2020年版:LINEモバイルの評判と口コミのまとめ、格安SIMの中で評判最悪だけど可愛そうな理由

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / コメント数 (8) / 関連:LINEモバイル更新順(8)

LINEモバイルの評判は、格安SIMの中でも最悪です。

2020年2月時点のLINEモバイルの満足度は24.4%です。

もともとはLINEモバイルの評判は良かったのですが、LINEモバイルの速度が格安SIMの中でもとても遅くなって、それとともにLINEモバイルの口コミもボロボロになりました。

LINEモバイルのCMではカワイイ女の子が踊っていますが、実際に使っている人の評判は最悪という格安SIMだったりします。

評判は最悪ですが、LINEモバイルは格安SIMの中でもユーザ数を特に伸ばしている格安SIMだったりします。CMって怖いですね・・。

ここでは、LINEモバイルがどんなところかや、実際のLINEモバイルの満足調査の結果、そしてLINEモバイルの評判が激落ちした理由を解説します。

ちなみに格安SIMの管理は、LINEモバイルが大好きです。LINEモバイルを紹介している女の子も大好きです!

LINEモバイルを実際に使って徹底レビュー、料金プランと総合評価&SNS使い放題

LINEモバイルの申し込み → LINEモバイルの公式サイト

LINEモバイルはどんなとこ? 大盤振る舞いで債務超過、ソフトバンクにドナドナ

LINEモバイルは、LINE株式会社が2016年9月にサービスを開始した格安SIMです。

当初からLINEやTwitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使えることを売り文句に格安SIMサービスを提供していました。

ただし、格安SIMの管理人はデータを消費しない通信サービスは採算が合わないので、LINEモバイルを否定的に評価していました。

そんなこんなで予想通りLINEモバイルは2017年末の決算で債務超過になりました。

2017年のLINEモバイルの決算
・売上高 33億8000万円
・売上原価 38億6000万円
・売上総損失 4億8000万円
・販管費 28億2000万円
当期純損失 33億1000万円

格安SIM事業者は赤字傾向ですが、LINEモバイルの2017年の決算はその中でも特に悪いです。

データフリーでデータ消費なしに使えるので、売上よりも売上原価のほうが高いという、ある意味ユーザ目線の格安SIM・・・。

そしてLINEモバイル株式会社は資産よりも負債のほうが多い債務超過になりました。

(おそらくお金に困ったLINEモバイルは)2018年3月にソフトバンクが出資して、ソフトバンクがLINEモバイルの出資割合の51%を手にして実質買収されてしまいました。

