IIJmioのeSIMでiPhoneやiPadを使う方法、eSIMでドコモとauのままでスマホの料金を節約!必要な設定の全て

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

ここではIIJmioのeSIMプランでiPhoneやiPadを使う方法を解説します。

IIJmioのeSIMのメリットやデメリット、料金プランの詳細、eSIMプランの使い道、eSIMプランを使った場合の節約額などを主に説明していきます。

※ eSIMプランが使え機種は、iPhone XR、XS、XS Max、iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、Surface Pro LTE Advancedのみです。それ以外の機種は使えません。


ドコモ+IIJmioのeSIMプラン

IIJmioのeSIMプランをざっくり評価すると、ドコモやauの契約のままで、スマホの料金を節約するのに役立ちます。(残念ながらソフトバンクだとほとんど節約になりません・・)

eSIMなら大手キャリアを契約しながらiPhoneで格安SIMの使い勝手を試せるので、格安SIMに乗り換える前に実際の格安SIMの使い勝手を十分に試すのにも役立ちます。

2019年7月18日からeSIMプランを開始しました。格安SIMの管理人もeSIMプランを契約して、実際の使い勝手などを試してみました。対象のiPhone持っていないのでiPhone XRを頑張って買いました・・。iPhoneが高いのです・・。

IIJmioでiPhoneを使おうと思っている場合は、必要なことは下記にまとめているので参考にしてみてください。ここではeSIMプランを中心に解説します。

IIJmioでiPhoneを使う方法の全て、今使っているiPhoneや中古のiPhoneのお得な買い方から必要な設定の全て

IIJmioのeSIMの申し込み → IIJmioの公式サイト

eSIMって何?通常のSIMカードとの違い

格安SIMは普通は下記のようなSIMカードをスマホやiPhoneに入れて使います。

通常のSIMカード

eSIMの場合は、この物理的なSIMカードがありません。iPhoneやスマホに実装されているチップIC(eSIM)にプロファイルをネット経由でインストールするだけです。

今ドコモ、au、ソフトバンク等の大手キャリアを契約している場合、iPhoneの中には大手キャリアの物理SIMが入っています。この物理SIMを通して、電話やネットをしています。

eSIMを使えば、eSIMを通してネットができます。電話は大手キャリア、ネットはeSIMと使い分けることでスマホの料金を節約することができます。

eSIMの技術的な詳細はIIJのサイトに詳しく書いてあるので参考にしてみてください。

eSIMの詳細(難しい):eSIMの内部構造
eSIMの内部構造
IIJ:eSIMとは ~技術解説と主要ベンダーの動き~

IIJmioのeSIMの目次

IIJmioのeSIMのメリットとおすすめポイント

  • ドコモやauの契約のままで毎月のスマホ料金を節約できる
  • 契約が簡単ですぐに使える
  • 格安SIMがどんなものか気軽に試せる
  • auやソフトバンクを使っている場合は通信障害に強くなる
  • 余ったデータを繰り越せる
  • 速度が必要になったら、大手キャリアのデータ通信に切り替えられる

IIJmioのeSIMの目次

IIJmioのeSIMの注意点とデメリット

  • 使える端末が限られる:SIMフリー/SIMロック解除済みのiPhone XR、XS、XS Max、iPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、Surface Pro LTE Advancedのみ対応
  • ソフトバンクは低容量プランがゲロ高いので節約にならない
  • 大手キャリアと比べると速度が遅くなる(平日の昼に注意)
  • 現状は月6GBプランのみ
  • 物理SIMではないので、SIMカードを他のiPhoneやスマホ、タブレットに入れ替えられない

IIJmioのeSIMの目次

IIJmioのeSIMの料金プランの詳細

eSIMプラン月額料金データ量
データSIM(SMSなし)1520円6GB

データSIM = 「データ通信専用SIM」

IIJmioのeSIMプランはSMSなしのデータSIM専用のプランです。

選べるデータ量は現時点では月6GBプランのみですが、データオプションで+月3100円で月20GBの追加、+月5000円で月30GBの追加ができます。

  • その他にかかる費用
  • 初期費用:3000円
  • SIMカード発行手数料:200円

SIMカード再発行手数料:2000円+SIMカード発行手数料200円

eSIMプランからIIJmioの他のプランへは変更できません。

その他のIIJmioのeSIMプランの仕様

低速モードの詳細 (低速モードが使える格安SIMの詳細と使い道)
・バースト転送あり
・低速3日間で366MBまで利用可、実測200kbps
・低速と高速の切り替えアプリあり

