MediaPad T2 7.0 Proの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2016年発売)

更新日 / 作成者 格安SIMの管理人 / 関連:格安スマホ更新順(102)

2016年7月8日に発売された、当時としては一般ユーザにとって最高のタブレット、それがMediaPad T2 7.0 Proです。

ドコモ回線とソフトバンク回線の格安SIMで使えます。音声通話機能に対応しているので通話SIMでも使うことができます。

MediaPad T2 7.0 Pro

結構古いタブレットですが、今でもWebサイトを見たりYouTubeを見るくらいなら動きます。タブレットを検討している場合は、タブレットと格安SIMという選択肢も参考にしてみてください。

ーーー 以下2016年時点の情報 ーーー

今までのタブレットは痒いところに手が届かないタブレットばかりでした。

価格が高かったり、性能が低かったり、画質が少し悪かったり、電池持ちが少し悪かったり、白ロムなので入手が少し手間だったり、何かしら不満点がありました。

そんなタブレットに、大半の人を満足させることができるMediaPad T2 7.0 Proが登場しました。2016年でAndroidタブレットで一番売れたのがMediaPad T2 7.0 Proです。

MediaPad T2 7.0 Proはそこそこ安く、そこそこ性能が良く、画質や電池持ちカメラの質が良く、Amazonや家電量販店で普通に買えます。一般ユーザにとって、非常に満足度の高い価格と性能になっています。

MediaPad T2 7.0 Proの詳細スペック(性能)

MediaPad T2 7.0 Pro
CPUオクタコア1.5GHz/1.2GHz(Snapdragon 615)
GPUAdreno 405
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ7インチ
解像度1920×1200
カメラ背面1300万画素/前面500万画素
電池容量4360mAh
サイズ187.4 x 105.8 x 8.2mm
重さ250グラム
連続待受LTE 480時間
価格2万4980円

Android 5.1 Lollipop、SIMフリー、テザリング対応、外部マイクロSD(最大128GB)、FOMAプラスエリアに対応、デュアルSIM(ナノSIM × 2)、音声通話機能付き、指紋認証搭載。

MediaPad T2 7.0 Proで使える格安SIMのまとめ

MediaPad T2 7.0 Proの対応バンド

FDD-LTE: B1/3/8/19/26
TDD-LTE: B41
W-CDMA: B1/6/8/19

MediaPad T2 7.0 Proは、ドコモ回線の格安SIMソフトバンク回線の格安SIMau回線の格安SIM(LTE用SIM)で使えます。

※ au回線の格安SIMのマルチSIM/VoLTE用SIMは使えません。au回線の格安SIMで使えるのはmineoのLTE用SIMくらいです。

SIMのサイズはナノSIMです。

音声通話機能やSMSを使いたい場合は、ドコモ回線かソフトバンク回線の格安SIMを使う必要があります。

格安SIMを選ぶときに通信速度を重視する場合は、格安SIMの速度ランキングの記録を参考にしてみてください。

格安SIMのキャンペーンのおすすめランキング

おすすめの格安SIM:BIGLOBEモバイル(ドコモ回線/au回線)

BIGLOBEモバイルの特徴:月3GB以上のプランなら、月480円のオプション料金でYouTubeやAbemaTVをデータ消費なしに見れます。

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを徹底解説、6ヶ月間1200円引き+SIMのみは初期費用無料と1500円相当/格安スマホは2万円相当プレゼント

BIGLOBEモバイルでは月額料金は初月無料です。

通話SIMのみだと、翌月から6ヶ月間1200円引き、初期費用3394円が無料、クーポンコードの入力で1500円相当のポイントがもらえます。

格安スマホと通話SIMのセットだと、最大2万円相当のポイント、翌月から6ヶ月間1200円引きが適用されます。

初期費用&税込でRedmi Note 9Sが実質6549円、OPPO Reno3 Aが実質2万1333円など、かなりお得に手に入ります。2020年11月3日までのキャンペーンです。
キャンペーンの詳細を見る

BIGLOBEモバイルの公式サイト

BIGLOBEモバイルを徹底解説、料金プランと総合評価&YouTube見放題

おすすめの格安SIM:LINEモバイル(ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線)

LINEモバイルの特徴:ソフトバンク回線の速度なら速度が速く、オプション料金でTwitter、Facebook、インスタグラムをギガ消費なしで使えます。

LINEモバイルのキャンペーンの詳細、シークレット特典で最大5000円相当プレゼント+月額料金3ヶ月500円+格安スマホぽっきりSALE

LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと翌月から3ヶ月間は980円引きで使えるキャンペーンを行なっています。(3GBプランなら月500円)

