。

ただ、スマホが壊れた時に写真などもROMに保存してしまっていると、写真データもなくなる可能性があります。基本的には、ROMに全部頼らず、写真や動画、音楽などはマイクロSDカードを購入してマイクロSDカードに保存することをお勧めします。

参考:格安スマホのRAMとROMの適切な容量、マイクロSDカードの使い方

P10のRAMの使用量

特に何もしていない起動時は1.43GB使っていて、2.16GBの空きがあります。何もしていなくても、P10の場合はRAMを結構使っていました。P10 Plusもおそらく同じようなRAMの使用量になっていると思われます。

P10のROMの空き容量

初期設定のままだと、ROMの空き容量は20.60GBでした。ここからインストール済みのアプリだけアップデートすると。。

19.08GBがP10の空き容量です。P10 Plusも同じような空き容量になっていると思われます。

写真や動画、音楽、電子書籍のデータなどはマイクロSDカード(2000円くらい)にデータを保存できるので問題ないのですが、アプリの本体データはROMにしか保存できません。そのためROMの空き容量の多寡で、アプリをインストールできる数が決まってきます。

一般的なアプリなら5GBもあれば30個くらいアプリをインストールできますが、ゲームアプリはデータ量が多いので10個くらいで5GBくらいROMの容量を使ってしまいます。

いずれにせよ、空き容量が19GBもあるので、好きなようにアプリをインストールすることができます。

電池持ちは結構良い、ただし発熱に注意

P10の電池持ちは結構良いです。

P10のYoutubeの連続再生時間は12時間7分を記録しました。

連続再生時間が8時間なら普通程度の電池持ち、9時間なら結構良いレベル、10時間以上でかなり良いレベル、13時間超えで超電池持ちが良いスマホと評価できます。

P10は12時間7分なのでかなり良いレベルです。ただし、負荷が高くなると発熱をするので注意が必要です。

Antutuのテストを5回以上連続で試したところ、本体温度が45度まで上がってしまいました。45度は結構熱いです。(参考:honor8は43度、Mate 9は40度、novaは35度、Zenfone 3は35度)

発熱をするということは、そのぶんエネルギー効率が悪くなるので、電池を消費を早めるとともに、電池を劣化させます。

動画程度の低負荷な使い方だと発熱もしないので、電池持ちはかなり良いですが、ゲームなど負荷が高いと発熱で電池持ちが良くない結果になる可能性が高いです。

P10のスリープ時の電池持ちは、時間の関係上テストできませんでした。製品のスペックにも連続待受は記載されていなかったので、あまり良くない可能性が高いです。

P10は総合的に見て、電池持ちは結構良いくらいがだとだと思われます。P10 Plusは17%ほどアップしていますが、画面のサイズと解像度もアップしているので、P10よりは少し電池持ちが良い程度になっていると思われます。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち動画の再生時間連続待受時間
P20 lite7時間17分11時間30分334時間
P209時間6分12時間52分371時間
nova lite 26時間44分12時間15分テスト待ち
AQUOS sense plus11時間31分16時間34分564時間
ZenFone 59時間18分14時間5分498時間
ZenFone 5Z10時間7分14時間30分424時間
ZenFone 4 Max12時間23分14時間9分テスト待ち
LG style L-03K9時間40分12時間30分テスト待ち

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。動画の再生時間はYoutubeを再生し続けて電池切れまでの時間です。連続待受時間はスリープ状態で電池がなくなるまでの時間です。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

最強クラスのカメラ性能、暗いところにも強い

P10のカメラ性能
背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー 開口部F2.2 / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム / 4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)/ 4K動画撮影
前面:800万画素 (開口部F1.9 / FF)

P10 Plusのカメラ性能
背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー 開口部F1.8 / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム / 4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)/ 4K動画撮影
前面:800万画素 (開口部F1.9 / AF)