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限されます。200kbpsに制限された状態で3日で366MB超のデータ通信を行った場合、さらに通信速度が制限(20kbps)される場合がある。

料金の詳細はこちら → IIJmioの公式サイト

IIJmioのeSIMプランはドコモ系の格安SIMです。余ったデータの繰越やテザリングもできます。

初月の月額料金は日割りで、もらえるデータ量も日割りになります。解約月は満額請求で月末まで使うことができます。契約月は解約できません。契約月の翌月から解約できます。

IIJmioのeSIMの目次

IIJmioのeSIMプランの使い道:大手キャリアのままで節約したい人と、格安SIMを試してみたい人向け

eSIMプランの使い道は主に3つです。

① ドコモ、auのiPhone XR、XS、XS Maxを使っている人で、大手キャリアの契約のままで格安SIMで料金を節約したい人

② ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone XR、XS、XS Maxを使っている人で、格安SIMに乗り換えたいけど、乗り換える前に格安SIMの使い勝手を試したい人

③ セルラーモデルのiPad Air(第3世代)、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)、Surface Pro LTE Advancedを使っていて、気軽に格安SIMを試したい人

この3つに当てはまる人の場合にIIJmioのeSIMプランに使い道が出てきます。

特に①の大手キャリアの契約のままで節約したい人にとって、eSIMプランは有効な節約方法になります(ソフトバンクは除く)。

IIJmioは格安SIMの中でも標準的な使い勝手です。もしeSIMプランで不満に思う場合は、基本的に他の格安SIMも全滅します。

格安SIMは8割くらいの人は満足して使っている感じですが、2割くらいの人は不満に感じています。自分がどちらに入るかeSIMプランなら気軽の試すことができます。

IIJmioのeSIMの目次

ドコモの料金 vs IIJmioのeSIMプランの節約額

月に使うデータ量が7GB以下の場合に、IIJmioのeSIMプランを使うことでドコモの料金を安くすることができます。

ドコモの料金

データ量ドコモ光契約ドコモ契約数ドコモ利用料金
1GB以下あり/なし1回線2980円/月
2回線2480円/月
3回線以上1980円/月
1GB超〜3GB以下なし1回線3980円/月
2回線3480円/月
3回線以上2980円/月
あり
(500円割引)
1回線3480円/月
2回線2980円/月
3回線以上2480円/月
3GB超〜5GB以下なし1回線4980円/月
2回線4480円/月
3回線以上3980円/月
あり
(1000円割引)
1回線3980円/月
2回線3480円/月
3回線以上2980円/月
5GB超〜7GB以下なし1回線5980円/月
2回線5480円/月
3回線以上4980円/月
あり
(1000円割引)
1回線4980円/月
2回線4480円/月
3回線以上3980円/月

ドコモの月1GBの料金+IIJmioのeSIMプランの料金 & IIJmioの通常プランの料金

ドコモ利用者の標準的な契約内容は3回線以上でドコモ光契約なしです。それを元に計算すると・・

ドコモの月1GB以下の料金 = 月1980円
ドコモの月2GB以下の料金 = 月2980円
ドコモの月3GB以下の料金 = 月2980円
ドコモの月4GB以下の料金 = 月3980円
ドコモの月5GB以下の料金 = 月3980円
ドコモの月6GB以下の料金 = 月4980円
ドコモの月7GB以下の料金 = 月4980円

ドコモの月1GBの料金(1980円)+IIJmioの月6GBのeSIMプランの料金(1520円) = 月3500円

月に使うデータ量が3GB以下ならドコモのままが良いですが、月3GB超〜月7GB以下ならIIJmioのeSIMプランの組み合わせの方が安く使うことができます。

IIJmioの通常プランの料金(MNPで乗り換えれば、より安くなる)