格安スマホのnova lite 3が1万2000円、OPPO Reno3 Aが2万4000円、OPPO A5 2020が1万6800円で買えるセールを行っています。2020年11月4日までのキャンペーンです。

SIMのみの申込みなら、シークレット特典で最大5000円相当のポイントがもらえます(シークレット特典の終了日は未定)。
キャンペーンの詳細を見る

LINEモバイルの公式サイト

LINEモバイルを徹底レビュー、料金プランと総合評価&SNS使い放題

2016年時のMediaPad T2 7.0 Proの性能レビュー

最高の格安タブレット登場、それがMediaPad T2 7.0 Proの評価です。

価格が2万5000円程度とそこそこ手軽に買えて、オクタコア1.5GHz/1.2GHzなので性能もそこそこ良い、解像度が1920×1200なので画面も綺麗、7インチディスプレイで片手でも持ちやすくて軽い、カメラの質も良くて電池持ちも良い、そして音声通話機能も付いている。

これから格安タブレットを検討する場合、MediaPad T2 7.0 Proを最優先に検討してください。それくらいMediaPad T2 7.0 Proはおすすめできる価格と性能になっています。

ディスプレイの画質が良い

MediaPad T2 7.0 Proの特徴の一つは、解像度が1920×1200なので、ディスプレイの画質が良いことです。

解像度が大きければ大きいほど画質が綺麗になります。加えてディスプレイのサイズが大きければ大きいほど、より解像度が必要になります。

一般的には下記のような画質になります。

5インチ 1280×800 普通に綺麗に見える
5.5インチ 1280×800 普通に綺麗に見える
7インチ 1280×800 小さい文字が少しにじむ
8インチ 1280×800 小さい文字が割とにじむ
8インチ 1920×1200 小さい文字でも綺麗に見える

MediaPad T2 7.0 Proは7インチで解像度が1920×1200あるので、小さい文字でも綺麗に見ることができます。

7インチ 1280×800と7インチ 1920×1200の差は大きいです。7インチ 1280×800でも使えますが、7インチ 1920×1200だと満足度がかなり高くなります。

CPUの性能がそこそこ良い

MediaPad T2 7.0 ProのCPUはオクタコア1.5GHz/1.2GHz(Snapdragon 615)です。

オクタコアというのはコアが8個あるCPUです。クワッドコアというコアが4つのCPUが一般的ですが、コアが多ければ多いほど基本的に性能が良くなります。8コアの方が省エネ性能にも優れています。

オクタコア1.5GHz/1.2GHzは、4個のコアが1.5GHzで動いて、残りの4個のコアが1.2GHzで動きます。

一般的な利用なら十分満足できるCPUの性能をしています。

ただし、3Dゲームはそこそこです。3Dゲームをサクサクしたい場合にはオクタコア1.5GHz/1.2GHzでも性能不足になる場合もあります。

Antutu(v6.1.4)の結果

Antutuスコア 37217

一般的な使い方なら反応良く使うことができます。ちなみにZenPad 7.0 (Z370KL)が22000くらい、MEMO Pad 8 AST21が40000くらいです。Z370KLは全体的に反応が少し鈍いです。AST21はMediaPad T2 7.0 Proと同じくらいサクサク動きます。

音声通話機能に対応している

MediaPad T2 7.0 Proはタブレットですが、音声通話機能にも対応しています。

音声通話機能とは070や080、090の携帯電話の電話番号で電話をしたり電話を受けたりする機能です。

通常のタブレットは携帯電話番号で通話するための音声通話機能は付いていないのですが、MediaPad T2 7.0 Proの場合ついています。通話SIMを入れれば普通のスマホと同じように電話をすることができます。

ただし、7インチのタブレットを普通のスマホと同じように耳に当てて電話をするのは、少し不格好です・・。加えてスピーカーから音が出るので、外で電話として使う場合はマイク付きのヘッドセットを使うのを検討したほうがいいです。

