IIJmioでiPhoneを使う方法の全て、今使っているiPhoneや中古のiPhoneのお得な買い方から必要な設定

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

IIJmioでもiPhoneを使うことができます。

今iPhoneを使っているなら、ほとんどの場合でそのiPhoneをIIJmioで使うことができます。iPhoneを持っていない場合は、IIJmioでもiPhoneを扱っているので簡単に格安SIMでiPhoneを使うこともできます。

IIJmioなら大手キャリアの契約をそのままで、iPhoneのデータ通信だけIIJmio経由にして毎月のスマホの料金を節約することもできます(対象:iPhone XR、XS、XS Maxのみ)。

ここではIIJmioで今使っているiPhoneが使えるかや、iPhoneのお得な買い方、IIJmioの申し込み方、iPhoneの設定やネットを使えるようにするために構成プロファイルのインストールの仕方を詳しく説明していきます。

IIJmioの料金プランやサービス内容は下記を参考にしてみてください。

IIJmioの料金プランと評価を実際に使って徹底解説、信頼性重視のMVNO

IIJmioの申し込みはこちら → IIJmioの公式サイト

今使っているiPhoneはIIJmioで使える?

※ テザリングは使えます。

アップルストアで購入したiPhoneはそのままIIJmioで使えます。

キャリアで購入したiPhoneの場合はSIMロックを解除しなくても使える機種もありますが、あとあと面倒なことになる可能性が高いので、iPhone6s以上のモデルはIIJmioに乗り換える前にSIMロックを解除してから乗り換えることをお勧めします。

ドコモのiPhoneは使える? ← 使える

ドコモのiPhoneは、IIJmioのタイプDで使えます。

ドコモのiPhone6s以上のモデルの場合はSIMロックを解除すると、IIJmioのタイプAでも使えるようになります。

ドコモの端末を格安SIMで使うための詳細+SIMロック解除の仕方

auのiPhoneは使える? ← SIMロックを解除すれば使える

SIMロックを解除したauのiPhone6s以上ならIIJmio(タイプD/タイプA)で使えます。

auのiPhone 8以上のモデルはSIMロックの解除の必要なくIIJmioのタイプAで使うことができますが、あとあとSIMロックの解除の必要が出てくる可能性があるので、SIMロックを解除してから使うことを強くお勧めします。

ちなみに、UQモバイルのiPhoneはSIMロックを解除することで、IIJmio(タイプD/タイプA)で使えるようになります。

auの端末を格安SIMで使うための詳細+SIMロック解除の仕方

ソフトバンクとワイモバイルのiPhoneは使える? ← SIMロックを解除すれば使える

SIMロックを解除したソフトバンクとワイモバイルのiPhone6s以上ならIIJmio(タイプD/タイプA)で使えます。

ソフトバンクの端末を格安SIMで使うための詳細+SIMロック解除の仕方

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

初めてiPhoneを使う場合のお得な買い方とオススメのiPhone(中古と新品)

すでにIIJmioで使えるiPhoneを持っていれば、そのiPhoneでIIJmioを使えば良いです。iPhoneを持っていなかったり、かなり古いiPhoneを使っている場合は、iPhoneを購入します。

iPhoneを買う場所

  • アップルストア – 対象:初心者から上級者まで
  • 中古ショップ(Yahooショッピング含む) – 対象:中級者以上
  • IIJmioで格安SIMとセットで購入 – 対象:初心者

アップルストアは定価販売ですが、最新の新品のiPhoneを購入することができます。SIMフリーなので格安SIMならどれでも使えます。1年間のメーカー保証も付いてきます。

中古ショップでiPhoneを割安に買うことができますが、格安SIMでは使えない場合もあるので初心者向けではありません。電池が消耗している場合もあるので、ある程度スマホを知っている人がリスクを承知で検討する購入場所です。

IIJmioでは新品のiPhoneは扱っていませんが、中古のiPhoneを扱っています。状態が良いものだけ厳選しているので、新品と比べると少し安くなるくらいです。

オススメのiPhone

iPhoneといっても、手頃な価格のiPhoneSEから、超高性能で高価なiPhone XSまであります。価格が高ければ高いほど性能は良くなりますが、一般的な使い方ならiPhoneSEやiPhone7でも十分以上の性能を発揮します。

コスパを重視する場合はiPhone7がオススメです。

ゲーム性能を重視する場合はiPhone 8 / 8 Plusがオススメです。

防水対応、もしくはモバイルSUICA、iD、QUICPayをiPhoneで使いたい場合は、iPhone 7以上のモデルがオススメです。

容量は普通程度の利用なら32GBでも大丈夫です。写真や動画をいっぱい撮ったり、音楽をたくさん保存したり、ゲームアプリをたくさんインストールしたりする場合は、64GBもしくは128GB以上の容量が必要です。16GBはiPhoneをあまり使わない向けです。

