インターリンクLTE SIMの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIMだと固定IPがもらえます。固定IPは社内ネットワークへのセキュアなアクセスや、遠隔地の監視システムの構築などに用いられたりします。

格安SIMで固定IPがもらえるのはインターリンクLTE SIMくらいなので、モバイル環境での固定IPが必要な場合はインターリンクLTE SIMがおすすめです。

インターリンクLTE SIMはドコモ系の格安SIMです。

インターリンクLTE SIMの公式サイト

インターリンクLTE SIMのおすすめポイント

  • 固定IPが使える
  • 逆引きが無料
  • 500円で24時間速度制限なしに使えるオプションがある
  • 上がり高速プランが安い(データーをアップロードする用です。使う人は少ないと思います・・)

インターリンクLTE SIMの注意点

  • 普通の人には固定IPは必要ない
  • 特定のサーバー管理者じゃなければ逆引きも不要
  • 固定IPが必要ない場合は月額料金が高いだけの格安SIMになる
  • データSIMだけ提供。通話SIMはない
  • プランを変更するだけで1500円かかる

インターリンクLTE SIMの料金プランの詳細

データSIMのみ月額料金データ量
128kbpsで使い放題プラン1000円128kbps
1GBまで高速プラン1350円1GB
3GBまで高速プラン1600円3GB
7GBまで高速プラン2350円7GB
10GBまで高速プラン2900円10GB
30GBまで高速プラン6800円30GB
10GBまで上がり高速プラン1950円10GB(下り200kbps)
30GBまで上がり高速プラン3600円30GB(下り200kbps)

※ 全てのプランで固定IPが一つもらえます。

その他にかかる費用
・契約事務手数料:3000円

通話SIMを13ヶ月以内に解約した場合は解約手数料9000円がかかります。

SIMサイズの変更/再発行:3000円
プランの変更:1500円

オプション料金
・データSIMのSMS機能:月140円
・24時間速度制限解除クーポン:1回500円、クーポン購入から24時間、速度制限なしに使えます。(10GBと30GBプランの場合は、このクーポンは使えません)

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限されます。128kbps以外のプランは、データを使い切った後に200kbpsの低速で3日で366MB超のデータ通信を行うと、通信速度がさらに制限されます。

10GBプラン以上の場合で、直近3日間で使える高速データ量の制限があります。

10GBまで高速プランは直近3日あたり1.5GB超で通信速度制限あり、10GBまで上がり高速プランは直近3日あたり1.3GB超で通信速度制限があります。30GBまで高速プラン/上がり高速プランは直近3日あたり3.5GB超で通信速度制限があります。

インターリンクLTE SIMの評価と他の格安SIMとの比較

インターリンクLTE SIMの特徴は、固定IPがついてくることです。固定IP?何それ?という人は、インターリンクLTE SIM向きではありません。

固定IPを有効利用できない場合は、月額料金が高いだけの格安SIMになります。

インターリンクLTE SIMの固定IPの使い道

企業の社内ネットワークにアクセスする時にIPアドレスでアクセスを制限することができます。通常の格安SIMだとIPアドレスがころころ変わってしまいIPアドレスでのアクセス制限をすることができませんが、固定IPの場合はIPアドレスが変わらないのでIPアドレスでアクセスを制限ができ社内ネットワークがよりセキュアな状態になります。

その他の例だとモバイルな固定IPを使うことで遠隔地の監視システム等を費用を抑えて構築することができたりします。

他にもいろいろあると思いますが、インターリンクLTE SIMの固定IPは基本的にビジネス目的や専門的な用途に用いられます。

逆引き無料って何?

IPアドレスから名前がわかるようになるのが逆引きと言い、それが無料で使えることを指します。

一体何の用途に使うかというと、IPアドレスでアクセス制限を行っているサーバーがある場合、IPアドレスから誰の何のためのアドレスなのかがわかったりします。

通常のIPアドレス 123.456.78.111
123.456.78.111を逆引きするとYamada.Taro.mobileみたいな名前が出てきたりします。

インターリンクLTE SIMでは名前を設定することができるのでサーバー管理者はIPアドレスからそのIPアドレスの利用用途がわかったりします。

法人契約の場合は口座振替ができる

インターリンクLTE SIMはクレジットカードでの支払いの他にtabalまるごと決済(NTT支払い)、口座振替支払いでの支払いも受け付けています。

普通の人にはモバイルの固定IPは必要ありませんが、セキュアな社内ネットワークを構築したり、遠隔地の監視システムを手ごろに構築する場合にインターリンクLTE SIMが役に立ったりします。

インターリンクLTE SIMの詳細と申し込み → インターリンクLTE SIMの公式サイト


インターリンクLTE SIMで買えるおすすめの格安スマホセット

インターリンクLTE SIMではデータSIMのみ販売していて格安スマホやタブレットは販売していません。端末が必要な場合は下記のページを参考にしてみてください。

新しいスマホが必要な場合は、格安スマホが安く買えるBIGLOBEモバイルのキャンペーンOCNモバイルONEのキャンペーンIIJmioのキャンペーンUQ mobileのキャンペーンなどで格安スマホが安く手に入ります。

参考:格安スマホのキャンペーンのお得度ランキング

どのスマホやタブレット、WiFiルータがオススメかは下記も参考にしてくれればと思います。

インターリンクLTE SIMのネットの評判

インターリンクLTE SIMのネットの評判は特にありません。モバイルの固定IPは用途が専門的すぎるため実際に使っている人の数も少なく、そのため評判も出てこないと思います。

インターリンク自体は1995年からプロバイダー事業を行っている老舗になります。モバイルで固定IPが使えるのはインターリンクLTE SIMだけなので、自分の用途に必要な場合は他に選択肢はないと思います。

他のおすすめの格安SIMカード

  • 楽天モバイル
    • 格安スマホが安く買えるキャンペーンをいつも行っています。楽天市場の買い物でもらえるポイントが2倍になる特典がもらえるので、楽天市場を使う人に一番オススメの格安SIMです。
  • UQ mobile
    • 通信速度が圧倒的に一番速くて安定しているのがUQ mobileです。実質的に月3GBのプランしかなく、月額料金は少しだけ高いですが、回線品質が良すぎるのでUQ mobileを選ぶ価値は大きいです。
  • エキサイトモバイル
    • 通信速度は比較的速く、月額料金は1GBごとの従量制になっているので、簡単に一番安くすることができます。SIM3枚コースも安く使えるので、家族で使う場合はより無駄なく使うことができる格安SIMになっています。
  • LINEモバイル
    • 月額料金は少し高めですが、LINEやTwitter、Facebookをデータ消費なしで使うことができます。LINEの年齢認証も突破できるのでID検索ができます。SNSをよく使う場合にオススメの格安SIMです。
最終更新日 2019年8月10日 / 作成日 2015年5月11日 / 作成者 格安SIMの管理人
「インターリンクLTE SIMの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
口コミ