Mate 20 liteの性能評価+使える格安SIMとキャンペーン情報

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人

Mate 20 liteは2018年11月30日にビックカメラグループ限定で発売された格安スマホです。

価格が3万9800円でCPUはKirin710、RAM4GB、ROM64GB、画面6.3インチ、DSDV対応でauのVoLTEにも対応予定です。電池容量は大容量の3750mAhです。

ざっくり評価すると2018年で一番売れたP20liteに1万円加えることで、画面のサイズが大きくなり、CPUの処理能力が1.6倍、ROMは32GBから64GBヘ倍増、電池持ちも1.2倍ちょっと良くなっています。カメラ性能も特に薄暗いところだと結構改善しています。

ただ、割と微妙な立ち位置にいるのがMate20 liteです。普通に使う分にはP20 liteでも十分で、Mate20 liteにしたからといって格段に快適になるかというと微妙です。nova3くらいまでくると、いろいろ格段に良くなりますが、Mate20 liteだと中途半端感が少し強いです。

さらに競合には性能も結構良くて電池持ちが超良いZenFone Max Pro (M1)が1万円安く買えてしまうという。。

Mate 20 liteは悪くはないのですが、ターゲットとなるユーザ像がぼんやりとした感じになっています。

Mate 20 lite

Mate 20 liteのスペック(性能)

Mate 20 lite
CPUCPUオクタコア2.2GHzx4 A73 + 1.7GHzx4 A53 Kirin 710
RAM4GB
ROM64GB
Antutu139,580
ディスプレイ6.3インチ TFT
解像度2340×1080 FHD+、画面比率19.5:9
カメラ2000万画素(F値1.8)+200万画素(深度測定用)/前面2400万画素(F値2.0)+200万画素(深度測定用)
電池容量3750mAh
サイズ158.3 x 75.3 x 7.6mm
重さ172グラム
連続待受不明
充電時間不明(9V2Aの急速充電対応)
本体カラーサファイアブルー、ブラック
価格3万9800円

Android 8.1、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大256GB)、デュアルSIM(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応予定、DSDVとマイクロSDの同時利用不可)、指紋認証、顔認証、USB 2.0 Type-C、Bluetooth 4.2、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、ジャイロスコープ搭載、GPS(AGPS、Glonass、BeiDouサポート)

Mate20liteの対応周波数(バンド)

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/28 (au VoLTE対応予定)
TDD-LTE : B38/39/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/5/6/8/19
キャリアアグリゲーション対応

Mate 20 liteの評価

CPU性能の詳細

Mate 20 liteのCPUはオクタコア2.2GHzx4+1.7GHzx4 Kirin 710 (以下、Kirin710)です。12nmプロセスの新型のCPUです。

P20 liteのKirin658(16nmプロセス)よりも省エネで高性能になっています。

一般的な使い方ならなんでもサクサク使えます。ネットや、Twitter、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろん快適に使えて、一般的なゲームも普通に遊ぶことができます。

ただ、ゲーム性能に関しては少し微妙な点があるみたいです。某口コミサイトによるとツムツムだと動作が不安定(外部リンク)で1000万点以上のスコアを出すことができないとか・・。

実際にMate 20 liteでツムツムをプレイしてみたのですが、50万点くらいしか出せない腕では動作を不安定にすることができませんでした・・。8000万点ってすごいですね!

