便利に大幅節約!楽天アンリミットeSIM版を今のiPhoneで利用するとスマホ代が安くなる。楽天モバイルの楽天UNLIMITのeSIM版の申込みから設定まで徹底解説

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (49)

iPhone XR以上のiPhoneを使っている場合、今のiPhoneのままでスマホ代を大幅に安くできる方法があります。

ドコモとauユーザは乗り換える必要もありません。楽天アンリミットのeSIMを利用して、ギガ使い放題でドコモとauの料金を月1980円(1年間)に大幅節約できます。

ソフトバンクだとうまく行けば月1180円(1年間)に抑えることが出来ます。

ワイモバイルやUQモバイル、他の格安SIMの大容量プランを契約している場合も、スマホ料金をeSIMで大幅節約できます。

iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MAXを使っているなら、試してみることをかなりおすすめします。

※ 運が悪いと月1980円にはできず、今ままでの料金のままになります。
※ 利用場所によって使い放題ではなく、月5GB&低速1Mbpsの場合があります。
※ 契約している家族が2人の場合は月2480円、1人だけの場合は月2980円です。
※ ソフトバンクだけうまく行ったら、ソフトバンクから他社へ乗り換えが必要です。

iPhone7やiPhone8などは楽天UNLIMTでは使えないので、今回の節約技は使えません。

楽天モバイルの楽天アンリミットeSIM版をiPhoneで利用してスマホ代を安くする

Rakuten UNLIMITは楽天回線エリアならギガ使い放題、パートナーエリアだと月5GBでギガを使い切っても1Mbpsで使えます。Rakuten UNLIMITは先着300万名まで1年間無料です。楽天アンリミットのeSIMをうまく利用して、スマホ料金を1年間1980円にします。

たいして手間もかからず、ほとんどリスクもないので、とりあえず試してみることをおすすめします。

楽天UNLIMITは2年目以降は月2980円かかりますが、そのころには楽天回線エリアがそれなりに広がっています。

楽天UNLIMITを1年間無料で試して、良い感じに使えていれば、2年目に楽天モバイルへ完全移行するものアリです。自分に合わない場合は、楽天アンリミットならいつでも違約金なしに解約できます。

楽天UNLIMITの詳細 → 楽天モバイルの公式サイト

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の料金プランと速度、デメリットとメリットを実際に使って徹底解説

楽天アンリミットeSIM版をiPhoneで利用してスマホ代を安くする目次

使えるiPhone(eSIM対応のiPhone):iPhone XR、XS / XS Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro MAX / おそらくSE(第2世代)

Rakuten UNLIMITのeSIM版で使えるiPhone
・iPhone XR
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone SE (第2世代) ← 未検証ですが、高い可能性で使えると思います。

上記のiPhoneなら楽天アンリミットのeSIM版が使えます。テザリングもできます。

2020年4月27日に発売されるiPhone SE 第2世代も高い可能性で楽天アンリミットのeSIM版使えると思いますが、届き次第テストします。(格安SIMの管理人はiPhone SE 第2世代を購入予定です)

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

iPhoneと楽天モバイルeSIM版の目次

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhoneを楽天UNLIMITで使うにはSIMロック解除が必要

ドコモ、au、ソフトバンクで購入したiPhoneを楽天UNLIMITで使うにはSIMロック解除が必要です。SIMロックの解除の仕方は下記で説明しているので参考にしてみてください。

SIMロック解除はネットで5分くらいで出来ます。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

使えないauのiPhone:iPhone 6s / 6s Plus / SE(第1世代) / 7 / 7 Plus / 8 / 8 Plus / X

Rakuten UNLIMITで使えないiPhone
・iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xは現時点では使えません。

古すぎるiPhone、例えばiPhone 6 / 6 plus / 5s / 5なども使えません。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

今のスマホ会社のままでスマホ代を月2000円くらいにできる(1年間) → ドコモ、au、ワイモバイル、UQモバイル(その他の格安SIMだと月1100円〜月1600円くらいに節約)