P10とP10 PlusもLeicaと共同開発したカメラを搭載しています。

P10とP10 Plusの違いはほどんどないのですが、P10 Plusのほうが背面カメラにF値の低いレンズを使っています。F値が小さいほど、明るく綺麗な写真が撮れます。

FFは固定フォーカスで、AFはオートフォーカスです。前面は自撮りするのに使うので、適当な距離でフォーカスを固定しているのがFF、距離に応じて自動的にフォーカスを合わせてくれるのが、AFです。ドアップで自撮りでもしな限り、FFでも特に問題ないかと思います。

P10、左上の二つの丸いところがカメラになっています。

実際にP10とMate9、P10 liteを使って撮り比べしてみました。nova liteはP10 liteはほぼ確実にnova liteと同じカメラ性能なので省略です。

またリンゴの写真・・。リンゴの色合いを出すのって難しいんです!

デジタル一眼レフ(明かりON)

一番近い色合いです。

デジタル一眼レフ(明かりOFF)

デジタル一眼レフなら暗いところでも綺麗に撮れます。

P10(明かりON)

板が白っぽいですが、それ以外は綺麗に撮れました。

P10(明かりOFF)

スマホの中では、これが一番綺麗に撮れました。

Mate9(明かりON)

色合いが若干ぼやけました。

Mate9(明かりOFF)

P10と比べると解像度が低めになりました。

P10 lite(明かりON)

色がキツくて少し毒々しいです。

P10 lite(明かりOFF)

暗いところは無理です。

ZenFone 3(明かりON)

綺麗に撮れました。

ZenFone 3(明かりOFF)

暗いところは無理です。

格安スマホの中ではP10が一番実物に近い発色でキレイに撮れました。暗いところでもキリッとした写真になりました。

カメラ性能的には、P10とMate9は同じだと思うのですが、実際の写真は結構差が出ていました。

GPSの精度

基本的に最近の格安スマホはGPSの精度が良いです。実売価格が2万円を切っているスマホだと、GPSの精度が良くないスマホが混じっている場合があるので、安いスマホを買う場合にだけGPSの精度に注意が必要になります。

P10を持ってGoogle Mapsを起動しながら、そのへんウロウロしましたが、徒歩や、電車、自転車で使ってみましたが、問題ありませんでした。電車の中でも普通にGPSを掴んでいたので、車のナビとしても普通に使うことができます。P10 Plusは試していませんが、心配する必要は皆無です。

P10とP10 PlusはGPS / AGPS / Glonass / Beidou / Galileoに対応しています。

格安スマホと白ロムの位置情報(GPS)の精度の詳細とテスト結果

前面に指紋認証を搭載

最近の大半の格安スマホと同じように、P10とP10 Plusにも指紋認証を搭載しています。少し前までは、背面に指紋認証のセンサーをつけるのが一般的でしたが、最近は前面に指紋認証のセンサーを付ける格安スマホ増えています。

P10とP10 Plusの指紋認証のセンサーも前面にあります。

P10の指紋認証のセンサーは画面の下の長方形の場所です。そこに登録した指でタッチするとロックが解除されます。

スマホを置いた状態でロックを解除したい場合は、どの指で登録しても良いですが、スマホをポケットの中に入れた状態から、スマホを持ってロックを解除する場合は、方法が二つあります。持った手の親指を横方向にしてタッチしてロックを解除するか、スマホを持っていない手の指でロックを解除するかです。

持った手の親指を横方向にしてタッチしてロックを解除する場合の問題点は、スマホによっては認証に失敗することが多いことです。ただし、P10で実際に試してみましたが、横方向に指紋を登録しても、ほとんど認証に失敗することなく、速攻でロックを解除してくれました。

NuAns Neo Reloadedも前面に指紋認証のセンサーが付いていますが、NuAnsだと横方向に指紋を登録すると、認証でやたら失敗しますが、P10は全く問題ありません。

ちなみにスマホの性能によって、指紋認証の反応速度が変わります。

指紋認証の反応速度ランキング

P10(P10 Plus) = Mate 9 > honor8 = nova lite = P10 lite = P9 lite > nova > ZenFone 3 = NuAns Neo Reloaded = GR5 > ZenFone 3 Laser > g07