大量の落ちゲーを極める感じだと、新型のCPUのKirin710ではまだうまく最適化されていないのかもしれません。

ゲームをたくさんする場合は、安定動作するSnapdragonを搭載したZenFone Max Pro (M1)、ゲーム性能最高のZenFone 5Z、ゲーム性能無敵のiPhone(iPhone7やiPhone8)などを選ぶことをオススメします。

Mate20 liteのAntutuのスコア v7.1.2

Mate 20 liteのAntutuスコア(v7.1.2) 139,580
CPU: 67,163
GPU : 22,806
UX : 37,576
MEM: 12,035

P20 liteよりも性能が1.6倍アップしました。ただ、体感差はあまり変わらないと思います。

性能アップで一番恩恵が出るのはゲーム性能(GPU)ですが、Kirin搭載のスマホだと、低いGPUのスコアが1.6倍にアップしたところで、あまり変わらない感じがします。

逆にKirin710はMate 20 liteで初めて搭載した新型のCPUなので、まだゲーム動作に不安定な箇所を抱えている可能性があります。ゲームの快適度についてはしばらく保留した方がいい感じです。

普通にゲームをするくらいならKirin710でも普通にできると思いますが、ゲームを極めている人たちだと違う風景を見てそうなのがゲーム性能なので・・。

格安スマホのAntutuスコア(v7以上)
ZenFone 5Z: 271,283
P20: 206,563
nova 3: 203,663
iPhone7: 196,402
iPhone6s: 150,000程度
OPPO R17 Neo: 132,813
nova lite 3: 128,056
ZenFone 5: AIブーストなし125,200、AIブーストあり138,771
Galaxy Feel2: 115,000程度 (ドコモwith対象機種)
ZenFone Max Pro (M1): 113,795
AQUOS sense plus: 88,670 (防水・おサイフケータイ対応)
P20 lite: 87,131
AQUOS sense2: 72,469
AQUOS sense lite 58,098

下記はAntutuテストv7以上での評価になります。

一般的な使い方なら50,000程度でもわりと普通に使えますがサクサク感は少し厳しいです。70,000ぐらいで比較的サクサク使えて、80,000以上で普通の使い方ではサクサクの限度で体感差が出ずらくなります。

ゲームをそこそこする場合は、Antutuスコアは最低でも50,000がボーダーラインです。70,000以上だと一般的なゲームなら結構普通に遊べます。

スマホをたくさん使う場合や、ゲームが大好きな場合は100,000以上のAntutuスコアが出るスマホがオススメです。

参考:格安スマホとiPhoneのAntutuスコアの詳細と発熱時の温度

ベンチマークブーストの可能性?

ファーウェイはベンチマークブーストをしている可能性があります。以前、ファーウェイのチート疑惑が大きくなった時に、ファーウェイの人に聞いたところ日本支部(支社?)として回答は用意していないそうです。

Antutuのストレステストの結果

普通はバッテリー温度が40度を超えてくると、スマホの発熱を抑えるためにCPUの性能が自動的に落ちるのですが、Mate 20 liteはベンチマークテストの時は、40度を超えてもCPUのパフォーマンスがほぼ100%を維持しています。

ただ、nova 3はストレステストで50度を超えてきたのに対して、Mate 20 liteは45度程度に収まっていました。ベンチマークブーストがあっても、Mate 20 liteは発熱しずらいのでそんなに影響はないのかもしれません。

とりあえず、ファーウェイはベンチマークブーストに関しての発言を避けているので、ファーウェイのスマホのベンチマークテストの結果は参考程度にしてみてください。

Mate 20 liteの3DMarkの結果

Sling Shot Extreme
OpenGL ES 3.1:954
Vulkan:1121

Mate 20 liteのGeekbench4の結果

Geekbench4
シングルスコア:1596
マルチスコア:5627

Mate 20 liteのPCMarkの結果

PCMark
Work2.0パフォーマンススコア:7220

電池持ちの詳細

Mate 20 liteは3750mAhの超大容量の電池を搭載しています。

高性能で12nmプロセスの省エネタイプのCPU(Kirin710)を搭載して、なおかつ大容量の電池を搭載しているので、電池持ちはかなり良いです。

さすがにZenFone Max Pro (M1)みたいに電池持ちの化け物みたいなスマホではありませんが、P20 liteやnova lite2などよりも電池持ちは推定1.3倍くらい良くなってそうです。