楽天UNLIMITのeSIM経由でデータ通信ができるので、今使っているスマホのデータ通信がゼロになりギガを消費しなくなります。

そのため今使っているスマホの料金プランを最安プランに変更できます。

ドコモ、au、UQモバイルだったら月1980円が最安プランです。ワイモバイルだと月2680円が最安プランになります。その他の格安SIMだと最安プランはまちまちですが、だいたい月1100円〜1600円が最安プランになります。

楽天UNLIMITのeSIMを利用することで、今使っているスマホの料金を一番安いプランにして1年間使うことが出来ます。

ドコモとauを使っている人の料金は月5000円〜7000円(平均6000円?)くらいですが、eSIMを使えば月1980円になるので、5万円くらい節約できます。

ギガを月5GB以上使ってそうな人の場合は、楽天UNLIMITのeSIMを利用して、スマホ料金を節約することをおすすめします。

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

ソフトバンクユーザの場合は・・・

ソフトバンク、ギガをほとんど使わなくても、料金が高いんです。。

月1GB未満でも月2980円かかります。ソフトバンク光に加入してなかったら月3980円です。アホみたいに高いです。

これだと楽天アンリミットのeSIMを使っても、あまり安くなりません。

とりあえず、ソフトバンクユーザも楽天アンリミットのeSIMを試してみて、楽天アンリミットがうまく使えるようだったら、ソフトバンクからOCNモバイルONEの1GBプラン(月1180円)へ乗り換えてしまえばと思います。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

楽天アンリミットの楽天回線エリアとパートナーエリアの違い、特徴はギガ使い放題と1Mbps使い放題

楽天アンリミットは、楽天回線エリアならギガ使い放題です。

※ 正確には1日10GBまで使えて、それ以上使うと1Mbpsの速度制限になります。夜の12時に速度制限は解除されます。

パートナーエリアだと使えるギガ数は月5GBまでですが、ギガを使い切っても1Mbpsの速度で使い続けることが出来ます。1MbpsなのでYouTubeの高画質の480pでも止まらずに見れます。1Mbpsでも結構普通に使えます。

自分が楽天回線エリアかどうかは下記をご確認ください。

楽天モバイルエリアの実体験、楽天回線エリア内なのに繋がらない場合の対処法、パートナーエリアのエリアマップの違い

楽天回線エリアでも場所によってはパートナー回線(au電波)に繋がる場合があります。この場合は、パートナー回線につながっている間は月5GBのギガを消費します。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

Rakuten UN-LIMITの料金:先着300万名まで1年間無料、2年目以降は月2980円で縛りなし

Rakuten UN-LIMITは先着300万名まで1年間無料で使えます。2年目以降は月2980円です。

縛りはないので、いつ解約しても違約金ゼロ円で解約できます。

とりあえず1年間無料で使ってみて、良い感じに使えていれば、今使っているキャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)から楽天モバイルへ乗り換えるのがおすすめです。

楽天UNLIMITの料金プランやサービス内容の詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の料金プランと速度、デメリットとメリットを実際に使って徹底解説

事務手数料が税込3300円かかりますが、キャンペーンで3300円のポイント還元がもらえます。楽天モバイルのキャンペーンの詳細は下記をご確認ください。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が1年間無料&楽天ポイント最大2万1300ポイントをプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。キャンペーンの詳細に加えて、楽天回線で使えるおすすめの格安スマホをランキング順に紹介します。
キャンペーンの詳細を見る

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

具体的にどう安くするの? ← DSDSで便利に安くできる!

安くなると言っても、具体的にどんな仕組みで安くなるのか、いまいちイメージ出来ないと思うので、簡単に説明します。

※ 既にiPhoneを使っている人たちを基準に説明します。

iPhoneの内部には下記のSIMが入っています
・取り外せる物理SIM ← 今使っているスマホ会社のSIMが入っている
・基盤に張り付いているeSIM ← これにRakuten UNLIMITを設定する

今までは、物理SIM経由でデータ通信や音声通話をしていました。今使っているスマホ会社のギガを消費します。

eSIMにRakuten UNLIMITを設定すると、音声通話は物理SIM経由、データ通信はeSIM経由で行えます。eSIM経由でデータ通信ができるので、今使っているスマホ会社のギガを消費せずにネットが使えます。