家の中なら、電話をするときは普通のスマホのように耳に当ててもいいですし、タブレットを前に構えて話しかける感じでも使えます。

対老眼用のスマホとして最適

50歳を超えると老眼が入ってきて、小さい文字を読むのが厳しくなっていきます。

特に年取った両親にスマホを買い与えても、使いこなす以前に文字が小さいからという理由で、全然使われないまま放置される可能性がかなり高いです。

そういった場合に、最適なのがMediaPad T2 7.0 Proです。

MediaPad T2 7.0 Proは7インチなので5インチや5.5インチのスマホと比べて、格段に見やすいです。音声通話機能にも対応しているので、普通のスマホとしても使うことができます。電池持ちも良いのでしょっちゅう充電する必要はありません。

老眼の場合、ディスプレイが大きければ大きいほど見やすくて良いのですが、ディスプレイが8インチ以上になると正直外に持ち出すのは大きくて厳しいです。

家にずーと置きっぱなしにするのなら、8インチでも10インチでもいいのですが、外で少し使おうと思ってい場合は7インチが持ち出せる最大の大きさと思っておいたほうがいいです。

高齢者用の設定

一番重要な設定
設定 → 画面 → フォントサイズ 特大

これで文字が大きくなるので、老眼でも優しいタブレットの表示画面になります。

ホーム画面を「シンプル」という設定にすることもできるのですが、なんか見た目がしょぼくなりすぎるので、高齢者を想定して下記のように設定してみました。

7インチの画面なので、老眼でもそんなに見にくくはないと思います。

ホーム画面の一画面だけで全て操作ができるようにして、とりあえず天気を押さえておけば便利に思うのではということで、半分を天気予報にして、Googleの検索を置いて、LINEやミラー(鏡)、Gmail、Yahooニュース、ギャラリー、カメラ、Netflix、マップを配置しておきました。

Netflixで映画が観れると言っておけば、暇つぶしに見ていそうです。いずれにせよ、高齢者の場合、なんでもできるタブレットではなく、必要最小限に絞って使いやすく設定しておく必要があると思います。(マップとGmailは削除してもいいかも)

電池持ちが良い

電池持ちは実際にテストするまでわからないのですが、カタログ値からでもある程度わかるようになっています。

電池持ちを左右するのは下記のスペックになります。

MediaPad T2 7.0 Proの電池容量は4360mAh、連続待受時間はLTEで480時間です。CPUがSnapdragon 615で、7インチのディスプレイで解像度は1920×1080。

電池持ちのテスト結果

MediaPad T2 7.0 Proの実際の電池持ちのテストをした結果、タブレットの中でトップクラスに良い電池もちをしていました。

スリープ時の電池消費、例えばタブレットの電源を入れてスリープ状態で放置した場合、電池が完全になくなるまで22.2日かかります。平均的なタブレットのスリープ時の電池持ちは15日くらいです。動画の連続再生時間は9時間23分です。平均的なタブレットの動画の連続再生時間は6時間半くらいです。

MediaPad T2 7.0 Proは一般的なタブレットよりも1.5倍くらい電池持ちが良くなっています。その他の、格安スマホや白ロム、タブレットの実際の電池持ちをテストして下記のページにも載せているので参考にしてみてください。

スマホの電池持ちの詳細調査

持ちやすい

MediaPad T2 7.0 Proは7インチタブレットなので片手でも持ちやすいです。加えて、7インチタブレットの中でも少しコンパクトで軽くなっています。

MediaPad T2 7.0 Proのサイズと重さ
サイズ 縦187.4 x 横105.8 x 厚さ8.2mm
重さ 250グラム

同じく7インチタブレットのZenPad 7.0 (Z370KL)のサイズと重さ
サイズ 縦189 × 横110.9 × 厚さ8.7mm
重さ 268グラム

同じ7インチタブレットの方がMediaPad T2 7.0 Proの方が全体的に5%くらい小さくなっています。

質感がプラスチック、色が薄い

最近の格安スマホは外観を金属製にして高級感を出していますが、MediaPad T2 7.0 Proの質感/外観はプラスチックです。

若干安っぽい質感をしていますが、プラスチックなぶんコンパクトに軽く出来ているんだと思います。加えて、価格も少し抑えられるのではと思う次第です。

とりあえず、MediaPad T2 7.0 Proには高級っぽい見た目ではありませんが、内容はとても良いです。

指紋認証搭載

MediaPad T2 7.0 Proは右側の側面に指紋認証センサーを搭載しています。

指紋センサーに登録した指でタッチすると、パスコードの入力なしに素早くロックを解除してくれます。とても楽です。一度この指紋認証を使い始めると、指紋認証なしのスマホやタブレットは二度と使いたくなくなります。