IIJmioの月3GBの料金 = 月1600円
IIJmioの月6GBの料金 = 月2220円
IIJmioの月12GBの料金 = 月3260円

ドコモの契約を続ける必要がない場合は、IIJmioに乗り換えれば月額料金がより安くなります。基本的にはIIJmioに乗り換えれば良いのですが、何らかの理由でドコモの契約を続けたい場合にIIJmioのeSIMプランを組み合わせる感じになります。

IIJmioのeSIMの目次

auの料金 vs IIJmioのeSIMプランの節約額

データ量auひかり契約家族でau契約au利用料金
1GB以下あり/なし自分だけ2980円
家族2人で契約2480円
家族3人以上1980円
1GB超〜4GB以下なし自分だけ4480円
家族2人で契約3980円
家族3人以上3480円
あり
(500円割引)
自分だけ3980円
家族2人で契約3480円
家族3人以上2980円
4GB超〜7GB以下なし自分だけ5980円
家族2人で契約5480円
家族3人以上4980円
あり
(500円割引)
1回線5480円
家族2人で契約4980円
家族3人以上4480円

auの月1GBの料金+IIJmioのeSIMプランの料金 & IIJmioの通常プランの料金

au利用者の標準的な契約内容は3回線以上でau光契約なしです。それを元に計算すると・・

auの月1GB以下の料金 = 月1980円
auの月2GB以下の料金 = 月3480円
auの月3GB以下の料金 = 月3480円
auの月4GB以下の料金 = 月3480円
auの月5GB以下の料金 = 月4980円
auの月6GB以下の料金 = 月4980円
auの月7GB以下の料金 = 月4980円

auの月1GBの料金(1980円)+IIJmioの月6GBのeSIMプランの料金(1520円) = 月3500円

月に使うデータ量が1GB以下ならauのままが良いですが、月1GB超〜月4GB以下ならIIJmioのeSIMプランの組み合わせとほぼ同額、月4GB超〜月7GB以下ならeSIMプランの方が安くなります。

IIJmioの通常プランの料金(MNPで乗り換えれば、より安くなる)

IIJmioの月3GBの料金 = 月1600円
IIJmioの月6GBの料金 = 月2220円
IIJmioの月12GBの料金 = 月3260円

auの契約を続ける必要がない場合は、IIJmioに乗り換えれば月額料金がより安くなります。何らかの理由でauの契約を続けたい場合にIIJmioのeSIMプランを組み合わせる感じになります。

ただ基本的には、auのスマホやiPhoneを使っている場合は、UQモバイルへ乗り換えるのが一番無難に結構安くなります。

IIJmioのeSIMの目次

Softbankの料金 vs IIJmioのeSIMプランの節約額

データ量Softbank光契約Softbank利用料金
1年目2年目以降
1GB以下なし2980円3980円
あり(1000円引き)1980円2980円
1GB超〜2GB以下なし4980円5980円
あり(1000円引き)3980円4980円
2GB超〜5GB以下なし6480円7480円
あり(1000円引き)5480円6480円
5GB超〜50GB以下なし7480円8480円
あり(1000円引き)6480円7480円
データ量Softbank光契約Softbank契約数Softbank利用料金
1年目2年目以降
50GB+SNS動画放題なし1回線6480円/月7480円/月
2回線5980円/月6980円/月
3回線4980円/月5980円/月
4回線以上4480円/月5480円/月
あり
(1000円引き)
1回線5480円/月6480円/月
2回線4980円/月5980円/月
3回線3980円/月4980円/月
4回線以上3480円/月4480円/月

Softbankの月1GBの料金+IIJmioのeSIMプランの料金 & IIJmioの通常プランの料金

Softbank利用者の標準的な契約内容はソフトバンク光契約なしです。家族でソフトバンクを契約している人を3人とします。2年目以降の料金を基準にします。それを元に計算すると・・

Softbankの月1GB以下の料金 = 月3980円
Softbankの月2GB以下の料金 = 月5980円
Softbankの月2GB超えの料金 = 月5980円 (50GB+SNS動画放題)

Softbankの月1GBの料金(3980円)+IIJmioの月6GBのeSIMプランの料金(1520円) = 月5500円

そもそもSoftbankの1GBプランがゲロ高いです。ゲロ高いソフトバンクの1GBの料金に安いeSIMプランを合わせても、あまり安くなりません。

格安SIMの使い勝手はどんなものか試すのには良いと思います。

IIJmioの通常プランの料金(MNPで乗り換えれば、より安くなる)