TwitterでのLINEモバイルの満足度調査の結果

格安SIMはどこもかしこも何かの調査で満足度1位を掲げていたりしますが、胡散臭いことこの上ないです。

そこで格安SIMの管理人が2018年から格安SIMの満足度調査をTwitterで行っています。

LINEモバイルの2018年の満足度調査の結果

「投票結果だけ見る」を除いた2018年の満足度の結果

50.0%がLINEモバイルにして満足
28.6%が不満
21.4%がやめた

LINEモバイルの2019年の満足度調査の結果

「投票結果だけ見る」を除いた2019年の満足度の結果

67.6%がLINEモバイルにして満足
18.9%が不満
13.5%がやめた

LINEモバイルの2020年の満足度調査の結果

「投票結果だけ見る」を除いた2020年の満足度の結果

24.4%がLINEモバイルにして満足
35.2%が不満
40.4%がやめた

LINEモバイルの満足度:50.0% → 67.6% → 24.4%

LINEモバイルの2020年の満足度調査は、格安SIMの中でも最悪です。

ちなみに格安SIMの中で満足度最高は、UQモバイルの3年連続で満足度80%超えです。他の格安SIMだと満足度は50%〜60%くらいです。

同時期のauの満足度は12.4%、ソフトバンクは12.0%、ドコモは25.6%です。

LINEモバイルの評判の歴史、満足度が激落ちした理由は速度がゴミになったから

格安SIMの満足度は通信速度に依存します。

速度が比較的速いと満足度も良く、速度が悪いと満足度も悪くなります。

LINEモバイルは当初はデータ消費無しで速度も速くて、満足度も比較的高かった

2018年5月時点のLINEモバイルの満足度は50.0%です。

個別の格安SIMの満足度は50%〜60%程度なので、LINEモバイルの満足度は一般的な格安SIMと同じくらいでした。

このときはLINEモバイルはドコモ回線のみを提供していました。速度は格安SIMの中でも普通か少しだけ速い程度だったので、満足度も普通な感じです。

2018年7月からLINEモバイルのソフトバンク回線が始まり、格安スマホ最速チャレンジで、格安SIMの中でも速度がかなり速かったです。

そして2019年1月時点のLINEモバイルの満足度は67.6%に大幅アップしました。

LINEモバイルの速度がゴミになって、格安SIMの中でも最悪の評判に・・

LINEモバイルの2020年2月時点

満足度:24.4%

2019年1月時点のLINEモバイルの満足度が67.6%だったのが、1年経って満足度が24.4%に激落ちしました。

満足度24.4%は格安SIMの中でも最悪です。ワーストワンです。

LINEモバイルの評判が一気に悪くなったのは、速度が激落ちしたためです。

2019年1月になってソフトバンク回線の速度がどんどん低下していきました。

いつでも快適に使えるトップクラスの速さから、格安SIMの中でも少し遅い程度にまで低下しました。LINEモバイルの社長はソフトバンク回線の速度を重視すると説明していましたが、全く実現していない結果になりました。

それに合わせて、LINEモバイルのドコモ回線は、格安SIMの中でも最悪レベルの遅い速度になりました。

2019年4月からLINEモバイルはau回線も始めましたが、au回線は最初から生ゴミのような腐った速度しか出ません。

その結果、LINEモバイルの評判は格安SIMの中でも最悪になりました。

2020年5月からの通信品質向上のための取組で、評判も改善中??

そんなこんなで、カワイイ女の子のCMでユーザ数を伸ばしながら、中身は評判最悪なLINEモバイルでしたが、2020年5月になってようやく通信品質の向上に取り組み始めました。

その結果、徐々に速度が改善して、今ではLINEモバイルのソフトバンク回線は、格安SIMの中でも速度が結構速くなっています。LINEモバイルの料金とサービス内容的に、今のLINEモバイルのソフトバンク回線の速さなら十分な満足度になると思います。

ただし、注意点は”LINEモバイルのソフトバク回線”が改善していますが、ドコモ回線とau回線は引続きゴミです。

LINEモバイルによると、通信品質向上のための取組はソフトバンク回線、ドコモ回線、au回線、全て対象らしいですが、実際にはまともに改善したのはソフトバンク回線だけです。

ドコモ回線とau回線も少しは改善しましたが、もともとは生ゴミレベルの速度だったので、それがゴミレベルの速度になったくらいです。

LINEモバイルの速度の経緯や下記のサイトでも確認できます。

速度スコア:格安SIMの通信品質がひと目でわかる通信速度の総合スコア

※ LINEモバイルのドコモ回線とau回線でも使えますが、他の格安SIMと比較すると相対的にゴミ評価になります。

LINEモバイルの赤字の歴史、実は可愛そうな子なんです

2017年のLINEモバイルの決算
・売上高 33億8000万円
・売上原価 38億6000万円
・売上総損失 4億8000万円
・販管費 28億2000万円
当期純損失 33億1000万円

2018年のLINEモバイルの決算(15ヶ月間)
・売上高 110億6000万円
・売上原価 120億9000万円
・売上総損失 10億3000万円
・販管費 66億6000万円
当期純損失 77億0000万円

2019年のLINEモバイルの決算
・売上高 150億0000万円
・売上原価 149億6000万円
・売上総利益 4600万円
・販管費 66億9000万円
当期純損失 66億6000万円