2つのSIMを便利に使える機能をDSDS(またはDSDV)と言います。

もしRakuten UNLIMITの電波が悪くなったら、データ通信を物理SIM側に変更することも10秒くらいで簡単にできます。(データ通信を物理SIMに変更すると、今使っているスマホ会社のギガを消費するようになるので注意)

基本的にはeSIMのRakuten UNLIMITでデータ通信を行って、もし楽天に通信障害などが発生したら、物理SIMにデータ通信を切り替えれば、リスク無しに使えます。

便利に簡単にスマホ料金を安くできるのが、Rakuten UNLIMITのeSIMです。

※ Rakuten UNLIMITの通信障害は今の所ほとんんどありません。(たまに、ちっこい障害があるくらい)

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

MNPでの乗り換えはリスクが少し高いです

一番安くできる方法は、今使っているスマホ会社からMNPで楽天モバイルへ乗り換えることですが、この方法はリスクが少し高いです。

場所によっては楽天回線エリア内でも思ったようには使えない可能性があります。パートナーエリアでもバンド18のみなので、場所によっては電波が悪い可能性があります。

その場合は運が悪かったと諦めて、さっさと使っていたスマホ会社に戻るなり、料金が比較的安く速度も速いUQモバイルやワイモバイルへに乗り換える機動力がある人なら良いかもですが・・。

基本的にeSIMが使えるiPhoneを持っているなら、とりあえず楽天アンリミットを新規契約してeSIMに設定して試すのが、一番安全なのでおすすめです。

eSIMの楽天アンリミットがうまく使えた場合は、今使っているスマホ会社の料金を一番安いプランに変更です。スマホ料金をかなり節約できます。

1年後は楽天アンリミットが月2980円になってしまいますが、その時まで良い感じに使えていれば、今使っているスマホ会社から楽天アンリミットにMNPで乗り換えるのが良い感じです。

楽天アンリミットの電波があまりよくなければ、今使っているスマホ会社の料金プランはそのままにして、しばらく様子見した後、それでもダメなら違約金なしで楽天アンリミットを解約して終わりです。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

楽天UNLIMITのeSIM版の申込みの仕方(結構分かりづらい申込方法なので注意してください)

普通に楽天UNLIMITを申し込むと物理SIMが届いたりするので、eSIMの申し込みには注意が必要です。

eSIM版の申込み方法は下記に詳しく説明しているので参考にしてみてください。

楽天モバイルの「楽天アンリミット」を実際に申し込んで全部解説!本人確認書類などの必要なもの、届くもの、MNP転入手続き、開通手続き、必要な設定をすべて説明

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

楽天アンリミットのeSIM版を申し込んでから届くまでの日数、届いたeSIM版の中身

2020年4月11日(土)の19時に申し込む

2020年4月14日(火)の14時に届く

大きめの白い封筒が届きます。

eSIM版の中身はSTRAT GUIDE、これだけ(超簡素)


(クリックで拡大)

eSIMの設定には上記のSTEP.2用QRコードが必要になります。


(クリックで拡大)

説明も簡素なので、おそらくこれだけではeSIMの設定ができない人が結構出てくると思います。eSIMの設定は下記で詳しく説明します。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

eSIM版の楽天アンリミットのiPhoneの設定の仕方

ステップ1:ピンクのSTART GUIDEに載っているQRコードを読み込んでログインして、本人確認をする

まずはWiFiに接続したiPhone、またはネットに接続したiPhoneから操作します。

iPhoneの標準のカメラアプリを起動して、ピンクのSTRAT GUIDEに載っている「STEP.2用QRコード」にかざします。

「”rakuten.co.jp”をSafariで開く」をタップします。

ログインします。

これで本人確認は完了です。とりあえず申し込み履歴を確認します。

「楽天回線の買い痛てえ続きを行う」をタップします。

これがSIMの初期設定用のQRコードです。

このQRコードがeSIMの設定に必要になるのですが、iPhone側に表示していてもどうにもなりません。

他のAndroidスマホでQRコードの写真を撮っておくか(別のiPhoneでも可)、プリンターでプリントアウトするか、パソコンからmy 楽天モバイルにアクセスして、このQRコードを表示する必要があります。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