iPhoneを格安SIMで使うための完全ガイド:iPhoneの性能の詳細と本体価格一覧

アップル32GB64GB128GB256GB
iPhone 75万800円6万1800円
iPhone 7 Plus6万4800円7万5800円
iPhone 86万7800円8万4800円
iPhone 8 Plus7万8800円9万5800円
iPhone XR8万4800円9万800円10万1800円
iPhone XS11万2800円12万9800円
iPhone XS Max12万4800円14万1800円
IIJmio(中古)32GB64GB128GB256GB
iPhone SE2万9800円3万5800円
iPhone 73万9800円4万4800円5万4800円
iPhone 86万2800円7万9800円
iPhone XR8万1800円8万7800円
iPhone XS10万9800円12万6800円
Yahooショッピングの中古美品/新古品/新品同様など+10%ポイント還元
iPhone 732GB 税込4万円程度 / 128GB 税込4万5000円程度
iPhone 864GB 税込5万円程度 / 256GB 税込6万5000円程度
iPhone XR64GB 税込7万2000円程度 / 128GB 税込8万1000円程度
iPhone XS64GB 税込11万円程度 / 256GB 税込13万円程度

※ YahooショッピングはSIMロック解除品、またはSIMフリーのiPhoneを選んでください。
※ IIJmioではこの他にもiPhoneSEの16GBを2万4800円で販売しています。
※ IIJmioのiPhoneには充電器や充電ケーブル、SIM取り出しピンは入っていません。

IIJmioのiPhoneの詳細はこちら → IIJmioの公式サイト

IIJmioのiPhoneSEとiPhone7はそこそこ安くなっていますが、iPhone8以上だとほとんど安くなっていません。iPhone8以上の場合は新品か他の中古ショップで探してみることをオススメします。

ちなみに格安SIMの管理人はYahooショッピングでiPhone XR 64GB(上の写真)を買いました。。

iPhoneの電池の交換費用

IIJmioの中古のiPhoneは状態の良いものだけ厳選しているので、電池がへたっている可能性はかなり低いです。ただし、運がとても悪いと電池が消耗したiPhoneを引き当てるかもしれません。

そんな場合の電池の交換費用は下記にあります。(電池の消耗は保証対象外です)

iPhone X / XS / XS Max / XRの電池の交換費用:7800 円
上記以外のiPhoneの電池の交換費用:5400円

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

IIJmioのeSIMならドコモやauを契約しつつ料金を節約できる

対象iPhone:iPhone XR、XS、XS Max
対象プラン:ドコモ、au、ソフトバンクの従量制プラン(使ったデータ量に応じて月額料金が変わるプラン)

上記のiPhoneとプランを契約している場合、IIJmioのeSIMを使えば、ドコモやauの契約を続けながら毎月の料金を節約することができます。(ソフトバンクは低容量プランの料金が高すぎて節約できません・・)

iPhone XR、XS、XS Maxなら音声通話はキャリアSIMを使い、データ通信はIIJmioのeSIMで行うことができます。2019年7月18日から申し込めて、申し込んだらすぐに使えるようになります。

IIJmioのeSIMの使い方は下記にまとめているので参考にしてみてください。

IIJmioのeSIMでiPhoneを使う方法、eSIMでドコモやauのままでスマホの料金を節約できる!必要な設定の全て

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

IIJmioの格安SIMの申し込み方

IIJmioの申し込みに必要なもの

  • 本人名義のクレジットカード
  • 通話SIM、もしくはデータSIMとセットにiPhoneを申し込む場合は本人確認書類
  • すでにスマホやガラケーを使っていて電話番号をそのままで使いたい場合はMNP予約番号

本人確認書類は運転免許証やパスポートなどです。

本人確認書類をスマホやデジカメ、ガラケー、スキャナーなどで撮ってアップロードできるようにしておきます。

スマホを持っていれば、そのままスマホから申し込めます。パソコンで申し込む場合は、パソコンに写真のデータを取り込んでアップロードできるようにしておきます。

必要な本人確認書類など、実際の申し込みの仕方は下記で詳しく説明しているので参考にしてみてください。

失敗しないIIJmioの申し込みのまとめ:一番お得な場所、使えるスマホ、本人確認書類、MNP、実際に申し込みながら徹底解説

IIJmioのeSIMの場合は、IIJmioのeSIMでiPhoneを使う方法と必要な設定の全てを参考にしてみてください。

IIJmioの申し込みはこちら → IIJmioの公式サイト

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

iPhoneの設定の仕方

IIJmioから格安SIMが届いたら、iPhoneで使えるように設定します。

MNPで乗り換えをした場合は開通手続きをする

MNPで乗り換えた場合は、IIJmioオンデマンド開通センターに電話をかけて開通手続きをする必要があります。

IIJmioオンデマンド開通センター
・電話番号 0120-711-122
・受付時間 年中無休で9:00~19:00

音声ガイダンスに従ってMNP転入の開通手続きを進めます。

開通手続きでは「乗り換え対象の電話番号」と「SIMカードの識別番号の下4桁」を入力します。SIMカードの識別番号はSIMカードの裏面に記載されています。

更新月の最終日の夜中に開通手続きをすると、受付時間が過ぎていて当日中に開通できなくなるので注意してください。

開通手続きをすると1時間ほどで、IIJmioの格安SIMが使える状態になります。

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

IIJmioの格安SIMをiPhoneに挿入する

SIM取り出しピンをiPhoneの側面の小さい穴に挿して、SIMトレイを取り出します。

右側面に小さな穴が空いているので、そこにピンを少し力を入れて差し込めば、SIMスロットを取り出せます。白いSIMカードをSIMスロットの上に乗せて、元に戻します。