IIJmioの月3GBの料金 = 月1600円
IIJmioの月6GBの料金 = 月2220円
IIJmioの月12GBの料金 = 月3260円

単純にMNPで乗り換えた方が、はるかに安くなります。IIJmioのeSIMプランで試してみて、特に問題がなければIIJmioのタイプDに乗り換えるのをオススメします。

ソフトバンクの電波を使いたい場合はワイモバイル、mineo、LINEモバイルが乗り換え先としてオススメです。

IIJmioのeSIMの目次

モバイル回線の二重化で通信障害に強くなる(おまけ程度)

auとソフトバンクを契約している場合は、ドコモ回線を使っているeSIMプランでモバイル回線を二重化することができます。

auかソフトバンクで通信障害が生じた場合でも、ドコモ回線のeSIMプランを契約していれば、影響を受けずにeSIMプランでデータ通信ができます。

ドコモで通信障害が生じた場合はeSIMプランがデータ通信ができなくなりますが、その場合は契約しているauやソフトバンクでデータ通信ができます。

例えば、2018年にソフトバンクが大規模な通信障害を発生させましたが、そんな時にeSIMプランを契約していたとしたら、影響を受けることなくネットが使えていました。

eSIMプランを使っていれば、もしもの時も安心して利用することができます。

※ ドコモを契約している場合は、eSIMプランはドコモ回線を使っているので、モバイル回線の二重化にはなりません。。

au系やソフトバンク系の格安SIMを使っている場合は、IIJmioのeSIMでモバイル回線の二重化になる

au系やソフトバンク系の格安SIMを使っている場合は、IIJmioのeSIMを契約すればモバイル回線を二重化することができ、通信障害に強くなります。

関東大震災みたいな地震が発生すると、格安SIM回線は揃って瀕死のような通信品質になるので二重化の意味は少ないですが、通常の通信障害くらいなら二重化の意味はあります。

※ 格安SIMでも通信障害はあまり発生しません。楽天モバイルがそれなりの頻度で小規模障害を起こして、NifMoがたまに大規模障害を起こすくらい。。

IIJmioのeSIMの目次

iPadでのeSIMの利用は微妙な理由:データ量が6GBしか選べないから、ただし今後データ量の選択肢が可能に

セルラーモデルのiPad mini(第5世代)、iPad Air(第3世代)、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)にもeSIMを搭載しているので、IIJmioのeSIMプランを使うことができます。

ただ、iPadでeSIMを利用するのは現時点では微妙です。

微妙な理由は、iPadの場合は通常のデータSIMを挿せば良いからです。

それに加えて、eSIMプランだと月6GBプランしか選べませんが、IIJmioの通常のデータSIMのプランなら月3GB900円、月6GB1520円、月12GB2720円などから選べます。エキサイトモバイルなら1GBごとの従量制なのでデータを無駄なく使うこともできます。

iPhoneの場合は、何らかの理由でドコモやauの契約を続ける必要がある場合、iPhoneの物理SIMにはキャリアSIMが入っています。通常のデータSIMも物理SIMなので、入れる場所がありません。そういった場合に、キャリアSIMと一緒に使えるeSIMは便利な代物になります。