オプション:他社からのMNPでの乗り換えならMNP転入手続きをする

他社からMNPで乗り換えているなら、MNP転入手続きをします。(新規電話番号での申込みの場合は不要です)

MNP転入手続きの受付時間
・9:00~21:00 → MNP完了時間:当日中
・21:01~翌8:59 → MNP完了時間:翌9:00以降

MNP転入手続きをしても、何時に転入が完了するのかよくわかりません。時間に余裕をもって手続きをすることをおすすめします。

MNP転入手続きをしない場合は、MNP番号の有効期限終了日近くになると自動的に転入作業が行われます。

転入手続き → 「my 楽天モバイル

my 楽天モバイル内の右上メニューをタップして、「お申し込み履歴」を選択します。該当の申込番号を選択してタップします。「MNP転入する」をタップします。

これでMNP転入手続きは完了です。転入が完了するまでしばらく待ちます。

転入が完了したら、SIMの初期設定用のQRコードを読み込みます。

新規電話番号での申込みなら、転入手続きは無視して、SIMの初期設定用のQRコードを読み込んでください。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

ステップ2:SIMの初期設定用のQRコードを読み込む

楽天UNLIMITのeSIMを設定したいiPhoneを使ってeSIMの設定をします。

おそらくWiFiやLTEに接続している必要があります。

今回はUQモバイルのSIMカードを入れていますが、ドコモでも、au、ソフトバンク、ワイモバイル、他の格安SIMでもやり方は同じです。SIMが刺さってなくても、基本的には同じようなやり方になります。

iPhone → 設定

「モバイル通信」をタップ

「モバイル通信プランを追加」をタップ

ここでSIMの初期設定用のQRコードをかざします。ピンクの紙にある「STEP.2用QRコード」ではありません。

今回はパソコンに初期設定用のQRコードを表示して、iPhoneXRで読み込ませてみました。

「モバイル通信プランを追加」をタップ

※ 他社からのMNPで楽天アンリミットに乗り換えている場合は、主回線が楽天アンリミットになります。副回線などの変更は不要なのでスルーしてください。

副回線だと分かりづらいので、名前を変更するために「副回線」をタップ

「副回線」をタップ

「Rakuten」に変更して完了をタップ

主回線は今使っているスマホ会社です。ドコモを使っていればドコモ、auならau、ソフトバンクならソフトバンクの回線になっています。

「続ける」をタップ

電話を発信する時、主回線か副回線かを選べます。とりあえず主回線を選んでおけば良いです。

iMessageとFaceTimeも主回線にしておけば良いです。

モバイルデータ通信はRakutenをタップして設定します。これで楽天アンリミットでデータ通信ができます。

モバイルデータ通信の切り替えを許可してしまうと、電波状況によって主回線のギガを使ってしまう場合があるので、これはオフのままにします。

これでeSIMの設定は完了です。次にAPNなどの設定を行います。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

ステップ3:APNなどの設定をする

iPhone → 設定 → モバイル通信

何もしていないとこんな表示になっています。

Rakuten LTEと表示されていますが、電波のバーがありません。電波のバーを掴むために、必要な設定を行います。

iPhone → 設定 → モバイル通信 → (モバイル通信プラン)Rakutenをタップ

モバイルデータ通信ネットワークをタップ

APNに「rakuten.jp」を入力

インターネット共有にも「rakuten.jp」を入力して戻ります。

iPhone → 設定 → モバイル通信 → (モバイル通信プラン)Rakutenをタップ → 音声通話とデータをタップ

「LTE,VoLTEオン」を選択します。

これで必要な設定はすべて完了です。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

ステップ4:いろいろ試してみる!

APNの設定をすると10秒〜20秒ほどで・・

Rakuten LTEの電波がフルバーになりました。これで楽天アンリミット経由でギガが使い放題です!(パートナーエリアだと月5GB&低速1Mbps)

iPhoneでの楽天アンリミットの速度も確認

41Mbps!かなり速いです!