※ SIM取り出しピンがない場合は、100円ショップのクリップでもぶっ挿せば取り出せます。

こんな感じに戻します。戻し終わったら、iPhoneの上部のボタンを長押しして電源を入れます。

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

初めてiPhoneを使う場合は初期設定をする

今まで使っているiPhoneをIIJmioで使う場合は初期設定は必要ないです。iPhoneを購入してIIJmioで使う場合は初期設定が必要です。

WiFiがすぐ使える状態で、初期設定を行います。基本的には画面に従ってポチポチ押していけば初期設定はできると思います。下記はUQモバイルの格安SIMを使ったiPhoneの初期設定になりますが、基本的には同じような流れになります。

新しいiPhoneを購入した場合は初期設定をする

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

構成プロファイルをインストールしてネットを使えるようにする

iPhoneをIIJmioで使うには構成プロファイルというのをインストールする必要があります。これをインストールしないとネットが使えません。

自宅のWiFiなどの接続した状態で構成プロファイルをインストールします。

IIJmioのSIMカードを入れた直後だと圏外表示になります。

数秒するdocomoという表示に切り替わって、一見するとネットが使えるように見えます。この状態でWiFiの接続を切って、ネットに繋げてみます。

「データ通信機能を起動できませんでした。PDP認証に失敗しました」

という謎のメッセージが表示されてインターネットに接続できません。WiFiに接続して構成プロファイルのダウンロードページにアクセスします。

IIJmio:iOS APN構成プロファイル

iOS 7〜iOS 12の端末の「構成プロファイルをダウンロード」をタップします。

許可をタップします。

iPhone → 設定 → 一般 → プロファイル

「(Cellular) IIJmioモバイルサービス」をタップします。

右上のインストールをタップします。

パスコードを入力して・・

次へをタップして・・

インストールをタップして・・

インストールをタップして・・

完了をタップして、これで構成プロファイルのインストールは完了です。

これでWiFiの接続を切っても、ネットが使えるようになっています。

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

iPhoneを壊さないために保護ケースと強化ガラスがオススメ

以上でIIJmioでiPhoneを使う方法の全てです。

あとは低速モードの使い方もありますが、データ量の残量の確認と高速⇆低速の切り替えアプリ、iPhoneのwidgetでも簡単に切り替えられる!を参考に低速モードを試してみてください。

余計なお世話ついでに、iPhoneを壊さないために保護ケースと強化ガラスを使うのがオススメです。

スマホの故障原因のほとんどは落として画面を割ったり、もしくは落とした衝撃で内部の電子回路が壊れることです。

できるだけ壊れるリスクを抑えつつ節約したい場合に、おすすめなのが保護ケースと強化ガラスを付けることです。この二つをiPhoneに付けてあげれば故障の8割は防ぐことができると思います。2000円くらいで揃えられます。

保護ケース:手帳型、薄いケース型、分厚いケース型

手帳型はiPhoneを全体的にカバーしてくれるので保護力は強く、カードを収納するスペースもあるので便利です。ただ、iPhoneを使うときにカバーを開け閉めする必要があるので少し面倒です(マグネット式なのでそんなに面倒というわけではないですが・・。

ケース型は保護力が手帳型と比べると若干弱いですが、開け閉めしなくて良いので楽です。

ケース型はケースの厚みによって保護力が変わってきます。分厚いケースほど保護力が強くなりますが、少しうざいです。スマホを落としやすい人は分厚いケース、ほとんど落としたことがない人は薄いケースがオススメです。

保護ケースのデメリット:ゲームをすると発熱しやすくなる

ゲームをすると保護ケースに熱がたまりやすくなるため発熱しやすくなります。

普通程度にゲームをするくらいなら問題ないですが、やたら処理の重いゲーム(PUBGなど)をする場合は、保護ケースを使うのは少し微妙かもしれません。

強化ガラスフィルム(おまけ程度)

保護ケースを付ければ、iPhoneを落としても画面が割れにくくなりますが、何らかの理由で保護ケースを付けたくない場合は、強化ガラスフィルムを付けることをオススメします。

保護ケースと比べると保護力は弱くなってしまいますが、強化ガラスフィルムだけなら、保護ケースのデメリットの発熱しやすくなることを回避することができます。

IIJmioのiPhoneの目次へ戻る

最終更新日 2019年7月17日 / 作成日 2019年7月6日 / 作成者 格安SIMの管理人
「IIJmioでiPhoneを使う方法の全て、今使っているiPhoneや中古のiPhoneのお得な買い方から必要な設定」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