Mate 20 liteの電池持ちの詳細

最近のファーウェイは電池持ちの詳細データを公開してくれません・・。

格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち(実測)
PCMarkの電池持ち動画の再生時間連続待受時間
nova lite 38時間54分13時間25分テスト待ち
nova 39時間0分13時間43分404時間
P209時間6分12時間52分371時間
P20 lite7時間17分11時間30分334時間
AQUOS sense29時間50分13時間49分528時間
ZenFone 59時間18分14時間5分498時間
ZenFone 5Z10時間7分14時間30分424時間
Oppo R15 Neo17時間0分20時間30分644時間

PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。動画の再生時間はYoutubeを再生し続けて電池切れまでの時間です。連続待受時間はスリープ状態で電池がなくなるまでの時間です。

下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査と電池を長持ちさせる方法

カメラ性能の詳細

Mate 20 liteのカメラ性能
背面:2000万画素(F値1.8)+200万画素(深度測定用) / 像面位相差 + コントラストAF
前面:2400万画素(F値2.0)+200万画素(深度測定用) / FF

Mate 20 liteはダブルレンズカメラです。一つのレンズは深度測定用で写真のボケを作るのに用いられます。

Mate 20 liteのカメラで撮った実際の写真(作例)

Mate 20 liteはAI機能で22の被写体やシーンを自動的に識別して、最適なカメラ設定で写真を撮ってくれます。ざっくり評価すると、SNS映えする写真にしてくれます。

AI機能オン

AI機能オフ

実際の色合いに近いのはAIオフの写真ですが、AI機能をオンにすることでインスタ映えのような着色を自動的にしてくれます。

これが良いか悪いかは賛否両論なのですが、AI機能をオンにした状態でSNS映えする写真を撮れば、後からその写真のAI機能をオフにして普通の写真に戻すことができます。とりあえずAI機能をオンにして撮っておけば良いと思います。

AI機能オフにすると、割と良い感じに撮れています。2000万画素でF値1.8の明るいレンズを使っているので、少し暗いところでも綺麗に撮れるカメラ性能になっています。

nova 3のAI機能と比べると、Mate 20 liteだと被写体やシーンを自動的に識別するのに少し時間がかかる感じがします。

Mate 20 liteの注意点

Mate 20 liteはビックカメラグループの専売モデルなので、ビックカメラ、コジマ、ソフマップなどでしか買うことができません。MVNOでは取り扱っていません。

買う時にワイモバイルのしつこい勧誘を受けたのでウザイです。店員さんは、なんでこの客はワイモバイルにしないのか理解できないみたいな勢いでした。そして、なぜか自宅に光回線の契約についても聞かれました。(最終的には、どうでも良いからさっさと商品出せ!みたいな感じになってしまいました・・)

ファーウェイはOSを一回くらいアップデートしてくれますが、専売モデルの場合でもアップデートしてくれるかは定かではありません。

おそらくAndroid 9へアップデートしてくれるとは思いますが、より確実にアップデートしたい場合は専売モデルではないnova 3やP20 liteなどを選んだ方が無難です。

またファーウェイのスマホは保護ケースが付いてくる場合はほとんどですが、専売モデルのMate 20 liteには保護ケースが付いてきません。

Mate 20 liteの総合評価

Mate 20 liteは相対評価です。

2018年で一番売れたP20 liteより1万円多く払えばMate20 liteになります。

Mate20 liteはP20 liteよりも画面が5.84インチから6.3インチに大きくなって、電池持ちが1.2倍ちょっと良くなって、薄暗いところでも比較的綺麗に撮れるようになって、ROMは32GBから64GBに倍増します。

そしてMate20 liteより1万円多く払うとnova3になります。

nova3はMate20 liteよりCPUの性能が大幅にアップします。特にGPUのスコアが3倍以上になります。ROMも64GBから128GBに倍増します。薄暗いところ場所でよりシャープな写真が撮れるようになり、AI機能の自動識別も素早くなります。