iPadでeSIMを選ぶメリットは少ないですが、今後は3GBや12GBプランも提供される予定なようなので、すぐ使いたい場合に便利なのかなと思います。

IIJmioのeSIMの目次

eSIMプラン限定のキャンペーン情報

IIJmioのeSIMプラン限定で下記のキャンペーンを実施しています。

第一弾:初期費用1円

キャンペーン期間
2019年7月18日 10:00 ~ 2019年7月31日 23:59

この期間に申し込めば、初期費用3000円が1円になります。

eSIMプランを試すならこの期間が一番おすすめです。

第二弾:3ヶ月間、毎月1GB増量

キャンペーン期間
2019年8月1日 0:00 ~ 2019年8月14日 23:59

利用開始の翌月から3ヵ月間、毎月1GB追加でもらえます。つまり初月は6GBを日割りにしたデータ量になりますが、翌月から3ヶ月間は7GBもらえます。

お得度は少なめです・・。

第三弾:3ヶ月間、1000円引き

キャンペーン期間
2019年8月15日 0:00 ~ 2019年8月28日 23:59

利用開始の翌月から3ヵ月間、月額料金が1000円引きになります。初月は1520円を日割りにした料金ですが、翌月から3ヶ月間は520円で使えます。

そこそこお得です。

IIJmioのeSIMの目次

IIJmioのeSIMプランの申し込み方法と設定の仕方

eSIMプランを申し込むのに必要なもの

QRコードをiPhoneで読み込む必要があります。パソコンで申し込むか、他のスマホから申し込むか、もしくはQRコードを読み込むために、申し込み完了後にQRコードを印刷するなどが必要になります。

iPhoneだけで、申し込みから設定を完了することはできないので注意してください。

eSIM対象機種のiPhone/iPadの他に、パソコン or 他のスマホ or 他のタブレット or QRコードの印刷のいずれかが必要になります。

ざっくりとした申し込みの流れ

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone XR、XS、XS Maxの場合は事前にSIMロックを解除しておく。

基本的に、パソコンから申し込む

申し込みが完了するとバーコードが表示される(アクティベーションコード)。

iPhone XRなどの対象機種のモバイル通信の設定から、パソコンに表示されたQRコードを読み込み設定する。

eSIMでデータ通信ができるようになる。

申し込みは本人名義のクレジットカードが必要です。格安SIMの管理人も実際にIIJmioでeSIMプランを申し込んで設定してみたので参考にしてみてください。

申し込みステップ1:ほとんど無視して進んでいく

IIJmioのeSIMの申し込み → IIJmioの公式サイト

上記のページにある「eSIMプランを申し込む」をクリック。

他のページからだと通常の物理SIMのみを申し込むページになっているので注意してください。

IIJmioを初めて使う場合は会員登録をする。格安SIMの管理人は何度もIIJmioの格安SIMを申し込んでいるので、mioIDとパスワードでログイン。

色々書いてありますが、無視して次へ進む。

eSIMプランには紹介コードはないので無視して次へ進む。

念の為、大容量オプションは追加しないを選択して、あとは無視して次へ進む。

無視して次へ進む。

契約者本人にチェックを入れて、次へ進む。

IIJmioのeSIMの目次

申し込みステップ2:申し込み内容を確認する

契約内容くらいは少しちゃんと確認していきます。

今回はキャンペーンで初期費用が2999円引きになりますが、ここには反映されていませんが気にしない。

動作確認済み端末以外で無理やり試すと壊れる場合があるそうです。

全部チェックをして、「この内容で申し込む」をクリックする。

これでeSIMの申し込みは完了です。

IIJmioのeSIMの目次

iPhoneでの設定1:QRコードを読み込む(間違い編)

eSIMを申し込んで、5分くらいするとアクティベーションコードの準備ができて、iPhoneで設定ができるようになります。

メールが届いたらアクティベーションコードのURLをクリックします。基本的には、パソコン(またはタブレットや他のスマホ)から作業します。

最初はiPhone XRからアクセしてみましたが、iPhone XRからでは無理だったので、結局パソコンからアクセスすることになりました。。

ダメなケース:iPhone XRからアクセスする

アクティベーションコードのURLにアクセスしたら、サービスコードを選択します。

注意点いろいろ・・。

サービスコードを選んで決定というボタンを押すとQRコードが表示されます。。

で、この後どうしろと???

QRコードを読み込めと言っていたので、QRコードをiPhone XRでスクショして、QRコードアプリをインストールして、QRコードを読み込んでみました。

QRコードアプリから読み込む・・・

読み込んだ!

読み込んだはいいのですが、LPAなんちゃらという文字列が表示されるだけで、それをタップしようが、コピーしてURLに貼り付けようが無反応です・・。

IIJmioのeSIMの目次

iPhoneでの設定2:モバイル通信の設定からQRコードをスキャンする!