指紋センサーの精度と反応はかなり良いです。右手で持つ時は右手の親指を登録しておくと、右手で持って右手の親指でそのまま指紋センサーに触れるようになっているので簡単に指紋認証できます。

左手で持つ時は左手の人差し指を登録しておけば、左手で持ってそのまま左手の人差し指で指紋センサーに触れられる感じになっています。

指紋は5つまで登録できるので、とりあえず右手の親指と左手の人差し指を登録しておくと便利に指紋認証できると思います。

カメラの質はかなり良い

MediaPad T2 7.0 Proのカメラの質は、格安スマホ/タブレットの中ではかなり良いです。偏差値62くらいです。

MediaPad T2 7.0 Proで撮ったリンゴの写真

実物にかなり近い赤色が出ました。

少し離れた写真

机の色が少し黄色が強くなりましたが、それでもかなり優秀な写真が撮れています。

GPSの精度は普通に良い

MediaPad T2 7.0 Proを持って、Googleマップを起動して、位置情報を見ながらその辺うろちょろしてきましたが、GPSの精度は普通に良いです。

普通にナビとして使うこともできます。電子コンパスの精度も普通に良いです。

Android 6へのアップデートは?

MediaPad T2 7.0 ProはAndroid 5.1ままです。Android 6へアップデートは行われませでした。

普通にMediaPad T2 7.0 Proを使っていれば、4年後ぐらいに電池が消耗して寿命を迎えると思うので、その時に買い換えれば良い気がします。

2016年時のMediaPad T2 7.0 Proの評判

MediaPad T2 7.0 Proの評判はかなり良いです。

その結果、2016年7月8日に発売されましたが、7月10日には多くのお店で売り切れ状態になり、入手が少し難しくなっています。1ヶ月経っても入手困難が続いています。

人気の理由は、安くて性能がそこそこ良くて、LTEに対応していて、7〜8インチのタブレット、それらをすべて満たす端末が今までなかったためです。

そんな中、性能がそこそこ良くて、価格もそこそこ手軽で、電池持ちも良くて、ついでに音声通話機能も使える、万能型の格安タブレット、MediaPad T2 7.0 Proが登場しました。

ということで、これから格安タブレットが欲しい場合は、全員MediaPad T2 7.0 Proを選びましょう。そのくらい良い出来になっています。

その他の格安スマホやタブレット関連の情報

タブレットと格安SIMという選択肢、Fireタブレット/ iPad Airとmini / ファーウェイでは、最近のタブレットの性能や評価を中心に説明しています。

格安スマホの性能や評価は、格安スマホのおすすめ機種ランキングを参考にしてみてください。

  • Redmi Note 9S
    • コスパ最高の格安スマホです。2万2545円、6.67インチ、CPU SDM720G、RAM4GB、ROM64GB、カメラ4800万画素(F値1.19)+超広角800万画素(F値2.2)+マクロ200万画素+深度200万画素、重さ209g、電池容量5020mAh
  • OPPO Reno3 A
    • コスパの良い比較的高性能な防水・おサイフケータイ対応スマホです。電池持ちもかなり良く、カメラ性能も良いです。3万6181円、6.44インチ、CPU SDM665、RAM6GB、ROM128GB、カメラ4800万画素(F値1.7)+超広角800万画素(F値2.2)+ポートレート200万画素+200万画素、重さ175g、電池容量4025mAh
  • iPhone SE 第2世代
    • 4万4800円で買える超高性能なiPhoneです。コンパクトで防水・おサイフケータイに対応。4.7インチ、CPU A13 Bionic、RAM3GB、ROM64GB(128GB版は4万9800円)、カメラ1200万画素(F値1.8)、重さ148g
  • AQUOS sense3
    • 防水とおサイフケータイ対応で電池持ちが超良いです。5.5インチ、CPU SDM630、RAM4GB、ROM64GB、カメラ1200万画素(F値2.0)、重さ167g、電池容量4000mAh
最終更新日 2020年8月10日 / 作成日 2016年7月10日 / 作成者 格安SIMの管理人
ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMを縦断比較

※ コメントは手動承認が必要になる場合があります。コメントしても反映されない場合、1日程度で反映されます。

購読する
通知する
guest
0 の口コミとコメント
「MediaPad T2 7.0 Proの詳細スペックと使える格安SIMのまとめ(2016年発売)」をシェアしてくださいm(_ _)m
格安SIM/格安スマホ/ポケットWiFiの情報をつぶやいてます
コメント