P20 liteでも普通に使う分には普通に使えますが、ワンランクアップしたい場合にMate 20 liteを検討してみてください。

ZenFone Max Pro (M1)の方が良い気が・・

Mate 20 liteを買っておいてなんですが、Mate 20 liteを選ぶよりもZenFone Max Pro (M1)を選んだ方が良い気がします。

ZenFone Max Pro (M1)はWiFiの5GHz帯には対応しておらず、充電口もmicroUSBで急速充電には対応していないので充電時間が2.7時間と少し長いですが、価格は3万円でゲームも安定して動作するSnapdragon 636、そして電池は超大容量の5000mAhです。

ZenFone Max Pro (M1)のRAMは3GBでROMは32GBですが、RAMは3GBあれば特に問題が出てくるというわけでもなく、ROMが不足する場合はトリプルスロットなのでマイクロSDカードが便利に使えます。

ZenFone Max Pro (M1)のほうが良いような気がします。

Mate 20 liteの評判

Mate 20 liteの評判は正直あまりないです・・。

P20 liteとnova 3の中間的な立ち位置にいて、特に目立った性能でもなく、売れ筋の価格帯でもなく、さらに買えるところはビックカメラグループに限定されています。そして競合には実用性が超高く1万円安く買えるZenFone Max Pro (M1)がいます。

Mate 20 liteは別に悪くないのですが、埋没しそうな気がします。

Mate 20 liteの口コミと質問は下記から

このサイトではユーザ参加型の格安SIMと格安スマホの口コミサイトも運営しています。Mate 20 liteも下記のリンクにて口コミや質問を受け付けているので、何か質問があったり口コミがあれば、書き込んでいただければと思います。

格安SIMとスマホの口コミ:ファーウェイのスマホの口コミ

Mate 20 liteが買える場所

Mate 20 liteの定価:3万9800円(税抜)

Mate 20 liteはビックカメラグループ専売モデルなので、ビックカメラグループのビックカメラ、コジマ、ソフマップ等でしか買うことはできません。基本的にどこで買っても同じような本体価格になります。MVNOでは販売していません。

ビックカメラグループ

ビックカメラグループで買うとポイントが10%くらい付きます。

ビックカメラ:Mate 20 lite

そのほか、ビックカメラグループのコジマ、ソフマップなどでも扱っています。

Amazon

Amazon:HUAWEI Mate 20 lite

Amazonでも少しだけ取り扱っていました。

Mate 20 liteが使える格安SIMとキャンペーン情報

Mate 20 liteは、ドコモ系の格安SIMソフトバンク系の格安SIMで使うことができます。

ソフトウェアのアップデートでau系の格安SIM(マルチSIM)でも使えるようになりますが、いつアップデートがあるのか未定です。au系の格安SIMを使おうと思っている場合は、実際にauのVoLTEに対応するアップデートが行われてから、Mate 20 liteを購入することをお勧めします。

SIMのサイズはナノSIMです。

ドコモ系の格安SIMは最近マルチSIM型のSIMカードに移行しているので、MVNOによってはSIMサイズの指定がなく、マルチSIMになっている場合があります。SIMのサイズが必要な場合に、ナノSIMを指定してください。

au系の格安SIMはマルチSIM(VoLTE対応SIM)とLTE用SIMがあります。LTE用SIMも扱っているUQ mobileもしくはmineoのau回線を選ぶ場合は、マルチSIMを選んでください。それ以外のau系の格安SIMは全てマルチSIMです。

ソフトバンク系の格安SIMはナノSIMを選んでください。

ビックカメラグループの家電量販店等でMate 20 liteを購入したら、下記のキャンペーンを参考に格安SIMを選んでみてください。通信速度を重視する場合は、格安SIMとドコモとWiMAX2+の通信速度の記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのお得度ランキング、SIM替えに最適、キャッシュバックや月額割引等を総合比較

実際にMate 20 liteがauのVoLTEに対応するまでau回線の使用は避けてください。(Mate10 Proは発売後11ヶ月経ってようやくau回線に対応したという前科があります)

BIGLOBEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:au回線の通信速度が結構速い、Youtubeがデータ消費なしに見れる

BIGLOBEモバイルのキャンペーンの詳細、最大3万3749円相当の特典+初月無料+紹介コードで追加で1ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは、月3GB以上のプランを申し込むと月額割引とキャッシュバックがもらえて、初期費用も無料になるキャンペーンを行なっています。2019年3月31日までのキャンペーンです。

通話SIMのみは最大で1万9594円分の特典、通話SIMと端末セットは最大3万3794円分の特典、データSIMと端末セットだと最大7200円分の特典がもらえます。通話SIMならYoutube等をデータ消費なしに見れるエンタメフリーが3ヶ月無料のキャンペーンも実施中です。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの詳細評価

LINEモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の通信速度が結構速い、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしに使える

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、初月無料+通話SIMだと3ヶ月間1390円引き+10人に1人1年間タダ+5000円相当のポイントプレゼント

LINEモバイルでは、音声通話SIMを申し込むと初月無料に加えて、翌月から月額料金が3ヶ月間1390円引き(合計4170円引き)、さらに他社からの乗り換えだと10人に1人、月額料金が1年間タダになるキャンペーンも行なっています。10人に1人タダキャンペーンは3月28日までです。

さらに音声通話SIMだと月額割引と抽選に加えて、LINEモバイルの支払いに使えるLINEポイントが5000ポイント(5000円相当)もらえるキャンペーンも行っています。5000ポイントは2019年4月22日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの詳細評価

UQ mobileの格安SIMのキャンペーン(au回線)

UQ mobileの特徴:通信速度が超速い

UQモバイルのキャンペーンとキャッシュバックの詳細、最大1万3000円のキャッシュバック

UQモバイルの通話SIMを申し込むと5000円のキャッシュバック、おしゃべりプランとぴったりプランを申し込む場合は最大1万3000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。UQモバイルは通信速度が超速いので、いつでも快適にスマホを使いたい場合におすすめです。
UQモバイルのキャンペーンの詳細を見る

UQモバイルの詳細評価

QTモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

QTモバイルの特徴:キャンペーンがお得

QTモバイルのキャンペーンの詳細とオススメの格安スマホ、月額料金が1年間で最大1万5120円引き+商品券8000円プレゼント!

QTモバイルでは、通話SIMを申し込むと月額料金が1年間で最大1万5120円引きになる、ばり得キャンペーンを行っています。データSIMの場合は最大9000円引きです。(選ぶデータ量によって割引額が変わります)

このキャンペーンに加えて、通話SIMを申し込むと商品券8000円プレゼントのキャンペーンも行っています。2019年5月31日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

QTモバイルの詳細評価

LIBMOの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

LIBMOの特徴:高額キャッシュバック

LIBMO(リブモ)の一番お得なキャンペーンの詳細、最大2万円のキャッシュバック実施中!

LIBMOでデータSIMを申し込むと最大1万円のキャッシュバック、通話SIMだと最大2万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。

例えば月3GBのデータSIMなら5000円、通話SIMだと1万4000円のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックキャンペーンの終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

LIBMOの詳細評価

IIJmioの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線/au回線)

IIJmioの特徴:老舗

IIJmioのキャンペーンとオススメの格安スマホの詳細、初期費用1円+1年間毎月4GB増量+通話SIMなら月額料金が3カ月1300円引+最大1万円分のギフト券

IIJmioでは2019年5月8日までに格安SIMを申し込むと通常3000円かかる初期費用が1円になり、データ量が12カ月間月1GB増量します。それに加えて通話SIMだと月額料金が3カ月間1300円引き、通話SIMとセットに格安スマホを申し込むと最大1万円分のギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

さらに当サイト限定でデータ量が12カ月間さらに追加で毎月3GBもらえるキャンペーンも行っています。つまりこのサイト経由で申し込むと1年間、毎月4GB追加でもらえます!