運がそこそこ悪いと楽天(au)の電波掴まない・・みたいなことはあり得ますが、運が悪くなければコスパ最高で楽天アンリミットが使えます。

もし楽天アンリミットの電波が悪い場合は、主回線に簡単に切り替えられます。

iPhone → 設定 → モバイル通信 → モバイル通信プランの名称をタップ

主回線を選択すると、主回線でデータ通信をするようになります。簡単です。(主回線に切り替えると、いま使っているスマホ会社のギガを消費します)

他のスマホから、自分の電話番号へ電話をかければ、普通に着信します。楽天アンリミットの電話番号をかけた場合も、iPhoneにちゃんと着信します。

発信するときも自分の電話番号で発信できます。デフォルトの音声回線をRakutenに変更すれば、楽天アンリミットの電話番号で発信できます。

とにかく便利に使えるのがeSIMです!

eSIMに対応しているiPhoneを持っていたら、試してみることをおすすめします。

楽天UNLIMITの詳細と申込み → 楽天モバイルの公式サイト

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

注意点:iPhoneでSMSが送受信できない?原因はパートナーエリア、またはバンド18(26)

楽天UNLIMITでiPhoneを使う上での一番の注意点は、パートナーエリア、またはiPhoneがバンド18(26)を掴んでいる場合、SMSの送受信ができないことです。

楽天UNLIMITを入れたiPhoneでSMSの送受信をするにはバンド3を掴む必要があります。(楽天回線エリア内なら基本的にはバンド3を掴みます)

自分が何の電波を掴んでいるかのチェックの仕方

Rakuten UNLIMITを入れたiPhoneから、標準の電話アプリで「*3001#12345#*」を入力して発信ボタンをタップする。

Main Menu → LTE → Serving Cell Info → freq_band_ind

freq_band_ind
・3の場合は楽天回線エリア
・18や26の場合はパートナーエリア(auエリア)

18や26が表示されていたら、Rakuten UNLIMITを入れたiPhoneではSMSの送受信はできません。

バンド3を掴む楽天回線エリアに行くと、iPhoneでもSMSの送受信ができるようになります。

※ 楽天回線エリアでもauの電波を掴むことがあります。楽天回線エリアでiPhoneでSMSの送受信ができあに場合は、上記のfreq_band_indをチェックしてください。

※ eSIM版のiPhoneでも同じようにバンド18またはバンド26を掴むと、SMSの送受信はできません。

おそらく楽天モバイルが側が修正してパートナーエリアでもiPhoneでSMSの送受信ができるようになると思いますが、時期は未定です。

解決策:Androidスマホを入手して、楽天リンクを入れておけば、AndroidスマホでSMSの送受信ができる

楽天回線対応製品のAndroidスマホに楽天リンクを入れておけば、AndroidスマホでSMSの送受信ができるようになります。

Rakuten Link(楽天リンク)アプリのレビューと裏技的な使い方まで、通話料無料、通話品質、電話番号は非通知になる?対応機種とiPhone対策まで徹底解説

SMSの送受信が必須な場合で、楽天UNLIMITのiPhoneがバンド18またはバンド26を掴んでいる場合は、楽天回線対応製品のAndroidスマホを用意することをおすすめします。

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

Rakuten LINKアプリはAndroidアプリしかまだ提供していないので、iPhoneではRakuten Linkは使えず、かけ放題も使えません。

ただし、Androidスマホを持っていれば、UNLIMITのSIMカードなしでAndroidスマホでLinkアプリ経由で無料電話ができます。

少し話が複雑になります。

例) iPhoneXR以上のiPhone1台、Androidスマホ1台を持っている場合

まずiPhoneにRakuten UN-LIMITのSIMカードを入れます。

AndroidスマホはWiFi接続か、他社のSIMカードを入れます。AndroidスマホにLinkアプリをインストールして設定します。SMS認証をすると、iPhoneに認証番号が届くので、その番号をAndroidスマホのLinkアプリに入力して設定を完了させます。