反応速度が少し遅いg07でも、セカセカした人ではない限り普通に使える程度の反応速度です。P10は速攻でロックを解除してくれます。

急速充電に対応しているけど、ファーウェイの純正充電器が必要

借りたP10に付属の充電器が入っていなかったので、P10 liteの充電器で充電したところ、5V2Aですが急速充電してくれました。0%から満充電にかかった時間は2時間でした。

ちなみに、Ankerの急速充電器で充電を試してみましたが、急速充電にはなりませんでした。ファーウェイのスマホは、ファーウェイの純正充電器(付属でついてくるやつ)で充電しないと、急速充電にならないものが多いです。

P10 Plusは生活防水に対応

P10 Plusは生活防水に対応しています。(P10は非防水です)

生活防水といっても、水の中に水没させると壊れます。あくまで、少し多めの水しぶきでも大丈夫くらいな生活防水です。俗にいう防滴レベルなので、お風呂とかには持っていかないほうがいいです。

P10とP10 Plusの評判

P10とP10 Plusは価格こそ高いですが、完成度も相当高いので、かなり好評になっています。

単純な性能だけなら、ほぼ同じ性能で価格が税込5万円くらいで買えるMate 9を買ったほうが良いですが、P10とP10 Plusのカメラ性能が違います。

P10 Plusはあいにく持っていないのですが、借りてきたP10のカメラの実性能はMate 9よりも上です。

カメラ性能を最重視するならP10とP10 Plusがイチオシです。カメラ性能をそこまで重視しない場合で、超高性能なスマホを探しているならMate 9が良いです。

P10とP10 Plusの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。P10とP10 Plusも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:ファーウェイのスマホの口コミ

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • ZenFone 5
    • ノッチ付きの6.2インチの縦長のベゼルレスになっています。auのVoLTEとDSDVにも対応しています。6.2インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM636、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素+800万画素広角、重さ165g、電池容量3300mAh、DSDV対応、auのVoLTE対応
  • ZenFone 5Z
    • Snapdragon 845搭載のゲーム性能に特化したスマートフォンです。ゲームを特に重視する場合に選ぶのがZenFone 5Zです。6.2インチ、CPUオクタコア2.8GHzx4+1.8GHzx4 SDM845、RAM6GB、ROM64GB、ダブルレンズカメラ1200万画素+800万画素広角、重さ165g、電池容量3300mAh、DSDV対応、auのVoLTE対応
  • P20
    • P20はカメラ性能を特に重視しています。SIMフリーのスマートフォンの中でカメラ性能が一番良いのがP20です。多彩な機能で簡単に最適な写真を撮ることが出来ます。5.8インチ、CPU2.36GHzx4+1.8GHz×4 Kirin970、RAM4GB、ROM128GB、ダブルレンズカメラ2000万画素+1200万画素、重さ165g、電池容量3400mAh
  • AQUOS sense plus
    • 防水とおサイフケータイに対応しているスマホで一番オススメなのがAQUOS sense plusです。5.5インチ、CPUオクタコア2.2GHx4+1.8GHzx4 SDM630、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1640万画素、重さ157g、電池容量3100mAh、DSDS対応、auのVoLTE対応

格安スマホのキャンペーン情報

格安スマホとiPhoneのキャンペーンのお得度ランキングではMVNOで行なっている格安スマホとiPhoneのキャンペーン情報を、お得度順にランキングでまとめているので参考にしてみてください。

格安スマホやiPhoneをセットに格安SIMを申し込もうと思っている場合に参考にしてみてください。

BIGLOBEモバイルの格安スマホのキャンペーン

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大2万400円相当の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料+抽選で寿司食べ放題