2019年3月20日午前10時から数量限定でXperia XZ Premiumが4万円、OPPO R15 Neoが100円、AQUOS sense plusが1万円、P20 liteが7000円、ZenFone Live (L1)が5000円。売り切れた場合でも翌日の午前10時に再度販売する場合があります。
キャンペーンの詳細を見る

IIJmioの詳細評価

DMMモバイルの格安SIMのキャンペーン(ドコモ回線)

DMMモバイルの特徴:利用料金の10%がポイントバックで好きな漫画がタダで読める

DMMモバイルのキャンペーンの詳細、新規契約手数料3000円が無料+通話SIMなら最大3300円割引+Amazonギフト券が最大1万4000円分もらえる

DMMモバイルの格安SIM(データSIM/通話SIM)を申し込むと、新規契約手数料3000円が無料になるキャンペーンを行なっています。通話SIMだと初期費用無料に加えて、月額料金が最大で合計3300円引になるキャンペーンも行っています。2019年5月16日までのキャンペーンです。

さらに当サイト限定でAmazonギフト券が最大1万4000円分が追加でもらえるキャンペーンを行っています。Amazonギフトのキャンペーン終了日は未定です。
キャンペーンの詳細を見る

DMMモバイルの詳細評価

その他の格安スマホ関連の情報

格安スマホと格安SIMをセットに申し込もうと思っている場合は、格安スマホとプランの選び方の詳細ガイドを先に確認することをおすすめします。格安スマホに合う格安SIMの選び方や、回線の選び方など、格安スマホを契約する上で必要な一連の流れをつかむことができます。

格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価(最新情報)では、主に端末の選び方(スマホの性能や評価)を中心に説明しています。

  • nova lite 3
    • コスパ最強の格安スマホがnova lite 3です。格安スマホで迷ったらとりあえずnova lite 3が一番無難です。価格が2万2800円前後、6.21インチ、CPUオクタコア2.2GHzx4+1.7GHzx4 Kirin710、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1300万画素(F値1.8)+200万画素、重さ160g、電池容量3400mAh
  • P20 lite
    • P20liteはnova lite 3より4000円ほど高くなりますが、RAMが4GBに増えて、Type Cに対応、画面が少しだけ広くなって、WiFiのacに対応しています。P20liteは2018年で一番売れている格安スマホです。5.84インチ、CPUオクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Kirin659、RAM4GB、ROM32GB、カメラ1600万画素(F値2.2)+200万画素、重さ145g、電池容量3000mAh
  • AQUOS sense2
    • 防水とおサイフケータイに対応しているスマホで一番オススメなのがAQUOS sense2です。5.5インチ、CPUオクタコア1.8GHz SDM450、RAM3GB、ROM32GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ155g、電池容量2700mAh、auのVoLTE対応
  • OPPO R17 Neo
    • OPPO R17 Neoはコスパとゲーム性能が良い格安スマホです。UQ専売です。DSDVとauのVoLTEにも対応しています。トリプルスロットなのでDSDVとマイクロSDを同時に使うことができます。CPUオクタコア1.95GHzx4+1.8GHzx4 SDM660、RAM4GB、ROM128GB、カメラ1600万画素(F値1.7)+200万画素、重さ156g、電池容量3600mAh
最終更新日 2018年12月31日 / 作成日 2018年12月31日 / 作成者 格安SIMの管理人
「Mate 20 liteの性能評価+使える格安SIMとキャンペーン情報」をシェアする
格安SIM/格安スマホ/WiMAX2+の情報をつぶやいてます

この記事に関して気軽にコメントや口コミをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

格安SIMと格安スマホの比較と評価で一番詳しいサイト(評判と最新情報も随時更新中)

PR
ワイモバイルのPR
ワイモバイルのキャンペーンの詳細記事
格安SIMと格安スマホのカテゴリ
↑このページの先頭に戻る