これでAndroidスマホでLINKアプリ経由で無料電話がかけられるようになります。音質も結構いいです。LINEの無料通話と比べると遥かに良いです。

AndroidスマホがWiFi接続の場合は自分の電話番号が非通知になってしまいますが、他社のSIMカードを入れておけば、自分のUNLIMITの電話番号が通知されます。

ただし、着信はRakuten UN-LIMITのSIMカードを入れているiPhoneの方へ行きます。

iPhoneは相手から電話がかかってくる時に受けて、自分からかけるときはAndroidスマホのLinkアプリからかければ通話料無料です。

格安SIMのデータSIMは、1GB380円のLinksMateがおすすめです。もしくは、楽天の電波が信用できない場合は、20GB1480円のFUJI WiFiのSIMのみがおすすめです。

Rakuten Link(楽天リンク)アプリのレビューと裏技的な使い方まで、通話料無料、通話品質、電話番号は非通知になる?対応機種とiPhone対策まで徹底解説

2台持ちが面倒な場合は、素直に楽天回線対応製品のAndroidスマホに機種変したほうが手っ取り早い

電話をたくさんする場合、iPhoneとAndroidの2台持ちが面倒な場合は、素直に楽天回線対応製品のAndroidスマホに機種変したほうが手っ取り早いです。

楽天回線対応製品のAndroidスマホならSMSの送受信も普通にできるし、楽天Linkの無料通話もできます。楽天回線エリアでもパートナーエリアでも気にせず使えます。

そのうちiPhoneでも楽天UNLIIMTが使えるようになると思うので、電話をたくさんする場合は、それまで楽天回線対応製品を使って気長に待つのが良いのかなと思います。

楽天UNLMITを契約する場合、楽天回線対応製品のAndroidスマホが少し安く手に入るので、検討してみてください。

楽天モバイルのキャンペーンの詳細、月額料金が1年間無料&楽天ポイント最大2万1300ポイントをプレゼント、楽天回線対応の格安スマホのおすすめランキング

楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。

それに加えて、無料のRakuten Linkを使うと事務手数料3300円相当分を全額ポイント還元、2020年6月30日までオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。

楽天回線対応機種をセットで購入すると、さらに追加で最大で15,000ポイントもらえます。キャンペーンの詳細に加えて、楽天回線で使えるおすすめの格安スマホをランキング順に紹介します。
キャンペーンの詳細を見る

iPhoneと楽天モバイルeSIMの目次

最終更新日 2020年4月17日 / 作成日 2020年4月17日 / 作成者 格安SIMの管理人

49
この記事に気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
15 Comment threads
34 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
31 Comment authors
格安SIMの管理人楽天サポセンヤバい楽天サポセンヤバいかりyota5656 Recent comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
楽天サポセンヤバい
ゲスト
楽天サポセンヤバい
この記事は参考になった/良かった :
     

自分以外で他の方が同じような不具合があるかの確認をしたいのですが、iPhoneXRのesimに楽天アンリミットを入れ主回線にau。マイ楽天アプリは他のAndroidで使用。ですが、esim変更の申し込みが準備中で、データ制限モードを高速にできません。もう1ヶ月以上この状態です。楽天には、電話が中々繋がらないので、チャットで問い合わせても、進展なし。まず、楽天からの返信が緊急にしても一週間程度かかります。返信内容はiPhoneXRは対応端末ではないとのこと。それでは、物理SIMに実費を払うので、変更してほしいと伝えました。アプリ上では手続きの項目が出ないのです。返信がやっときたと思ったら、また最初の話で、iPhoneXRは対応端末ではないと…。どうしようもないのですかね。この対応ですと、ちょっとメインには怖いと思いました。災害時やトラブルで通信障害おきても、知らん顔しそうです。キャリアの体たらくに風穴を開けてくれると期待して、応援したいのですが、少し不安になりました。誰か解決された方や同じような方いませんか?