BIGLOBEモバイルでは、月3GB以上のプランを申し込むと月額割引とキャッシュバックを行なっています。2018年12月2日までのキャンペーンです。

ドコモ回線のタイプDは、通話SIMのみだと1万1700円分の特典、通話SIMと端末セットだと1万5300円分の特典、データSIMと端末セットの場合は3600円分の特典になります。

au回線のタイプAは、通話SIMのみは1万1700円分の特典、通話SIMと端末セットは最大2万400円分の特典、データSIMと端末セットは最大7200円分の特典がもらえます。

そして今なら通話SIMを11月14日までに申し込んだ人限定で、抽選で1000名にかっぱ寿司で寿司が1ヶ月食べ放題になるキャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの格安スマホのキャンペーン

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+9ヶ月間データ2倍+最大1万円分のギフト券+月額料金が9ヶ月間600円引き

IIJmioでは2018年11月6日までに格安SIMを申し込むと、通常3000円かかる初期費用が1円、半年間データ量が通常の2倍もらえます。それに加えて、音声通話SIMだと月額料金が半年間600円引き(合計3600円引き)、音声通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに当サイト限定でデータ量2倍が3ヶ月追加、音声通話SIMの月600円引きが3ヶ月追加になるキャンペーンも行っています。通常キャンペーンと合わせて9ヶ月間データ量2倍で月額料金も600円引きです。例えば月3GBプランなら9ヶ月間、毎月600円引きで6GB使えます!
キャンペーンの詳細を見る

楽天モバイルの格安スマホのキャンペーン

楽天モバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホとiPhone、契約数No.1記念セール第2弾と2回線目以降のプラス割キャンペーン

楽天モバイルでは2018年11月8日まで、格安スマホとiPhoneが少し割安に買える契約数No.1記念セール第2弾を行っています。

このキャンペーンに加えて複数契約をすると2回線目から月額基本料が3ヶ月0円、そして格安スマホがさらに最大5000円引きになるプラス割キャンペーンも行っています。
キャンペーンの詳細を見る

格安SIMのキャンペーン情報

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキングMVNOで行なっている格安SIMのキャンペーン情報を、お得度順にランキングでまとめているので参考にして見てください。

格安SIM(通話SIM/データSIM)のみ申し込む場合に参考にしてもらえればと思います。格安SIMのみ申し込むのをSIM替えと呼んだりします。スマホやiPhoneのSIMカードだけ入れ替えて、今使っているスマホやiPhoneを使い続ける形です。

DMMモバイルの格安SIMのキャンペーン

DMMモバイルのキャンペーンの詳細とお勧めの格安スマホ、初期費用3000円が無料+Amazonギフト券を最大1万4000円分プレゼント

DMMモバイルで格安SIMを申し込むと、新規契約手数料(初期費用)3000円が無料になるキャンペーンを行っています。2018年11月6日までのキャンペーンです。

2018年10月22日まで期間限定で端末が少し安く買える端末セールも実施しています(nova lite 2が1万9800円等)。

このキャンペーンに加えて今なら当サイト限定でAmazonギフト券が最大1万4000円分がもらえるキャンペーンを行っています。Amazonギフトのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン

LINEモバイルのキャンペーンの詳細とオススメのiPhoneと格安スマホ、初月無料+通話SIMだと6ヶ月間900円引き(合計5400円)

LINEモバイルでは、音声通話SIMを申し込むと初月無料に加えて、翌月から月額料金が6ヶ月間900円引きになるキャンペーンを行っています。2018年11月6日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

mineoの格安SIMのキャンペーン

mineo(マイネオ)のキャンペーンの詳細と乗り換え方法&おすすめの格安スマホとiPhone

mineoではデュアルタイプ(通話SIM)を申し込むと、月額料金が半年間333円から使えるキャンペーンを行なっています。ドコモ回線は月1067円引き、au回線は月1417円引き、ソフトバンク回線は月1417円引きになります。

これに加えて10分かけ放題が3ヶ月無料で使えるキャンペーンも行っています。2018年11月6日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

最終更新日 2018年10月8日 / 作成日 2017年10月2日 / 作成者 格安SIMの管理人

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る