IIJmioのサイトをよく読んでみたところ、QRコードアプリで読み込むのではなく、iPhoneの設定からQRコードを読み込むそうです。

iPhone XR → 設定

「モバイル通信」をタップします。

「モバイル通信プランを追加」をタップします。

QRコードをスキャンというのが起動しました。手動で入力というのがあるので、とりあえずそれを試してみます。

アクティベーションコードに、先ほどの「1$SM-V4・・」をコピペして次へ進んでみました。

手動での入力は無理っぽいので、素直にQRコードをスキャンします。

iPhone XRでQRコードをスクリーンショットして、その画像を直接スキャンできればいいのですが、モバイル通信のQRコードのスキャンには保存した画像をスキャンする方法がありませんでした。。

諦めて、パソコンで届いたメールのアクティベーションコードのURLをクリックして、QRコードをパソコンの画面に表示させます。

・・・

おい、こいつ、QRコードが枠内に全然入っていないのに、パソコンの画面の何かに反応して、強制的に飛ばしやがる。。

パソコンの画面に向けるとすぐ飛んで枠内にうまく入らない。。

なんとか枠内に入った状態で移動した。。(これ、枠内に入ってなくても大丈夫な感じでした)

「保証されていないモバイル通信プラン」とかいう脅し文句が表示されますが、気にしない。。(気になるけど・・)

主回線はドコモ、副回線にIIJmioのeSIMの情報が入っています。

副回線からモバイルデータ通信に変更。。

主回線(ドコモ)をデフォルト回線にして、モバイルデータ通信(IIJmioのeSIM)をモバイルデータ通信にのみ使用にして、完了をポチッと。

iPhoneのモバイル通信の設定がこんな感じになりました。

これでデータはIIJmioのeSIMを使うことになります。大手キャリアのデータを使いたい場合は、モバイルデータ通信をタップして、大手キャリアのデータに切り替えることができます。

IIJmioのeSIMの目次

iPhoneでの設定3:eSIMプランの速度チェック!

7月18日(木曜) 午前11時25分 IIJmioのeSIMの速度

平日の昼の速度も計測してみましたが、0.35Mbpsになっていたので、eSIMプランもIIJmioのタイプDと同じような速度になっていそうです。

7月18日(木曜) 午前11時26分 ドコモの速度

さすがドコモ、超速い・・。

IIJmioのeSIMの目次

IIJmioのeSIMプランのまとめ

前提条件:iPhone XR、XS、XS Max所有者

IIJmioのeSIMプランを使えば、ドコモやauを契約しながらでもスマホの料金を安くすることができます。

残念ながらソフトバンクは低用量プランの料金が高すぎるので、eSIMプランを使っても節約にはなりませんが、eSIMならソフトバンクを契約しながら、今使っているiPhoneで格安SIMを試せます。1ヶ月くらい試して特に問題ないと思ったら格安SIMに乗り換える、そんな使い方ができます。

格安SIMは8割くらいの人は満足して使い続けて、2割くらいの人は速度が不満で大手キャリアに戻っていく感じです。

今まで格安SIMの使い勝手がわからず、格安SIMに乗り換えるのが不安に感じる人も多いのかもです。

eSIMプランで試せば、そんな不安も解消されると思います。対象のiPhoneを持っている場合は、IIJmioのeSIMプランを試してみることをオススメします。

IIJmioのeSIMの目次

最終更新日 2019年7月18日 / 作成日 2019年7月6日 / 作成者 格安SIMの管理人
「IIJmioのeSIMでiPhoneやiPadを使う方法、eSIMでドコモとauのままでスマホの料金を節約!必要な設定の全て」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

3
この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
1 Comment threads
2 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3 Comment authors
権兵衛格安SIMの管理人権兵衛 Recent comment authors
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
権兵衛
ゲスト
権兵衛
この記事は参考になった/良かった :
     

5月末にdocomoでiPhone7plusからXSMaxに乗り換えましたがこれはちょっと面白そうですね。
自宅はドコモ光で現状のモバイルデータ通信使用量が平均10GB(少ない時で7GBで多い時は12~13GB)なので、料金節約の面を期待しての活用は難しいかもしれませんが、気になります。
iPadと通信量をシェアしてる都合上、ウルトラデータLパック20GBで契約してるので、eSIMで同じ使い方するのであれば、iPadのdocomo回線を解約してテザリングするかもしくは別の格安SIMで運用した方が安上がりかもしれませんね。

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