かり
ゲスト
かり
この記事は参考になった/良かった :
     

初めまして。
現在auで契約しているのですが、楽天インリミットにesimで副回線契約を検討しています。
問題なければ楽天インリミットにMNP乗り換えをしたいと考えていますが、その場合電話番号は現在auで使っている電話番号を引き継げるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

ナナシ
ゲスト
ナナシ

よっぽどの例外でなければ出来ます
個人的にはメインにするのはお勧めしませんが・・・
mnp乗り換えなので2回線目になるのは理解されてますね?
2回線目以降は割引等はありませんので気を付けてください

楽天のサポートに繋がらないせいで、このサイトへの質問多くなりますね
公式のサポートではないので、最後は自己責任になるのはご理解ください

かり
ゲスト
かり

返信ありがとうございます。
mnp乗り換えは二回線になるのですか?
auを解約して楽天をメインにした場合もでしょうか?

ナナシ
ゲスト
ナナシ

1.今:au回線1(既存番号)
2.確認のため副回線の楽天契約:
  au回線1(既存番号)、楽天回線1(新規番号)『計2回線』
3.その後auから楽天へmnp:
  au回線1からmnpした楽天回線2(既存番号で割引なし)
  楽天回線1(新規番号、無料はこっち)
となります
mnpはあくまで既存の番号を使っての新規契約です
【3】の時点でauを解約して楽天回線を〈新規契約〉してます
「楽天モバイル 電話番号変更したい」でググったら電話番号変更すらできないようです・・・

かり
ゲスト
かり

分かりやすい解説ありがとうございます。
楽天を1年間無料で副回線として使い、その後一旦楽天を解約し、現在使っているau既存の電話番号から楽天にmnp乗り換えしようと思います。
大変参考になりました。ありがとうございました。

yota5656
ゲスト
yota5656
この記事は参考になった/良かった :
     

非常に参考になる記事をありがとうございます。
現在docomo iPhone8ですが、記事を見てXR以降の機種を入手しdocomoを主回線。UN-LIMITを副回線eSIM運用をしてdocomo料金を最低クラスでの運用を考えています。
この場合、パートナーエリアだとSMSの受信はできるのでしょうか?
2段階認証でよくSMSを利用しているのでそこがクリアになればすぐ実行したいのですが。。
お手数ですがご教授お願いします。

ナナシ
ゲスト
ナナシ

4件下のコメントに似たような質問が出てます

yota5656
ゲスト
yota5656

ご指摘ありがとございます。
質問欄しっかり見ないといけないですね。。主回線でのSMSができると書いてありました。これで安心して実行できます。ありがとうございました。

ひろりん
ゲスト
ひろりん
この記事は参考になった/良かった :
     

Rakuten LINKアプリ用の2台持ち端末にRakuten MINI+IIJmioのeSIMデータゼロプランを使えたら、月150円で維持できるかなーと考えています。
MINIはLINKアプリ専用と割り切る感じです。
iPhone SEとRakuten MINI(楽天のeSIM込み)を新規購入、Rakuten MINIからiPhone SEへの移行でeSIM再発行手数料が3300円と初期投資はそれなりにかかりますが、ランニングが圧倒的に安くなる(1年間限定ですが)んじゃないかと皮算用。
いかがなものでしょうか?

藻
ゲスト
この記事は参考になった/良かった :
     

本人確認書類をiPhoneのメモアプリでスキャンしてアップロードしたところ、
【ご提出いただきました本人確認書類は、コピーまたはスキャンされたものと見受けられます。 恐れ入りますが、本人確認書類の原本を撮影した画像の再アップロードをお願いいたします。 アップロード後、再度お申し込み内容の確認と完了をお願いいたします。】
と連絡があり、写真で撮ったままのものを上げ直しました。スキャンアプリ使用したら駄目とか聞いたことがなかったので驚きました。写真そのままとスキャンしたものの違いがわからない…セキュリティ的に意味あるのかなぁ

「便利に大幅節約!楽天アンリミットeSIM版を今のiPhoneで利用するとスマホ代が安くなる。楽天モバイルの楽天UNLIMITのeSIM版の申込みから設定まで徹底解説」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

格安SIMと格安スマホのカテゴリ
サイト内検索
コメント