利益剰余金 マイナス185億1200万円(累積赤字)

生ゴミと評価してゴミんなさいm( _ _)m。

売上高はユーザが支払う料金です。売上原価は大手キャリアの設備を借りるための費用(接続費)です。

ユーザがギガを使ってくれるほど売上が増えるのが普通ですが、LINEモバイルの通信のうち3分の1くらいはギガを消費しないデータフリーです。

その結果、売上高よりも売上原価のほうが高くなるというボランティア事業と化しました。速度を落として接続費を抑えた2019年でさえも、売上高と売上原価は同じ額です・・。

売上総利益率0.3%の慈善事業、そしてユーザの満足度24.4%・・・。

自分の懐に入れずに、売上が全て売上原価に吹っ飛んでいったのに、LINEモバイルの満足度最悪ってどういうことですか?

私が事業者だったら、ありがたく黙って使えよ!と言うセリフも言わずに、即サービスを終了していることでしょう!

ということで、あまりひどいことは言わずに生暖かく見守りましょう。

私はLINEモバイルが大好きです!

ピュンッ(ノ-_・)/|)‥‥…>>━→  >>-(゚ロ゚)→プス

たまに格安SIMの管理人がLINEモバイルに槍をぶっ刺すの図

最終更新日 2020年7月30日 / 作成日 2019年4月23日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
8 の口コミとコメント
新しい順
古い順 良い順
ふじわいやまねん
ふじわいやまねん
2020年8月2日 1:14 AM

いつも楽しく拝見させてもらってます。

LINEモバイル、ソフトバンク回線〔旧プラン、データ1G〕を使ってます。
先月久しぶりに回線をつないでみたら、UQよりも快適なので不思議に思ってましたが、
通信品質が向上していたのですね。
反応速度、アプリダウンロード速度、何れも超早くなっててビックリです。

こちらの地域では、最近UQが遅くなってる気がします。
しかしワイモバイルは変わりなし。
 ⇒画像は7月31日の計測例、17時頃各回線遅くなってました。
  左から、LINEモバイル(時間帯2つ)、UQ(時間帯2つ)、ワイモバイル

でわでわー

速度例_LMsb_UQ_YM_20200731.jpg
ぴよ
ぴよ
2020年7月30日 11:21 PM

散々LINEモバイルをアゲた罪は深いな…

HS
HS
  ぴよ
2020年8月1日 4:16 PM

あの時はソフトバンクの傘下になることによる資本力、最速チャレンジ等、他の格安simとは違うと匂わせたLINEモバイル側が半ば詐欺のようなことをしていたので管理人様に落ち度はあまりないかと
ただし、「通信品質が悪くなったら他社に乗り換えれば良い」と言う管理人様の推し方はちょっと行き過ぎていたのではと思います
確かに一度格安simの利用していれば乗り換えること自体は然程難しくありませんがそれでも手間ですしMNPする際の出費もありますからね

HS
HS
  格安SIMの管理人
2020年8月3日 5:51 PM

コメントありがとうございます。
格安simに詳しい方から勧められて、契約だけしてギガやプラン変更も禄にしない受動的な方も意外といらっしゃるのでそう言った方にはMNPも意外とハードルが高かったりします
かつてのOCNのようなスマホが安く買う目的の場合通信品質が悪くてもスマホ本体が目的なので乗り換え前提はわかりますが、通信品質は基本的に水ものなのでソフトバンク傘下になった時のLINEモバイルの管理人様の推し方はちょっと行き過ぎでは思いました
余計なお世話だと思いますが、通信品質が良いから悪くなれば乗り換えれば良いと言う考え方は今後、LINEモバイルのソフトバンク回線ような格安simが出てきた場合、同じような推し方され通信品質が露骨な低下をした場合管理人様の信用に関わるのではないかと少々心配でしたので

「2020年版:LINEモバイルの評判と口コミのまとめ、格安SIMの中で評判最悪だけど可愛そうな理由」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント